コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

ぽんしゅう

★参加者募集★コメント投稿や採点に参加ご希望の方。お気軽にメールをください。ご招待します
e-mailponsyuza@yahoo.co.jp
URLhttp://blog.goo.ne.jp/ponsyuza/
[参加掲示板]
→気に入られた投票気に入った→
5922コメント6213
115あらすじ7
317POV104

Comments

最近のコメント 10
★4いぬむこいり(2016/日)遅れてきたアイドルに再び勃起するシニア左翼の夢精物語が発火点となって、戦場を駆ける中年カップルの面倒くさい青春冒険譚が燃え上がる。沖縄やエルサレムを想起する近親憎悪的対立に、決着を着けるのは異種混合が産み落とす無私無欲の純愛暴力であるという暴論。 [review][投票(1)]
★5ハッピーアワー(2015/日)ふたつのイベントの様子が、主人公たちが日常から少しだけ離脱する“儀式”として、たっぷりと時間をかけて描かれる。延々と続くその“儀式”は、いつの間にか観客のリアルな日常も浸食し始める。架空の日常と現実の日常がスクリーンを媒介にシンクロするスリル。 [review][投票]
★4人生タクシー(2015/イラン)ドキュメンタリー風に作りながら、とうていそうは見えないところが、映画製作を禁じられたパナヒの確信犯的作為。社会と個人の狭間(物語の普遍的なテーマ)に存在する、タクシーという移動(映画的ダイナミズム)する閉鎖空間(疑似シアター)に着目した発想の勝利。 [review][投票]
★3台北ストーリー(1985/台湾)重厚な彫刻を施された石造りのレトロな建物が並ぶ廸化街の街並み。疾走するバイクの背後に浮かぶ燃えるような紅い電飾を施された大門。外資のネオンサインの前でシルエットと化す迷子のような男女。都市の風景が醸す時代の記憶は人工的なぶん、いつだって刹那的だ。 [review][投票]
★4スウィート17モンスター(2016/米)否定されるべき人物が一人も出てこない。といって、安易さやあざとさもない。嫌味なく、嫌味な少女を好演するヘイリー・スタインフェルドの自然体が、自然体でいることの難しさと大切さを素直に納得させてくれる。彼女は、嘆きはするが、決して泣かないのだ。 [review][投票(2)]
★4水の声を聞く(2014/日)信仰はともかく、何か「すがるもの」がなければ安定できない者たちを前に、「すがられる側」もまた、その根拠となる「すがるもの」を模索する。悟った気がした島のルーツは荷が重く、頭でっかちの巫女になろうとした凡人は儀式(イベント)というカタチにすがる。 [review][投票]
★3夜空はいつでも最高密度の青色だ(2017/日)心の不安を埋めようと思わず吐いた言葉が虚しく霧散する。「生」の実感としての身体(ストレッチ、空手、腰痛、首の傷痕)は、肉体の手ごたえを素通りして安易に死のイメージへ直結してしまう。そんな、今の若者たちの姿が浮き彫りにされる序盤はとてもスリリング。 [review][投票]
★4タレンタイム〜優しい歌(2009/マレーシア)相手に甘えない、相手を疎みもしない。4人の高校生たちの立居振舞に、つつましさが漂っている。この映画が醸し出す独特の“優しい関係性”は、ここに起因しているような気がする。これがマレーシアのリアルな高校生の関係なのだろうか。それとも演出だろうか。 [review][投票(2)]
★3午後8時の訪問者(2016/ベルギー=仏)ひたすら真摯な女医さんの「悔悟」をめぐる市井の冒険は、いつしか人の心の隙間に入り込む。見えてきたのは罪の意識などない虚勢、欲望、嫉妬が生み出す他者への思いやりの欠如。ドアを閉ざすことの呵責に欧州が抱える難民問題を重ねるのはうがち過ぎだろうか。[投票(1)]
★4北陸代理戦争(1976/日)集団抗争劇ではなく個人闘争劇。拡散ではなく定着。奉仕ではなく生活。ひいては国家より国民。これは『仁義なき闘い』の主題の対極にある「組織」対「個人」観。ゆらゆらと体を前後に揺する川田(松方弘樹)のクセが、この男の秘めたる凶暴性を象徴して秀逸。 [review][投票(2)]

