コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

シーチキン

2018年上半期ベストは『ロープ/戦場の生命線』、『嘘八百』、『のみとり侍』、『天命の城』、『空飛ぶタイヤ』。候補は『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』、『タクシー運転手 約束は海を越えて』。★★私はよい観客の一人になりたいです。☆★★メールはtunajirou-a1例のモノh7.dion.ne.jp
[参加掲示板]
→気に入られた投票気に入った→
2345コメント1371
76あらすじ24
39POV33

Comments

最近のコメント 10
★3スカイライン 奪還(2017/英=中国=カナダ=インドネシア=シンガポール=米)前作に比べると随分と説明が多くなって、説明台詞とアクションシーンだけという極端な映画になった感じはするが、B級SFアクションとして好ましいと言えば好ましいのだ。 [review][投票]
★3灰とダイヤモンド(1958/ポーランド)娯楽サスペンスとして作られたのかなと思うのだが、ソ連崩壊後のワイダ監督の作品という後付の知識によるものか、加害側にしても被害側にしても、組織や大勢順応に対する、ずい分と冷ややかな視線を感じさせる。 [review][投票]
★3ヒトラーと戦った22日間(2018/露=独=リトアニア=ポーランド)今一つの終わり方といい、映画として稚拙なところが幾つか目に付く。見ようによってはロシアの国策映画とも思えるが、それでも収容所の残虐な実態には力がある。 [review][投票]
★3散り椿(2018/日)オールロケにこだわったという撮影の効果は抜群で、屋内も含めてびしっと決まった本格時代劇の風格が漂うのは良い。殺陣も少しおかしなところもあるがなかなか魅せる。ただ物語が通り一遍で何とも甘ったるくてもの足りない。 [review][投票(1)]
★51987、ある闘いの真実(2017/韓国)史実を基にした迫力ある社会派ドラマで、全体的にみてもかなり高水準の仕上がりの群像劇で、手に汗にぎる緊張感がある。 [review][投票]
★4リグレッション(2015/スペイン=カナダ)思い込みによる恐怖の怖さからは、逃げられない事を思い知らされたサスペンスの良作。イーサン・ホークエマ・ワトソンはそれぞれ好演。 [review][投票]
★5判決、ふたつの希望(2017/レバノン=仏)随所に印象的な場面があり、その上、法廷ものとしても第一級の出来映えで、名作と言うにふさわしい一本。 [review][投票(3)]
★3検察側の罪人(2018/日)手堅くまとめてある映画で、退屈はしない。「冤罪はこうして生まれるのか」と思わせはするが、そこまでのリアリティがなくただの二大スター競演の娯楽作にとどまっている。 [review][投票]
★4ペンギン・ハイウェイ(2018/日)松本零士の世界が好きな人なら気に入ると思う。もちろん私は気に入った、というか私もお姉さんに「少年」と呼ばれたい。 [review][投票(1)]
★5カメラを止めるな!(2017/日)映画館で声をたてて笑って、楽しかった。まじめで情熱に溢れ、真摯な姿から生まれる最良質で、共感と憧れの笑いは気持ちがいい。 [review][投票(2)]

