コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

ジャイアント白田

≠白田信幸。.京都在住{color:超愛妻家;}
e-mailseiichi_commons@hotmail.co.jp
[参加掲示板]
→気に入られた投票気に入った→
1894コメント1736
あらすじ15
28POV50

Comments

最近のコメント 10
★2パプリカ(2006/日)原作を貸して母屋を取られる筒井康隆の姿を最後まで見せられなかったのは、夢でなく現実。映像を携えただけで母屋を獲れるほど甘くない。優れたメッセージ性が必要であることをここまでヴィヴィッドに描けば無駄も無駄ではない。今敏は早く好意的な解釈達に頼るのをやめなければならない。行進に担がれていたのは彼自身だ。[投票(2)]
★3X―MEN ファイナル ディシジョン(2006/米=英)「ビリーズブートキャンプに入隊したからといってホモサピエンスの大半は強くならないんだから、X―MENを見て強くなった気でいよう」というような気概を持って製作していたら面白かったと思う。 [review][投票]
★4ハリー・ポッターと炎のゴブレット(2005/英=米)夏風邪で休んでいる間に勝手に飼育委員にさせられてしまい、交代制とはいえ夏休みのそれも早朝から小学校のウサギとニワトリの餌やりをしなくてはならなくなった少年の悲痛な叫びと使命をCGIを駆使して脚色したところにノスタルジーを感じるとともに、本作の面白さを見いだせた自分を褒めてつかわしたい。 [review][投票]
★3チーム★アメリカ ワールドポリス(2004/米)ディラン・マッケイとキャサリンが出てきたら☆5は堅かった。ゲロ以降の展開が客観的にアメリカを分析できていないことを露呈しているようでパロディにさえなっていなかった。なので、なだき武&友近が後半部分の構成を練りなおして、オールザッツ漫才の中の3分ぐらいの枠で放映し直してほしい。 [review][投票(1)]
★1NANA(2005/日)序破急も起承転結をも理解しない北米あたりの有志連合の手によって作られた実写版NANAをYouTubeで見ているかのようであった。流星花園を見たときと同じくらいのこの違和感を、今すぐにでも笑いを心得た欧州あたりの有志連合の手によって作られた実写版ドラゴンボールを見て拭い去りたい。 [review][投票(1)]
★5ブラック・キャット2 エリツィン暗殺指令(1992/香港)前作『BLACK CAT/黒い女豹』よりグレードが幾分アップしているのが良い。最大の見所はB級映画史に残るであろうテロリストとエリカの対決なのだが、とにかく凄すぎ!あり得ない事づくしで、あり得ない新鮮さが体験できる事間違いなし! [review][投票]
★3Death Note デスノート 前編(2006/日)小中高と12年間毎日欠かさず書き連ねた恨みの日記を成人になった元いじめられっ子が全て実行してしまうという事件が実際に起きてしまえばデスノートは一夜にしてジャポニカ学習帳になるに違いない。 [review][投票(3)]
★3嫌われ松子の一生(2006/日)お話を曲げて伸ばして色付けて、歌を流せば、みんなが待ち望む毎度おなじみ中島哲也作品のできあがり。各大会のFIFAワールドカップ総集編を観ている方が感情移入できる、という印象が強く残るのは、きっと、作ってる人が松子を内面から描こうとは思っていないから。あるいは、松子のような人と出会ったことのない人が作ったからであろうか。 [review][投票(8)]
★3ヴィタール(2004/日)肉体の広がりに欠けた極小住宅であった。外壁のブルーが周囲との摩擦を生みそうだが、つつましく狂気されては振り上げた拳は自分に向けられる。煮えきれない完成度は塚本狂気を持ってして次回作に向けられることを期待する。 [review][投票]
★3あゝ!一軒家プロレス(2004/日)一戸建て手抜き工事の見本。鉄筋であるベテランの不在など、作品の耐震強度偽造をしており「テリー伊藤総合経営研究所」「高橋がなり建設」「橋本建築設計事務所」「検査機関映倫」への厳罰を望む。橋本以蔵が作成した過去の構造計算書(例:シュート)の再計算をすべき。 [review][投票(1)]

Points of View

間違えた憶え方:例『織田裕二フィルモグラフィー』[投票(1)]
ツンドラ地帯でも防寒着いらずの織田裕二ことオダユーのフィルモグラフィー。地球温暖化の原因と囁かれる、今もっとも暑い俳優オダユー。渥美清の寅さんが48作なら、目指すは世界陸上48大会連続メインキャスター。馬車馬の如く日本映画界を引っ張り続けるであろうオダユーの今後の、松岡修三化と、新曲の歌詞内容から目が離せない。新作映画もチェケラ〜☆
俺が見た山中貞雄の跡。[投票(2)]
明治42(1909)年11月8日京都市生まれ〜昭和13(1938)年9月17日午前7時死亡。その命の長さ28歳10ヶ月。彼が、もし、それ以上の長さを生きていたら、50年代はさらに輝いていただろう。
陽の当たらない歌コメント[投票(10)]
歌で斬ってみました。Aは替え歌で、Bはコメント挿入歌で使用。
私の嫌いな映画[投票(15)]
好きな映画POVの逆ヴァージョン。ファンの方には申し訳ないが人間人それぞれなので仕方がない。毒づいてます。