コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

ハシヤ

やさしげな言葉よりまず体力を使いやがれよ愛なのだろうが
e-mailhashiya@dokkanhouse.com
[参加掲示板]
→気に入られた投票気に入った→
501コメント
11POV

Comments

最近のコメント 10
★5ゼア・ウィル・ビー・ブラッド(2007/米)ヒア・マスト・ビー・脂汗 とにかくダニエル・デイ・ルイスの顔だけで白飯丼三杯いける。[投票]
★4スターシップ・トゥルーパーズ(1997/米)ひとは死んだら煙にも土にも食い物にもなるわけではなくうんこになるのだということを教わりました。ありがとう[投票]
★5トイ・ストーリー3(2010/米)映画鑑賞史上最も「こりゃもうだめだ!」と本気で思った。[投票(2)]
★4ノウイング(2009/米)もうこっちがハリウッド版『回路』でいいよ。大好きです。[投票(1)]
★3クローバーフィールド HAKAISHA(2008/米)洋モノ怪獣映画がどうにも映えないのは電線がないからだということが判明しました。[投票]
★5イングロリアス・バスターズ(2009/米=独)これは良い狗頭羊肉。あと素晴らしい眉毛達。[投票]
★2スカイ・クロラ(2008/日)なんというかミスリードすらなくノンリードの末テキストでぐだぐだアレされてもそうですかとしか言いようが無い。[投票]
★3サマーウォーズ(2009/日)面白かったよ!(両手はポケットのままで) [review][投票]
★4ひかりのまち(1999/英)夜の遊園地の記憶というものは、終わらない夢のようにずっと心の中に暖かく瞬き続けるものだ それさえあれば、きっとしばらくは大丈夫 永遠に慄くひとりの夜でも[投票(2)]
★5激突!(1971/米)「如何に観客に“体感”させるか」 スピルバーグ、未だ初心忘れず。[投票(1)]

Points of View

最近のPOV 5
カッコイイタイトル[投票(6)]
カッコイイポスター[投票(2)]
民族に関する3つの映画[投票(2)]
激動の90年代半ばに公開された、民族に関する3つの映画。 「永遠と終焉、そして繰り返し」
レツゴー!逃避パラダイス[投票(1)]
逃避とは、いつかは終わる永遠である。
現場は作品よりも奇なり。[投票]
「本編」→「メイキング」→「本編」の順で見ると、映画とはこれほどまで面白いものだったのか、と思う。