コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

るぱぱ

うーん…最近は時間がねぇ…
[参加掲示板]
→気に入られた投票気に入った→
340コメント179
あらすじ1
11POV7

Comments

最近のコメント 10
★3ラ・ラ・ランド(2016/米)突出したものが皆無で、なぜこんなに高評価なのか分からない。すべてがなにかの焼き直しのようでこじんまりとした印象。なんというか、スキマが多いんだよねえ。[投票(2)]
★4何がジェーンに起こったか?(1962/米)ベティ・デイヴィスまだ50代前半かぁ…。[投票]
★3藁の楯(2013/日)なんと言うか各々の「業」が足りないわな。[投票(1)]
★3手紙は憶えている(2015/カナダ=独)演技は良かったんだけど…。 [review][投票]
★3イベント・ホライゾン(1997/米=英)これだよ。この★分布こそが正統派B級映画の証だよ。 [review][投票]
★3イリュージョニスト(2010/英=仏)途中から「抗え」という内なる声が消えず、やがて苦痛と化しました。スイマセン。[投票]
★5映画 聲の形(2016/日)微に入り細に入り作り込まれた、原作の枝葉を見事に端折った。本筋は失わず、尺に合わせて切り捨てる手腕たるや、お見事。それでいて→ [review][投票]
★3傷だらけのふたり(2013/韓国)息もできない』の劣化コピー。同じ設定、同じ話でこうも変わるというのも映画の面白さか。[投票]
★3インサイダーズ 内部者たち(2015/韓国)どこにも美しさがない。なんちゅー胸糞悪い映画だ。いろんな意味で。[投票]
★5インターステラー(2014/米)これはアレかな。「息子」じゃなくて「娘」なのは、やっぱリサ・ランドールがモデルなんかな。 [review][投票]

Plots

2 件
★1ジェームズ・キャメロンのタイタニックの秘密(2003/米)海底3,650mに沈む悲劇の豪華客船タイタニック号を最先端3Dカメラシステムを用いて撮影したドキュメンタリー。当時の面影を残したまま深海に横たわるタイタニック号の姿がアイマックスシアター等の巨大スクリーン上に映し出される。 [投票]
★5夢の涯てまでも(1991/日=豪=独=米=仏)1999年冬、20世紀最後の数日間。 世界は滅亡の危機をはらんでいた。 無気力なパーティーに明け暮れるクレアは、運命の男トレヴァと出会い恋に落ちる。 しかしトレヴァは正体を明かさず謎の旅を続け、それを追うクレアとともオーストラリアの原野に辿り着く。 そこではトレヴァが旅をしながら集めた映像を、彼の父が発明した装置を使って、盲目の母の脳に送り込もうとしていた…。[投票]

Points of View

どうしても許せない邦題[投票]
思い出したら急に腹が立ってきたので、思いつくまま記録として。コメント欄が原題。大人の事情は認めるとしても、あえて砂かける必要はあるまいて。
予告編じゃなく音楽に騙される[投票(1)]
良くも悪くも人は予告編に騙されて劇場に足を運びます。私も予告編は好きですが、中でもE.S. Posthumusのアルバム「Unearthed」を使った予告編にシビレます。「予告はカッコ良かったんだけどなぁ…」と思ったことがあるあなた。あなたがカッコイイと思ったのは、実は中身ではなく音楽だったのかも知れません。――ということで、予告編(もしくはティーザー)にE.S. Posthumusの曲が流れていた作品のリストです。AはTHEATRICAL TRAILER、BはTEASER TRAILER、CはINTERNATIONAL RELEASEです。
相場が動いたから映画を観よう[投票(2)]
毎度のことではありますが、株価が下落して傷口を広げています。せめて映画でも観てなぐさめられたいと思うのですが、選択を誤るとかえって精神衛生上良くないことになります。あー考えたくない…。A=人生はカネじゃないんだ/B=やっぱ相場は儲けてなんぼや/C=いっそ逃げてしまおうかしら/D=いや、どーせ逃げるなら…。
「これ面白かったっス」的作品に関する控え[投票(5)]
たいした本数を観てるワケではないんですが、それでもハズレが続くと「何かいいのないかねぇ」的会話が始まります。会話の相手が同じ程度に観ていると、当然多くの作品がダブるので「あ、それ観た」「それも」…ってことになって一向に会話が進みません。共通に観た作品を罵り合うのも愉快なもんですが、本来の主旨は未達成のまま。そんな無駄をはぶくために集めた「採点者が少なめ=相手が観ていない公算が大きい」+「私的採点が5=オススメできる」作品群です。お願いです。あなたの「それ」も教えて下さい。■A=採点者25人以下 B=採点者50人以下 C=採点者75人以下
自我と認識に関する個人的控え[投票(3)]
 どうも私は相当に自分と自分をとりまく「世界」という奴を疑っているらしく、ある種の映画を観ると、本筋とはやや離れて(実は“沿って”かもしれずや)思考が上滑りを始めます。重要な主題は自分の(相手の)軸足がどこにあるのか?―を疑うことであり、世界の本質を疑うことです。そんな想いを満たしてくれる、私にとっての誘因剤のようなシリーズ。