コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

ぽんしゅう

★参加者募集★コメント投稿や採点に参加ご希望の方。お気軽にメールをください。ご招待します。
e-mailponsyuza@yahoo.co.jp
URLhttp://blog.goo.ne.jp/ponsyuza/
[参加掲示板]
→気に入られた投票気に入った→
6216コメント6514
117あらすじ7
319POV106

Comments

最近のコメント 10
★4標的の島 風(かじ)かたか(2017/日)沖縄戦で日本軍は島民を救わなかったと老女が国への不信を露わにする。しかたない。“あの軍”は国民ではなく国体を守るための皇軍だったのだから。自衛隊ならそんことはないと私も信じたい。だが命令一下、そのとき絶対に大丈夫だと、どこの誰が確約できるのだろう。 [review][投票]
★3女は二度決断する(2017/独)世界に蔓延するやっかいな問題に、何ごとか提起しているようで何も語っていない。たとえ対象が家族だろうが、イデオロギーだろうが抱いた思いの「純度」が人の生き方を決定し、ときに対立を生むという矛盾から私たちは逃げられないのに、この女は逃げてしまった。 [review][投票(1)]
★3ラスト・ワルツ(1978/米)数十年ぶりに再見。驚いたのカメラワークの貧弱さ。観ていて楽しくないのです。当時の撮影機材の機動力の限界のせいとも言い切れず、R・ロバートソンのアップ顔ばかりでミュージシャンが楽器を奏でるというアクションへの関心やリスペクトが足りないからだと思う。 [review][投票(3)]
★5ハッピーエンド(2017/仏=独=オーストリア)続発する不祥事の現場の顛末は詳述されず「起きたこと」の“後始末”ばかりが淡々と描かれる。一族間のパッションの衝突は封印され空々しさが蓄積する。これから「起きること」を意志として表明した背中越しの海の青色が、不気味なほど美しいのは、そのせいだ。[投票]
★3クソ野郎と美しき世界(2018/日)いささか、とうの立ったアイドルの新生プロモーションとして既成の枠にはまらない映像作家を起用してオムニバスを作るというのは悪くない企画だし、以前の藤島ジュリーKさんのところでは撮れない映画を期待したのですが、仏は作れても入魂までは難しいですね。 [review][投票]
★4素敵なダイナマイトスキャンダル(2018/日)メガネを曇らせた者たちが象徴的に何人か登場する。みんな感情をむき出しにした人々だ。停滞の70年代から狂騒の80年代、一見、男(柄本佑)が感情を露わにしないのは、混濁した経済と文化のバブルに拝金の腐臭を嗅いだからだろう。健全な精神こそがサブカルを生む。[投票(1)]
★3blank13(2017/日)情に流されず丁寧かつ的確な斎藤工の演出。奇をてらわず控えめな西条みつとし脚本と金子ノブアキの音楽も映画界の新たな希望。安手のお涙ものに陥ることなく、葬儀を義務でこなす息子らの胸中に本人たちも戸惑う“心の隙間”をあぶり出す手腕は見事。 [review][投票(1)]
★3虫女(1972/韓国)生きるために封殺されることを選択する女も、人間性を封印して支配に生きる女も虫女だ。夫の男根の勢いを奪い、三代続いた愛人家系の小娘の野望をがんじがらめに封じ込める猛妻の力の支配に、軍事独裁政権の暗喩を感じる。赤ん坊登場以降の流れがやや停滞する。[投票]
★4祖谷物語 おくのひと(2013/日)たっぷりと時間を使った冒頭のタイトルロールは、観客のリアル時間を徐々に山を流れるゆったりとした仮想時間へと導く。宮崎駿作品のヒロインのような身体能力の高さに裏付けられ、「斜面」を登り、降りる武田梨奈の身のこなしの美しくたくましいこと。 [review][投票(1)]
★4BPM ビート・パー・ミニット(2017/仏)余命宣告を受けたも同然の若者たちの失意の裏返しとしての決起と抵抗の高揚が、沸点へ向かって一本調子で突き進むユーロビートの不穏さとシンクロする。死に急がないために個人が民主的秩序のもとに連帯し、生き急ぐように硬直した社会秩序を激しく攻撃する正当性。 [review][投票]

