コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

シーチキン

2017年新作劇場鑑賞ベスト10『とうもろこしの島』『ショコラ』『KUBO』『アイ・イン・ザ・スカイ』『ニュートン・ナイト』『スウィート17モンスター』『怪物はささやく』『ローマ法王になる日まで』『おとなの事情』『午後8時の訪問者』旧作を入れると『毛皮のビーナス』が入ります。★★私はよい観客の一人になりたいです。☆★★メールはtunajirou-a1例のモノh7.dion.ne.jp
[参加掲示板]
→気に入られた投票気に入った→
2297コメント1350
76あらすじ24
39POV33

Comments

最近のコメント 10
★5レディ・プレイヤー1(2018/米)製作費の大半は版権代に消えていそうな作品。スピルバーグが描く格差社会という感じもする。それにしても、明らかに万人向けでないものを、万人が楽しめるようにつくるという点で、スピルバーグは天才だと思う。 [review][投票]
★2修道士は沈黙する(2016/伊=仏)一々、もったいつけすぎて退屈な映画。おそらく本作が国際金融に対して皮肉り、風刺しているのと同じような批評が、そのまま当てはまるのではないかと思う。 [review][投票]
★4女は二度決断する(2017/独)家族を失った深い悲しみが漂う前半と、思わず息をひそめてしまう程の緊張感が漂う後半は、まるで別の映画のようでもあるが、やはり一つの映画だ。 [review][投票(1)]
★4パシフィック・リム:アップライジング(2018/米)改めて続編を見ると前作公開から5年くらいしか経っていないのに、細かい設定や登場人物の大半は忘れていて、ただただ怪獣と巨大ロボットが戦う映画ということだけ覚えていた。私にはそれで十分だし、そういう人にはお奨めできる。 [review][投票]
★3ラブレス(2017/露=仏=独=ベルギー)ロシアの今を切り取ったという映画なのだろうかなあ。なんとなしの時間つぶしに、誰もが一様にスマホをいじっている光景には、これが新しい時代の万国共通なのかといささか慄然とするものがあった。 [review][投票(1)]
★5ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書(2018/米)メリル・ストリープの会心の演技が良い。説得力というか、史実にふさわしいリアルさがある。それにしても史実の映画化なのに、今の我々から見れば「こうであるべきだ」と理想論を描いた物語に見えてしまうのは、実はとんでもない不幸ではないだろうか。 [review][投票(2)]
★4レッド・スパロー(2018/米)何が本当のことなのか、何がどうなっているのか、登場人物が何を考えているのか、よくわからないままに物語が進む。そしてこの「よくわからんなあ」というのがスパイ心理戦ものサスペンスの魅力なのだろうなあ。 [review][投票]
★4あなたの旅立ち、綴ります(2017/米)少し鼻につくところも含めていつものシャーリー・マクレーンと、自然な感じで合わせられるアマンダ・セイフリッドの演技力は大したものなのだろう。取り立ててて言う程のものでもないが、二人の女優のそれぞれの持ち味が楽しめる佳作。 [review][投票(1)]
★5ロープ 戦場の生命線(2015/スペイン)相当に深刻で絶望的な状況を背景にした物語だが、映画の色調は思いのほか明るい感じもする。 [review][投票]
★4はじめてのおもてなし(2016/独)ドイツの今が抱える問題が背景に出てくるものの、まるで日本の人情家族喜劇のような映画。べたべたで、とっちらかった印象もあるが、観ていてほのぼのとした気持ちにしてくれる良質な一本。[投票]

