コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

プロキオン14

こんにちは令和。さよならキノシタホール、半田コロナ。
e-mailgomeisa44@pdx.ne.jp
[参加掲示板]
→気に入られた投票気に入った→
1391コメント2129
56あらすじ32
POV12

Comments

最近のコメント 10
★3ワイルドライフ(2018/米)少年の目から見た、両親の物語。その二人が、どちらとも「もどかしい」。 [review][投票]
★5アナと世界の終わり(2017/英)ちょっと5点はつけすぎだが、楽しめたし、ホロっときたし、最後まで歌があふれるゾンビ映画、コメディ要素も強く、超楽しい映画でした。 [review][投票]
★3永遠に僕のもの(2018/アルゼンチン=スペイン)主人公を演じるロレンソ・フェロを、シャラメ君みたいな美少年路線で売り出したかったのかな?配給会社は。 [review][投票]
★3世界の涯ての鼓動(2017/英)ゆるい。 [review][投票]
★4ワイルド・スピード スーパーコンボ(2019/米)「8」の段階で、ヴィン・ディーゼルと他の(主にロック様)出演者の仲が決裂していたので、これは苦肉の「スピンオフ」扱いとなっただが、これはこれで面白かった。ただし「ナンバーシリーズ」とは「色」の違う映画だ。 [review][投票(1)]
★3トールキン 旅のはじまり(2019/米)少年たちの友情、そして恋、それらを引き裂く戦争。とてもいい素材が揃っているのに。それなのに、それが「トールキン」の為人に結びつかないんだな。 [review][投票]
★4パピヨン(2017/米)オリジナル版映画は、子供のころにテレビで見たが、小学生にはハードすぎて、最後までは見れませんでした。だから実質初見です。オリジナルの二人と比べたりせずに見たら、そこそこ面白かったです。 [review][投票]
★3リアム16歳、はじめての学校(2017/カナダ)ボーイミーツガール映画でありながら、母と息子との関係がメインの話。終始コメディ色が強いので、安心してみていられるが、結末はちょっと意外。 [review][投票]
★3マイ・ブックショップ(2018/スペイン=英=独)閉鎖的な英国の港町。主人公の周りには味方が少ないので、見ていてつらい映画だ。 [review][投票]
★3パリの家族たち(2018/仏)100%母親映画。原題直訳は「母の日」。映画も邦題を私が作るなら『パリの母親たち』か『パリの母の日』か。とにかく「家族」でも「女性」でもなく、「母親」の映画。 [review][投票]

Plots

最近のあらすじ 5
★3ワイルドライフ(2018/米)60年代のカナダ国境に近いモンタナの田舎町。14歳の少年ジョー( エド・オクセンボウルド)は、父ジェリー(ジェイク・ギレンホール)、母ジャネット(キャリー・マリガン)と3人で、新天地で生活していた。ところが父は職場をクビになってしまい、働かずに家でぶらぶらしていたが、突然父は山火事の消防隊の出稼ぎに行ってしまう。仕方なく母は仕事を始めるが、慣れない土地での仕事に苦悩する姿をずっとジョーは見つめていた・・・[投票]
★3トールキン 旅のはじまり(2019/米)それは『ホビットの冒険』『指輪物語』の作者の若き日の物語。J.R.R.トールキンは、12歳の時に母が急逝し、後見人の神父の計らいで、弟と共に下宿で暮らしながら、名門校に通うことに。奨学生で孤児のトールキンは学校では孤立したが、あるケンカがきっかけで、校長の息子で画家志望のロバート、詩人になりたいジェフリー、音楽家を目指すクリストファーと仲間になる。4人は深い友情で結ばれ、ティールームでいつも夢をかたりあった。成長したトールキン(ニコラス・ホルト)は、奨学金打ち切りの危機に直面していたが、同じ下宿に暮らすイーディスにひそかな恋心を抱いていた・・・。[投票]
★4ワイルド・スピード スーパーコンボ(2019/米)俺の名はルーク(ドウェイン・ジョンソン)。最近は毎日9歳の娘との関係に手を焼いてる。ある日、MI6の女エージェントが危険な殺人ウイルスを、テロ組織から奪って逃げている事件が起きた。その件の解決しろとの指令が来たが、よりによって、あのデッカード(ジェイソン・ステイサム)と組めだって?やなこった。そして女エージェントはヤツの妹だって?面倒はゴメンだぜ。突然謎の連中が急襲してきたが、リーダー格の男(イドリス・エルバ)は、異常なパワーじゃねーか!。やれやれ、コイツと組むのは仕方なくだからな! [more][投票]
★3永遠に僕のもの(2018/アルゼンチン=スペイン)1971年、ブエノスアイレス。17歳の少年カルリートス(ロレンソ・フェロ)は、何不自由のない暮らしをしながらも、盗みなどの犯罪を繰り返す。そこには罪の意識など微塵もなく、それはまるで遊びのよう。ある日、転校生のラモンの野性味あふれる風貌に魅かれ、友人となる。ラモンの家族は犯罪一家で、彼らと組んでカルリートスは「銃」を手に入れる。そこから彼はさらに罪を重ね、その引き金を引くことに何のためらいもなかった・・・。 [more][投票]
★5アナと世界の終わり(2017/英)英国の田舎町。高校生のアナ(エラ・ハント)は父親と二人暮らし。クリスマスを前に、大学進学のことで父親と大ゲンカ。翌朝、ダサい幼馴染のジョンと学校へ行く途中に、突然ゾンビに襲われる。間一髪で逃れた二人は、クリスマス会で学校に集まったクラスメイトやアナの父親らを救うために、学校へと向かうが、町中はゾンビたちがあふれかえっていた。果たして彼らは、無事にこの危機から逃れることができるのだろうか・・・。 [more][投票]