Plots

最近のあらすじ 5
★3スカイライン 奪還(2017/英=中国=カナダ=インドネシア=シンガポール=米)2011年6月日本公開の『スカイライン 征服』の続編。前作で製作・脚本だったリアム・オドネルが監督と脚本をつとめる。突如、ロスに現れた飛行物体によって青い光を見た人間は次々に吸い上げられていった。刑事マークフランク・グリロは息子とともに宇宙船に取り込まれたものの、かろうじて脱出した。しかしその時、飛行物体は新たな人間を求めてラオス上空に移動していた。かくてマークは反政府武装勢力のリーダー・スアイコ・ウワイスらと合流し、謎の飛行物体を操るエイリアンに戦いを挑む。(106分)[投票]
★3ヒトラーと戦った22日間(2018/露=独=リトアニア=ポーランド)1943年10月ポーランドにあった、アウシュビッツと並ぶナチスのユダヤ人絶滅のためのソビボル収容所において、新たに収容されたソ連軍人がリーダーとなって収容者全員の脱出計画が決行された。この史実を映画化。(118分)[投票]
★3散り椿(2018/日)葉室麟の同名小説を木村大作監督・撮影で映画化。扇野藩に8年前、藩上層部の不正を訴えでたが逆に放逐され藩を出た瓜生新兵衛岡田准一が戻ってくる。妻・篠麻生久美子が亡くなる直前に託した、平山道場の四天王と呼ばれ共に剣の腕を磨いた榊原采女西島秀俊を助けてほしいという願いを果たすためだった。かつて采女は篠と縁組をする話もあったが破談になり、さらにその父は不正の嫌疑をかけられたまま暗殺されていた。一方、藩政を牛耳る城代家老石田奥田瑛二は若君の側用人として何かと自分に楯突く采女を忌々しく思っていた…(112分)[投票]
★51987、ある闘いの真実(2017/韓国)1987年、軍事独裁政権下の韓国、大統領直接選挙実現などを求めた民主化運動は1月に起きた秘密警察による大学生拷問致死事件の真相解明とともに大きな転換点を迎えた。その激動の日々を描く。1987年1月、秘密警察で取調べ中の大学生が死亡、責任者のパク所長キム・ユンソクは遺体を直に火葬し隠蔽を指示するが、彼らの暴走を苦々しく思っていたチェ検事ハ・ジョンウは上層部からの様々な圧力にかかわらず法にもとづき火葬の前に検視解剖を命じる。その結果、拷問致死の事実が明るみに出て一部マスコミがスクープ。パク所長は揉み消しを図るものの真相解明を求める動きは次々に広がっていく…(129分)[投票]
★4リグレッション(2015/スペイン=カナダ)1980年代アメリカで悪魔崇拝儀式が多数告発された。その中の一つの事件を題材に『アザーズ』のアレハンドロ・アメナーバルが映画化。1990年ミネソタ、教会に一人の17歳の少女エマ・ワトソンが逃げ込み、父親に虐待されたと訴えた。事件を担当した刑事イーサン・ホークは父親を取り調べる。彼は娘がそういうのならと有罪は認めたものの事件の記憶はないと供述した。刑事は心理学者の協力を得て封印された過去の記憶を催眠療法で呼び起こす「退行=リグレッション」を試みる。そこで語られたのはおぞましい儀式の一端であった…(106分)[投票]

Points of View

最近のPOV 5
私が薦める時代劇[投票(3)]
時代劇が大好きです。かっこいいチャンバラを見るとやってしまいたくなります。いかにも時代がかった台詞を聞くと口から出てしまいます。これぞ武士という何気ない仕草を見るとつい真似してしまいます。
ひょっとして、本当に好きな映画?[投票(4)]
映画館で見ることが多い私はこれまで、同じ映画をもう一度見るということは滅多にありませんでした。(TV放映時になんとなく見る、ということを除いて)ところが最近、レンタルで前に見た映画をもう一度見たいと思うことが多くなりました。「あのシーンを見たいな」、「あの名台詞の場面をもう一度」とか、シネスケで他の方のコメントを見てなど理由はさまざまですが、そういう思いにかられて、わざわざレンタルしてきたりして見た映画を集めました。
読んでから見るか、見てから読むか。[投票(14)]
最近、再び注目を集めた『人間の証明』。これを角川が映画化した時に、爆発的に流行したのが表題のキャッチコピー。私が見た映画の中で、原作と映画、どちらが先だったかをまとめてみました。いざPOVを作って見ると、原作を読んでいない映画が圧倒的に多かった。原作があることも知らない映画もけっこうあると思うので、おいおい修正していきます。
イロイロ言われる映画たち[投票(9)]
ランキングの「話題作」と似ていますが、800人以上のコメテの方が採点している(見ている)映画の、コメント率を計算してみました。もれているのがあったら、ごめんなさい。採点数の基準は時間があれば、下げていきたいです。
この人は、コレが一番![投票(4)]
私にとって、俳優別のベストの映画。今後、変更や追加をすることもあります。A:男優。B:女優。C:その他。