コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

ぽんしゅう

e-mailponsyuza@yahoo.co.jp
URLhttp://blog.goo.ne.jp/ponsyuza/
[参加掲示板]
→気に入られた投票気に入った→
6086コメント6393
116あらすじ7
319POV105

Comments

最近のコメント 10
★4立ち去った女(2016/フィリピン)3時間48分を費やして物語りながら饒舌すぎず、ひたすら凝視し続けて寡黙すぎない不思議な語り口。99.9%の固定ショットの客観を、突如切り裂く0.01%の手持ちショットの主観の衝撃と破壊力。それは贖罪が復讐を凌駕した瞬間であり、新たな罪が生れた瞬間でもある。 [review][投票(2)]
★3ブレードランナー 2049(2017/米=英=カナダ)SFとしの驚きがない。前作のスタイルばかり意識して金縛りにあったように守勢にまわり、チャレンジ精神をなくした物語は予想どおりに進む。当然、謎解きやサスペンスの緊張感は薄れ、記憶、闘争、生命、愛どれをとっても中途半端で主題として実を結ばず散漫な印象。[投票(1)]
★4死の棘(1990/日)理性的にみせかけながら感情を吐き出すことで関係性を挑発する妻。感情の断片をつなぎ合わせて理性的な関係性を繕おうとする夫。言葉の意味を見失った文士夫婦の「つながり」の壮絶と滑稽が松坂慶子の“重さ”と岸部一徳の“無さ”の間に充満している。[投票(1)]
★2蘇える金狼(1979/日)主人公朝倉の人となりがまったく描かれないので、彼が権謀術数を巡らせようが、銃をぶっ放そうが、女をはぐらかそうが、共感も羨望も嫉妬も非難も湧かない。暴言を承知で言えば平凡な会社員役に松田優作を起用した時点で原作の「お話し」はすでに崩壊している。[投票]
★2男はつらいよ 噂の寅次郎(1978/日)いきなりの「今昔物語」の死生観はシリアスで、寅のギャグのフィルターを通したところで喜劇の枠では消化しきれず、せっかくの泉ピン子も逸話にからまず「ブスの価値」が活かしきれていないのは逆に彼女に失礼。大原麗子は可憐なだけのお飾りに甘んじる。[投票(1)]
★3彼女がその名を知らない鳥たち(2017/日)原作(未読です)のせいだとは思うが、ここまで大仕掛けを施して語るほどの内容ではないでしょう。こんな馬鹿いる分けないと言ってしまえば元も子もないので“私って孤独!”なお手軽愛情至上主義女子のための無いものねだりファンタジー、として割りきりました。 [review][投票(1)]
★4あゝ、荒野 前篇(2017/日)わざとらしさを寸止めで回避する菅田将暉ヤン・イクチュンの好演が、新次と建二、さらに堀口(ユースケ・サンタマリア)を含めたパターン化を嫌味なく定着させ物語の定型枠として気持ちよく機能する。そこにからむミステリ仕立ての挿話も効果的。 [review][投票]
★3あゝ、荒野 後編(2017/日)祭りの後の世相の閉塞と混乱。血縁(母の影。あゝ、寺山!)のしがらみと愛憎。闘争と同化の象徴としてのボクシング。この大、中、小のファクターがはらむ熱量が、リングの死闘を軸に一気に激突する終盤が映画の肝なはずなのに、それぞれの描写のバランスが悪い。 [review][投票(1)]
★3エルネスト(2017/日=キューバ)ひたすら熱い青春映画。ゲバラは純情な医学生(オダギリジョー)に問われて答える。恨みではなく怒りをエネルギーにして闘っていると。一瞬、正論に聞こえるが恨みと怒りは相対ではなく、グラデーションで連なる曖昧な感情。50年の歳月に学生戦士の大義が宙に浮く。[投票]
★3アウトレイジ 最終章(2017/日)「大友さんの総決算祭り」或は「眠った爺は起こすな」の巻。悪趣味バイオレンスと義理人情を秤に掛けて、若造も中間管理職も一切無視の『龍三と七人の子分たち』裏バージョン。いまだ消えない北野武の消滅願望と、図らずもの塩見三省の復活無常のリアル対比が感動的。[投票(1)]

