コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

セント

映画生活に戻り始めている。映画館も1/2から100%へと移行しており、このまま前の生活に戻りますように、、。
URLhttp://blog.goo.ne.jp/signnoot
[参加掲示板]
→気に入られた投票気に入った→
4040コメント3497
あらすじ2
1POV4

Comments

最近のコメント 10
★4本気のしるし<劇場版>(2020/日)深田晃司の最新作はなんと4時間、TVドラマの劇場化。パンを用意して劇場へ。印象としてはハーレクインもの、 [review][投票]
★5夜空はいつでも最高密度の青色だ(2017/日)かなり遅ればせながらWOWOWで鑑賞。泣きたくなるほどいい映画。出てくる人物、みんな子供だが、ということは「斗わなくてもいい」ということを言っているのか、、。さりげない連帯感もいい。何より映像が心に浸る。[投票]
★2おらおらでひとりいぐも(2020/日)沖田作品はタッチが好きでいつも見させてもらってる。でも早くも、冒頭からの15分で戸惑い、いつもの待望感が出てこない。この予感はそのままラストまでぶっちぎる。老人の話なのに面白くないなんておかしい、と老人は叫ぶ。[投票]
★4詩人の恋(2017/韓国)素敵な題名ですね。しっとりとした予告編につられて拝見。何か、ピュアな韓国映画の原点に戻ったかのような、そう初期のホ・ジノに似た作風の映画でした。 [review][投票]
★4空に住む(2020/日)最近青山の作品は見ていなかったので、気になり拝見。随分と我々市井の現実からは遊離した世界のお話でございます。 [review][投票(2)]
★3フェアウェル(2019/米=中国)ゴールデングローブ賞を獲得した作品です。時間的には100分ほどの長さで好感が持てる。出演者演技も、カメラワークも、演出も、そして音楽も優れています。でも、 [review][投票]
★4朝が来る(2020/日)河瀬作品はメジャーでは安定した映像が見られる。恐らくいつもより抑えているのであろうと思う。だから登場人物の心理に比重がかかるように持って行く。 [review][投票(1)]
★5スパイの妻(2020/日)なかなか決まっとる映画でございます。黒澤も洗練され、全く無駄がない。これが元テレビドラマだなんて思えないほど黒澤のいいところが詰まっています。たまにこんなピシッとした作品を作るんだね。自由度の大きいホラーめいた作品が好きな私だが今回はブラボー! [review][投票(2)]
★3星の子(2020/日)考えたら大森立嗣って、秀作が続く映画作家ではないのだろうか。 [review][投票(2)]
★3浅田家!(2020/日)ベタなストーリー、家族という愛情の押し売り(言い過ぎ?)、、どうも最後まで入り込めませんでした。個別には素晴らしい才能を持っている俳優たちも、メジャーという枠内に入るとどうしてこう自由を妨げられるのか、、。再現美術は見事。[投票]

Plots

2 件
★5夏の夜の10時30分(1967/米=仏)夫とその愛人と3人で車でスペインを旅する女。その時、マドリッドで浮気した妻と男を殺害し逃走しているという男のニュースが流れていた。ふと空虚な自分に気付いた女は窓から外を見ると、屋根に潜んでいる男を見つけた。急に女は殺人犯の男の方に向かっている自分に気付くのだった。 女はどうするつもりなのだろう。すごいスコールで街自体が見えなくなっていた、、、、、[投票]
★4離愁(1973/仏=伊)ナチスから逃れるために、すし詰めの列車に乗っていた女と、たまたま居合わせた妻のある男。ふとしたその時だけに芽生えた明日のない愛。 月日はたってつつましい普通の生活をしている男だったが、ナチスの捕われの身となった女が尋問されたとの連絡が入り男は女と再会するが、、、、[投票]

Points of View

2001年のベストテン[投票(1)]