コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

KEI

My favourite Ten movies ・・・ ○グリード(25独) ○小原庄助さん(49日) ○アンドレイ・ルブリョフ(67ソ) ○群れ(78トルコ) ○ギルガメッシュ(85英) ○伴奏者(92仏) ○ウィンターゲスト(97英) ○春夏秋冬そして春(03韓) ○テラビシアにかける橋(07米) ○ニューイヤーズ・イブ(11米)  ―2015.7.14
e-mailkaluraten@yahoo.co.jp
[参加掲示板]
→気に入られた投票気に入った→
464コメント382
16あらすじ41
POV9

Comments

最近のコメント 10
★5プロジェクトA2 史上最大の標的(1987/香港)これは傑作。脚本はペンクロフさんの言う通りで素晴らしい。笑いはよくあるパターンとパクリ(サスペリア2、キートン他)が一杯だが、ジャッキーらしさを出して自分のモノにしているのがよく分かる。それと、全く関係ないけど、一言。 [review][投票]
★3アフター・アース(2013/米)危険と恐怖の考察は面白い。ここからこの物語が出来た?それと結局終わってみれば、大鳥は成功のカギを握っていた訳だが、それならそれでもっと説得力のある描き方をして欲しい。もっとあるだろうと見続けてしまった。これではやはり安直と言わざるをえない。[投票]
★4ロード・オブ・ドッグタウン(2005/米)まさに70年代アメリカンドリームだが、ステイシーが一番マトモで他は喧嘩好きの不良の集まり。周りのプロモーターも儲かればいいという人間ばかり。だからラストがとても良かった。それと1つのセリフ「誰だって言い分はあるのよ」。確かにそれは言えるのかも。[投票]
★3プロジェクトA(1984/香港)ジャッキーってしっかり男前。白のタキシードがよく似合っている。サモ・ハン・キンポーとのカンフーWショットがカッコよく決まっていた。敵がいつもの悪の組織に加えて、海賊というのが一風変わっていて面白い。[投票]
★3沈黙の脱獄(2005/米)本作はシリーズ中では筋立てが意外とまともで、期待したが、もう1つ、2つ、3つという所。セガールは黒魔術がお好みのようで何作かに登場するが、本作が1番登場する必要が無かったように思う。まぁ、チグハグはいつもの事だけどね。[投票]
★4暁の用心棒(1966/伊)ストーリィは「荒野の用心棒」に所々似ていて、ニヤッとさせられる。が、オリジナルシーンも多く独特の雰囲気を持っている。低予算と丸分かりだが、主題曲はマカロニウェスタンではベスト10に入る(と私は思っている)。やはり映画は予算ではないとよく分かる。   [投票]
★5砂漠の流れ者(1970/米)ちょっといい映画。何年か後に、優しい男が砂漠で水を見つけ・・・どうしたんだっけ?と思い出しそうな(思い出していない!)作品。銀行の頭取がエラかった(遊び半分だったのかも?)という事と、友の偽牧師の生き方に憧れる。生き方は人それぞれだ、とつくづく思う。[投票(1)]
★3ガンファイター(1972/伊)「続・夕陽のガンマン」を目指したような作品。主題曲も撮影もラストも。そして、それに謎を絡ませた。が反ってゴチャゴチャした。ずっこけてはいないが、力及ばずという結果だ。3.5点。[投票]
★3ブルース・ブラザース2000(1998/米)やはり勢いが落ちた。物語性が薄くなって、ミュージックビデオという感じ。大物が出ているので、それでも凄いけどね。穴埋めJ・グッドマンは悪くない出来。A・フランクリンは相変わらず聞かせるが、1番はgoodなパフォーマンスのある愛のダイヤル「634−5789」。[投票]
★4ワイルド・アパッチ(1972/米)追う者と追われる者の虚々実々のかけ引きが面白い。が、緊迫感に欠ける。ラストがアッサリしているが、世の中こんなものだろう。エンドクレジットに‘Indians’ではなく‘Indian braves(インディアンの勇者たち役は〜)’。監督の意図がよく分かる。[投票]

