コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

緑雨

ホント、サクサク軽く動いて快適。感謝感謝です。
URLhttp://twitter.com/rgreen_jp
[参加掲示板]
→気に入られた投票気に入った→
2439コメント2844
5あらすじ17
27POV55

Comments

最近のコメント 10
★3ゲームの規則(1939/仏)浮世離れした爛熟と頽廃のお話にはほとんど興味を惹かれないが、計算され尽くした構図やカメラワークには心底驚かされる。特に、お邸の廊下をたくさんの人々が縦横無尽に動くダイナミックな画面![投票]
★3殺人の追憶(2003/韓国)まるでコントかと思わせる前時代的な捜査手法(ドロップキック!)。伏線を張るだけ張っておいて、回収しない潔いまでのミステリへの無頓着さ。 [review][投票(2)]
★4麦秋(1951/日)デジタル修復版にて再鑑賞。原節子のキャラクタが『晩春』とは一転して終始安定している。一見天然のようで、全てを悟っている慈母のようでもあり。複雑さを高度に安定させながら、淡島千景との秋田弁の応酬など意外な芸達者ぶりも見せる。 [review][投票(6)]
★4マンチェスター・バイ・ザ・シー(2016/米)オスカー獲った脚本よりも、演者と演出、ロケーションと撮影の映画。 [review][投票(2)]
★3さよなら歌舞伎町(2014/日)ラブホ運営、AV撮影、デリヘル経営…オモテの世界からは見えにくい仕事の有り様を切り取った職業映画として面白いと思った。 [review][投票]
★3愛と哀しみの果て(1985/米)大河ドラマをここまでつまらなく撮ってしまう演出の凡庸さは如何ともしがたいが、アフリカの大地、獣、原住民の人々に長尺とメリル・ストリープの圧巻の存在感が情感を呼び、どこか見捨てられない魅力があるのも確か。 [review][投票(1)]
★3ダラス・バイヤーズクラブ(2013/米)悪党による世直しという話法はオーソドックスなものだが、HIVの脅威が世界的に注目され始めた頃の時代感と、破天荒なマシュー・マコノヒーのキャラクタとビジュアルが映画に勢いをもたらす。 [review][投票(2)]
★3山の音(1954/日)小津の『東京物語』と表裏一体と見ると興味深い。 [review][投票(3)]
★4T2 トレインスポッティング(2017/英)出演者たちの顔に刻まれた年輪とともに、ダニー・ボイルの作家としての成熟にも20年の月日が流れたことの厚みを感じる。 [review][投票]
★4トレインスポッティング(1996/英)やっていることは過激で反倫理だが、中身は日本でも最近「マイルド・ヤンキー」と呼ばれている精神性そのもの。ブレグジットにしてもトランプ大統領誕生にしても、この時代の彼らの精神性が下敷きになっている。そういう意味で今こそ見返すべき映画だし、だからこそ『T2』製作の必然性がある。 [review][投票(2)]

Plots

最近のあらすじ 5
★3複製された男(2013/カナダ=スペイン)大学で歴史を教えるアダム(ジェイク・ギレンホール)は、同僚から勧められて観た映画に、端役として自分に瓜二つの男が出演しているのを発見する。この男のことが頭から離れなくなったアダムは、彼がアンソニーという名の売れない役者(ジェイク・ギレンホール=二役)であることを突き止め、コンタクトを取ろうとする。/90分[投票]
★3マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙(2011/英=仏)首相の座を降り、政界を引退して十余年、マーガレット・サッチャー(メリル・ストリープ)は、認知が覚束なくなりながら、亡き夫デニス(ジム・ブロードベント)の幻影と共に晩年を過ごしている。父の影響を受け政界へと足を踏み入れた若き日、デニスとの出会い、子供達との幸せな日々、やがて下院議員となり入閣、そして首相への就任、労働改革、フォークランド紛争、人頭税導入を巡る混乱…激動の人生の回想を織り交ぜながら、「鉄の女」の生涯が紐解かれていく。/105分[投票]
★3ビフォア・ミッドナイト(2013/米)パリでの奇跡の再会から9年。ジェシー(イーサン・ホーク)とセリーヌ(ジュリー・デルピー)は人生のパートナーとなり、双子の娘たちを連れて美しいギリシャの海辺の友人宅で夏のバカンスを過ごしている。バカンスを共にしたジェシーと前妻との間の息子を空港から米国へと送り出した帰り道のドライブ、何気ない二人の会話はちょっとしたすれ違いから険悪なムードとなり言い合いになってしまうのだった。『恋人までの距離〈ディスタンス〉』『ビフォア・サンセット』に続くリチャード・リンクレイター監督、ホーク&デルピー主演によるシリーズ第3作。/108分[投票]
★4クリスマス・ストーリー(2008/仏)ジュノン(カトリーヌ・ドヌーヴ)とアベル(ジャン・ポール・ルシヨン)の夫婦には、白血病で早逝した長男の他、今は中年に差掛った3人の子供がいる。長女エリザベート(アンヌ・コンシニー)はトラブルメイカーである次男アンリ(マチュー・アマルリック)とは長年の確執から絶縁している。そんな中、ジュノンに白血病が発症したことが判る。クリスマスを前にして、エリザベートは息子を、アンリは恋人フォニア(エマニュエル・ドゥヴォス)を、三男シモン(ローラン・カペリュート)は妻シルヴィア(キアラ・マストロヤンニ)と子供たちをそれぞれ伴って、久しぶりに一堂に会することとなる。/150分[投票]
★4終戦のエンペラー(2012/日=米)1945年8月30日、厚木飛行場にGHQ最高司令官ダグラス・マッカーサー(トミー・リー・ジョーンズ)が降り立った。彼の最大の関心事は、天皇の戦争責任の有無を明らかにすることであった。マッカーサーは、知日家であるフェラーズ准将(マシュー・フォックス)に10日間でそれを調べ上げるよう厳命する。早速、東条(火野正平)、近衛(中村雅俊)ら開戦時の首脳への聴取に取り掛かるフェラーズだったが、その一方、彼はかつて恋仲であった島田あや(初音映莉子)の消息を追うというもう一つの目的を密かに胸に抱いていた。/107分[投票]

Points of View

TIME Magazine 'ALL-TIME 100 Movies'[投票(16)]
2005年5月、米誌タイムは同誌の映画評論家が選んだ「名作映画100本」を発表。A:'20〜'30年代 B:'40年代 C:'50年代 D:'60年代 E:'70年代 F:'80年代 G:'90年代 H:2000年以降
秒、分、時、日、週、月、年…めぐりあう時間たち[投票(11)]
時間をタイトルにした作品って結構たくさんあるよなーと以前から思っていたので試しに集めてみました。『めぐりあう時間たち』公開記念?POV。A:秒、B:分、C:時間、D:日、E:週、F:月、G:年、H:複合