コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

シーチキン

私はよい観客の一人になりたいです。☆★★メールはtunajirou-a1例のモノh7.dion.ne.jp
[参加掲示板]
→気に入られた投票気に入った→
2253コメント1335
72あらすじ24
39POV33

Comments

最近のコメント 10
★3オートマタ(2014/ブルガリア=米=スペイン=カナダ)人類の行く末をそこはかとなく考えさせる、哲学的な雰囲気をもったSF。雰囲気くらいにとどまっているのもなかなかに良い。 [review][投票]
★3ブルーム・オブ・イエスタディ(2016/独=オーストリア)アウシュビッツを題材にとりながら、大胆な演出というか、切り口というのか、それともこれを「大胆」ということの心根への問いかけなのか。描くべき事は描いており、その点は見上げたものだ。 [review][投票]
★5KUBO/クボ 二本の弦の秘密(2016/米)日本語吹替え版で観たが、日本の昔話として何の違和感もない見事な完成度。1人の少年の冒険と成長の物語として、ワクワクしながら楽しめた。 [review][投票]
★3シンクロナイズドモンスター(2016/カナダ=米=スペイン=韓国)なかなかに分類しづらい映画。恋愛モノのようで、仲間モノコメディのようで、DV系サスペンスのようでもある。でも最後はやっぱり怪獣映画でそれは良かった。 [review][投票]
★2ザ・サークル(2017/米)言いたいことはなんとなくわかるが、最後の決着がよくわからん。原作を読めばまた違うのだろうが、そこがわからんから、全体としてリアリティを欠いていて迫力がない。 [review][投票]
★4ゲット・アウト(2017/米)何とも言えない不気味さが漂うが、過剰なショッキングに走らない、その程良さで、あっと驚く真相が楽しめた。 [review][投票(1)]
★5ノクターナル・アニマルズ(2016/米)力強く惹きつけられる画が続き目が離せない。物語の筋を冷静に振り返ってみると言うほどのことはないのだが、一つ一つのシーンが実に決まっているのだ。 [review][投票(1)]
★4ブレードランナー 2049(2017/米=英=カナダ)前作の物語をほとんど覚えていなかったので「こんな話だったかなあ」と思いながら、いかにもSFっぽい設定や小道具の数々を眺めて楽しめた。確か前作も雰囲気だけを楽しんだ記憶があるので、まさに続編ともいえる。 [review][投票(1)]
★4女神の見えざる手(2016/仏=米)アメリカの銃規制問題やロビー活動などを扱ってはいるが、本質は二転三転するゲームの局面を楽しむ映画だと思う。とことん勝つことにこだわり、それにすべてを賭ける主役を演じたジェシカ・チャスティンの凄みは見応えがあった。 [review][投票]
★4バリー・シール アメリカをはめた男(2017/米)これって本当は1980年代の、中米でのアメリカ政府の闇の活動の実態を白日の下に曝け出す問題作なんだろうけど、そんな雰囲気をぜんぜん感じさせない明るいコメディタッチにしているのは凄いと言えば凄い。 [review][投票]

