コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

茅ヶ崎まゆ子

'05年の劇場映画ベスト10。.ング・コング宇宙戦争ナッシングぅ好拭次ΕΕーズ/エピソード3イ気茲覆蕁△気茲覆薀魯螢Ε奪畢Εンフー・ハッスルД戰襯凜ル・ランデブー┘蹇璽譽薀きレモニー・スニケットの世にも不幸せな物語サマータイムマシン・ブルース・・・以上、劇場で見た105 本より選出。
e-mailcasino.royale@kzh.biglobe.ne.jp
[参加掲示板]
→気に入られた投票気に入った→
856コメント425
4あらすじ1
53POV11

Comments

最近のコメント 10
★5007 カジノ・ロワイヤル(2006/米=英=チェコ)今までのシリーズ20作品をキレイさっぱり清算したことは、英断でもあり暴挙でもある。願わくば、ダニエル=ボンドが次回作でも殺しの許可証を持っていますように・・・。 [review][投票(4)]
★5プラダを着た悪魔(2006/米)ハリウッド映画的な若者サクセスストーリーを想像していたら、いたってマジメな若者ドラマでした。”陽”を演じたアン・ハサウェイも等身大で素敵ですが、”陰”に徹したメリル・ストリープの貫禄的演技があってこそ。大女優の存在感、ここに極まる! [review][投票(6)]
★3トゥモロー・ワールド(2006/米)’70年代のデストピアSF映画を彷彿とさせる。難民の流入、環境破壊、相次ぐ爆弾テロ。起こり得る、恐怖の未来。[投票]
★3ナチョ・リブレ 覆面の神様(2006/米)修道士が覆面レスラーに!?というプロットは面白いのに、どこかはじけ切れてない感じが。ジャック・ブラックも文字通りの大熱演だけに、ちょっと勿体ない。[投票(2)]
★3虹の女神(2006/日)失ってから大切さに気づくものの、その喪失感は大きい・・・。重苦しくなりがちなテーマなのに、どこかサラっと乾燥している感じ。蒼井優が優しい味を出していてよかった。[投票]
★3Death Note デスノート the Last name(2006/日)前編のたたみ掛けるような展開速度は減速したが、2時間半の長尺を飽きずに見終えることができた。主人公2人の頭脳戦には緊張感もあるし、『探偵/スルース』や『デストラップ/死の罠』を彷彿とさせる。しかし、苦さが残るのも事実。[投票(1)]
★3ブラック・ダリア(2006/米=独)どろどろぐちゃぐちゃした題材はいかにもデ・パルマ好みなのに、出来上がった映画は意外にもウェルメイドだった。このちぐはぐ感がデ・パルマ節だ!と言えばそれまでだが、どうも釈然としないなあ。[投票(1)]
★3トンマッコルへようこそ(2005/韓国)南北両軍の兵士たちが次第に心を通わせていく、前半のエピソードがとても暖かい。それだけに、見終わったあとで現実に引き戻される印象が強く、複雑な思いで映画館を出た。[投票]
★3北海ハイジャック(1980/英=米)予算とスケール感が比例しているかのような小品だが、ロジャー・ムーアが007とはまったく異なる役柄を楽しそうに演じてるのが面白い。ジェームズ・メイスンにはもうちょっと見せ場が欲しかった。アンソニー・パーキンスのリーダーは、あまり知能犯には見えず。[投票]
★4X―MEN ファイナル ディシジョン(2006/米=英)前2作よりもアクション重視で楽しめたが、その分ドラマが軽くなったような気も。手堅くまとめられた良作ではある。ミスティーク姐さんのファンとしては不満も・・・。[投票(2)]

