コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

プロキオン14

「海の上のピアニスト」のイタリア完全版が公開が楽しみ。
e-mailgomeisa44@pdx.ne.jp
[参加掲示板]
→気に入られた投票気に入った→
1413コメント2179
56あらすじ32
POV12

Comments

最近のコメント 10
★3クレヨンしんちゃん 激突!ラクガキングダムとほぼ四人の勇者(2020/日)若くて新しいプロデューサーと、新しい監督の起用で、新しい風が吹くのか? [review][投票]
★4スペシャルズ! 政府が潰そうとした自閉症ケア施設を守った男たちの実話(2019/仏)内容は置いといて、邦題は「寿限無」か! [review][投票]
★4パヴァロッティ 太陽のテノール(2019/英=米)そんなに詳しくなくても、名前は知ってるパヴァロッティ。今回改めてその人生を拝見。たくさんのアーカイブ映像の中の彼は、本当に「太陽のよう」な人。そしてその美声に、暫し堪能させていただきました。 [review][投票]
★4オフィシャル・シークレット(2018/英)こういう映画を見ると、英国も、米国も、自国の「罪」「嘘」「恥」に立ち向かう、確固たる「正義」が「映画の中」にあるなぁ、と思う。そういうのが強すぎる時もあるが、「全くない」我が国の現状を思うと、うらやましい。 [review][投票]
★3ファヒム パリが見た奇跡(2019/仏)邦題で損してる映画。最近、邦題に対する愚痴が多いなぁ、私。 [review][投票]
★3ぶあいそうな手紙(2019/ブラジル)老人と若い娘との交流よりも、隣人との関わりのほうに涙してしまった。 [review][投票]
★4mid90s ミッドナインティーズ(2018/米)かっこいい連中が、キラキラして眩しくみえる、そんな経験のある少年は結構いる。そんな少年スティーヴィーの「青くて、痛くて、脆い」、90年代の日々。 [review][投票]
★3ファナティック ハリウッドの狂愛者(2019/米)最近、トラボルタは「セガール化」していると思ったが、これは「ニコラス・ケイジ化」ですね。「デ・ニーロ」にはなれませんでした。 [review][投票]
★4ブックスマート 卒業前夜のパーティーデビュー(2019/米)他愛もない学園卒業ものと言ってしまえるが、色々な友情や教訓や、誰もが「知らない一面を持っている」ものだと考えさせられる。そして主人公2人がキュートだ。 [review][投票(1)]
★3この世の果て、数多の終焉(2018/仏)高温多湿の映画。それでいて体感温度は「冷たい」。 [review][投票]

Plots

最近のあらすじ 5
★4スペシャルズ! 政府が潰そうとした自閉症ケア施設を守った男たちの実話(2019/仏)ブリュノ(ヴァンサン・カッセル)は、自閉症の子供たちをケアする団体「正義の声」を運営している。毎日、朝から大忙し。今日も支援するジョセフが、電車の非常ボタンを押して電車を停めてしまい、大騒ぎに。今度は重度の自閉症で、他の施設で断られた少年ヴァランタンを依頼され、マリク(レダ・カテブ)に相談する。彼は社会復帰や就労支援をする団体「寄港」を運営している。ある日、政府の監査局の職員が調査に来る。無資格で運営する「正義の声」に問題があるのでは?と調べているのだった・・・[投票]
★4パヴァロッティ 太陽のテノール(2019/英=米)世界三大テノールで、キング・オブ・ハイCの異名を持つ天才テノール歌手、ルチアーノ・パヴァロッティ。2007年に71歳で亡くなった彼の、少年時代から晩年までのアーカイブ映像と、親交のある超一流ミュージシャン、そして家族へのインタビューを元に製作されたドキュメンタリー。劇中で数々の美声を披露し、その笑顔は人々を魅了する。その姿はまるで太陽のよう。そして歌声は永遠に・・・。[投票]
★4オフィシャル・シークレット(2018/英)2003年1月。英国の諜報機関GCHQで働くキャサリン・ガン(キーラ・ナイトレイ)は、米国諜報機関NSAからのメールの指示を見て驚愕する。それは対イラクへの侵攻を強行したい米英が、国連安保理のメンバーの国への諜報活動を指示するものだった。開戦したら大勢の命が失われることを危惧した彼女は、その情報をリークする。二週間後、メールの内容が「オブザーバー紙」の一面に掲載される。GCHQではリークの犯人探しが始まるが、同僚たちが厳しく尋問される様子に耐えられず、自ら犯人だと名乗り出る。彼女は拘束されるが、甲斐なく米英はイラクに侵攻を始める・・・。 [more][投票]
★3ぶあいそうな手紙(2019/ブラジル)ブラジルの港町・ポルトアレグレ。78歳の老人エルネスト(ホルヘ・ボラーニ)は、ウルグアイから移住して46年、妻に先立たれ、独り暮らし。口の悪い隣人のハビエルが唯一心許せる友人。目がほとんど見えなくなって、息子は心配して引っ越しを促すが、頑なに拒む。ある日、彼のもとへ一通の手紙が届く。それはウルグアイにいた頃の親友の妻から。偶然知り合った若い女ビア(ガブリエラ・ポエステル)に、そのスペイン語の手紙を読んでもらうように依頼する。彼女に返事を代筆してもらうことになり、二人は頻繁に会うのだが、突然現れた若い女に、周囲は心配するが・・・。[投票]
★3アンチグラビティ(2019/露)俺(リナル・ムハメトフ)は、部屋で目を覚ました。でも何か様子が変だ?部屋を出ると、そこには異様な光景が広がっていた。空中にも建物が建ち、重力も捻じ曲がっているのか?。ところが突然に黒い怪物に襲われたが、謎の男女に危ないところをを救われた。彼らに連れられて、リーダーのヤン(コンスタンチン・ラヴロネンコ)に会う。ここにいる俺たちは、みな現実世界で「昏睡状態」に陥った人間ばかりで、この世界は俺たちの記憶で創り上げられているらしい。そういえば、俺は、誰だ?、何をしている人間なんだ?[投票]