Plots

最近のあらすじ 5
★3沈黙の脱獄(2005/米)悪党から盗み貧しい者に分け与える、がモットーの盗賊ハーラン(スティーヴン・セガール)は予知能力を持つ恋人ジェイダのアドバイスもあって、足を洗う。新しい仕事は真面目な現金輸送車のドライバー。そして初日2千万$を積んでカジノの駐車場から出る。その途端覆面パトに、やがてパトカー、警察ヘリと次々に現れて来る。ハーランは相棒ドライバーに銃をつきつけられ‘命が欲しかったら、振り切るんだ’。おいおい、まっとうな仕事じゃなかったのか?はめられたのが分かったハーランだったが、実は黒幕は更にいた。今回の無敵オヤジはタイトル通り、黙ってあっさり脱獄する。90分。[投票]
★4暁の用心棒(1966/伊)メキシコの町にたどり着いた流れ者のガンマン。しかし、誰もいない・・・住民はすべて殺されていた。宿に無断で入った彼は2階へ。窓から外を見やると、葬式の行列がどこからともなく現れて、広場へ。その時その広場へメキシコの政府軍が入って来る。と、先頭の大尉めがけて銃声1発。行列の人々が黒服を脱ぎ捨てると、政府軍に襲い掛かった。機関銃で全兵隊が殺されるのに時間はかからなかった。彼らは盗賊で、ボスはアギラ1万$首だ。「早く着替えろ」一味は、米の騎兵隊が運んで来るメキシコ政府に貸す金を強奪する計画なのだ。そこへ2階から先ほどのガンマンが降りて来る。(もう少し有ります) [more][投票]
★3ガンファイター(1972/伊)駅馬車がステーションにやって来る。が、銃声で止められる。殺人犯が脱走して、この飲み屋小屋(saloon)に立てこもっていると。それはフィリップと言って、サクソンシティの実力者サクソンを殺した3千$首だった。周りを囲っているのは、賞金稼ぎ達だ。と、駅馬車から1人の男が降りる。元保安官のクレイトン(リー・ヴァン・クリーフ)だ。彼は無理やり小屋に入るとフィリップに「お前が無実なのは知っている。ここは逃がしてやる」と言う・・・。それでは真犯人は誰なのか?賞金稼ぎ達、やがて現れるサクソン家の3兄弟、そしてフィリップとクレイト。この4者が絡み合って物語はどこへ進んで行くのか、予断を許さない98分。[投票]
★4ワイルド・アパッチ(1972/米)インディアン保留地からアパッチのウルザナ率いる一団が脱走。連絡を受けたローウェル砦の騎兵隊はいたって暢気で、入植者たちへの警戒連絡の伝令を北へ1名、西へ1名差し向けたのみ。現地案内人のマッキントッシュ(バート・ランカスター)が心配した通り、伝令2人は殺され、入植者ファミリーも惨殺される。そのマッキントッシュと親派のアパッチのケ・ニ・ティを含む討伐隊が組織され、隊長に新任のデ・ビュイン少尉が任命される。(もう少し有ります) [more][投票]
★3円卓の騎士(1953/米)5世紀頃、ローマ帝国が衰退し撤退すると英国は諸侯乱立の暗黒時代になった。が新興勢力は礼儀、慈悲を重んじ、騎士道が花開く。今ここに、ユーサー王の側室の子アーサー・ペンドラゴン公爵(後のアーサー王)は、魔法使いマーリンを伴って、王の正室の娘モーガン・ル・フェイ(義姉)とその夫モードレッド卿と岩山で会見していた。そこには岩に突き刺さった1本の剣。岩に銘がある−「この聖剣エクスカリバーを抜いたものこそ王なり」。アーサーは難なく抜くが、抜けなかったモードレッドは魔法だと喚き散らす。後日に諸侯会議を召集すると約して、皆は別れる。(更に続きます) [more][投票]