コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

シーチキン

私はよい観客の一人になりたいです。☆★★メールはtunajirou-a1例のモノh7.dion.ne.jp
[参加掲示板]
→気に入られた投票気に入った→
2213コメント1320
71あらすじ24
39POV32

Comments

最近のコメント 10
★3ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ(2016/米)巨大企業で成功するとはどういうことか、単にえげつないだけでなく、無尽蔵なエネルギー源を体のどこかにもっているに違いないと思わせる。 [review][投票]
★3夜明けの祈り(2016/仏=ポーランド)女性たちの身に降り懸かる過酷な現実を描いた映画である。淡々としたスタイルが貫かれ、そのことが返って訴える意志の強さを感じさせる。世の男は心して観るべき映画だと思う。 [review][投票]
★3ザ・マミー/呪われた砂漠の王女(2017/米)怪奇ものアクションにまで芸風を広げていくトム・クルーズはなんだかんだ言っても偉い!ファンを楽しませるためならやりますよという姿勢が嬉しい限りだ。本作では、どう見ても女研究者より、アマネット王女ソフィア・ブテラの方が魅力的だと思う。 [review][投票(2)]
★2ストロングマン(2015/ギリシャ)「これホントにコメディか?」と言いたくなる程、可笑しくない。「あほらしさ」を狙った映画だとしたら、あほらしいという意味で、そんなにはずれではないがなあ・・・退屈しなかったのは救いだった。 [review][投票]
★5スリーピング・ボイス 〜沈黙の叫び〜(2011/スペイン)起きるべきでなかった内戦と、その勝者による敗者への苛烈な抑圧を、二人の姉妹を軸に描いた迫真の映画。 [review][投票]
★4これが私の人生設計(2014/伊)マフィアも犯罪組織もでてこず、人も死なない、脳天気で明るく陽気で開放的で楽しいイタリア映画。一つ一つの小ネタを少々、くどくやっているのも、また楽しい。 [review][投票]
★5素敵なサプライズ ブリュッセルの奇妙な代理店(2015/オランダ)アイディアが秀逸で、「そうきたか」という意外性が心地よい。そしてヒロインをめぐるドラマも温かで気持ちがいい。 [review][投票]
★4モンスターズ 新種襲来(2014/英)「モンスターズ」と題してはいるものの怪獣映画ではなく、ほぼ戦争映画。それも米軍が現実に中東で進めている悲惨な戦争の実態を一人の兵士の目線で、仮借なく暴いている。それ故、変な日本語副題よりも原題直訳の「暗黒大陸」の方がふさわしい。 [review][投票]
★5メアリと魔女の花(2017/日)腹の底から楽しく、ハラハラドキドキ、ワクワクできる快作。それにメアリの素直な心と健気さにはグッとくるものがある。頭を使うことなく楽しい映画の時間を過ごすことができた。 [review][投票]
★2忍道 -SHINOBIDO-(2011/日)設定も脚本も演技も、5、60年前の量産型時代劇の中の最低水準と同じくらいか。何かもう日光江戸村のアトラクションかと言いたくなるようなひどさ。期待の佐津川愛美も落差が大きく今ひとつ。 [review][投票]

