コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

FreeSize

最近、淡々と映画を見るようになったあ…。
e-mailCBD06915@nifty.com
[参加掲示板]
→気に入られた投票気に入った→
188コメント630
10あらすじ21
6POV28

Comments

最近のコメント 10
★2その時…上島が動いた(2007/日)未だに竜ちゃんがTVに出てキレて騒いでいるだけで笑ってしまう、という生き様芸に共感を抱く方だけどうぞ。“36ダッチ”“もろこしは大丈夫”など随所に笑いどころはあるが、映画としてのベクトルが不明瞭。たぶん何も考えてないんだろうな。[投票]
★5007 スカイフォール(2012/英=米)冒頭の狙撃から現場復帰を果たしたにもかかわらず、己の目的を「resurrection(蘇生)」と語る、ジェームズ・ボンドの真の復活劇。幾多の困難・悲しみを乗り越えた上での新のスタートが次回以降始まるのかと思うと、楽しみでたまらない。 [review][投票(1)]
★5冷たい熱帯魚(2010/日)前評判の斜め上を行くヤバさ。村田さんの「すぐに慣れる」はまさに金言。興奮していく中、いつしか自分も犯罪者になってしまうのではないかと不安になった。[投票]
★4魔法にかけられて(2007/米)これといって穴のない良作。安心して鑑賞できます。公園のミュージカル、ナサニエルとリスの存在感がバツグン。[投票]
★5ものすごくうるさくて、ありえないほど近い(2011/米)絶望と向き合うことで生まれる希望もある。ということを、子供から教わった大人たちの成長譚でもある。大人は悲惨な過去と向き合わず、思い出として仕舞っておく。子供にはそれができない。子供の方が、よっぽど大人だ。 [review][投票(3)]
★4キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー(2011/米)シンプルなヒーローもの。と難しいことを考えず割り切って楽しむべし。特殊能力をさしてもっていない肉弾系勇者の活躍。夏の『アベンジャーズ』を前に一見の必要性あり。 [review][投票]
★496時間(2008/仏)セガール×コスナーでも意識したのか?名優路線にいつでもシフトできるはずのリーアム・兄さんの暴走っぷりが見事。賞レースに絡むような作品も良いが、今作のようなB級魂も決して忘れないで欲しいネ。[投票]
★5ドラゴン・タトゥーの女(2011/米=スウェーデン=英=独)重厚な原作を2時間強でまとめるには、フィンチャーは最高の適材。原作の魅力を損なうことなく、スピード感とわかり易さを維持したまま進行する物語。主演の両名も素晴らしい。[投票]
★5J・エドガー(2011/米)強大なる相手に立ち向かうとき、より大きな脅威とならなけらばならない。全てのものを秤にかけ、猜疑の目を凝らす…。味方はいなくなり、孤独な道が待ち受ける。ただそんな生き方にこそ真の友情と信頼が求められるのか…。御大らしい壮大なる人生ロマン。[投票]
★2プリンセス トヨトミ(2011/日)これだけ豪華な布陣で、あまりに中身のない映画。あっけないネタバレと終盤のグダグダ感が否めない。唯一、綾瀬はるかは天然キャラを演じさせたら白眉の出来ですね。[投票(1)]

Plots

最近のあらすじ 5
★2その時…上島が動いた(2007/日)「一人で村を守り続ける駐在さん」というドキュメント番組に感動した芸人・上島竜兵は、お笑い好きの警官・小杉さんのため、村おこしのお笑いライブを企画。しかし、実際に村に訪れた上島は現状を知って驚愕する。地元の暴走族の非行によって村は無法地帯と化していたのだ。ライブを滅茶苦茶にされた上島だったが、村を救うため、事務所の後輩たち「竜兵会」と共に立ち上がった。少年たちの悪行と村人たちの怒りが最高潮を迎えた、その時…上島が動いた…!! [more][投票]
★3ミーン・マシーン(2001/英=米)不正を行ったことで引退を余儀なくされた元イングランド代表主将“ミーン・マシーン”ことダニー(ヴィニー・ジョーンズ)は、警官に対する暴行容疑で投獄される。収監先の刑務所では看守たちによるアマチュアサッカーチームが組織されていた。ダニーは所長からのコーチ就任の依頼を断り、受刑者たちとともに日頃から対立する看守チームと対戦することとなった。素人同然の受刑者たちを集め監獄チームを編成するダニー。曲者たちをまとめ上げ勝利に導くことができるか…。74年の米映画『ロンゲスト・ヤード』のリメイク。99分。 [more][投票]
★4ロックンローラ(2008/英)ドラッグがロンドンを席巻する時代はもうお終い。黒い不動産ビジネスでトップに君臨するレニー・コールトム・ウィルキンソンは、役人に賄賂をばら撒き今日も息巻く。忠実なアーチーマーク・ストロングは昔気質のボスに危惧を抱きながら、ワンツージェラルド・バトラーたちケチなチンピラから借金を取り立てている。カモにされたと知ったワンツーは、仲間たちとレニーの取引先であるロシアの富豪付会計士ステラタンディ・ニュートンから現金輸送車襲撃のヤマを請け負った。一方ロシア富豪から預かった絵画を盗まれたレニーだが、その犯人は血の繋がらない息子、死んだはずのロッカー・ジョニートビー・ケベルの仕業だった…。 [more][投票]
★3エバン・オールマイティ(2007/米)TVキャスターから下院議員へと当選したエバン・バクスター(スティーヴ・カレル )。新居も新車も購入し、家庭生活も円満の彼の前に自らを“神”だと名乗る男(モーガン・フリーマン)が現れる。魔法のような力を披露し自らの存在を信じ込ませると、彼はひとつの指示を下した。「来たるべき日に備え、箱舟を建設するのだ」と…。かくて“現代のノア”となったエバンは家族(+アニマルたち)と箱舟の創造に取り掛かるのだった…。[投票]
★2ヒート アイランド(2007/日)渋谷のストリートギャングを束ねるチーム“ギルティ”。リーダーのアキは相棒のカオルらと共に毎夜ファイトパーティーを興行し、日々を過していた。ある日偶然にもヤクザの持つ大金を手にしたアキたちだったが、実はこの金、プロの強盗団が関西系ヤクザのカジノから強奪したモノだった。現金奪還のために動き出した強盗団とヤクザ、それを聞きつけた地元暴力団と南米マフィアも加わり、自体はさらにバイオレントな方向に発展していく…。仲間の身を守るためアキの考え出した妙案とは…? 垣根涼介の傑作ハードボイルド小説を映画化[投票]

Points of View

禁断のPOVシリーズ・1 〜ドラゴンボール編〜[投票(6)]
ごめんなさい。やってしまいました。「ロマンティックあげーるよ〜♪」というわけで(どんなわけだ)、某人気漫画の劇場版POVです。あと18号好きです。