コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

KEI

My favourite Ten movies ・・・ ○グリード(25独) ○小原庄助さん(49日) ○アンドレイ・ルブリョフ(67ソ) ○群れ(78トルコ) ○ギルガメッシュ(85英) ○伴奏者(92仏) ○ウィンターゲスト(97英) ○春夏秋冬そして春(03韓) ○テラビシアにかける橋(07米) ○ニューイヤーズ・イブ(11米)  ―2015.7.14
e-mailkaluraten@yahoo.co.jp
[参加掲示板]
→気に入られた投票気に入った→
640コメント612
20あらすじ51
POV16

Comments

最近のコメント 10
★3座頭市あばれ凧(1964/日)あばれ花火かと思ったが、くるくる回って斬るので、凧にしたのだろう。蠅、水中、ろうそく、わっか等々と色々楽しめるが、やはり市がもっと追い詰められないと面白くない。[投票]
★4夕陽の用心棒(1965/伊)マカロニで悪役の一翼を担ったフェルナンド・サンチョが好演。音楽はエンニオ・モリコーネ。のびのびとした主題歌。間奏曲が聞いたことがない特筆すべき曲だ。ジェンマ・マカロニを決定づけた作品で、ご祝儀に+1点。今日も彼の見上げる空は、真っ青だ。[投票]
★3カッスル夫妻(1939/米)夫婦のエピソードがもっと欲しかった。アステアが伝記ものを撮るというと、こういう形になるという事でしょうか。[投票]
★4うたかたの戀(1936/仏)17歳というと高校2年。最初‘JK淫交か’と思ったが、恥ずかしい限りだ。皇后が言う「(私は17の時不幸だったが)若くて傷つくこともなかった」。若さだとつくづく思う。大きな決断が出来るのも若さだ。幼いが、これ程純粋で本気の交際なら、何も言う事はない。[投票]
★3勝利の朝(1933/米)若鮎のような主人公エバに、我々観客も釘付け、その行動に振り回される。音楽はマックススタイナー。ヴァイオリンが特に優しいのは、若い脚本家の思いを表しているようだ。[投票]
★3陰謀の代償 NYコンフィデンシャル(2011/米)告発風ミステリー映画だが、全体的にピンと来ない所が多々ある。タイトル(原題、邦題)もよく分からない。多用したカットバックが、意外と分かり易いのが救い。 [review][投票]
★2女子ーズ(2014/日)よくある底の浅いコントの寄せ集め。後半流れが変わり、期待したが・・・やはりそんなコント群から抜け出せず。何か本作ならではのモノが欲しかった。可愛い女子5人集めただけ、ではもったいない。[投票]
★4告白小説、その結末(2017/仏=ベルギー=ポーランド)さすがにポランスキーで、一筋、二筋縄ではいかない。エヴァは、どうも悪役(でもないが美しいというだけではない役)が多い。今回も登場は息をのむ美しさだが、段々とその美しさが薄っぺらになって行く。見事だ。[投票]
★3桜並木の満開の下に(2012/日)映画の質感、手触りはいいが、それを無機質な音楽と演出が壊している。外人の音楽は抽象的になり過ぎる、というのは私の誤解?演出が不自然だ。例えば三浦は余りに一本調子で、少し横柄ともとれる。工場の復活も安易すぎる。[投票]
★3木洩れ日の家で(2007/ポーランド)老人だからか、思い出ばかりだからか、モノクロだ。木漏れ日は確かに映えたが、ラストに咲き誇った花木ミモザ(間違いなく)は、カラーの方が良かった。一面、その鮮やかな黄色を見たかった。。[投票]

Plots

最近のあらすじ 5
★3勝利の朝(1933/米)田舎からブロードウェイのスターになりたいとニューヨークに出て来たエバ・ラブレス(キャサリン・ヘプバーン)は、尊敬するプロデューサーのイーストン(アドルフ・マンジュー)の新作に役が無いかと事務所を訪ねる。そして自分と同じように役探しに来た脇役専門の老俳優ヘッジス(C・オーブリー・スミス)と、持ち前の積極さで親しくなる。そこへ主役のリタ(メアリー・ダンカン)が来る。イーストンは脚本家のシェリダン(ダグラス・フェアバンクスJr.)と打ち合わせ中だったが、リタを招き入れる。リタはイーストンと関係もあったが、何より客の呼べるスター。そしてその分、ワガママでもあった。(もう少し続きます) [more][投票]
★3陰謀の代償 NYコンフィデンシャル(2011/米)2002年、現職警官のジョナサン・ホワイト(長じてチャニング・テイタム)は時々昔を思い出しては、夢にうなされていた。それは16年前の出来事だ。貧民街ニューヨーク市クイーンズ区の公営住宅団地で祖母と2人暮らしだった。ハンキーというヤク中毒者が、祖母に送られてくる小切手を郵便箱からいつも盗んでいた。銃も持っていた。ある日ジョナサンはその銃を盗み、そしてハンキーを射殺した。黒人の友だちヴィニー(ブライアン・ギルバート)と妹のヴィッキーが、傍にいた。(まだ続きます) [more][投票]
★5こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話(2018/日)1994年札幌。筋ジストロフィー(筋萎縮症)にかかっている鹿野(大泉洋)は、1人では何も出来ない。寝たっきりで、寝返りさえもうてない。昼間は人の手で椅子に座らせてもらう。食事も人の手でスプーンを口へ運んでもらう。その人の手とは、ボラ(ボランティア)だ。繰り返すが、自分では全く何も出来ないのだ。が、口だけは達者だ。「えっ、ボラ来れないって?」「筋ジスをなめんなよ!」「はい、それこっちへやって」。全くの命令口調だ。鹿野「だって、俺とボラの関係は平等なんですよ。俺は助かるし、皆はボラやって、気付きがあったり、俺から勇気をもらってる訳だから。ねぇ、田中君」と真面目そうな若者田中(三浦春馬)に言う。(まだ続きます) [more][投票]
★4THE GREY 凍える太陽(2011/米)酷寒の地。俺は石油会社に雇われているスパイナーだ。技術者たちがボーリングとか色々やっている最中に、狼熊等がいたら排除するのが仕事だ。こんな所迄流れて来る男たちは、どんな理由があるにせよ、社会のクズだ。ある日移動の為、俺たちは小型飛行機に乗り込んだ。途中大嵐に遭遇し、あえなく墜落。俺は投げ出され、奇跡的に助かる。何十人もの人間が死に、残ったのは7人。夜になり吹雪は止んだが、寒気は更にひどくなった。焚火をしようと、皆で燃えるものを探す。俺は向こうの方に、人影を見たと思った。近づくと・・・それは人を食っている狼だった。(もう少し続きます) [more][投票]
★3荒野の棺桶(1965/伊)西部の町リッチモンドに1人の流れ者テキサス・ジョー(アンソニー・ステファン)がやって来る。その夜、賞金首のお尋ね者ルーペ・ロホ一味が銀行を襲う。その時撃たれた一味の1人を助け、ジョーは隠れ家迄一味を追って来る。新しく仲間になるテストに合格したジョーだったが、皆は疑いの目を向けていた―どこかおかしい。ジョーは一体何者なんだ?その目的は?87分。[投票]