コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

シーチキン

私はよい観客の一人になりたいです。☆★★メールはtunajirou-a1例のモノh7.dion.ne.jp
[参加掲示板]
→気に入られた投票気に入った→
2195コメント1313
71あらすじ25
39POV32

Comments

最近のコメント 10
★3ノー・エスケープ 自由への国境(2015/メキシコ=仏)本来はごくシンプルなマンハント映画なのだが、狩る者と狩られる者の設定と、2016年の米大統領選に勝利したトランプ政権の不法滞在者を敵視する政策が物議を醸す中で、何だか違った映画に見えてしまう。 [review][投票]
★4メッセージ(2016/米)「いくらなんでもそれは…」といういささか突飛な設定ではあるが、きちんとした本格的なSF映画として見応えはある。言語学者として、あらゆる可能性を視野に入れて手順を踏みながら着実に前に進む作業はまさに科学そのものでもある。 [review][投票]
★3マンチェスター・バイ・ザ・シー(2016/米)淡々と流れる描写の中で、主人公の辛さ、悲しさ、やるせなさ、どうしようもなさ、だけが伝わってくる。それでも生きていくのは、自分以外の誰かがいるからで、そのことの大切さが浮き彫りになるような気がした。[投票]
★4潜入者(2015/英)生死の狭間を綱渡りしているような、強烈な緊張感と迫力にハラハラしながら、スリルを楽しめる一級の娯楽作。 [review][投票]
★4追憶(2017/日)小細工を排しごくシンプルに、ただ生きていく姿と家族の情愛を、普遍的な形で描いた一種の寓話にして佳作。岡田小栗柄本の主要3人の好演と、美しい立山連峰および日本海の風景が映える。 [review][投票]
★3パーソナル・ショッパー(2016/仏=独)オカルト映画は嫌いなのだが、クリステン・スチュワートの素晴らしい、きれいなおっぱいをごく自然な形で拝むことができてとても、とても嬉しかった。この点で観て良かったと思う。[投票(1)]
★5おとなの事情(2016/伊)これは、なかなかの映画。思わず吹き出す爆笑シーンも少なくないが、相当の毒もある。観終わった後に、自分と世界が少し違って見えるような気がする。 [review][投票]
★4虎の尾を踏む男達(1945/日)世に知られた義経弁慶主従の安宅関越え、勧進帳の一件の、伝統的な様式美をエノケン榎本健一 の軽妙さでうまく中和した入門編みたいな映画だが、大河内伝次郎藤田進が引き締めて魅せる。 [review][投票(1)]
★3カフェ・ソサエティ(2016/米)相変わらずウディ・アレンは女優を魅力的に撮るが、本作の見所はほぼ クリステン・スチュワートだけで、毒にも薬にもならない映画に思えた。 [review][投票(2)]
★4僕とカミンスキーの旅(2015/独=ベルギー)一見、奇想天外な進み方をするが、意外な程に人生の豊かな苦味を感じさせる。老いてゆくことは哀しい事でもあるが、老いてこその達観もあるのだなあ。 [review][投票]

