コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

24

わが袖は 潮干に見えぬ 沖の石の 人こそ知らね 乾く間もなし
URLhttp://nam42.blog3.fc2.com/
[参加掲示板]
→気に入られた投票気に入った→
954コメント1161
あらすじ70
25POV17

Comments

最近のコメント 10
★2ノルウェイの森(2010/日)タイトルは「2時間でわかるノルウェイの森」とすべきですね。 [review][投票(16)]
★5トニー滝谷(2005/日)なんで今頃こんな映画のコメントを書いているかというと [review][投票]
★4県庁の星(2005/日)織田裕二の、織田裕二による、織田裕二のための映画。 [review][投票(1)]
★3不都合な真実(2006/米)このようなテーマこそ是非マイケル・ムーアにやってもらいたい。そして煽られたい。[投票]
★4崖の上のポニョ(2008/日)ザマミロ!!! [review][投票(2)]
★3ルームメイト2(2005/米)終始、ルームメイトや同棲相手を求める主人公。一回一人暮らしで頭を冷やし相手を厳選しないと延々トラブル続きになるんじゃないか。[投票]
★3ダニエラという女(2005/伊=仏)この映画のベルッチも存在自体がもはやポルノ級。[投票]
★3氷の微笑2(2006/独=英=米)前作から比べ「下品さ」が決定的に欠落し、普通のエロティックサスペンスになってしまっている。映像の作り自体は標準以上だと思うが、「氷の微笑」的なものを期待してみる人には物足りなさが残るだろう。[投票]
★4レミーのおいしいレストラン(2007/米)キャラが立っている登場人物ばかりなのでスピンオフの映画とかあったら絶対見に行きます。 [review][投票]
★4フライトプラン(2005/米)中盤。 [review][投票]

Points of View

最近のPOV 5
アヴァンギャルド映画の世界へ[投票(4)]
1920年代、フランスを中心としてシュールレアリスムやダダといった前衛芸術が流行っていました。その波は映画界にも波及。次々にわけの分らないヘンテコな作品が作られていきました。観て何の役にも立ちませんが、こんな映画もあるのだな、という経験はできるかもしれません。A(フランス無声)、B(フランストーキー)、C(それ以外の国)、D(日本)。基本的にどの作品もかなり短いです。
恐怖!《逆》殿堂映画[投票(7)]
世の中たくさんの映画があるわけですが、ここシネマスケープの平均採点で100人以上のコメンテーターによって低得点(2.5点以下)を獲得したものを一挙リストアップしておきます。これらの作品に手をつけられるでしょうか?時間の無駄か話のタネか?A;栄光の1点台 B;2.0〜2.5点。
ラララララララララララ〜♪[投票(1)]
《読者に朗報!》憧れの国はフランス、もっといろいろ知りたいというのが最近のハヤリ。そんなあなたはこれを使えば一晩でフランス映画の知識が身につきます。なんとアメリカの大学の研究チームにより科学的にも証明済み。「昨日『ラ・ジュテ』がさあ」などと言おうものならもうあなたはフランス通の気分!さあこれで女の子にモテよう。●これで彼女が出来ました。もう一生手放しませんよ(Mさん・東京都25歳フリーター)/女子社員の私を見る目が変わりました(Oさん・神奈川県46歳会社員)など感謝のハガキが殺到中!
ルイ・マル作品[投票(4)]
1932生95没のフランスの映画監督。自身がブルジョワ家庭に生まれたため多くの作品でその階級の人物がメインになっている。20才台の頃から既に大活躍。途中からアメリカで映画を作り始めるが『さよなら子供たち』でフランスに復帰。分りやすいストーリー、淡い画像、ジャズ。初期の作品は映像に見所。中期以降はルイ・マル的な作品とそれ以外に分かれていると思う。
ジャン・ピエール・メルビル作品[投票(4)]
1917生〜1973没のフランスの映画監督。寡作だが男の魅力溢れるギャング・犯罪映画の傑作を連打。Cは未見。