Plots

最近のあらすじ 5
★5三里塚のイカロス(2017/日)1966年、成田市三里塚の空港建設が発表された。何も知らされていなかった地元農民たちは反対同盟を結成し国家を相手に徹底抗戦に入る。当時、絶頂期にあった学生運動の活動家たちも支援のために次々に闘争に参戦。いやおうなしに当事者にされた農民とちがい、彼は自ら進んで闘争に身を捧げた若者たちだった。あれから50年。農民活動家の嫁となった女子大生たち。10代で半身不随となった元活動家。管制塔占拠事件に参加し服役した元ML派メンバーや後に彼らと敵対する中核派の元幹部。そして用地買収を担当した空港公団職員。移りゆく時代のなか、迷い苦悩した半生を彼らが語るドキュメンタリー。毎日映画コンクール ドキュメンタリー映画賞。(138分)[投票]
★4標的の島 風(かじ)かたか(2017/日)“かじかたか”とは「風よけ(防波堤)」の意味。2015年、防衛省は宮古島、石垣島へのミサイル基地建設と自衛隊配備を発表。この西南諸島の要塞化は、日本の最前線として敵の侵攻に備えるためのアメリカの軍事戦略の一環でもある。敵の「標的の島」となってしまう宮古ではSNSなどを通じて小さな子を持つ母親たちが市役所に説明を求め、石垣の地区代表たちは防衛省の説明会で賛否を戦わせる。それは、激しい反対活動のなか進められる辺野古や高江の新基地建設と同じ運命をたどる予感を漂わせる。離島の新たな市民運動。辺野古や高江の機動隊との攻防。各島々の伝統行事を重ねながら沖縄の苦渋を訴えるドキュメンタリー。キネマ旬文化映画部門 第2位 (119分)[投票]
★5ハッピーエンド(2017/仏=独=オーストリア)13歳のエヴ(ファンティーヌ・アルドゥアン)は母とそりが合わず、離婚した父トマ(マチュー・カソヴィッツ)の元に引き取られることになった。家業を継がず医者になった父には、再婚した若い妻(ローラ・ファーリンデン)と幼い息子がいた。家業の建築業は、85歳の家長ジョルジュ(ジャン・ルイ・トランティニャン)に代わり娘のアンヌ(イザベル・ユペール)が社長として取り仕切り、彼女の息子(フランツ・ロゴフスキ)に専務をまかせていた。そんな三世代が同居するブルジョワ一族の冷え切った感情の通わない関係がやがて露見し始めるのだった。父の愛情を知らずに育ったエヴもまた一家を醒めた目で見ていた。(107分) [投票]
★4素敵なダイナマイトスキャンダル(2018/日)エロ雑誌の編集者・末井(柄本佑)は、母親(尾野真千子)が不倫相手とダイナマイト心中するという壮絶で不思議な体験をしていた。高校卒業後、就職した大阪の工場を3ヵ月で逃げ出し川崎の父(村上淳)のもとに転がり込む。デザイン専門学校に通い出したころ後に妻となる牧子(前田敦子)と知り合い就職した会社で看板描きの仕事を始めるのだった。その後、アダルト雑誌にたずさわり1977年に「ウイークエンドスーパー」を創刊。さらに「写真時代」の編集長としてカメラマンの荒木(菊地成孔)さんらと組んで発禁と創刊を繰り返し80年代のサブカルチャーを牽引していくのだった。原作は編集者、作家、サックス奏者の末井昭の自伝。(138分)[投票]
★3blank13(2017/日)13年前に家族を残して蒸発した父(リリー・フランキー)の消息が判明した。しかし、ガンに侵され余命は3ヵ月。ギャンブル好きで謝金まみれ。いつも取り立屋に追われていた父に、妻の洋子(神野三鈴)と長男のヨシユキ(斎藤工)は会おうとはしなかった。だが、父の優しさの記憶が微かに残っていた次男のコウジ(高橋一生)は、恋人のサオリ(松岡茉優)にも背中を押され入院先を訪ねてみるのだった。そして、あっけなく父はこの世を去り、長男のヨシユキが義務感だけで催したささやか葬儀に父の13年間を知る者たちが集まってきた。彼らが語る父の“ブランク”とは・・・・。斎藤工の初長編監督作。(70分)[投票]

