コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

超伝動エネルギー貯蔵

自分を壊されてしまうほどの衝撃的な映画をみたい。 「夜と霧」のような。 映像論を勉強中。良い本があったら教えてください。
e-mailokayu@fuji.waseda.jp
[参加掲示板]
→気に入られた投票気に入った→
26コメント3

Comments

最近のコメント 10
★4囚われの美女(1983/仏)何のメッセージ性も、意味も記号もない空間。ただひたすらメビウスの輪のように世界は続いている。[投票]
★3バッファロー’66(1998/米)クリスティナ・リッチじゃなかったら、使い古された純愛もの。彼女を選んだギャロさまは偉い![投票(2)]
★4戦慄の絆(1988/カナダ)ラカン風に。あなたの欲望には他者の欲望が。。。ジェレミーアイアンズ・ラブ。堕ちていく男の役はこの人のオハコ。こんな双子がいたらたまんないなあ。[投票]
★3魂を救え!〈歩哨〉(1992/仏)残念なのは「20歳の死」同様、キャストの顔に違和感がありすぎること。でも [review][投票]
★3ZOO(1985/英)白鳥に激突って凄いなあ。身震いしちゃうよ。女の体に幻想なんか抱くなよ、男性諸君。所詮、ケモノ。[投票]
★4夏の庭 The Friends(1994/日)原作読んでないけれど、映像化に大成功。子供と老人の衒いが全くない、大人には絶対に出来ない対話のやりとりが素晴らしい。[投票]
★3クラッシュ(1996/カナダ)あの足を雑に縫い合わされた女とのセックスの痛々しさ。叫びたくなる。こんなに触覚に訴えてくる映画も珍しい。[投票]
★3ビデオドローム(1983/カナダ)今見ると新しさは感じない。が、現実と非現実の差よりも、他人と自分に見えるものの差は怖いと思う。[投票]
★5ザ・フライ(1986/米)クローネンバーグにおける五感にしみわたる身体性。爪をはがしちゃうシーンなんか、黒板キー!背中ゾー! [review][投票]
★3愛のコリーダ(1976/日=仏)これが正真正銘のSEX。小中学生の性教育ビデオにいかがでしょうか、文部科学省さま。さあ、みんなご一緒に、「きっつあーーーーん!」[投票]