Plots

最近のあらすじ 5
★5レディ・プレイヤー1(2018/米)アニメ、コミック、ゲーム、映画など1970年代以降のポップカルチャーのキャラクターなどが続々登場するアーネスト・クライン原作小説「ゲームウォーズ」をスピルバーグ監督が映画化。2045年、閉塞感に満ちた社会では、VR技術を駆使した仮想ゲーム空間「オアシス」が人々の唯一の拠りどころだった。ゲーム参加者はつらい現実を忘れ、憧れのヒーローなどなりたいキャラクターになって好きなことができる。そして「オアシス」創始者がゲームに隠した鍵とエッグを手に入れた者に巨額の遺産とともに「オアシス」そのもの譲ると言い残して亡くなった。いま、プレイヤーたちや「オアシス」の権利を狙う巨大企業による争奪戦が始まる。(140分)[投票]
★2修道士は沈黙する(2016/伊=仏)海辺の高級リゾートホテルで開かれるG8財務相会合。その会合にIMF理事のロシェダニエル・オートゥイユは3人のゲスト〜絵本作家・作家にして修道士・ミュージシャン〜を特別に招いた。会合の前夜、ロシェの誕生パーティが開かれたがその夜更け、ロシェはゲストの一人、修道士のサルストニ・セルヴィッロを自室に呼び、自らの「告解」を受けてほしいと告げる。そして翌朝、ロシェが死体となって発見される。自殺か他殺か、判然としないまま、それぞれの思惑が交錯する中、ロシェはサルスに何を話したのかに各国要人の関心は集まるが…(108分)[投票]
★4女は二度決断する(2017/独)ドイツ人のカティヤダイアン・クルーガーは、ハンブルグの外国人街で起きた爆弾事件で最愛の夫ヌーリと幼い息子を殺された。警察はトルコ系移民のヌーリの事務所前で爆発した事や、彼に薬物犯罪の前科があった事からヌーリを狙った外国人同士の抗争事件を疑う。しかし容疑者として逮捕されたのはネオナチの若いドイツ人夫婦だった。そしてその二人の裁判が始まり、カティヤは親しい弁護士の力を借りて被害者参加制度を利用し、その裁判にかかわっていくのだが…(106分)主演のダイアン・クルーガーは本作でカンヌ映画祭で主演女優賞を獲得。[投票]
★4パシフィック・リム:アップライジング(2018/米)巨大ロボットと海から現れる「カイジュー」との戦いを描いた『パシフィック・リム』の続編。「カイジュー」との戦いから10年後の世界、海底にある「カイジュー」の出現口を防いだものの人類は復興とともに警戒を怠らず、巨大ロボット“イェーガー”の建造とそれを操る新たな世代のパイロットたちの育成と、警戒態勢の強化に余念がなかった。しかし「カイジュー」を送り込んできた敵の新たな企みはすでに始まっていた…(111分)[投票]
★3ラブレス(2017/露=仏=独=ベルギー)ロシアのアンドレイ・ズビャギンツェフ監督による2017年のカンヌ国際映画祭審査員賞受賞作。ジェーニャマリヤーナ・スピヴァクとボリスアレクセイ・ロズィンの夫婦の結婚は完全に破綻し、離婚を決めたが顔を合わせばののしりあうばかり。二人の間には12才の息子がいるが、互いに新しいパートナーができた二人は、双方とも子どもを引き取ろうとはしないのであった。そしてある日、息子が行方不明になる。警察に届けるも強盗や殺人で手が回らないといわれ、行方不明の子どもの捜索を手がける市民ボランティアに頼み、息子を探すのだが…(127分)[投票]

Points of View

最近のPOV 5
私が薦める時代劇[投票(3)]
時代劇が大好きです。かっこいいチャンバラを見るとやってしまいたくなります。いかにも時代がかった台詞を聞くと口から出てしまいます。これぞ武士という何気ない仕草を見るとつい真似してしまいます。
ひょっとして、本当に好きな映画?[投票(4)]
映画館で見ることが多い私はこれまで、同じ映画をもう一度見るということは滅多にありませんでした。(TV放映時になんとなく見る、ということを除いて)ところが最近、レンタルで前に見た映画をもう一度見たいと思うことが多くなりました。「あのシーンを見たいな」、「あの名台詞の場面をもう一度」とか、シネスケで他の方のコメントを見てなど理由はさまざまですが、そういう思いにかられて、わざわざレンタルしてきたりして見た映画を集めました。
読んでから見るか、見てから読むか。[投票(14)]
最近、再び注目を集めた『人間の証明』。これを角川が映画化した時に、爆発的に流行したのが表題のキャッチコピー。私が見た映画の中で、原作と映画、どちらが先だったかをまとめてみました。いざPOVを作って見ると、原作を読んでいない映画が圧倒的に多かった。原作があることも知らない映画もけっこうあると思うので、おいおい修正していきます。
イロイロ言われる映画たち[投票(9)]
ランキングの「話題作」と似ていますが、800人以上のコメテの方が採点している(見ている)映画の、コメント率を計算してみました。もれているのがあったら、ごめんなさい。採点数の基準は時間があれば、下げていきたいです。
この人は、コレが一番![投票(4)]
私にとって、俳優別のベストの映画。今後、変更や追加をすることもあります。A:男優。B:女優。C:その他。