コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

エピキュリアン

映画は自分にとって、2時間前後で行って帰れる脳ミソの旅行です。できるだけ毎日1回は、旅に出ることにしている。
[参加掲示板]
→気に入られた投票気に入った→
1027コメント107
あらすじ4
11POV14

Comments

最近のコメント 10
★4ナポレオン(1927/仏)たしかに初めてこれを見たコッポラは、驚いたんでしょうね。これ、まるで現在のMTV用に編集されたみたいだもんね。ものすごく早いカットつなぎ、音楽との同期、飛びゴマの挿入、アップの多様、変わったカメラアングルなどなど・・・これはもうPVの祖先といってもいいんじゃないかな。でもナポレオンの最期まで描かれてないのがちょっと不満でした。[投票]
★42046(2004/中国=仏=独=香港)ほとんど極端なアップか、何かで画面を分割して役者にカメラは集中したままで進行する。それぞれ感情のかたまりと化した女優たちがトニーレオンの出口のない孤独を責めるように去来する。このすざましい感情と孤独の演技と引きのない映像が素晴らしい、木村拓也以外は・・・。カーウァイは香港のDリンチになっちゃのかな?。[投票]
★5キル・ビル Vol.2(2004/米)No1からの続き物でTVシリーズ物の匂いも遊びつつきれいに終わった、って感じ。それにしても、ビルが話しながらサンドイッチをつくるシーンは素晴らしい!。手つきも美しいし、話しとのギャップも素晴らしい。それと、ダリル・ハンナがImmenselyだったかの単語に拘るところもかなり好き。。[投票(1)]
★4リクルート(2003/米)面白かった!パシーノの起用理由は最後で納得だけど、コリン・ファレルが、得意のいやな奴から微妙に共感できる人に変わってゆく様をここでも上手に演じている。何気なく手を掻いてたりするディティールもいいし。あと、このこの監督は音の使い方が巧みだと思いました。静かな時のかすかなパソコンのキーの音や石の上を歩く靴音がサスペンスをさりげなく高める。[投票(1)]
★5ヤァヤァ・シスターズの聖なる秘密(2002/米)これは凄い映画だった。自分へのこだわりの為に一風変わってる女性の人生への深い愛情と、そんな母親を恨みつつ自分を発見しようとする娘への優しい眼差し。『テルマ&ルイーズ』の脚本を書いた女性が監督なのね。台詞が死ぬほどいいし、カメラも控えめだけど的確でいいし。女優陣がひとり残らず素晴らしいかったです。[投票(1)]
★2ソラリス(2002/米)まとめきれなかったねー。テーマと、話の進むテンポとがちぐはぐな感じがしました。記憶と後悔に苛まれながらいま目の前にあるものを受け入れようとする、という説明はできても、その感情を捉えるのは、過去の挿入と役者の演技だけでは難しいんじゃないかな・・・。デビッド・リンチが撮った方がよかったかも・・・。[投票]
★4メンフィス・ベル(1990/米)小さい頃、あの爆撃機の模型を見て、完全に天地左右攻撃できるようになっていて、強そうだけど、狭い銃のカプセルのなかで動けないときに、敵機に狙われたら怖いだろうなー、すごい恐怖に耐えて打ちまくるんだろうな、って思った記憶があるんだけど。この映画はそれを再現すうために作られたに違いない、と見ながら確信した。[投票]
★2ハンテッド(2003/米)追跡のシーンで追う者と追われる者の両方の主観を同時にカメラが追いかけるので、後半からまったく緊張がなくなってしまった。それにベイシオの奥さん役の存在は?子供は?というサイドストーリーもほったらかしなので、凝縮力もなくて終わってしまった・・。フリードキン、どうしちゃったの?と心配になってしまいました。[投票]
★4シービスケット(2003/米)誰だって失敗する、んだし、チャンスはまたある、というアメリカ精神を高揚させる物語。うわーありがちー!と思いながらも、いろんな仕掛けによって、見てれば、やっぱりジンと来ちゃったし、配役が素晴らしいので共感してしまいました。でも一番息をのんだのは、競馬中の馬を真横や真俯瞰から移動撮影した撮影でした。クレーンか?美しい![投票(1)]
★5レジェンド・オブ・メキシコ デスペラード(2003/メキシコ=米)面白ければいい、というのが、確かな哲学であることを確実に認識させてくれる第2弾!ここで第一回との差異やつじつまなどをどうのこうの言うのは、野暮でしょう。教会の二階からすんなり飛び降りる当たりでもう次元を越えているんだし。それにしても、スラップスティックとカッコよさって共存できるんだ、という事実に打たれました。[投票(1)]

Points of View

DPへ愛をこめて[投票(11)]
映画は結局、光と影という絵の具で書かれた絵なので、それを実際に描く職人=技術者=アーティストである撮影監督(DP)を、もっと追求したい気がしてました。そこで、個人的に好きなDPたちの作品リストを作って、取り合えずそれを全部観てみたいと思ってます。 なお、ビットリオ・ストラーロネストール・アルメンドロスなどの大御所ではなく(好きですけど)、いま中堅で頑張ってる感じの方々から選んでみました。 A:ダリウス・コンディ、B:ダンテ・スピノッティ、C:タク・フジモト、D:ジョン・トール、E:ロビー・ミューラー、F:ピーター・アンドリュース