コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

イリューダ

[参加掲示板]
→気に入られた投票気に入った→
601コメント327
2あらすじ8
POV5

Comments

最近のコメント 10
★3ジャングル・ブック(2016/米)高度な技術的達成とそれに見合わぬ凡庸なストーリー。「違和感がない」ということは裏を返せば「印象に残りにくい」ということなのかもしれない。[投票]
★2グレイテスト・ショーマン(2017/米)物語的な因果応報の帰結が露骨かつお手軽すぎて失笑してしまった。正直脚本は気の利いた高校生なら書ける程度のものだと思うが、劇場の大スクリーンで見ていれば歌とダンスでもうちょっと退屈しなかったかもしれない。[投票]
★3ズートピア(2016/米)メタファーしかない映画、という印象。政治的正しさをこれ以上ないほど巧妙に、上品にエンタテインメントに仕上げているが、いかにも頭のいい人が会議を重ねて練り上げたような脚本に逆に反発を感じるのは、私の心が狭いからかもしれない。 [review][投票(2)]
★5カメラを止めるな!(2017/日)こんな多幸感につつまれた映画鑑賞は久しぶりだった。周りの観客は大爆笑で、自分も気づかないうちに爆笑してた。最高だ。 [review][投票(4)]
★4メン・イン・ブラック3(2012/米)なんだか急にウェルメイドな良作になっていておどろいた。「アンディ、ヨーコが来てるわよ」「(チッ)ヨーコか…」ここが一番笑った。[投票]
★3キサラギ(2007/日)アイドル稼業に懐疑的な私は、「だけど本当はそこにも真実があるんだ」という最後の真相に感動した。でもアイドルに詳しいある批評家の評では、そここそがこの映画の罪深さであるという…。 [review][投票(2)]
★3夜は短し歩けよ乙女(2017/日)原作の学園祭のくだりが本当に大好きで、その部分の映像化をとても楽しみにしていたのに、よりによってその部分がもっとも改変されてしまっていてかなりしょんぼり。全体的には湯浅政明監督らしいオリジナリティあふれた佳作であると思います。[投票]
★5高地戦(2011/韓国)悲惨で地獄で本当に鬱な映画なんだけど、それでもどん底でなされるシン大尉の「なぜ自分たちはワニ中隊と呼ばれるのか」の演説に「うおおおおお!」と魂を揺さぶられるものがあった。『レッドクリフ』の孫権の演説の870倍興奮した。[投票]
★2疑惑のチャンピオン(2015/英)ドーピングの実態を映像で見られたのは興味深かったが、どうも事実を表面的になぞっただけで、ランス・アームストロングの異常なまでの勝利への執念や独善性や酷薄さ、それと表裏一体の人間的魅力と周囲への影響力などが描かれていない。howはわかっても一番見たかったwhyがない。 [review][投票]
★4ブラックパンサー(2018/米)MCU全作の中でも間違いなく最も哀しいヴィラン(悪役)だった。彼がハーブの力で先祖の地へ戻ろうとしても、それはアフリカの母なる大地ではなく、オークランドの狭いアパートなのだ。それは故国を失った「奴隷の子孫」たる黒人すべての象徴なのだろう。[投票(2)]

Plots

最近のあらすじ 5
★3ジャングル・ブック(2016/米)ジャングルの奥地でオオカミに育てられた人間の子供、モーグリ(ニール・セティ)は、オオカミの群れのリーダーアキーラ(ジャンカルロ・エスポジト)の庇護と母親代わりの雌オオカミ、ラクシャ(ルピタ・ニョンゴ)の愛情を受け、しあわせに暮らしていた。ジャングルには雨季が終わり、長い乾季が訪れたが、川の水が干上がって「平和の岩」が発見されたことで、「水の休戦」が始まる。そこでは常日頃食べる側の動物も、食べられる側の動物も平和なひとときを過ごすのだ。しかしそこに人間に深い憎悪を抱くトラのシア・カーン(イドリス・エルバ)が戻ってきた… [more][投票]
★4ブラックパンサー(2018/米)アフリカの小国ワカンダには大きな秘密があった。巨大なパワーを秘めた鉱石「ヴィブラニウム」の力で、現代の基準を遥かに超えた科学技術を持っていたのだ。国王を若くして継ぐことになったティ・チャラ(チャドウィック・ボーズマン)は、国の秘密と平和を守るヒーロー「ブラックパンサー」としての顔も持っていた。そんな彼の元にかつてヴィブラニウムを盗み出したクロウ(アンディ・サーキス)が再び現れたという情報が届く。クロウは謎のアメリカ人キルモンガー(マイケル・B・ジョーダン)と組んで、ロンドンの博物館からヴィブラニウム製の武器を盗み出す。ティ・チャラはクロウを捕まえるため、自らクロウと武器の買い手が現れるという韓国釜山に飛ぶのだが…。[投票]
★3アンダルシア 女神の報復(2011/日)アンドラ公国で発生した日本人殺害事件の調査のため、現地入りした黒田康作(織田裕二)は、事件の第一発見者であるビクトル銀行行員、新藤結花(黒木メイサ)に出会う。新藤は犠牲者である川島直樹(谷原章介)について重大な秘密を隠していた。事件を担当したインターポールの捜査官、神足誠(伊藤英明)は、川島が警視総監の息子で不正取引に関わっていたことから、スキャンダルの隠蔽を図ろうとする。やがて明らかになる国際テロ組織とビクトル銀行の不正融資事件。舞台はアンダルシアに移り、三者三様の思惑の中、事件に相対することとなる…。『アマルフィ 女神の報酬』に続く、外交官黒田康作シリーズ映画版第2作。[投票]
★4ガールズ&パンツァー 劇場版(2015/日)学校の存亡をかけた全国戦車道大会での優勝から数ヶ月。大洗女子学園戦車道チームは、地元大洗町でエキシビションマッチを行うなど平和な日常を過ごしていた。しかしそこに、「全国大会で優勝すれば学校を存続させる」という約束を反故にするという文部科学省からの非情な通達が届く。学園艦を退去させられ、不安と失望の日々をおくるみほ(渕上舞)ら大洗の生徒たちだったが、生徒会長の杏(福圓美里)の奔走により、大学選抜チームに勝てば学校存続というというわずかな可能性をつかむ。無謀とも言える戦いに臨もうとするみほたちのもとへ、かつて彼女たちと戦ったライバル校の精鋭たちが駆けつける…。[投票]
★5マッドマックス 怒りのデス・ロード(2015/豪)資源が枯渇し、至る所が砂漠化した世界を、本能のままにさすらう元警官のマックス(トム・ハーディ)は、ある日「ウォーボーイズ」と呼ばれる武装集団に捕らえられる。それは、水を独占し、V8エンジンと自らへの崇拝を強要するイモータン・ジョー(ヒュー・キース・バーン)に仕える狂信者たちだった。放射線障害のため短命な彼らの「輸血袋」として利用されていたマックスだったが、ジョー配下のフュリオサ(シャーリーズ・セロン)の、ジョーの「ワイブス(子産み女)」たちを連れた逃亡に端を発する混乱の中で脱出に成功する。彼は成り行きからフュリオサやワイブスとともに「緑の地」を目指す。しかしジョーは配下を引き連れて執拗に彼女たちを追うのだった。[投票(1)]