Plots

最近のあらすじ 5
★4いぬむこいり(2016/日)小学校教師の梓(有森也実)の家には、犬と姫が結婚し子孫を残したという犬婿伝説が伝わっていた。ある日、何をやっても上手くいかない梓に「イモレ島へ行け。そこには、お前が望む宝がある」とのお告げがくだる。すべてを投げ出し旅に出た梓が訪れた沖之大島の人々は、誰もがイモレ島について口を閉ざすのだった。流れ者のペテン師(武藤昭平)、元ロックギタリスト(柄本明)、革命家の土建屋(石橋蓮司)、ワンマン市長(ベンガル)、セクシー&変態武器商人(江口のりこ/尚玄)らが引き起こす騒動に巻き込まれながら、たどり着いたイモレ島はナマ族の王(PANTA)とキョラ族女王(緑魔子)が対立する戦火の島だった。(245分)[投票]
★5ハッピーアワー(2015/日)神戸に住む気の合う30代後半の女性4人組は、定期的に集まる遊び仲間だ。桜子(菊池葉月)の夫(申芳夫)は公務員で中学生の息子がいた。純(川村りら)の夫(謝花喜天)は遺伝子の研究者で、専業主婦の二人は中学の同級生。 イベント企画を手掛ける芙美(三原麻衣子)は、編集者の夫(三浦博之)と互いの仕事を尊重し合う共働き。離婚歴のある独身のあかり(田中幸恵)は職場で頼られるベテラン看護師だ。4人は鵜飼(柴田修兵)という風変わりな男が主催する「重力と身体」についてのワークショップに参加する。その打ち上げで、純がある裁判を抱えていることが分かり、それぞれの秘めた思いが頭をもたげ始めるのだった。(317分) [more][投票]
★4人生タクシー(2015/イラン)新米運転手(パナヒ監督)のタクシーが街を行く。乗り合わせる客はみんな騒々しい。女性教師と謎の男は死刑について議論を始め、ビデオ屋は海賊版DVDを映画科の学生へ売りに行く。重傷を負った夫を病院へ運ぶ妻や、何故か金魚鉢を持った老婦人。さらに、強盗に襲われたパナヒ監督の故郷の友人、発表用のビデ作品を撮影する小学生の姪、停職中の知り合いの女性弁護士、などなど・・・。反体制的活動を理由に政府から映画製作と出国を禁止されたジャファール・パナヒ監督が自ら運転手としてテヘランの街を走り、乗客とのやりとりから“映像”の意味を問いつつ現代のイラン社会を風刺するドキュメンタリー風ドラマ。ベルリン国際映画祭 金熊賞(82分) [投票]
★4水の声を聞く(2014/日)新宿のコリアンタウン。祖母が済州島の巫女だったミンジョン(玄里)が、友人の美奈(趣里)に誘われるままアルバイト感覚で始めた占い業が大盛況。設立した宗教団体「真教・神の水」も、広告代理店出身の赤尾(村上淳)のマーケティングと、ご託宣のシナリオによって信者が増え続けた。世の中には母の精神錯乱に悩む青年や、義理の兄との関係が絶てない女など「すがるものが必要な人たち」が溢れていたのだ。そんなとき、凶暴な借金取り(小田敬)に追われた日本人の父(鎌滝秋浩)が転がり込んでくるが、母と自分を捨てた父をミンジョンは絶対に許そうとしない。その一方、自分が偽物であることに後ろめたさを感じ始めていた。(129分)[投票]
★3台北ストーリー(1985/台湾)80年代半ばの台北。一緒に暮らすためのマンションを探す幼なじみのカップルがいた。男のアリョン(ホウ・シャオシェン)は、少年時代には野球選手として将来を嘱望されていたが、今は昔ながらの面影を残す通り廸化街で家業の布地問屋を継いでいる。女のアジン(ツァイ・チン)は、急速に開発が進む台北の花形不動産会社に勤めるキャリアウーマンだ。ところが、アジンが突然解雇されたことから計画が挫折してしまい、2人の間にすきま風が吹き始めるのだった。過去に囚われた男と、未来に夢を託す女の姿が、刻々と変貌する台北の街に重ねて描かれるラブストーリー。製作から32年を経て日本で劇場初公開された楊徳昌監督の長編第2作。(119分)[投票]

