コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

シーチキン

2018年ベスト3は『ロープ/戦場の生命線』、『判決、ふたつの希望』、『家(うち)へ帰ろう』。あと7本は『嘘八百』、『のみとり侍』、『天命の城』、『空飛ぶタイヤ』、『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』、『カメラを止めるな』、『1987、ある闘いの真実』。★★私はよい観客の一人になりたいです。☆★★メールはtunajirou-a1例のモノh7.dion.ne.jp
[参加掲示板]
→気に入られた投票気に入った→
2395コメント1381
78あらすじ24
40POV33

Comments

最近のコメント 10
★3ゴジラ キング・オブ・モンスターズ(2019/米)なんだか東宝のゴジラもの、「地球最大の決戦」とか「怪獣総進撃」とかを連想させて、「人間の味方」、ヒーローにして我らのゴジラ、という感じだったなあ。でも本作のラドンとキングギドラの描き方はかっこ良かった。 [review][投票]
★3武蔵-むさし-(2018/日)ロケにこだわった画づくりはそれだけで本格時代劇の風格を感じさせる。また松平健の小次郎はかなり斬新な感じがして、下手すると武蔵よりも印象に残る。殺陣も悪くない。 [review][投票]
★3ダイ・ハード ラスト・デイ(2013/米)非常に単純なストーリーではあるが、「おおー」と言うだけの爽快感というか、気持ちの良さはあるなあ。さすがはハリウッドかあ。[投票]
★4僕たちは希望という名の列車に乗った(2018/独)旧東ドイツの自由への圧迫と密告体制はこうしてつくられていったのかとぞっとさせる。多感な高校生のちょっとした反感からの行動を「国家の敵」としてとらえ、徹底的に追いつめていく。そのやり方は、ファシズムと社会主義でも違いはない。 [review][投票(1)]
★412か月の未来図(2017/仏)学校モノとしては王道のストーリーで、役者の演技も丁寧で感動的でもある。それに主役のエリート教師のほのかなスケベ心は、それはそれで共感を呼ぶ。 [review][投票(1)]
★4ビリーブ 未来への大逆転(2018/米)本作がどこまでアメリカの裁判の現実を反映しているかはわからないが、弁護士の重要な役割の一つに法理や判例に通じている以上に、どれだけ自分の主張を陪審員や判事に説得的にアピールできるかがあるのであれば、法廷ものが盛り上がり面白いのも道理である。 [review][投票]
★3ちいさな独裁者(2017/独=仏=ポーランド)奇妙なようだが独裁者とは、多くの人が望むものを与えることによって生まれると言っているように感じられた。 [review][投票]
★3ザ・フォーリナー 復讐者(2017/英=中国=米)往年のジャッキー・チェン主演のアクション作に比べると本作はずいぶん陰鬱な印象がある。ただその分、妙な生々しさと凄みが出ている。設定と物語に新味はないが、あのジャッキーがこういう陰惨な役をやるのかというのがちょっと新鮮。 [review][投票]
★4ブラック・クランズマン(2018/米)最後の最後で本作の印象は一変する。70年代のアメリカの物語であっても、極めて現代的な映画だ。さすがはスパイク・リーと言うべきか。 [review][投票(2)]
★4記者たち 衝撃と畏怖の真実(2017/米)政府発表だから事実だとせず、自ら調べたことを真実として報道する。ジャーナリズムの鏡というべき姿を、正々堂々と描く気概は見上げたものだ。 [review][投票]

