コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

プロキオン14

ん?登録時間の時刻がGMTになってる?
e-mailgomeisa44@pdx.ne.jp
[参加掲示板]
→気に入られた投票気に入った→
1295コメント2031
55あらすじ28
POV12

Comments

最近のコメント 10
★3猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)(2017/米)これは、「SWエピソード3」のようなものとして見るのは間違いなのか? [review][投票]
★4アトミック・ブロンド(2017/米)セロンの、セロンによる、セロンのための映画。同様のアンジー主演の『ソルト』のセロン版といったところだが、あれより、ずっといい。 [review][投票]
★4あしたは最高のはじまり(2016/仏)邦題はオマール・シー主演だからでしょうか? [review][投票]
★4IT/イット “それ”が見えたら、終わり。(2017/米)1990年版は未見。なかなかにビビってしまう映画。子供がみたら、軽くトラウマになるレベル。 [review][投票(1)]
★4ゲット・アウト(2017/米)子供のころに見たTV「悪魔の手ざわり」のような、終始ただよう薄ら寒さ、居心地悪さ。「怖い映画」ってこんな感じですね。 [review][投票]
★4あさがくるまえに(2016/仏=ベルギー)とても静かに淡々と描かれているが、かなり激しい感情の揺さぶりを伴う。 [review][投票]
★3バリー・シール アメリカをはめた男(2017/米)ここ数年、個人的にはトムの映画はハズレがなかったが、今年の二作は、どちらも今一つでした。 [review][投票]
★4セブン・シスターズ(2016/仏=英=ベルギー=米)ノオミ・ラパス七変化。見ているうちにそれぞれに愛着がわいてくるから不思議だ。 [review][投票]
★3ドリーム(2016/米)おそらく「邦題変更」のニュースでこの映画を知った人も多いはずだ。『ドリーム』という邦題も夢があっていいのですが、短すぎて、すぐに忘れてしまいかねない。 [review][投票(1)]
★5アンダーグラウンド(1995/独=仏=ハンガリー)今作の「通常版」と、『黒猫・白猫』を同日に映画館で鑑賞。どっしりと重く、充実した、最高の一日になりました。「昔、ある所に国があった」というフレーズが泣けます。 [review][投票(1)]

Plots

最近のあらすじ 5
★4あしたは最高のはじまり(2016/仏)南仏の海辺の町で観光ヨットの船長として、気ままな毎日を送るプレイボーイのサミュエル(オマール・シー)。ある日、彼のもとにクリスティンという女が訪ねてくる。生まれたばかりの女の子を「あなたの子よ」と告げ、置き去りにして去ってしまう。突然のことに、わずかな手がかりを基に、娘を連れロンドンへ向かうが、母親は見つからず、財布も無くしてしまい、言葉の通じない異国で途方に暮れる。偶然出会ったゲイのプロデューサーのベルキーの紹介で、スタントマンの仕事につき、彼の手も借りながら、娘を育てることに・・・。8年後、娘のグロリアは明るい少女に成長していた。幸せな日々を送る二人のもとに、母親から連絡が入る・・・。 [more][投票]
★4IT/イット “それ”が見えたら、終わり。(2017/米)小さな町デリーでは、子供が行方不明になる事件が相次いでいた。ビルの幼い弟も、ある雨の日に“それ”に出会ってしまい、忽然と姿を消してしまった。負け犬と呼ばれるビル達7人の少年少女は、昔からこの街で幼い子供たちが犠牲になる事件が相次いでいることを突き止めるが、彼らの前にも“それ”は、様々に姿を変えて現れ、襲いくる。果たして彼らは“それ”から逃れることができるのであろうか…。スティーブン・キング原作の人気ホラーの再映画化。 [more][投票]
★4オン・ザ・ミルキー・ロード(2016/セルビア=英=米)とある国の戦場の最前線にミルクと届ける配達人のコスタ(エミール・クストリッツァ )。ロバにまたがり、ハヤブサを肩に乗せ、傘で飛び交う弾丸を弾きながら、村から毎日ミルクを運ぶ。村のミルク売りの美女ミレナは、そんなコスタにぞっこん。彼女の夢は、もうすぐ戦場から帰ってくる兄のジャガと一緒に結婚式を挙げること。兄のために難民キャンプで探し出したのは、絶世の美女の花嫁(モニカ・ベルッチ )だった。コスタと花嫁は出会った時から魅かれあうものを感じていた。突然に休戦協定が結ばれ、ジャガも戻り、村は久しぶりの平和な時が訪れていたが、その村に魔の手が忍び寄っていた・・・[投票]
★4海底47m(2017/米)美人姉妹のリサ(マンディ・ムーア)と、ケイト(クレア・ホルト)。メキシコのリゾートにバカンスにやってきた。現地で知り合った青年に、ゲージの中に入り、人喰いザメの泳ぐ海に潜る「シャークゲージ・ダイビング」に誘われる。失恋で落ち込む姉リサをケイトは元気づけるために、ダイビングに挑戦することに。ところが海に潜り、水深5mでサメが現れるのを待っていると、突然ゲージを支える支柱が壊れ、二人はゲージごと、水深47mの海底にたたきつけられる・・・。何とか無事だった二人だが、無線は通じず、酸素量もわずか。そしてゲージの外は、人喰いザメの泳ぐ冷たい海。二人は果たしで無事に生還できるのだろうか・・・。[投票]
★3チリ33人 希望の軌跡(2015/米=チリ)2010年8月。チリ、サンホセ鉱山。マリオ(アントニオ・バンデラス)ら33人の鉱夫たちは、いつもの様に地中700mの作業所へ降りて行った。突然に鉱山内部が崩落し、巨大な岩石が完全に道をふさいでしまった。その事故は全世界に報道される。すぐに大臣(ロドリゴ・サントロ)が鉱山へ急行し、救出の為の指示を出すが、作業ははかどらず、地中と連絡も取れない為に、鉱夫の家族たちは苛立っていた。一方、地底では33人全員が無事であったが、食料はわずか3日分しかなく、地上からの救出を信じて、少ない食料を分け合って生き延びるしか方法が無かった。はたして彼らは無事に生還する事が出来るのであろうか? [more][投票]