Points of View

最近のPOV 5
私は中川梨絵のファンである[投票(4)]
2016年6月15日。女優の中川梨絵さんが逝去されました。享年67。肺がんだったそうです。・・・・1967年に東宝から成瀬巳喜男作品(中川さかゆ名)でデビュー。その後、日活に移籍してブレイク。70年代前半のロマンポルノを代表する女優のひとりとなります。74年からフリーとなり黒木和雄実相寺昭雄相米慎二池田敏春森崎東ら個性的な作家の作品で存在感ある脇役として活躍されました。なかでも『竜馬暗殺』(74)のモノクローム画面のなかの憂いを湛えた瞳が印象的な遊女や、『歌麿・夢と知りせば』(77)の艶やかな花魁道中姿は忘れることができません。また、このころ唯一のレコード曲「踊りましょうよ」を発表。そのデカダンスな香り漂う甘い歌声に魅了されました。当時、深夜ラジオからラジカセで録音し、擦り切れるまで聴いたカセットテープは私の宝でした。・・・・その後、縁あって2000年以降、私は悪友らと梨絵さんが新宿・四谷で営んでおられた居酒屋に客として伺うようになりました。酔いにまかせた我々の勝手な映画酔談に合わせて、名監督たちのとの想い出や、新作(―こまめにご覧になっていました―)への忌憚ない感想で、その場を楽しく盛り上げてくださいました。にもかかわらず、お店の移転にともない伺う機会を失してしまい、近年は不義理を重ねておりました。・・・・そして、昨日の早すぎる訃報。あちらの世界にも映画界があるのなら、先に逝った方々が梨絵さんの来訪を待ちきれなかったのでしょう。そうとでも思わなければやりきれません。
脚本家・新藤兼人[投票(6)]
そうそう、これも新藤兼人だったよね。
最後のアウトロー 追悼、原田芳雄[投票(11)]
長髪にレイバン、ジーンズ姿。そんなヤクザ、見たことなかった。60年代から70年代へ、大きな転換期を迎えた日本社会が連続性を喪失したのと呼応するかのように、原田芳雄は今までのアウトロー像をひっくり返し登場し、斜陽にあえぐ日本映画界のなかを型破りなエネルギーを発散させながら80年代まで一気に突き進む。しかし、壮年期を迎えた90年代、原田的アウトローは主役の座から退き、どこか居心地悪そうに映画のなかの片隅にいた。しかたあるまい。隆盛から破綻へと向かうバブル騒動のなか、社会に飼い慣らされた中年男はみな従順な羊になり下がり、男盛りの原田が演じるに値する年相応のアウトローなど日本のどこにも居なかったのだがら。そして、最後の10年。ライバル刑事に同情されるアル中の初老のスリ。娘の恋に業を煮やして現れる幽霊。妻の積年の思いに絶句する老医師。商店街の復活を画策する引退した老店主。晩年の原田はエネルギーの燃え残りを燻らせながら、社会や制度からはみ出したじろぐ老人役がよく似合った。日本映画界、不世出のアウトローであった。 ■ニュー・アウトロー時代(A:1968〜74 B:75〜79 C:80〜84)  ■彷徨えるアウトロー時代(D:85〜89 E:90〜94 F:95〜99)  ■翳を引きずるアウトロー時代(G:2000〜04 H:05〜11)
ディア・ドクター[投票(4)]
A・・村や町のお医者  B・・病院の先生  C・・女医さん  D・・もうすぐ引退  E・・新米・駆け出し  F・・あぶない先生   G・・歯医者・獣医
[投票(5)]
A・・・全員集合 B・・二宮和也くん C・・櫻井翔くん D・・松本潤くん E・・大野智くん F・・相葉雅紀くんと松本くん、ということで、何故、二宮くんがらみの映画ばかり見ているかと言うと娘が彼の大ファンで家にDVDがあるからというだけのことなのです。でも「ピカンチ」シリーズはけっこう面白かったですよ。『黄色い涙』は、原作もテレビ版も大好きな作品だったのでぜひ見に行こうと思うのですが公開する劇場がいやに少ないですね。若い女の子で溢れかえった映画館を想像するとオジサンは気おくれしてしまうのであります。・・・・暇つぶしPOVにて失礼・・・・