コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

プロキオン14

ん?登録時間の時刻がGMTになってる?
e-mailgomeisa44@pdx.ne.jp
[参加掲示板]
→気に入られた投票気に入った→
1265コメント1953
55あらすじ27
POV12

Comments

最近のコメント 10
★4T2 トレインスポッティング(2017/英)実は前作をちゃんと見ていない私でも、「続編だ」ということだけ判っていれば、十分に楽しめた。同様だった『ビフォア・サンセット』が「9年ぶり」なのに対し、こちらは「20年ぶり」。 [review][投票]
★4キングコング:髑髏島の巨神(2017/米)とりあえず、エンドロールが終了しても、席は立たないほうが良いようです。 [review][投票]
★4レゴバットマン ザ・ムービー(2017/米)私は知らなかったが、この映画の随分以前からレゴ✖DCはビデオムービーがいくつも製作されていたので、もうお手のものだと思うが、なかなかスケールの大きな作品でした。 [review][投票]
★3アサシン クリード(2016/英=仏=米=香港)ファスベンダーがアクション映画?というのに驚いたが、アクションは面白かった。でもこれは「人気ゲーム」の映画化だそうで、そういうのに疎い私は、「その世界観」みたいなものに置いて行かれた。 [review][投票]
★3王様のためのホログラム(2016/米)なんか「疲れ切ったトム・ハンクス」なんだが、なぜだかモテモテだぞ?うらやましいじゃないですか? [review][投票]
★4ムーンライト(2016/米)私の見方は少し違う。(レビューは、超長めになってしまいました) [review][投票(6)]
★4ラスト5イヤーズ(2014/米)ミュージカル大好きな私。今回も楽しく鑑賞。・・・でもちょっと私の評価は低いよ(それでも4点はあげ過ぎ?)もう一度見たら、『ラ・ラ・ランド』のように好きになれるのかな? [review][投票]
★4バトルフロント(2013/米)私はちょっとステイサム主演の映画の採点に甘いかもしれないが、この映画はなかなかアクション以外にも見せ場が多く、骨太で、いつもよりも「重い」印象。 [review][投票]
★3雨の日は会えない、晴れた日は君を想う(2015/米)なかなか感情移入しづらい映画だ。「誰に」感情移入するかも含めて。 [review][投票]
★5ラ・ラ・ランド(2016/米)加筆:2回目の鑑賞で、5点に格上げしました。映画としても、「ミュージカル映画」としても。2回見てみるものだ。 [review][投票(2)]

Plots

最近のあらすじ 5
★4レゴバットマン ザ・ムービー(2017/米)私の名はブルース・ウェイン。世間では「バットマン」として知られているが、その正体は秘密だ。噂では、私はモデルの美女とパーティ三昧ではと思われているらしいが、家に帰れば独りぼっちだ。大嫌いなスーパーマンの野郎も独りぼっちと思いきや、他のヒーロー達とパーティだと?(なぜ私を誘わぬのだ!)。うっかり養子にしてしまったロビンは、僕を相棒にして!とウザいし、腐れ縁のジョーカーは、俺が最強の敵だろ?とちょっかい出してきてうるさいし。なぜ私の周りは面倒な奴ばかりなんだ!(アルフレッド:「いい加減になさいませ!」) [more][投票]
★3アサシン クリード(2016/英=仏=米=香港)2016年。カラム・リンチ(ミヒャエル・ファスベンダー)は死刑執行された。と思ったが、彼は死んでおらず、彼は謎の施設へと連れてこられた。そこで科学者のソフィア( マリオン・コティヤール )の指示のもと、「アムニス」という装置に接続されたカラムの意識は、ルネサンス期のスペインへと飛ぶ。そして人間の自由意思を操ることができるという「エデンの果実」を守る伝説のアサシン・アギラールとシンクロする。そして果実のありかを探り出そうとするが・・・。 [more][投票]
★3王様のためのホログラム(2016/米)かつて自転車メーカーの取締役だったアラン(トム・ハンクス)は、中国への技術提供が業績悪化を招き、解任されてしまう。家も家族も失い、IT企業のセールスマンへと転職したが、そんな彼に、サウジアラビアの国王に、離れた場所にいても会議ができるという3Dホログラムを売り込む重要な任務を任される。はるばるサウジに乗り込んだアランだったが、そこは遠く離れた異国の地。「オフィス」とは名ばかりのオンボロテントには、冷房も、Wi-Fiも、食事すらない。肝心の国王は、いつ現れるのかすら判らないのに、上司からは矢の催促の板挟みで、彼は体調に異変をきたしてしまう・・・[投票]
★2素晴らしきかな、人生(2016/米)NYの広告代理店を経営するハワード(ウィル・スミス)。会社は順調だったが、彼を不幸が襲う。6歳の一人娘を亡くした彼は、ずっと心を閉ざし、仕事も全く手につかなくなってしまった。彼の人脈で成り立っていた会社は、急に傾き始める。同僚であり、親友のホイット(エドワード・ノートン)らは、彼を心配するが、彼は自室でドミノを並べては倒す繰り返し。そこでホイットらは奇策を思いつく。しばらくしてハワードの前に、年齢も性別も違う謎の3人(ヘレン・ミレンら)が次々に現れ、彼に語りかけるのだった・・・。いったい3人は何者なのか?[投票]
★3天使にショパンの歌声を(2015/カナダ)1960年代、カナダ・ケベック州のカトリックの修道院が経営する名門寄宿学校。そこは、音楽教育に力を入れていた。しかし財政難の折、修道院の総長から、お金のかかる音楽教育をやめるように言われていたが、校長のマザー・オーギュスティーヌ(セリーヌ・ボニエ)は、それを拒み、自分たちでこの学校を守ろうとしていた。ある日、校長の姪のアリスが転校してくる。アリスは天才的なピアノの才能を持っていたが、不安定な問題児で、ずっと心を閉ざしていた・・・。[投票]