コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

イリューダ

[参加掲示板]
→気に入られた投票気に入った→
604コメント329
2あらすじ8
POV5

Comments

最近のコメント 10
★2ファイナルファンタジーVII アドベントチルドレン(2005/日)台詞が寒い。ストーリーが独りよがり。CGは美麗ではあっても質感が感じられず何の魅力もない。野暮の骨頂のような作品。おみおつけで顔ォ洗って出直して来い!あとエアリスの顔がなんか老け顔で嫌だ。[投票]
★3大日本人(2007/日)映画監督松本人志の蹉跌の第一歩だったわけだが、私はあまり嫌いになれない映画だった。それにしても本当にこの人は「浅い」人だな、と思った。 [review][投票(2)]
★3ペイン&ゲイン 史上最低の一攫千金(2013/米)アメリカ版『冷たい熱帯魚』のような話、なのだが…。 [review][投票]
★3凶悪(2013/日)まあ言われつくしていることだろうが、ピエール瀧とリリー・フランキーがはまり役過ぎてそれだけでお腹いっぱいな感じ。ただ、実話である凶行シーンの迫力に、フィクションである記者の私生活部分のドラマがあまりにも負けすぎで、映画としてかなりいびつ。 [review][投票(1)]
★2ジャングル・ブック(2016/米)高度な技術的達成とそれに見合わぬ凡庸なストーリー。「違和感がない」ということは裏を返せば「印象に残りにくい」ということなのかもしれない。[投票]
★2グレイテスト・ショーマン(2017/米)物語的な因果応報の帰結が露骨かつお手軽すぎて失笑してしまった。正直脚本は気の利いた高校生なら書ける程度のものだと思うが、劇場の大スクリーンで見ていれば歌とダンスでもうちょっと退屈しなかったかもしれない。[投票]
★3ズートピア(2016/米)メタファーしかない映画、という印象。政治的正しさをこれ以上ないほど巧妙に、上品にエンタテインメントに仕上げているが、いかにも頭のいい人が会議を重ねて練り上げたような脚本に逆に反発を感じるのは、私の心が狭いからかもしれない。 [review][投票(2)]
★5カメラを止めるな!(2017/日)こんな多幸感につつまれた映画鑑賞は久しぶりだった。周りの観客は大爆笑で、自分も気づかないうちに爆笑してた。最高だ。 [review][投票(4)]
★4メン・イン・ブラック3(2012/米)なんだか急にウェルメイドな良作になっていておどろいた。「アンディ、ヨーコが来てるわよ」「(チッ)ヨーコか…」ここが一番笑った。[投票]
★3キサラギ(2007/日)アイドル稼業に懐疑的な私は、「だけど本当はそこにも真実があるんだ」という最後の真相に感動した。でもアイドルに詳しいある批評家の評では、そここそがこの映画の罪深さであるという…。 [review][投票(2)]

Plots

最近のあらすじ 5
★2ファイナルファンタジーVII アドベントチルドレン(2005/日)セフィロスとの最終決戦から2年。メテオによる惑星の破壊は阻止されたものの、世界は未だ荒廃の中にあり、「星痕症候群」と呼ばれる不治の病が人々を苦しめていた。 クラウドはデリバリーサービス(運び屋)としてティファや孤児たちとともに暮らしていたが、過去の戦いで仲間を失った自責の念からまだ立ち直れずにいた。ある日、かつて敵対したタークスのレノからの依頼の知らせを受けたクラウドは、正体不明の男たちに襲撃される。辛くも襲撃を逃れ、依頼主の元を訪ねると、意外な人物が自らの護衛を依頼してきたのだが・・・。1997年にスクウェア(現スクウェア・エニックス)から発売され、大ヒットとなったゲームタイトルの続編。 [投票]
★3ペイン&ゲイン 史上最低の一攫千金(2013/米)ジムトレーナーのダニエル・ルーゴ(マーク・ウォールバーグ)は、自分の人生に不満を持っていた。彼は真の「アメリカン・ドリーム」をつかむため、同僚のエイドリアン(アンソニー・マッキー)と新入りのポール(ドウェイン・ジョンソン)とともに、ジムの顧客の大金持ちヴィクター(トニー・シャルーブ)の誘拐と財産の強奪を計画する。財産を奪うことには成功した彼らだったが、すさんすぎる計画で正体がばれ、しかもヴィクターの殺害には失敗してしまう。なんとか生き延びたヴィクターだが警察には話を信用してもらえず、引退した私立探偵のエド・デュボイス(エド・ハリス)を雇って財産を取り戻そうとする…。実話を元にしたクライム・コメディ。[投票]
★2ジャングル・ブック(2016/米)ジャングルの奥地でオオカミに育てられた人間の子供、モーグリ(ニール・セティ)は、オオカミの群れのリーダーアキーラ(ジャンカルロ・エスポジト)の庇護と母親代わりの雌オオカミ、ラクシャ(ルピタ・ニョンゴ)の愛情を受け、しあわせに暮らしていた。ジャングルには雨季が終わり、長い乾季が訪れたが、川の水が干上がって「平和の岩」が発見されたことで、「水の休戦」が始まる。そこでは常日頃食べる側の動物も、食べられる側の動物も平和なひとときを過ごすのだ。しかしそこに人間に深い憎悪を抱くトラのシア・カーン(イドリス・エルバ)が戻ってきた… [more][投票]
★4ブラックパンサー(2018/米)アフリカの小国ワカンダには大きな秘密があった。巨大なパワーを秘めた鉱石「ヴィブラニウム」の力で、現代の基準を遥かに超えた科学技術を持っていたのだ。国王を若くして継ぐことになったティ・チャラ(チャドウィック・ボーズマン)は、国の秘密と平和を守るヒーロー「ブラックパンサー」としての顔も持っていた。そんな彼の元にかつてヴィブラニウムを盗み出したクロウ(アンディ・サーキス)が再び現れたという情報が届く。クロウは謎のアメリカ人キルモンガー(マイケル・B・ジョーダン)と組んで、ロンドンの博物館からヴィブラニウム製の武器を盗み出す。ティ・チャラはクロウを捕まえるため、自らクロウと武器の買い手が現れるという韓国釜山に飛ぶのだが…。[投票]
★3アンダルシア 女神の報復(2011/日)アンドラ公国で発生した日本人殺害事件の調査のため、現地入りした黒田康作(織田裕二)は、事件の第一発見者であるビクトル銀行行員、新藤結花(黒木メイサ)に出会う。新藤は犠牲者である川島直樹(谷原章介)について重大な秘密を隠していた。事件を担当したインターポールの捜査官、神足誠(伊藤英明)は、川島が警視総監の息子で不正取引に関わっていたことから、スキャンダルの隠蔽を図ろうとする。やがて明らかになる国際テロ組織とビクトル銀行の不正融資事件。舞台はアンダルシアに移り、三者三様の思惑の中、事件に相対することとなる…。『アマルフィ 女神の報酬』に続く、外交官黒田康作シリーズ映画版第2作。[投票]