コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

ペンクロフ

新規ユーザー招待希望の方はメールください
e-mailpencroft1972@gmail.com
[参加掲示板]
→気に入られた投票気に入った→
4205コメント1819

Comments

最近のコメント 10
★3ロアーズ(1981/米)映画史の外に存在する「狂人集団が映画を作ってしまった証拠」。危険極まりない死ぬ死ぬ映像がずっと続くあまりゲップが出てしまう冗長さ。[投票]
★3お葬式(1984/日)80年代にアボカドか。この時期すでにサラブレッド伊丹十三を中心とした文化人サロンが存在していた。大衆蔑視のインテリが作ったブルジョア臭プンプンのデビュー作。大衆に愛される伊丹映画は『タンポポ』からなんだな。[投票]
★3海街diary(2015/日)一見素敵でいい匂い、しかし小さな苛々は積み重なるばかり。 [review][投票(3)]
★1ロスト・ワールド ジュラシックパーク(1997/米)唯一心を奪われたのが、ビデオレンタル屋の店内にバスが突っ込んでくるカット。バスからギリギリ逃げる客たちが凄いスタントだと思ったのだが、これもCG使ってんのかな。 [review][投票]
★3シンクロナイズドモンスター(2016/カナダ=米=スペイン=韓国)なかなかの珍味だが、登場人物たちがクズすぎてしんどい。ただ好漢と悪漢を演じてどちらも違和感のないジェイソン・サダイキスは、大した役者だと思う。[投票]
★2ラーメンガール(2008/米=日)誰が喜ぶ映画なのか判らない。日本やラーメンへの誤解以前に、脚本が不鮮明で演者が気の毒になる。[投票]
★4さようなら、コダクローム(2018/米)消えゆくメディアへの郷愁が、クソ親父への愛憎と重なって泣かせる。カセットテープ、VHS、フロッピーディスク、ゲームのカートリッジ。Netflix映画だが、当然コダックの35mmフィルムで撮ってる。[投票]
★3セントラル・インテリジェンス(2016/米)ユルユルのコメディながら、若者よ高校でのヒエラルキーなど気にするな、とオッサンたちが一生懸命に語っている感じは微笑ましい。[投票]
★3パターソン(2016/米)市井に埋もれる私的芸術もまた善き哉。しかし美少女に話しかけて警戒されないアダム・ドライヴァーに芸術など必要なのかと反射的に感じる。オレは散文しか信じない。[投票(1)]
★3どうぶつ宝島(1971/日)部分的には後の宮崎駿作品の原型が見てとれるものの、全体としては記号的で散漫。海がバスクリンみたいな色で楽しい。[投票]