Plots

最近のあらすじ 5
★3ノー・エスケープ 自由への国境(2015/メキシコ=仏)その日、いつものようにメキシコからアメリカへの国境を密かに越えるためにトラックは十数人を乗せて走った。ところがトラックの故障でやむなく案内人は徒歩で砂漠を越えてアメリカへの入国を試みる。やっと国境線を越えて砂漠を歩む彼らの耳に銃声が響く。そして何者かによって次々と狙撃されていく…生き残った数名は必死で逃走するが、襲撃者の執拗な追跡は続く…(88分)[投票]
★3マンチェスター・バイ・ザ・シー(2016/米)2017年米アカデミー主演男優賞、脚本賞を受賞。ボストンのアパートで住み込みの便利屋をしているリーケイシー・アフレックの下に、故郷の町マンチェスター・バイ・ザ・シー(MBTS)に住む兄ジョーカイル・チャンドラーの訃報が届く。帰郷し兄の葬儀などを済ますが、兄の遺言は16歳の息子パトリックルーカス・ヘッジスが成人するまで後見人としてMBTSで暮らす事を求めていた。かつて辛い出来事で心が壊れこの町で暮らせないと出たリーはボストンで甥と暮らそうと考えたが、パトリックは恋人や友人もいて、何より父の遺した船を手放せないとMBTSで暮らすことを望んだ…(137分) [more][投票]
★4潜入者(2015/英)1980年代半ば、アメリカへ密輸される麻薬の大半を支配したメディシン・カルテル壊滅に向けその資金源を断つために裕福な実業家に化けて資金洗浄の実態を暴いた潜入捜査官メイザーの回顧録を映画化。アメリカ捜査当局はフロリダ経由でコロンビアから密輸される麻薬を絶つために、組織の資金を根こそぎにしようと、腕利きの捜査官メイザーブライアン・クランストンをやり手の実業家に仕立て、相棒の覆面捜査官アブレヴジョン・レグイザモと組ませて組織の資金洗浄のルートを探る。メイザーは組織メンバーの信頼を得て銀行ぐるみの犯罪の核心に迫るが…(127分)[投票]
★4追憶(2017/日)降旗康男監督、撮影木村大作のコンビが北陸を舞台に描く。かつて親に捨てられたも同然の3人の子どもは喫茶店を営む女性安藤サクラに拾われて身を寄せ合って暮らしていた。しかしある事件によってその幸せは消え、彼らは「これからは赤の他人だ」と誓って別れた。25年後、一人柄本佑は金策に苦しみ、一人岡田准一は妻と上手くゆかず別居し、一人小栗旬は身重な妻を慈しんでいた。そして彼らは再びめぐりあう。一人は殺人事件の被害者として、一人はその捜査に加わる刑事として、そしてもう一人はその事件の容疑者として…(99分)[投票]
★5おとなの事情(2016/伊)月食の夜、4人の男たち〜気心の知れた幼馴染にして大の親友たち〜がそれぞれ妻を伴って久しぶりのホームパーティに集う。思春期の娘のいる夫婦もいれば、義母と同居している夫婦もあれば新婚も、そしてバツイチもいる7人が、美味しい手作りの料理を囲んでパーティーを楽しんでいる。そして一人の女が「私たちに本当に隠し事がなくて信頼しているのなら、みんなのスマホをテーブルにおいて、届いたメールとメッセージをみなに見せ、かかってきた電話はスピーカーにしてこの場で話をしない」と言い出して始まったゲーム。それは月が欠けるにしたがって…(96分)[投票]

Points of View

最近のPOV 5
私が薦める時代劇[投票(3)]
時代劇が大好きです。かっこいいチャンバラを見るとやってしまいたくなります。いかにも時代がかった台詞を聞くと口から出てしまいます。これぞ武士という何気ない仕草を見るとつい真似してしまいます。
ひょっとして、本当に好きな映画?[投票(4)]
映画館で見ることが多い私はこれまで、同じ映画をもう一度見るということは滅多にありませんでした。(TV放映時になんとなく見る、ということを除いて)ところが最近、レンタルで前に見た映画をもう一度見たいと思うことが多くなりました。「あのシーンを見たいな」、「あの名台詞の場面をもう一度」とか、シネスケで他の方のコメントを見てなど理由はさまざまですが、そういう思いにかられて、わざわざレンタルしてきたりして見た映画を集めました。
読んでから見るか、見てから読むか。[投票(14)]
最近、再び注目を集めた『人間の証明』。これを角川が映画化した時に、爆発的に流行したのが表題のキャッチコピー。私が見た映画の中で、原作と映画、どちらが先だったかをまとめてみました。いざPOVを作って見ると、原作を読んでいない映画が圧倒的に多かった。原作があることも知らない映画もけっこうあると思うので、おいおい修正していきます。
イロイロ言われる映画たち[投票(9)]
ランキングの「話題作」と似ていますが、800人以上のコメテの方が採点している(見ている)映画の、コメント率を計算してみました。もれているのがあったら、ごめんなさい。採点数の基準は時間があれば、下げていきたいです。
この人は、コレが一番![投票(4)]
私にとって、俳優別のベストの映画。今後、変更や追加をすることもあります。A:男優。B:女優。C:その他。