Plots

最近のあらすじ 5
★4立ち去った女(2016/フィリピン)1997年。殺人罪で服役していた小学校教師ホラシア(チャロ・サントス・コンシオ)は冤罪が晴れて釈放された。すでに収監から30年がたち、夫は亡くなり息子は行方不明になっていた。ホラシアは彼女に罪を着せた元恋人のロドリゴ(マイケル・デ・メサ)への復讐を密かに決意。いまは成功者として彼が暮らす町で、野外食堂を開き、卵の行商人(ノニー・ブエンカミーノ)やホームレスの女、流れ者のゲイ(ジョン・ロイド・クルーズ)ら社会の底辺で暮らす人々と交流しながら復讐の機会をうかがうのだった。トルストイの短編「God Sees the Truth, But Waits」に着想を得た贖罪の物語。ヴェネチア国際映画祭金獅子賞。(228分/モノクロ) [投票]
★3あゝ、荒野 後編(2017/日)堀口(ユースケ・サンタマリア)のボクシングジムで兄弟のように過ごし、プロデビューした新宿新次(菅田将暉)とバリカン建二(ヤン・イクチュン)。着々と戦績を重ねた新次は、かつて仲間を裏ぎり今はホープとして注目を集めている裕二(山田裕貴)との対戦が決まり殺気立つ。一方、才能を持ちながら伸び悩む建二は、逃げるように別のジムへ移籍していった。建二の父(モロ師岡)と、自殺した夫の運命的な関係に気づく新次の母(木村多江)。新次の恋人(木下あかり)が福島の被災地に残してきた母親(河井青葉)の存在。建二と学生活動家の元恋人(今野杏南)の出会い。様々な人間模様が明らかになっていく。(147分)[投票]
★4あゝ、荒野 前篇(2017/日)大震災から10年、東京五輪も終わった2021年。介護士と自衛官不足に窮し提案された徴兵制のような法案に反対するデモが広がり、増加する自殺を実力で撲滅しようとする急進的な学生団体も現れ社会は閉塞感に包まれていた。そんな時代、母に捨てられた少年院帰りの新次(菅田将暉)と、韓国人の母を亡くし元自衛官の父(モロ師岡)の暴力を受けて育った健二(ヤン・イクチュン)は、堀口(ユースケ・サンタマリア)の場末のジムでボクシングを始める。すべてを怒りに換える新次と、相手を殴ることすらためらう建二。新次は仲間を裏切った裕二(山田裕貴)への復讐が、極度の吃音に苦しむ建二は社会とつながることが目的だった。(157分)[投票]
★3エルネスト(2017/日=キューバ)1962年。ボリビアの日系青年・フレディ前村(オダギリジョー)は、医師を志し革命直後のキューバに留学する。ボリビアの貧しい人々を救いたいという思いから、フレディは仲間と共に勉学に没頭していた。そんななかチェ・ゲバラ(ホワン・ミゲル・バレロ・アコスタ)との出会い、核戦争寸前に至ったキューバ危機、女子留学生への淡い想いを経験し多感なフレディの情熱は増々高まっていく。64年、祖国ボリビアで軍事クーデターが没発。フレディは圧政に苦しむ祖国民のために闘うことを決意。戦士名「エルネスト・メディコ(医者)」を授かり、ゲバラとともにボリビアでのゲリラ戦に参加するのだった。実在の日系人戦士の半生を描く青春ドラマ。(124分)[投票]
★5わたしたち(2015/韓国)10歳の少女ソン(チェ・スイン)はクラスで仲間はずれにされていた。小さい頃は仲の良かったボラ(イ・ソヨン)と、なんとか仲直りしたくて近づくが冷たく無視されてしまう。1学期の終業式の日、掃除当番を押しつけられて一人で教室に残っていたソンは転校生のジア(ソル・へイン)と出会う。すぐに仲良くなった二人は夏休みの間、毎日のように互いの家を訪ね泊まりあうほどの仲になった。両親が共働きで幼い弟の世話をしながら質素に暮らすソン。親が仕事のためイギリスにおり祖母と暮す裕福なジア。新学期を迎え、そんな二人の仲に異変が起きる。少女たちの繊細な心模様と人間関係を描くユン・ガウン監督の体験的長編デビュー作。(94分)[投票]