Plots

最近のあらすじ 5
★3武蔵-むさし-(2018/日)本格時代劇『蠢動』で注目された三上康雄監督が、史実に基づいたオリジナルストーリーで剣豪・武蔵を描く。父・新免無二斎に幼少より厳しく育てられた武蔵細田善彦は京で吉岡一門との死闘に挑むが、多くを殺め「殺人(せつにん)剣なのか」と苦悩していた。一方、豊前に国替えされた細川藩の澤村大学目黒祐樹は土豪の反発を抑えるため豊前の土豪出身の修験者である巌流・小次郎松平健を剣術指南役として迎える。だが徐々に小次郎は増長し藩政に口出しするようになる。手を焼いた大学は、小次郎を除くために武蔵と立ち会わせようと呼び寄せる。そして立会いの直前、場所は舟島へと変えられた…(120分)[投票]
★4僕たちは希望という名の列車に乗った(2018/独)ディートリッヒ・ガルスカの自伝小説「沈黙する教室」を映画化。1956年、ベルリンの壁以前の東ドイツ、二人の高校生が祖父の墓参を口実に鉄道で西ベルリンに行き、トップレス目当てで映画館に忍び込み、ハンガリー動乱を伝えるニュース映画を観る。彼らは西側から流れてくるラジオ放送を聴き、自らの「進学クラス」でその犠牲者のために授業最初の2分間は沈黙を貫く黙祷をしようと呼びかけた。そして授業が始まり誰も口を利かないクラスに教師は激高、それがハンガリー動乱に関係していると察知され、「国家への敵対だ」と大問題になりついには教育大臣がクラスに乗り込み「首謀者を明らかにしろ」と迫られる事態に発展する…(111分)[投票]
★412か月の未来図(2017/仏)パリ中心部のエリートが集う名門高校のベテラン教師フランソワドゥニ・ポダリュデスは、郊外の「困難校」についてつい「若い教師ばかりを郊外校にいかせるのがおかしい。そういう学校にこそ経験豊富な教師が赴くべきだ」と述べる。それを聞きつけた教育省から「素晴らしい提案だ。ぜひ自ら実績をつくってほしい。」と言われ已む無く1年間の期限付きで「困難中学校」の国語教師として派遣される事に。そこには移民や難民など多様なルーツを持ち貧困など困難を抱える生徒たちとその相手に疲れ果てた教師たちがいた。名門校とのあまりの格差に戸惑いつつフランソワは生徒に向き合うが…(107分) [more][投票]
★4ビリーブ 未来への大逆転(2018/米)1970年代「男は仕事、女は家庭」を前提にした法律が罷り通り女性はカードも作れなかった時代、女性差別是正を訴えた裁判は100年にわたり負け続けた時代、男女平等を求めて裁判を闘った実在の弁護士ルース・ギンズバーグの姿を映画化。1950年代末ハーバード大法科大学院に入学した500人中女性は9人。その一人ルースフェリシティ・ジョーンズは弁護士を志し、家事も育児も協力する税法の専門家の夫アーミー・ハマーの協力もあり首席で卒業するも、どの法律事務所も女性だからと採用を拒みやむなく大学教授に。そしてある日、夫が高齢の親の介護費用の税控除が男性には認められないのはおかしいと訴えた裁判の資料をルースに手渡す…(120分) [more][投票]
★3ちいさな独裁者(2017/独=仏=ポーランド)1945年4月敗戦直前の混乱が広がるドイツでは脱走兵が多発した。その一人二等兵ヘロルトマックス・フーバッヒャーは偶々ひろったナチス高級将校の制服を身にまとい、それを大尉と信じ込んだ上等兵を従え「ヒトラー総統の勅命で後方の実情調査を行っている」とでまかせを言い、道中でであったはぐれた兵士たちを自らの配下におき「ヘロルト親衛隊」と名乗り始めた。さらに脱走兵の収容所へ乗り込んだ彼はその権力をますます肥大化させていき、ついには…(119分) [more][投票]

Points of View

最近のPOV 5
私が薦める時代劇[投票(3)]
時代劇が大好きです。かっこいいチャンバラを見るとやってしまいたくなります。いかにも時代がかった台詞を聞くと口から出てしまいます。これぞ武士という何気ない仕草を見るとつい真似してしまいます。
ひょっとして、本当に好きな映画?[投票(4)]
映画館で見ることが多い私はこれまで、同じ映画をもう一度見るということは滅多にありませんでした。(TV放映時になんとなく見る、ということを除いて)ところが最近、レンタルで前に見た映画をもう一度見たいと思うことが多くなりました。「あのシーンを見たいな」、「あの名台詞の場面をもう一度」とか、シネスケで他の方のコメントを見てなど理由はさまざまですが、そういう思いにかられて、わざわざレンタルしてきたりして見た映画を集めました。
読んでから見るか、見てから読むか。[投票(14)]
最近、再び注目を集めた『人間の証明』。これを角川が映画化した時に、爆発的に流行したのが表題のキャッチコピー。私が見た映画の中で、原作と映画、どちらが先だったかをまとめてみました。いざPOVを作って見ると、原作を読んでいない映画が圧倒的に多かった。原作があることも知らない映画もけっこうあると思うので、おいおい修正していきます。
イロイロ言われる映画たち[投票(9)]
ランキングの「話題作」と似ていますが、800人以上のコメテの方が採点している(見ている)映画の、コメント率を計算してみました。もれているのがあったら、ごめんなさい。採点数の基準は時間があれば、下げていきたいです。
この人は、コレが一番![投票(5)]
私にとって、俳優別のベストの映画。今後、変更や追加をすることもあります。A:男優。B:女優。C:その他。