コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

セント

2017 ベスト1 洋画 たかが世界の終わり(グザヴィエ・ドラン) 日本映画 三度目の殺人(是枝裕和)でした。
URLhttp://blog.goo.ne.jp/signnoot
[参加掲示板]
→気に入られた投票気に入った→
3789コメント3323
あらすじ2
1POV4

Comments

最近のコメント 10
★3光(2017/日)視覚障害者のための映画音声作成が現場の映画である。稀有な題材で興味深く観る。河瀬の映画だから自己本位というか、独断に満ちている。それでも [review][投票(1)]
★4心と体と(2017/ハンガリー)ベルリン最高賞受賞作。カンヌ、ベルリンと最近の受賞作は期待を裏切るものが多い中、本作はまあまあかなあ。女性監督だからか、実に繊細で流麗な映像に見るべきものが多い。 [review][投票(1)]
★5アベンジャーズ インフィニティ・ウォー(2018/米)150分、これだけの登場人物を見事消化し、緊密で目を見張る映像群が僕を休めさせてくれない。僕は目を大きく開け、見続けなければならないのだ。ひどく疲れるが、このオールスター映画の前では実は至福の時の連続なのである。 [review][投票]
★4チャンス商会 初恋を探して(2015/韓国)カン・ジェギュといえば、言わずと知れた「シュリ」「ブラザーフッド」の名監督である。ところが前半を過ぎても、後半にかなり入っても普通のコメディ映画の枠を抜けない。どうしたんだろう、とやきもきしていたが、、。 [review][投票]
★3探偵なふたり(2015/韓国)良くも悪くも熱烈なファン向けサービス映画ではないでしょうか。またサンウが将来を見据え、さらに進展するための思い切ったイメチェンを図った映画だとも思われる。 [review][投票]
★4ザ・スクエア 思いやりの聖域(2017/スウェーデン=独=仏=デンマーク)敢えて現代を生き抜くために我々が採っている行動パターンをスクエアという図形の外側・内側から覗き見た不快な作品ではあります。 [review][投票(1)]
★3カミーユ、恋はふたたび(2012/仏)長年付き添っていた夫から離婚を迫られた女性がふとしたことから高校生にタイムスリップ。なーんて、大林伸彦そのものじゃないか、これを見ないで済まされようか、と映画館へ、、。 [review][投票]
★4尚衣院 サンイウォン(2014/韓国)豪華絢爛、美術も俳優陣もそして脚本、演出も見事。久しぶりにじっくり映画本来の娯楽性に浸る。デザインというものから真っ向から離れすぎている僕でも、実に鮮やかなる衣装に目を見張る。 [review][投票]
★4娼年(2017/日)昨日、マシュマロ映画「君の名前で僕を呼んで」を見て苛立っていた吾輩である。今日、性という本質的なものから人間を見据えた作品を見て、やはり映画って面白いと思う。まだまだいけると思う。実に爽快だ。 [review][投票]
★3君の名前で僕を呼んで(2017/伊=仏=米=ブラジル)アイヴォリーの作品だと思い見てしまった。脚本だったんだね。あのテンポの緩い感覚は似ているが、それだけ。別に、男同志の恋愛という点を除けば、どこかで見たかのような「あるひと夏の恋」です。 [review][投票(1)]

Plots

2 件
★5夏の夜の10時30分(1967/米=仏)夫とその愛人と3人で車でスペインを旅する女。その時、マドリッドで浮気した妻と男を殺害し逃走しているという男のニュースが流れていた。ふと空虚な自分に気付いた女は窓から外を見ると、屋根に潜んでいる男を見つけた。急に女は殺人犯の男の方に向かっている自分に気付くのだった。 女はどうするつもりなのだろう。すごいスコールで街自体が見えなくなっていた、、、、、[投票]
★4離愁(1973/仏=伊)ナチスから逃れるために、すし詰めの列車に乗っていた女と、たまたま居合わせた妻のある男。ふとしたその時だけに芽生えた明日のない愛。 月日はたってつつましい普通の生活をしている男だったが、ナチスの捕われの身となった女が尋問されたとの連絡が入り男は女と再会するが、、、、[投票]

Points of View

2001年のベストテン[投票(1)]