Points of View

最近のPOV 5
私は中川梨絵のファンである[投票(5)]
2016年6月15日。女優の中川梨絵さんが逝去されました。享年67。肺がんだったそうです。・・・・1967年に東宝から成瀬巳喜男作品(中川さかゆ名)でデビュー。その後、日活に移籍してブレイク。70年代前半のロマンポルノを代表する女優のひとりとなります。74年からフリーとなり黒木和雄実相寺昭雄相米慎二池田敏春森崎東ら個性的な作家の作品で存在感ある脇役として活躍されました。なかでも『竜馬暗殺』(74)のモノクローム画面のなかの憂いを湛えた瞳が印象的な遊女や、『歌麿・夢と知りせば』(77)の艶やかな花魁道中姿は忘れることができません。また、このころ唯一のレコード曲「踊りましょうよ」を発表。そのデカダンスな香り漂う甘い歌声に魅了されました。当時、深夜ラジオからラジカセで録音し、擦り切れるまで聴いたカセットテープは私の宝でした。・・・・その後、縁あって2000年以降、私は悪友らと梨絵さんが新宿・四谷で営んでおられた居酒屋に客として伺うようになりました。酔いにまかせた我々の勝手な映画酔談に合わせて、名監督たちのとの想い出や、新作(―こまめにご覧になっていました―)への忌憚ない感想で、その場を楽しく盛り上げてくださいました。にもかかわらず、お店の移転にともない伺う機会を失してしまい、近年は不義理を重ねておりました。・・・・そして、昨日の早すぎる訃報。あちらの世界にも映画界があるのなら、先に逝った方々が梨絵さんの来訪を待ちきれなかったのでしょう。そうとでも思わなければやりきれません。
脚本家・新藤兼人[投票(6)]
そうそう、これも新藤兼人だったよね。
最後のアウトロー 追悼、原田芳雄[投票(11)]
長髪にレイバン、ジーンズ姿。そんなヤクザ、見たことなかった。60年代から70年代へ、大きな転換期を迎えた日本社会が連続性を喪失したのと呼応するかのように、原田芳雄は今までのアウトロー像をひっくり返し登場し、斜陽にあえぐ日本映画界のなかを型破りなエネルギーを発散させながら80年代まで一気に突き進む。しかし、壮年期を迎えた90年代、原田的アウトローは主役の座から退き、どこか居心地悪そうに映画のなかの片隅にいた。しかたあるまい。隆盛から破綻へと向かうバブル騒動のなか、社会に飼い慣らされた中年男はみな従順な羊になり下がり、男盛りの原田が演じるに値する年相応のアウトローなど日本のどこにも居なかったのだがら。そして、最後の10年。ライバル刑事に同情されるアル中の初老のスリ。娘の恋に業を煮やして現れる幽霊。妻の積年の思いに絶句する老医師。商店街の復活を画策する引退した老店主。晩年の原田はエネルギーの燃え残りを燻らせながら、社会や制度からはみ出したじろぐ老人役がよく似合った。日本映画界、不世出のアウトローであった。 ■ニュー・アウトロー時代(A:1968〜74 B:75〜79 C:80〜84)  ■彷徨えるアウトロー時代(D:85〜89 E:90〜94 F:95〜99)  ■翳を引きずるアウトロー時代(G:2000〜04 H:05〜11)
ディア・ドクター[投票(4)]
A・・村や町のお医者  B・・病院の先生  C・・女医さん  D・・もうすぐ引退  E・・新米・駆け出し  F・・あぶない先生   G・・歯医者・獣医
[投票(5)]
A・・・全員集合 B・・二宮和也くん C・・櫻井翔くん D・・松本潤くん E・・大野智くん F・・相葉雅紀くんと松本くん、ということで、何故、二宮くんがらみの映画ばかり見ているかと言うと娘が彼の大ファンで家にDVDがあるからというだけのことなのです。でも「ピカンチ」シリーズはけっこう面白かったですよ。『黄色い涙』は、原作もテレビ版も大好きな作品だったのでぜひ見に行こうと思うのですが公開する劇場がいやに少ないですね。若い女の子で溢れかえった映画館を想像するとオジサンは気おくれしてしまうのであります。・・・・暇つぶしPOVにて失礼・・・・