コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

ごう

e-mailactgo16@mail.goo.ne.jp
[参加掲示板]
→気に入られた投票気に入った→
947コメント720
2あらすじ4
POV5

Comments

最近のコメント 10
★4ゼロ・ダーク・サーティ(2012/米)アガるんだけど、冷静に考えたら「これって、ルパンもびっくりの世界最高最強の武装強盗団の話だよな」と思ってみたり。そう思わせたと言う意味で成功しているとは思うけど、それでも相手にしてみれば怒るのもむべなるかなの作品。[投票]
★3探偵はBARにいる(2011/日)「お前諏訪間だろ!」[投票]
★3ドライヴ(2011/米)悪い映画ではないんですが、全く驚きも無く、ただただ監督のカッコイイと思うカットで綴られていくオハナシ。そこに乗れるかどうかは、まさしく「好み」なんだろうけど…正直オレは鼻につきました。[投票(2)]
★3アンダルシア 女神の報復(2011/日)前作でハードルを下げるとこまで下げたせいか、そんなに悪い作品とは思えず。むしろ日本のTVドラマ映画版の中ではマシではないかとすら思う。これを劇場で選んだオレとしては続編があればまた観ようと思いました。ただ「警視庁」はねーだろ「警視庁」は。[投票]
★4アジョシ(2010/韓国)ウォンビンという素材に、『レオン』プラス『ボーン・アイデンティティ』風の味付けを施して、お家芸であるキムチと見まごうほど真っ赤な流血をぶち込んだ極上の精神的ポルノ映画。こんなん見せられて気持ち良くない訳ないだろうがっ![投票(1)]
★2モテキ(2011/日)すごく好きなシーンも沢山あったのだが、脚本がブレブレ。「オレなら開始15分でヤっとるわ!」とかそういう話ではなく。 [review][投票(7)]
★2サブウェイ123 激突(2009/米)トニスコのやりたいことはよくわかった(つーか、とっくにわかってた)。でもトラボルタのやりたいことは全くわからなかった。これは問題だと思う。 [review][投票(1)]
★1ゴール!3 STEP3 ワールドカップの友情(2009/英)これ観終わった後、自分の『ゴール!』一作目のコメントを読んでみた。泣けた。 [review][投票(1)]
★3ゴール!2(2007/英=スペイン=独)ここまでは許す。まぁありきたりな続編ではあったけれども。[投票(1)]
★2アマルフィ 女神の報酬(2009/日)イタリアロケ先にありきの作りで正直言って意味不明な出来映え。犯人たちは日本でやれ、日本で。こんな風にいじられたらそりゃ真保裕一さんも脚本から名前抹消するわ。オレは真保裕一さんが好きなだけにすごく残念。[投票]

Plots

最近のあらすじ 5
★1TOURNAMENT(2012/日)400年の歴史を持つ空水流武術。その呼びかけの下、空手、古武術、カンフー、剣術など各格闘技の誇りを背負った男たちが一堂に会した。目的はただ一つ、「最強」、この称号を誰が掲げるのか?その一点のみのために各々が己のプライドをかけて闘う。この映像を紡ぐのは、『ハイキック・ガール』でメガホンを取った西冬彦。「映画でもアクションでもない別の何かがうまれてしまった」と語る監督の言葉通り、新たな映画体験が貴方を襲う。[投票]
★3デス・レース(2008/米)2012年、経済の破綻したアメリカで人気を博していた娯楽とは、とある民間企業経営の孤島にある刑務所において囚人同士に殺し合いの自動車レースを行わせる「デス・レース」のペイパービュー放送であった。暴漢に襲われ、無実の罪を着せられて収監されたエイムズ(ジェイソン・ステイサム)は、所長でありデス・レースの最高責任者であるヘネシー(ジョーン・アレン)からデス・レースへの参加を勧められるのだが、そこにはある陰謀が隠されていたのだった…。(89分) [投票]
★4キスキス、バンバン(2005/米)ニューヨークのコソ泥ハリー(ロバート・ダウニーJr.)はひょんなことから俳優デビュー目指してロサンゼルスに移ることに。上流階級の人々に囲まれ、自分もその連中の仲間入りなるか?と思った矢先役作りの為にとプロデューサーに紹介された私立探偵のペリー(ヴァル・キルマー)と行動を共にした途端、今度は複数の殺人事件に囲まれるハメに…。素敵な女性ハーモニー(ミシェル・モナハン)にも出会ったし、ミジメなコソ泥だったニューヨークには戻りたくもないハリーは半分しょうがなくこの事件たちを解決しようとするのだが…。(102分)[投票]
★4300 スリーハンドレッド(2007/米)古代ギリシャの屈強な戦闘国家である都市国家スパルタ。男児は幼い頃より軍事訓練を施され、虚弱なものは捨てられる。この国を統べる王レオニダス(ジェラルド・バトラー)は、ある日諸国を配下にしながら破竹の勢いで進軍してくるアケメネス朝ペルシアの大王クセルクセス一世(ロドリゴ・サントロ)から服従の証を求める使者を差し向けられた。そこでレオニダスが取った行動は、自国の精鋭300人でペルシアの軍勢100万人に立ち向かうことだった…。ヘロドトスの「歴史」に描かれている紀元前480年のテルモピレーの戦いを舞台にして描いたフランク・ミラーのグラフィック・ノベルを基に映像化した作品。(117分)[投票]
★3トゥー・フォー・ザ・マネー(2005/米)怪我でプロフットボール入りの道を絶たれた男、ブランドン(マシュー・マコノヒー)。彼は糊口を凌ぐために始めた地元のスポーツ賭博の電話予想屋で特異な才能を発揮し始める。そんな彼にニューヨークで大規模な予想会社を経営する男、ウォルター(アル・パチーノ)が眼をつけた。ブランドンは一癖も二癖もある男、ウォルターの下でその才能をより大きくニューヨークで発揮することになるのだが…。(122分)[投票(1)]