コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

AONI

1978年生
[参加掲示板]
→気に入られた投票気に入った→
1126コメント275
104あらすじ19
112POV50

Comments

最近のコメント 10
★3ブレット・トレイン(2022/米)伊坂幸太郎の「殺し屋」シリーズは、ハリウッドを通すと、こんな大味なド派手アクションになっちゃうのね・・・。原作の悪徳組織のボス役を、わざわざ日本ヤクザ界を乗っ取る白人(ロシア人)に設定変更する必要あったのかな?[投票]
★3犬王(2021/日)どろろ』的な展開で驚いた。 登場キャラ達の顔立ち(特に歯並び)が特徴的で、どこかで見覚えあるなと思っていたけどキャラクター原案が松本大洋で納得。[投票]
★4ハケンアニメ!(2022/日)「刺され・・・、誰かの心に!」を代表として熱い台詞が連打される業界お仕事ドラマ。成長途上の新人女性監督と問題児の天才イケメン監督という、2人の主要キャラ対比もいい。あと、エンドーロールは最後まで見た方がいいですよ! [review][投票]
★3死刑にいたる病(2022/日)面会のガラス越しの会話演出が素晴らしい。殺人犯である阿部サダヲとの会話に引きずり込まれてゆく大学生の主人公が、ガラスで反射する阿部サダヲの姿と一体化していくメタファー映像が巧い。面会シーンの緊張感が素晴らしかった分、映画ラストのエピソードは蛇足に感じた。[投票]
★3ナイトメア・アリー(2021/米)悪魔の往く町』よりも、主人公の出自や背景を掘り下げた丁寧な作り。 一方、本作のブラッドリー・クーパータイロン・パワー版に比べると、己の野心に貪欲で無道徳なキャラではなく、ピカレスクな魅力が欠けて見えた。[投票]
★3シルクロード.com ―史上最大の闇サイト―(2021/米)やっぱり金は大事だ、と身につまされる話。 後半の意外な展開は面白いが、そこに至る「変遷」がさして描かれていないので、なんか唐突感の印象が凄い。[投票]
★4ブラックボックス 音声分析捜査(2021/仏)職業病からか音に過敏で、責務のストレスに追い込まれてゆく主人公の精神的な脆さも手伝い、何が真相で何が主人公の思い込みかが分からない展開で、最後までハラハラと楽しめた。[投票]
★3スティルウォーター(2021/米)いかにも無学で典型的なド田舎のアメリカ人中年が、欧州で娘のために奮闘する内に、少しづつ己のウダツの上がらない人生も変化し、価値観も変貌していくって話は嫌いじゃない。だけど、観終わってから振り返ると、この「証明」探しの過程は色々と矛盾やモヤモヤ残ります。 [review][投票]
★3ロリ・マドンナ戦争(1973/米)いがみ合う両ファミリーを演じる、とにかく濃い個性派俳優陣。その中、まさかの名サブ俳優(中のサブ俳優)であるスコット・ウィルソンエド・ローターの兄弟が、ストーリーのメインを張っているとことが、いかにも1970年代ムーヴィー。[投票]
★3秘密殺人計画書(1963/米)大スター達の競演合戦ならぬ、変装合戦。 トニー・カーティスバート・ランカスターは分からなかった。[投票]

