コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

ぽんしゅう

e-mailponsyuza@yahoo.co.jp
URLhttp://blog.goo.ne.jp/ponsyuza/
[参加掲示板]
→気に入られた投票気に入った→
6982コメント7345
127あらすじ10
334POV113

Comments

最近のコメント 10
★4山猫(1963/伊)正統ヨーロピアン保守の戸惑いが公爵の茫漠とした表情に滲む。過去の秩序に学び必要最小限の“変化”を受け入れるのが保守の流儀であり矜持。だが時代の変化は想像を超えていた。彼も気づかぬうちに受け入れざるを得なかった“妥協”の代償はあまりに大きかった。 [投票(1)]
★3ドクトル・マブゼ(1922/独)冒頭の機密文書を奪取するアクション演出のスピード感。後半の謎の博士による催眠ショーのトリッキーなサスペンス。それ以外は同じような攻防を繰り返す長丁場。それでも厭きさせないのはさすがラングなのだが、やっぱり掴みどころのない間延び感はいなめない。 [review][投票(1)]
★4宇宙でいちばんあかるい屋根(2020/日)人生の長さをまだ知らない思春期の少女にとっての「悩み」は人生のすべてだが、老女にとっての「後悔」はあと少しだけ耐えれば自分とともにこの世から失せてしまうものだ。清原果耶の“今”のすべてと桃井かおりの“今まで”のすべての絶妙なアンサンブル。 [review][投票(4)]
★4暗黒街(1927/米)無法の闇。酒場の挑発。羽毛の舞い。乱痴気と嫉妬と銃撃。塀の内と外。細部に渡って計算されたアクションは、悪漢ブル(雄牛)の奔放と人なつこさ、弁護士ロールス(品位)の自尊と忠義、情婦フェザース(羽毛)の華やぎと純愛の“危うい均衡”の醸成へと収斂する。 [review][投票(1)]
★4人生の乞食(1928/米)男装のルイーズ・ブルックス(『港々に女あり』のあの小悪魔!)が可愛い。藁山の一夜のチャーミングなこと。不幸からの脱出。出会いと放浪。権力と無力。周囲の烏合化。愛の力と改心。と、目前に迫ったハリウッド黄金期のラブ&アクションの“定番化”の予感。 [review][投票(1)]
★4最後の人(1924/独)ホテルの回転扉の外は大粒の雨。客を乗せた車が止まる。ビルの夜景も豪雨に霞む。巨漢のベテランポーターがびしょ濡れになりながら巨大な荷物を易々と担ぎ屋内へ。濡れて黒光りするレインコートを脱ぐと格式高そうな制服姿に。エミール・ヤニングスのどや顔。 [review][投票(1)]
★2人数の町(2019/日)SFとしての驚きが皆無の脚本に凡庸な演出が輪をかけてサスペンス感ゼロ。挿入される世情データの間の悪さ(読めない!)が理屈(言い訳)の残滓となって劇映画としての感度を下げる。俊英の撮影監督四宮秀俊らしからぬ散漫で意図不明の画面造詣はどうしたことか! [review][投票]
★5サンライズ(1927/米)都会女の闇夜の誘惑。ためらいの湖上の洗脳殺人。風景がうねる田園列車の車窓。大都会の圧倒的物量と喧騒。都市的画一化の象徴である床屋。互いの「個」をとり戻す教会と写真館。集団の中の「ふたり」を確立する遊園地の束の間の享楽の解放。暴風雨と村人総出の捜索。 [review][投票(3)]
★4結婚哲学(1924/米)入れ代わり立ち代る女と男たちによって二転三転する「事実」と「誤解」を推進力に話を転がすお馴染みのルビッチの妙。冒頭に登場(穴あき靴下!)して“てんやわんや”を尻目に実利を得る裏ストーリーの主役・教授(A・マンジュウ)の地味な復讐譚だったりもして。 [review][投票(1)]
★4雀(1926/米)メアリー・ピックフォード演じる少女に聖母マリアを重ねて信仰心の大切さを説いた子供から大人まで楽しめるファミリー向けアドベンチャーなのだろう。物語の展開、人物の個性と挙動、カット割りと編集。どれをとっても“分かりやすさ第一”の演出見本のようだ。 [review][投票]

