コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

KEI

My favourite 12 movies ・・・ ○東京暮色(57日) ○アメリカアメリカ(63米) ○アンドレイ・ルブリョフ(67ソ) ○群れ(78トルコ) ○ギルガメッシュ(85英) ○伴奏者(92仏) ○ウィンターゲスト(97英) ○春夏秋冬そして春(03韓) 〇世界(04中) ○テラビシアにかける橋(07米) ○おおかみこどもの雨と雪(12日)○ティンカーベルと流れ星の伝説(14米)  ―2020.4.4
e-mailkaluraten@yahoo.co.jp
[参加掲示板]
→気に入られた投票気に入った→
650コメント636
20あらすじ52
POV16

Comments

最近のコメント 10
★3カンフー・ヨガ(2017/中国=インド)ジャッキーも年を取ったなぁとか、きれいどころを集めた、でもこんなキレイな考古学者はおらんやろ(すみません!差別表現でした)とか言っている内に、話の展開の早いこと、早いこと。ザルの脚本です。しかしジャッキーの旺盛なサービス精神は変わっていないぞ。 [投票]
★3西部決闘史(1972/伊=仏)裏の事情を中盤以降に明らかにする脚本は意欲的といえるが、分かりづらい。いつもの小技は健在だが、単に小技に成り下がっていないか?リーは魅力一杯だが、時に喋り過ぎる。やはり彼には寡黙が似合う。[投票]
★3砂の惑星(1984/米)ワームの大きさと、航宙士の姿にびっくり。女性陣が良いなぁ。初っ端の王女の美しいこと。母親ジェシカも中々だし、チェイニーも可愛かった。作品としてはやはり上滑りで、未読だが原作はさぞや面白かろう。[投票]
★4ベイビー・ドライバー(2017/米)サプペンスだけの映画だが、キャラが各々際立っていて、それを生かした物語になっている。いい脚本だ。目つきの悪い主人公はコワかった。J・フォックスの悪さ加減はNo1。そう、恋もあった。「恋はいいね」でした。[投票]
★4500ページの夢の束(2017/米)彼女が脚本を書いた本当の理由、というのがサラッと語られるが、泣かせる。心が暖まる。甘いが4点。当然スタトレファンには押さえておきたい1本。バルカン語での会話、クイズもあるぞ―「Dr.マッコイの娘の名は?」 [review][投票]
★3ローズの秘密の頁(ぺージ)(2016/アイルランド)ジム・シェリダンはアイルランド人なのに、自国民をこんなに悪者扱いしていいのか?話としては甘い作品だが、純愛物語として良かった―愛を込めて見たものは真実、あとは妄想。レッドグレイヴは勿論、看護婦スーザン・リンチが好演。3.5点。[投票]
★4トランス・シューター(2015/コロンビア)原題のトラウマの意味がよく分からない[bluntは鈍いの意、sharpの反対]が、主人公が自分の居場所を見つけ、それにのめり込み、こだわり、それがすべてという生き方しか出来ないというのであれば、その生き様を描いていて秀作だと思う。 [review][投票]
★5地獄の逃避行(1973/米)「若者の余りにも身勝手な行動はともかく、荒野の逃避行をやってみないか」と女房に言うと、「お一人でどうぞ」。闇夜に浮かぶミズーリの精油所、シャイアンの町の灯が切ない。木琴が奏でるテーマ曲が、優しい愛の映画だ。[投票]
★3大西部無頼列伝(1971/伊=スペイン)恰好付けと小技がたっぷり楽しめるシリーズ第2弾。が前回若干危惧した語り口の不味さが、今回はモロに出た。アウトラインは面白いが、途中の枝葉が分かり難い。主題曲が、何度も聞くと、良くなって来る。[投票]
★3終電車(1981/仏)女心を切々と歌う主題歌「Mon amant de Saint-Jean(サンジャンの私の恋人)[`42 Leon Agel /Emile Carrara]」は有名なシャンソンだが、映画を観て、昔自称ジゴロに聞いた言葉を思い出した。 [review][投票(1)]

Plots

最近のあらすじ 5
★3カンフー・ヨガ(2017/中国=インド)AD647年。インド、マガダ国へ向かっていた唐の友好使節、王玄策は、その国を既に巨象軍団で征服していたアルジュナ王に、待ち伏せされる。が突如現れたマガダの将軍ディーナに救われる。難を逃れた2人は奥深い山中で、マガダ王家の妃に会い、将軍は‘枕’を与えられる―「マガダのすべてを託す」と言う言葉と共に。そして2人は中国へ向かう途中、嵐の崑崙山脈ではぐれてしまい、王玄策ただ一人が唐へ帰り着いた。(まだ続きます) [more][投票]
★3西部決闘史(1972/伊=仏)西部、ホプソンビルの町。あのサバタ少佐(リー・ヴァン・クリーフ)は、サーカスの早撃ちショーに出ていた。それを見ていたギャンブラー、クライド。公演が終わって、出て来た少佐と目が合うと、逃げ出す・・・。が、逃げ切れなかった。クライドは元同じ南軍の中尉で少佐に5千$の借りがあるのだ。―まだ返せないんですが。―金の事はいい。それより君の手を借りる事になるかもしれない・・・。この町にはマッキントックという事業家がおり、組織を持ち、町を発展させる(教会を、学校を、病院を、駅舎を造る)ため、寄付金を募り、特別消費税を課していた。すなわち、ぜいたく品には20%、女、酒には50%課税という具合にだ。(まだ続きます) [more][投票]
★3大西部無頼列伝(1971/伊=スペイン)1867年、オーストリア領メキシコに再革命[下記参照]の動きが出始めた頃、ガンマン、サバタ(ユル・ブリナー)はベニト・ファレス[実在。後の大統領]の同志というオカニョから極悪非道な政府軍のスキメル大佐(ジェラルド・ハーター)を倒す為、革命軍のリーダー、エスクド(ペドロ・サンチェス)に手を貸して欲しいと依頼される。それは武器調達のために、スキメルが保管している砂金を奪おうとする企てだった。(まだまだ続きます) [more][投票]
★4ガン・ファイター(1961/米)一人の男(ロック・ハドソン)がメキシコの町でオマリーを捜している。デリンジャー(銃身が短い小型銃)を使いあごにえくぼがある、という。誰もが知らないと言うと、出て行く。そのオマリー(カーク・ダグラス)は、牧場に馬を進めていた。夕涼みで皆が、母屋の前に居る。「オマリーといいます」。女(ドロシー・マローン)が進み出、「ブレッケンリッジの妻です。夫が居たら泊まって行けと言うわ」。一人娘メリッサ(キャロル・リンレイ)は、目を輝かせ彼を見つめる。夜も更けて女房が、来客用のベッドがある納屋へ彼を連れて行く。中へ入ると、戸を閉めた。「どうしてここが分かったの」「ベル、会いたかった」(まだ続きます) [more][投票]
★3雷神 RAIJIN(2008/米=カナダ)米のメンフィス市。女ばかりを殺すサイコキラーが現われる。市警の雷神と呼ばれ、過剰防衛で問題の刑事ジェイコブ(スティーヴン・セガール)と黒人の相棒は現場に飛ぶ。女の胸に時計付きプラスチック爆弾が埋め込まれ、カウントダウン状態だ。ジェイコブが言う「こんな場合は、どこかで犯人が見ているぞ」。そして向こうのビルへ行った彼は、3Fの部屋で犯人を発見。叩きのめし、聞く「切ればいいコードは、黒か黄か?」・・・さぁ、どっちだ?(まだまだ続く) [more][投票]