Plots

最近のあらすじ 5
★4デッドラインU.S.A.(1952/米)大手新聞社「ザ・デイ」。今日もデッドライン(原稿記事の締め切り)に追われる記者たちの元に突如、創業者遺族の意向で「ザ・デイ」がライバル新聞社へ売却されるという一報が届く。そのニュースに動揺もしくは意気消沈する記者たち。そんな中、暗黒街を牛耳るリエンツィの不正を探っていた記者が何者かに暴行されて重傷を負う。編集長ハッチソン(ハンフリー・ボガート)は新聞社「ザ・デイ」の名に懸けて、リエンツィに徹底抗戦を開始するのだった・・・(87分・白黒)[投票]
★4重役室(1954/米)大手家具メーカーのワンマン経営者ブラードが出張先で急死した。創業者一族でブラードの恋人でもあった大株主ジュリア( バーバラ・スタンウィック)は悲嘆にくれる。社外取締役のジョージ(ルイス・カルハーン)は経営者急死で市場が動揺すると見越し、密かにインサイダー株取引での一儲けを企む。財務・IR担当役員のショウ(フレドリック・マーチ)は株価対策の手を打つと共に、社長のイスを狙い、早くも票集めに動き出す。徹底したコストカッターであるショウの社長就任を阻止したい開発担当役員のドン(ウィリアム・ホールデン)とオルダースン(ウォルター・ピジョン)はそれを阻止しようと対抗馬擁立を図る。それぞれの思惑の行方は?(104分・白黒)[投票]
★3拳銃貸します(1942/米)殺し屋レイヴン(アラン・ラッド)は、依頼を受けて脅迫者の始末をし、その男が脅迫のネタに持っていた文書を奪い返す。しかし、その報奨として受け取った金が、大手化学メーカーから強奪の被害届が出ていた札束だった為、一転して警察に追われるハメに。一方、警察官の恋人を持つ女性マジシャンのエレン(ヴェロニカ・レイク)は捜査協力を要請される。それは、敵対国に重要機密を流している疑いのある男が経営するナイトクラブに潜入して情報を探ること。そこの経営者こそ、レイヴンを罠にハメた男だった!。お互いに異なる目的からその男を追う2人の男女は、乗り合わせた電車内で偶然に相席となる・・・。 [more][投票]
★3ブラック・バトル(1979/英)60年代〜70年代末に起こったアフリカのローデシア(現・ジンバブェ)紛争を舞台に描いた戦争スリラー。白人政権が支配するローデシアでは、アフリカ現地人の独立解放ゲリラ軍との内戦が激化していた。政府は対ゲリラ討伐のため、戦闘用ヘリコプターでの大量密輸を武器商人スワンシー(リチャード・ハリス)に依頼。ローデシア出身の白人スワンシーは、母国の平和を願って政府の依頼に協力。英国軍の元幹部、ブレットル大佐(レイ・ミランド)と画策して、大量ヘリコプターの解体密輸を試みる。その情報を聞きつけた独立解放軍は、ゲリラ闘士ギデオン(リチャード・ラウンドトゥリー)を英国に遣わす・・・。(113分)[投票]
★3悪徳(1955/米)ハリウッドでスター俳優として成功したチャールズ・キャッスル(ジャック・パランス)は、一方で妻マリオン(アイダ・ルピノ)との離婚危機にあった。チャールズは大物映画製作者スタンリー・ホフ(ロッド・スタイガー)から、彼のプロダクションとの長期契約更改を迫られていたが、妻マリオンからは「スターの名声と引き換えに理想主義者としての己を見失っている」として、長期契約による束縛を拒否するよう懇願されていた。チャールズは妻の助言に従い契約更新を断わるが、スタンリー側は過去に揉み消した彼の不祥事をちらつかせて契約更新を迫るのだった・・・。(114分) [more][投票]

Points of View

最近のPOV 5
東映集団抗争時代劇[投票(3)]
2010年『十三人の刺客』リメイク記念。黄金期の1950年代が終わり、時代劇ブームの終焉を迎えて任侠ヤクザ路線へと転換を図りつつあった東映で、最後の散花的なヒットを飛ばした集団抗争時代劇を紹介。<A:工藤栄一 B:長谷川安人 C:山内鉄也 D:その他東映作品 E:番外篇>
−東映時代劇の青春!−沢島忠[投票(4)]
ヌーベルバーグ前夜、戦後の映画黄金期である1950年代後半に3人の「早すぎた天才」が相次いで監督デビューした。日活の中平康、大映の増村保造、そして東映の沢島忠である。型にはまった時代劇のスタイルを打ち破り、青春ドラマやミュージカルの要素を大胆に取り入れた演出。「時代劇のヌーベルバーグ」と評された奇才の珠玉の作品群。その魅力を普及させる目的のPOV。同志募る。◆◇◆A:中村錦之助(&中村賀津雄の兄弟コンビ)主演作  B:美空ひばり主演作  C:大川橋蔵主演作  D:その他時代劇  E:その他非時代劇◆◇◆
双葉十三郎が選ぶ日本映画100本[投票(10)]
映画批評の最長老双葉十三郎氏(2009年永眠)が1925年から99年までに鑑賞された邦画から100本を厳選。<2万本の映画を見た男>が選んだ作品群には興味があるはず。ということで、キネ旬の特別企画(聞き手・構成桂千穂氏)を基にPOVを作らせて頂きました。 <A:20年代 B:30年代 C:40年代 D:50年代 E:60年代 F:70年代 G:80年代 H:90年代> 詳しくはキネ旬読んでください。
−チャンバラ映画の浮世絵師−三隅研次[投票(8)]
大映時代劇を支えた職人監督の中でも、ひときわ異彩を放った三隅研次。血生臭く殺伐とした内容でも、浮世絵のような極彩美と大胆な構図。「刀」をこれほど妖美かつ恐ろしく撮る監督を他に知らない。『座頭市』シリーズや『子連れ狼』シリーズ等、世界(特に香港アクション)に与えた影響は計り知れず。54歳という早すぎる死が時代劇衰退を早めた? <<A:市川雷蔵主演作 B:勝新太郎主演作 C:若山富三郎主演作 D:長谷川一夫主演作 E:その他作品>>
怪 談[投票(3)]
A:四谷怪談(怪談映画の王道)  B:牡丹燈籠(お盆に観るには最適な怪談)  C:怪談累が渕(四谷、牡丹と並ぶ三大怪談噺のひとつ)  D:皿屋敷(1ま〜い、2ま〜い)  E:化け猫映画(入江たか子で有名)  F:妖怪もの  G:異色作(怪談の枠から逸脱した作品群。一度で二度おいしい実験作多し。)  H:その他   ※「怪談」映画の基準は自己判断で決めてます。『学校の怪談』系、『リング』は一応除外。これはと思う作品は随時登録予定。