Points of View

最近のPOV 5
私は中川梨絵のファンである[投票(5)]
2016年6月15日。女優の中川梨絵さんが逝去されました。享年67。肺がんだったそうです。・・・・1967年に東宝から成瀬巳喜男作品(中川さかゆ名)でデビュー。その後、日活に移籍してブレイク。70年代前半のロマンポルノを代表する女優のひとりとなります。74年からフリーとなり黒木和雄実相寺昭雄相米慎二池田敏春森崎東ら個性的な作家の作品で存在感ある脇役として活躍されました。なかでも『竜馬暗殺』(74)のモノクローム画面のなかの憂いを湛えた瞳が印象的な遊女や、『歌麿・夢と知りせば』(77)の艶やかな花魁道中姿は忘れることができません。また、このころ唯一のレコード曲「踊りましょうよ」を発表。そのデカダンスな香り漂う甘い歌声に魅了されました。当時、深夜ラジオからラジカセで録音し、擦り切れるまで聴いたカセットテープは私の宝でした。・・・・その後、縁あって2000年以降、私は悪友らと梨絵さんが新宿・四谷で営んでおられた居酒屋に客として伺うようになりました。酔いにまかせた我々の勝手な映画酔談に合わせて、名監督たちのとの想い出や、新作(―こまめにご覧になっていました―)への忌憚ない感想で、その場を楽しく盛り上げてくださいました。にもかかわらず、お店の移転にともない伺う機会を失してしまい、近年は不義理を重ねておりました。・・・・そして、昨日の早すぎる訃報。あちらの世界にも映画界があるのなら、先に逝った方々が梨絵さんの来訪を待ちきれなかったのでしょう。そうとでも思わなければやりきれません。
脚本家・新藤兼人[投票(6)]
そうそう、これも新藤兼人だったよね。
最後のアウトロー 追悼、原田芳雄[投票(11)]
長髪にレイバン、ジーンズ姿。そんなヤクザ、見たことなかった。60年代から70年代へ、大きな転換期を迎えた日本社会が連続性を喪失したのと呼応するかのように、原田芳雄は今までのアウトロー像をひっくり返し登場し、斜陽にあえぐ日本映画界のなかを型破りなエネルギーを発散させながら80年代まで一気に突き進む。しかし、壮年期を迎えた90年代、原田的アウトローは主役の座から退き、どこか居心地悪そうに映画のなかの片隅にいた。しかたあるまい。隆盛から破綻へと向かうバブル騒動のなか、社会に飼い慣らされた中年男はみな従順な羊になり下がり、男盛りの原田が演じるに値する年相応のアウトローなど日本のどこにも居なかったのだがら。そして、最後の10年。ライバル刑事に同情されるアル中の初老のスリ。娘の恋に業を煮やして現れる幽霊。妻の積年の思いに絶句する老医師。商店街の復活を画策する引退した老店主。晩年の原田はエネルギーの燃え残りを燻らせながら、社会や制度からはみ出したじろぐ老人役がよく似合った。日本映画界、不世出のアウトローであった。 ■ニュー・アウトロー時代(A:1968〜74 B:75〜79 C:80〜84)  ■彷徨えるアウトロー時代(D:85〜89 E:90〜94 F:95〜99)  ■翳を引きずるアウトロー時代(G:2000〜04 H:05〜11)
ディア・ドクター[投票(4)]
A・・村や町のお医者  B・・病院の先生  C・・女医さん  D・・もうすぐ引退  E・・新米・駆け出し  F・・あぶない先生   G・・歯医者・獣医
[投票(5)]
A・・・全員集合 B・・二宮和也くん C・・櫻井翔くん D・・松本潤くん E・・大野智くん F・・相葉雅紀くんと松本くん、ということで、何故、二宮くんがらみの映画ばかり見ているかと言うと娘が彼の大ファンで家にDVDがあるからというだけのことなのです。でも「ピカンチ」シリーズはけっこう面白かったですよ。『黄色い涙』は、原作もテレビ版も大好きな作品だったのでぜひ見に行こうと思うのですが公開する劇場がいやに少ないですね。若い女の子で溢れかえった映画館を想像するとオジサンは気おくれしてしまうのであります。・・・・暇つぶしPOVにて失礼・・・・