コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

プロキオン14

ん?登録時間の時刻がGMTになってる?
e-mailgomeisa44@pdx.ne.jp
[参加掲示板]
→気に入られた投票気に入った→
1277コメント1975
55あらすじ27
POV12

Comments

最近のコメント 10
★4ローガン(2017/米)私の中で久しぶりに★1を付けた『ウルヴァリン:SAMURAI』の監督が、こんなにも切ない映画を撮れる事に驚かされた。 [review][投票(1)]
★4おとなの恋の測り方(2015/仏)オスカー俳優ジャン・デュジャルダンが、たとえどんな格好でも「魅力的」に見えるから成立する、フランス産の大人のラブコメ。 [review][投票]
★3アンナとアントワーヌ 愛の前奏曲(プレリュード)(2015/仏)フランスらしい、ゆったりした大人のラブロマンス、ちょっとゆったりし過ぎたかも。 [review][投票]
★3フルスロットル(2014/米)正直、ストーリー的には、「んなアホな」と「痛快だぜ」が隣り合わせの微妙な映画だが、ダヴィッド・ベルの「パルクール」アクションは中々見ごたえあり。遺作のポール・ウォーカーよりも、格好よかった。 [review][投票]
★3ジャッキー ファーストレディ最後の使命(2016/米=仏=チリ)副題が「大げさな」とおもったが、「なるほど」とちょっと思ってしまいました。 [review][投票]
★3バーニング・オーシャン(2016/米)チリ33人希望の軌跡』にしろ、『スノーデン』にしろ、『ハドソン川の奇跡』にしろ、『パトリオットデイ』にしろ、つい最近の事故・事件、出来事を次々と映画化することに、ちょっと抵抗も感じるし、勇気も感じる [review][投票]
★4僕とカミンスキーの旅(2015/独=ベルギー)なかなか「ダメ男」なダニエル・ブリュール演じる主人公。どこまで感情移入できるかが鍵だ。 [review][投票]
★4ノー・エスケープ 自由への国境(2015/メキシコ=仏)ガエル君が製作総指揮にも名を連ねる、文字どうり自作自演の映画。今話題の「メキシコ国境」が舞台なのは、興味深い。 [review][投票]
★3パーソナル・ショッパー(2016/仏=独)クリステン・スチュワート、「ハリウッドに愛想つかした」的な発言の後、欧州に進出しての「カフェ・ソサエティ」と今作ですが、あまり笑わないセルフイメージに近いかな。 [review][投票]
★4スプリット(2016/米)久しぶりのシャマラン映画、ということに気付かずに、普通に鑑賞したから、ちょっと驚きました。だって・・・ [review][投票]

Plots

最近のあらすじ 5
★4シチズンフォー スノーデンの暴露(2014/米=独)2013年6月。そのニュースは世界を駆け抜けた。たった一人の青年の告発が、世界中を揺るがすことに・・・。ドキュメンタリー映画の女性監督ローラ・ポイトラスは、「シチズンフォー」と名乗る謎の人物からの連絡を受ける。そこで彼女は知人のジャーナリスト、グレン・グリーンウォルドと共に、香港のあるホテルの一室で接触を試みる。現れたのは29歳のCIA職員エドワード・スノーデン。彼はカメラを前に、NSA(国家安全保障局)が秘密裏に行う活動の実態を話し始める。それはNSAが全米国民の電話・PCなどの膨大な通信情報を収集しているという事だった・・・。 [more][投票]
★3アンナとアントワーヌ 愛の前奏曲(プレリュード)(2015/仏)インドのニューデリーを映画音楽の作曲家アントワーヌ(ジャン・デュジャルダン)が訪れた。ボリウッド版「ロミオとジュリエット」の映画制作のために。フランス大使館に招かれた彼は、大使の美しい妻アンナ(エルザ・ジルベルスタイン)と出会う。二人は意気投合し、会話がはずむ。大使夫婦は子供に恵まれず、子宝祈願のために、アンナはインド南部に住む聖者アンマに会いに行くつもりだという事を話す。出発の日の朝、駅に着いた彼女の前に、アントワーヌが現れ、旅に同行する事に・・・。 [more][投票]
★3ジャッキー ファーストレディ最後の使命(2016/米=仏=チリ)1963年11月22日、テキサス州ダラス。その事件のニュースは全世界を駆け巡った。それから間もないある日、ジャッキー(ナタリー・ポートマン)の元をジャーナリストがインタビューに訪れた。重い口を開いたジャッキーは、少しずつあの日のことを語りだす。そして彼女は、時代が進み、自分たちが過去の存在になりつつあるという事を肌で感じていた。ジャッキーは決意する。夫のケネディがいつまでも忘れられる事がないように、立派な国葬を行うことにより、皆の脳裏に永遠に焼くつくように・・・。[投票]
★4おとなの恋の測り方(2015/仏)マルセイユに住む敏腕弁護士ディアーヌ(ヴィルジニー・エフィラ)。仕事のパートナーは三年前に離婚した元夫。毎日職場での口論が絶えない。ある日、彼女の自宅に「携帯電話を拾った」という電話が入る。その電話の相手と、会う約束をした彼女は、指定のレストランへ。そこに現れたのはハンサムで、紳士的で、ユーモアのセンスにあふれる、「身長136cm」の建築家アレクサンドル(ジャン・デュジャルダン)。その容姿に戸惑うディアーヌだが、彼の飾らない人柄に魅了され、二人は急速に親しくなってゆくが、そんな「身長差カップル」に、周囲は好奇な目を向ける・・・。 [more][投票]
★3フルスロットル(2014/米)2018年、デトロイト。その郊外に高い塀で隔離された「ブリック・マンション」と呼ばれる地域があった。そこは暴力とドラッグが蔓延する無法地帯。潜入捜査官のダミアン(ポール・ウォーカー)の次のターゲットは、組織のボス・クレメイン。ところがクレメインらが盗んだ中性子爆弾を起動してしまう。爆発を阻止するために、ダミアンはブリックマンションに送り込まれた。ここに住み、警官を殺害した罪で拘留中の男・リノ(ダヴィッド・ベル)と一緒に・・・。 [more][投票]