Plots

最近のあらすじ 5
★3オートマタ(2014/ブルガリア=米=スペイン=カナダ)近未来、太陽の異常な活動により地球では砂漠化と環境汚染が進行し、人類はわずか2千数百万人に減っていた。残された人類はROC社が開発した人工知能を備えた人型ロボット「ピルグリム」によってかろうじて文明を維持。人工知能には「生物に危害を加えてならない」「自ら修理、改造してはならない」という変更不能なプロトコルが組み込まれていた。ところがある日、ジャンキーの警官が自ら修理するロボットを銃で破壊する。本当にロボットがプロトコルを無視していたのか、それとも?真相を究明するためにROC社のヴォーカンアントニオ・バンデラスは調査を進めるが…(110分)[投票]
★5KUBO/クボ 二本の弦の秘密(2016/米)コララインとボタンの魔女』製作陣が日本の昔話をモチーフに製作したストップモーション・アニメ。10歳のクボアート・パーキンソンは三味線で様々な形に折られた折り紙を自在に操る能力をもち、不思議だが終わらない物語を演じて、母と二人で隠れるように暮らしていた。ある日、闇の姉妹ルーニー・マーラに襲われ、母は最後の力を振り絞ってクボを逃がした。そしてクボは言葉を話すサルシャーリーズ・セロン、途中で出会った記憶を失ったクワガタマシュー・マコノヒーらとともに、生き延びる為に三つの宝を求めて旅に出る…(103分) [more][投票]
★2ザ・サークル(2017/米)全世界で約30億人が登録、利用する超巨大SNS「サークル」はユーザーのすべての情報を登録しあらゆるサービスを一つのアカウントで提供できる。メイエマ・ワトソンは友人の薦めもありその運営企業に就職、革新的なオフィススタイル、充実した福利厚生、さらには難病を持つ父へのケアで、のめり込むように働く。そしてある事をきっかけにCEOのベイリートム・ハンクスの目にとまり新たなサービスの実験者となる。それは「隠し事は罪、すべてを共有すれば幸福になれる」の理念を掲げ超小型高性能カメラを自らに着け、24時間すべてをネット公開するというものだった。瞬く間に膨大なフォロワーを獲得するがやがて思わぬ事態も…(110分)[投票]
★4ゲット・アウト(2017/米)人気コメディアンジョーダン・ピールが初の監督・脚本・製作をしたホラー風サスペンス。NYの黒人青年クリスダニエル・カルーヤは付き合いだして4ヶ月の白人の恋人ローズアリソン・ウィリアムズの実家を訪問する事に。「パパはオバマの3期目があれば投票すると言ってるから大丈夫」とローズは話すが気は重い。ローズの実家は豪邸で両親や弟はとてもフレンドリー、だが庭師とメイドは黒人でビミョーな雰囲気でなんだかなあ…翌日は親睦会で親戚やごく親しい人たちが集まるが、いかにも裕福な白人ばかり…その中にやっと一人の黒人を見つけ思わずスマホで写真を撮ったのだが…(104分)[投票]
★5ノクターナル・アニマルズ(2016/米)世界的デザイナートム・フォードの監督2作目。スーザンエイミー・アダムスは裕福な家庭に生まれながら母親の反対を振り切り小説家志望のエドワードジェイク・ギレンホールと結婚。しかし彼の才能を信じられず捨てるように別れた。そしてアートデレクターとして成功はしたものの今の夫との関係は冷え切り、不眠に悩む。ある日、エドから「君に着想を得た」と「ノクターナル・アニマルズ(真夜中の獣)」と題する小説が送られてくる。スーザンへの献辞があるその小説は、妻と娘を暴漢らに襲われた男ジェイク・ギレンホールと刑事マイケル・シャノンの物語で、暴力的だが彼女は引き込まれるように読み進めていく…(116分) [more][投票]

Points of View

最近のPOV 5
私が薦める時代劇[投票(3)]
時代劇が大好きです。かっこいいチャンバラを見るとやってしまいたくなります。いかにも時代がかった台詞を聞くと口から出てしまいます。これぞ武士という何気ない仕草を見るとつい真似してしまいます。
ひょっとして、本当に好きな映画?[投票(4)]
映画館で見ることが多い私はこれまで、同じ映画をもう一度見るということは滅多にありませんでした。(TV放映時になんとなく見る、ということを除いて)ところが最近、レンタルで前に見た映画をもう一度見たいと思うことが多くなりました。「あのシーンを見たいな」、「あの名台詞の場面をもう一度」とか、シネスケで他の方のコメントを見てなど理由はさまざまですが、そういう思いにかられて、わざわざレンタルしてきたりして見た映画を集めました。
読んでから見るか、見てから読むか。[投票(14)]
最近、再び注目を集めた『人間の証明』。これを角川が映画化した時に、爆発的に流行したのが表題のキャッチコピー。私が見た映画の中で、原作と映画、どちらが先だったかをまとめてみました。いざPOVを作って見ると、原作を読んでいない映画が圧倒的に多かった。原作があることも知らない映画もけっこうあると思うので、おいおい修正していきます。
イロイロ言われる映画たち[投票(9)]
ランキングの「話題作」と似ていますが、800人以上のコメテの方が採点している(見ている)映画の、コメント率を計算してみました。もれているのがあったら、ごめんなさい。採点数の基準は時間があれば、下げていきたいです。
この人は、コレが一番![投票(4)]
私にとって、俳優別のベストの映画。今後、変更や追加をすることもあります。A:男優。B:女優。C:その他。