Plots

最近のあらすじ 5
★3ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ(2016/米)「マグドナルド」を世界的企業に成長させた「創業者=ファウンダー」レイ・クロックの伝記ドラマ。1954年シェイクミキサー機のセールスで飲食店を回っていたレイマイケル・キートンの下に5台も注文が。間違いかと確認の電話すると「5台じゃなく8台にする」!どんな店かと訪れた店はディックニック・オファーマンとマックジョン・キャロル・リンチのマグドナルド兄弟が自ら考案した革新的なシステムでハンバーガーの驚異的な売り上げを実現した「マグドナルド」だった。そのシステムにひらめいたレイは品質保持ができないと渋る兄弟を説き伏せフランチャイズ契約を結び、イリノイ州で自ら出店、さらに次々と店舗を拡大するが…(115分)[投票]
★3夜明けの祈り(2016/仏=ポーランド)第二次大戦末期、侵攻してきたソ連兵によって蹂躙されたポーランドの修道院を助けるために奔走したフランス人女医の実話を映画化。1945年冬、傷病兵治療のためにポーランドへ派遣されたフランス赤十字の女医マチルドルー・ドゥ・ラージュの下に一人の修道尼が助けを求めてくる。その必死な姿にやむなく同行したマチルドはとある修道院に連れて行かれ、驚くべき事態に直面する。修道院長アガタ・クレシャは修道院閉鎖を恐れ事態を隠そうとし、シスター・マリアアガタ・ブゼクは苦悩するが…(115分) [投票]
★3ザ・マミー/呪われた砂漠の王女(2017/米)イラクで米軍の偵察任務に就くニックトム・クルーズは、貴重な遺跡から金目のものを掠め取る常習犯でもあった。今日もたまたま手に入れた情報を元にお宝目当てに危険地帯に赴くが、そこで偶然発見したのは、何故か古代エジプト期のミイラであった。そのミイラはかつて自らの欲望のため死を司るセト神と契約して悪逆な振舞いゆえに歴史から抹殺されたアマネット王女ソフィア・ブテラだった。ニックによって封印を解かれたアマネットは彼を「選ばれし者」と定めて迫る。そしてニックの前にこの世の「悪」を一掃すると語るヘンリーラッセル・クロウが現れる。(110分) [more][投票]
★2ストロングマン(2015/ギリシャ)第82回アカデミー外国語映画賞ギリシャ代表作品。ギリシャ沿岸で豪華クルージングを楽しむ6人の中年男性たち。ふとしたきっかけで「誰が一番、男らしいか」あらゆる条件で競うゲームをすることに。料理とか、コーヒーの飲み方とか、寝相とか、下着とか、ケータイの着メロとか、血液検査とか、イチモツのサイズとか下らないことで互いにメモで採点しつつ、いつしかゲームは熱を帯び、皆が自分こそ男らしいとむきになりだして・・・(105分)[投票]
★5スリーピング・ボイス 〜沈黙の叫び〜(2011/スペイン)1940年、スペイン内戦で勝利したフランコ政権は共和国派の活動家の家族〜母、妻、恋人〜をもマドリードの刑務所に収監し、形ばかりの裁判で叛乱幇助罪による処刑を言い渡していた。夫とともに共和国派に身を投じ収監された身重な姉オルテンシアインマ・クエスタを案じて田舎のコルドバから出てきた妹ペピータマリア・レオンは唯一人の肉親を救うため面会で姉に謝罪するように乞うが、姉は山岳でゲリラ戦を続ける夫への連絡を頼み、やむなく引き受ける。だが弾圧の影は妹にも忍び寄り、やがて姉も裁判で有罪を言い渡される…(124分) [投票]

Points of View

最近のPOV 5
私が薦める時代劇[投票(3)]
時代劇が大好きです。かっこいいチャンバラを見るとやってしまいたくなります。いかにも時代がかった台詞を聞くと口から出てしまいます。これぞ武士という何気ない仕草を見るとつい真似してしまいます。
ひょっとして、本当に好きな映画?[投票(4)]
映画館で見ることが多い私はこれまで、同じ映画をもう一度見るということは滅多にありませんでした。(TV放映時になんとなく見る、ということを除いて)ところが最近、レンタルで前に見た映画をもう一度見たいと思うことが多くなりました。「あのシーンを見たいな」、「あの名台詞の場面をもう一度」とか、シネスケで他の方のコメントを見てなど理由はさまざまですが、そういう思いにかられて、わざわざレンタルしてきたりして見た映画を集めました。
読んでから見るか、見てから読むか。[投票(14)]
最近、再び注目を集めた『人間の証明』。これを角川が映画化した時に、爆発的に流行したのが表題のキャッチコピー。私が見た映画の中で、原作と映画、どちらが先だったかをまとめてみました。いざPOVを作って見ると、原作を読んでいない映画が圧倒的に多かった。原作があることも知らない映画もけっこうあると思うので、おいおい修正していきます。
イロイロ言われる映画たち[投票(9)]
ランキングの「話題作」と似ていますが、800人以上のコメテの方が採点している(見ている)映画の、コメント率を計算してみました。もれているのがあったら、ごめんなさい。採点数の基準は時間があれば、下げていきたいです。
この人は、コレが一番![投票(4)]
私にとって、俳優別のベストの映画。今後、変更や追加をすることもあります。A:男優。B:女優。C:その他。