Plots

最近のあらすじ 5
★3ようこそ映画音響の世界へ(2019/米)サイレント期から現代までのハリウッド映画における音響技術を総覧するドキュメンタリー。無声映画が「音」を獲得するまでの丁寧な解説。『キング・コング』(33)、『市民ケーン』、『』がもたらした「音」の進化の意義。低迷期を経て1960年代後半に台頭したジョージ・ルーカスフランシス・F・コッポラら新鋭監督と、ウォルター・マーチらにより確立された音響デザインという職種による革命的な仕事からデジタル革新へ。創造力と技術の探究がもたらした音響の進化史が、映画における「音」の分類(種類)と役割を踏まえながら数々の名作と当事者たちの秘話によって語られる。音響デザイナーミッジ・コスティンの初監督作。(94分)[投票]
★3ドクトル・マブゼ(1922/独)〔大賭博師篇〕変装と催眠術を駆使し株価操作、偽札作り、不正賭博と悪事を尽くす謎の男。それが精神分析医マブゼ(ルドルフ・クライン・ロッゲ)のもうひとつの顔だった。資産家ハル(パウル・リヒター)が次の標的だと察知したヴェンク検事(ベルンハルト・ゲツケ)は賭場に入り浸る厭世的な伯爵夫人(ゲルトルート・ベルカー)の協力を得て謎の男に迫ろうとする。〔犯罪地獄篇〕マブゼは警察の手におちた情婦のカロッツァ(アウト・エゲデ・ニッセン)を見捨て、さらに捜査の混乱を狙って伯爵夫人を誘拐。自ら検事に近づき命を狙うのだった。第一次大戦後のドイツを舞台に悪と秩序の対決を描くサスペンス。(サイレント/272分)[投票]
★4暗黒街(1927/米)シカゴの暗黒街。ブル(ジョージ・バンクロフト)という一匹狼の銀行強盗がいた。強面だが気っぷが良く人情味があり周りからも一目おかれた男だ。ブルは、ある晩知り合ったアル中の浮浪者(クライヴ・ブルック)の気概にほれ込み、高級車の名にちなんでロールスと呼び面倒をみるようになる。元は弁護士だったロールスは恩義を感じ、生活を立て直しブルのブレーンとなった。そんな理知的な紳士ロールスに、ブルの情婦で羽毛のコートをまとったフェザース(イヴリン・ブレント)は恋心を抱くようになる。そして、暗黒街のボスたちが集まる舞踏会の夜、ある事件が起きる。友情と愛情、恩義と疑心の相克を描くギャング映画。(サイレント/86分)[投票]
★4人生の乞食(1928/米)養父から虐待を受けていた若い娘ナンシー(ルイズ・ブルックス)は耐え切れず父を殺害してしまう。事情を知った旅の途中の青年ジム(リチャード・アーレン)は、ナンシーに男の服装をさせ兄弟をよそおい逃亡を手伝うことに。無一文の二人は貨物列車に飛び乗りあてのない旅に。たどり着いた先で、無賃乗車で移動する浮浪者(ホーボー)たちの集団に紛れ込もうとするが、ナンシーが女だとばれて目を付けられてしまう。そんななか、荒くれ者の浮浪者レッド(ウォーレス・ビアリー)が、ナンシーを力ずくで自分の女にすると言い出し仲間割れが始まってしまう。そのころ、警察の追手はすぐそこにせまっていた。(サイレント/83分)[投票]
★2人数の町(2019/日)借金を抱えて行き詰った蒼山(中村倫也)は、黄色いツナギの男に拉致され奇妙なコミュニティー(町)に送られた。住人は社会生活で問題を抱えたり失敗した者ばかり。全員デュード(あいつ)と呼ばれ部屋番号が唯一のアイデンティティ。それ以外に不自由はなく結婚は禁止だがフリーセックスが推奨され競争や格差のない平穏な町だ。ただ食糧を得るためには、ネットへのやらせ投稿、特定政党への投票、街頭での抗議活動への参加が必要だった。先輩住人のスレンダー美女(立花恵理)の手ほどきを受け、そんな生活へ順応した蒼山のまえに、自ら進んで実生活を捨てたという紅子(石橋静河)が現われる。CMプランナー荒木伸二の監督デビュー作。(111分)[投票]