Plots

最近のあらすじ 5
★5007 カジノ・ロワイヤル(2006/米=英=チェコ)2度の暗殺に成功し、殺しの許可証を持つ諜報員として”007”に任命されたジェームズ・ボンド(ダニエル・クレイグ)。粗野で暴力的なボンドは、上司のM(ジュディ・デンチ)にたしなめられつつ、テロを未然に阻止することに成功。一方、ボンドにテロを妨害され、巨額な損失を出したル・シッフル(マッツ・ミケルセン)は、モンテネグロの”カジノ・ロワイヤル”で高額なポーカーのゲームに挑み、損失の穴埋めを計画。これを察知したMi-6は、ボンドを送り込むが・・・。[投票]
★5宇宙戦争(2005/米)港湾労働者のレイ(トム・クルーズ)は週末を過ごすために、別れた妻(ミランダ・オットー)の子供たち(ダコタ・ファニングジャスティン・チャットウィン)を家に迎えた。間もなくして異常な嵐が街を襲い、様子を見に外へ出たレイは、信じ難い光景を目にする。稲妻が落ちた道路の亀裂から、巨大な物体が姿を現したのだ。それは地上のすべてのものを焼き払い、人類への総攻撃を開始したのだった・・・。 [more][投票]
★42046(2004/中国=仏=独=香港)’60年代末。記者あがりの作家・チャウ(トニー・レオン)は、恋人(マギー・チャン)との破局後、香港に戻ってきた。根城にしたホテルでは、支配人の娘ジンウェン(フェイ・ウォン)が日本人のビジネスマン(木村拓哉)と恋に落ちている。同じホテルにいる水商売の女(チャン・ツィイー)と愛し合うが、彼女との間にも溝が生まれる。やがて彼は、ジンウェンの恋をモデルにした近未来小説「2046」を書き始めるのだった。[投票(1)]
★4アイ,ロボット(2004/米)ロボット開発が花形産業となっている2035年、シカゴ。中でも大きなシェアを誇るU.S.ロボティックス社内で、新型ロボットの開発責任者だったラニング博士(ジェームズ・クロムウェル)が死亡した。かつての経験からロボット嫌いになっているデル・スプーナー刑事(ウィル・スミス)が捜査に乗り出し、やがて一体のロボット”サニー”が事件のカギを握ることを突き止める。[投票]
★5デイ・アフター・トゥモロー(2004/米)アメリカ海洋大気管理局の研究員ジャック・ホール(デニス・クエイド)は、南極での調査中、大規模な氷塊の崩落に直面。地球の温暖化が氷河期の再来を招くと警告するが、経済優位のアメリカ政府はこれを無視する。時を同じくして、インドでは寒波が襲来。東京には巨大な雹が降り注ぎ、アメリカの主要都市では未曾有のハリケーンが発生。異常気象が世界中を覆う中、ジャックの出した結論・・・それは、数週間で地球が氷河期を迎えるという驚くべきものだった・・・。[投票(1)]

Points of View

最近のPOV 5
イノセントな人形たち[投票(5)]
イノセンス』公開記念です。今まで映画に登場してきたロボットたち。人間に近いヒューマノイドなタイプから、ほとんどコンピュータな”AI”系まで、それは様々。それをタイプ別に分類してみます。(有機的なアンドロイド、クローンは除きます)
ハッピー・ドラッグ・ムービーGO!![投票(3)]
深夜に一人で見ていると、画面に吸い込まれること間違いなしの珍作・奇作・カルト作を10本選びました。すべて'60年代の作品です。
デストピア映画史[投票(8)]
ドラゴンヘッド』では、崩壊した東京の凄惨な姿がリアルなVFXで表現されています。そこで、崩壊した都市・死滅した世界を描いた”デストピア”映画を選んでみました。
地球危うし![投票(2)]
人類の築き上げた栄光の科学文明は、未曾有の大惨事に耐えられるか!?迫り来る巨大隕石、割れる大地、異星人の襲来、大自然の復讐!!・・・ということで、『ザ・コア』公開記念です。
覚悟はいいかね、ボンド君[投票(6)]
最新作『007/ダイ・アナザー・デイ』も好調の007シリーズ。ジェームズ・ボンドに挑む敵は、テロリストだったり麻薬王だったりダイヤモンド富豪だったり。・・・そこで、次回作の敵役を勝手に推薦!