Points of View

最近のPOV 5
東京から遠く離れて 追悼、大林宣彦[投票(7)]
2020年4月10日、大林宣彦監督が82歳で逝去されました。生涯に43本の劇場用映画を撮られています。
ギター弾きの仕事 追悼、井上堯之[投票(6)]
ザ・スパイダースのギタリストで作曲家の井上堯之さんが2018年5月2日に亡くなられたそうです。享年77。□出演作(A) □音楽・・70年代(B)、80年代(C)、90年代(D) □再び出演‐2000年以降(E)
私は中川梨絵のファンである[投票(5)]
2016年6月15日。女優の中川梨絵さんが逝去されました。享年67。肺がんだったそうです。・・・・1967年に東宝から成瀬巳喜男作品(中川さかゆ名)でデビュー。その後、日活に移籍してブレイク。70年代前半のロマンポルノを代表する女優のひとりとなります。74年からフリーとなり黒木和雄実相寺昭雄相米慎二池田敏春森崎東ら個性的な作家の作品で存在感ある脇役として活躍されました。なかでも『竜馬暗殺』(74)のモノクローム画面のなかの憂いを湛えた瞳が印象的な遊女や、『歌麿・夢と知りせば』(77)の艶やかな花魁道中姿は忘れることができません。また、このころ唯一のレコード曲「踊りましょうよ」を発表。そのデカダンスな香り漂う甘い歌声に魅了されました。当時、深夜ラジオからラジカセで録音し、擦り切れるまで聴いたカセットテープは私の宝でした。・・・・その後、縁あって2000年以降、私は悪友らと梨絵さんが新宿・四谷で営んでおられた居酒屋に客として伺うようになりました。酔いにまかせた我々の勝手な映画酔談に合わせて、名監督たちのとの想い出や、新作(―こまめにご覧になっていました―)への忌憚ない感想で、その場を楽しく盛り上げてくださいました。にもかかわらず、お店の移転にともない伺う機会を失してしまい、近年は不義理を重ねておりました。・・・・そして、昨日の早すぎる訃報。あちらの世界にも映画界があるのなら、先に逝った方々が梨絵さんの来訪を待ちきれなかったのでしょう。そうとでも思わなければやりきれません。
脚本家・新藤兼人[投票(6)]
そうそう、これも新藤兼人だったよね。
最後のアウトロー 追悼、原田芳雄[投票(11)]
長髪にレイバン、ジーンズ姿。そんなヤクザ、見たことなかった。60年代から70年代へ、大きな転換期を迎えた日本社会が連続性を喪失したのと呼応するかのように、原田芳雄は今までのアウトロー像をひっくり返し登場し、斜陽にあえぐ日本映画界のなかを型破りなエネルギーを発散させながら80年代まで一気に突き進む。しかし、壮年期を迎えた90年代、原田的アウトローは主役の座から退き、どこか居心地悪そうに映画のなかの片隅にいた。しかたあるまい。隆盛から破綻へと向かうバブル騒動のなか、社会に飼い慣らされた中年男はみな従順な羊になり下がり、男盛りの原田が演じるに値する年相応のアウトローなど日本のどこにも居なかったのだがら。そして、最後の10年。ライバル刑事に同情されるアル中の初老のスリ。娘の恋に業を煮やして現れる幽霊。妻の積年の思いに絶句する老医師。商店街の復活を画策する引退した老店主。晩年の原田はエネルギーの燃え残りを燻らせながら、社会や制度からはみ出したじろぐ老人役がよく似合った。日本映画界、不世出のアウトローであった。 ■ニュー・アウトロー時代(A:1968〜74 B:75〜79 C:80〜84)  ■彷徨えるアウトロー時代(D:85〜89 E:90〜94 F:95〜99)  ■翳を引きずるアウトロー時代(G:2000〜04 H:05〜11)