コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

シーチキン

私はよい観客の一人になりたいです。☆★★メールはtunajirou-a1例のモノh7.dion.ne.jp
[参加掲示板]
→気に入られた投票気に入った→
2231コメント1326
71あらすじ24
39POV32

Comments

最近のコメント 10
★4ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦(2016/チェコ=英=仏)終盤の戦闘シーンの緊迫感は白眉。そのシーンだけでもこの映画を観た価値はあった。 [review][投票]
★4エイリアン:コヴェナント(2017/米=英)なるほどまさしく『エイリアン』の前日譚3部作の2作目か。そう思ってみると設定がどうとかSFがどうとかというよりも、ただただ怖い。怯えながら観る映画だ。 [review][投票(1)]
★4幼な子われらに生まれ(2017/日)丁寧な演出と画づくりが心にしみる良作。それにしても「なさぬ仲」とはよく言ったもので、「なさぬ」ではあるが「仲」でもある。 [review][投票]
★4三度目の殺人(2017/日)一つの殺人事件の「真実」をめぐる迷宮ぶりが楽しめる娯楽サスペンス。 [review][投票(1)]
★4ダンケルク(2017/英=米=仏)思っていた感じとは少し違ったが、重厚でスケール感ある画が楽しめる。 [review][投票(3)]
★3散歩する侵略者(2017/日)カリカチュアが過剰に利きすぎた演出にも思えるが、ユニークなアイディアで結構おもしろい。ただラストが余りに陳腐でちょっとげんなりする。 [review][投票(1)]
★3エル ELLE(2016/仏)まさに「女王様」と呼ぶにふさわしいイザベル・ユペールの妖しい魅力を存分に堪能できる。 [review][投票(3)]
★5トリガール!(2017/日)後に残るものはさしてないが、観ている最中はむちゃくちゃ楽しくて面白い、王道の熱血青春コメディ。とりわけヒロイン土屋太鳳の自由奔放っぷりは極上。 [review][投票]
★3ザ・ウォール(2017/米)砂漠のど真ん中で、姿を見せないスナイパーに狙われる恐怖感が程よく出ている。途中、ややだらけた感じもするからもっと尺を短くしてもいいかも知れないが、終わり方がいいから悪い印象はない。 [review][投票]
★4ローサは密告された(2016/フィリピン)ローサがまんま、「大阪のおばちゃん」のイメージでその点だけは笑ってしまう。それ以外は本当に生々しい臨場感にあふれており気圧される。 [review][投票(2)]

Plots

最近のあらすじ 5
★4ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦(2016/チェコ=英=仏)1942年5月ロンドンのチェコ亡命政府は特殊訓練を積んだ7人のパラシュート隊員をプラハに送り込み、ナチス占領下のチェコの支配者にしてナチスナンバー3のハインリヒSS大将を暗殺した。ナチスはその報復として5千人から1万人とも言われるプラハ市民の虐殺を行なった。この史実を映画化。闇夜に降下した二人の隊員ヨゼフキリアン・マーフィとヤンジェイミー・ドーナンはかろうじてプラハに潜入し、現地のレジスタンスの協力を得て他の仲間と合流しエンスラポイド(類人猿)作戦の遂行のために命がけで準備を進めるが…(120分)[投票]
★4幼な子われらに生まれ(2017/日)重松清の同名小説の映画化。バツイチの信浅野忠信は、同じくバツイチで二人の娘を連れた奈苗田中麗奈と再婚し新しい家庭を築いた。再婚した時は赤子だった下の娘は事情は知らないが、小学生だった上の娘とは次第にギクシャクし奈苗が妊娠した事からその溝はますます深まる。悩ましい日が続く信にとって3ヶ月に一度の前妻との子との面会は楽しみでもあったが、なかなかそのことも言い出せない。そしてついに上の娘が「やっぱりこのウチ嫌だ。本当のお父さんに会わせてよ」と言い出した。DVに耐え切れず別れた奈苗は反対するが、信は元夫の沢田 宮藤官九郎と連絡をとる…(127分)[投票]
★4ダンケルク(2017/英=米=仏)1940年ドーバー海峡に面したフランス北部のダンケルクに、英仏連合軍40万人がドイツ軍に包囲され全滅寸前に追い込まれた。イギリスでは民間船まで動員されて彼らの救出作戦が敢行された。その史実をクリストファー・ノーラン監督が映画化。ダンケルクの街では最終防衛線が独軍の猛攻にあい徐々に後退させられていた。そして遠浅の海岸線では大量の兵士が救援を待ちわびたが、船舶が不足している上、Uボートによる魚雷攻撃、独空軍機による爆撃を受け絶望的な状況だった…(106分)[投票]
★3散歩する侵略者(2017/日)前川知大原作の同名舞台劇を黒沢清監督が映画化。人々から「概念」を奪う侵略者を描く異色SF。とある町で発生した一家バラバラ殺人事件をやむなく取材する事になったフリー記者の桜井長谷川博己に唯一生き残った女子高生の娘恒松祐里を探す天野高杉真宙が「ガイドになってくれ」と声をかける。病院から放心状態の夫松田龍平を保護したと連絡を受けた妻の鳴海長澤まさみは、浮気をごまかす夫の芝居だと疑うが夫から「ガイドになってくれ」と言われる。何かがこの町で起こっているのだ…(129分)[投票]
★3エル ELLE(2016/仏)バーホーベン監督の官能サスペンス。ゲーム制作会社を起こし辣腕を振るうミシェルイザベル・ユペールは自宅で覆面をした男に襲われる。さらに不審な出来事も起こる。その過去ゆえに警察を一切信じない彼女は、襲った男は自分の周辺にいるに違いないと見当をつけるが、一方で彼女自身の本性もあらわになっていく・・・(131分)[投票]

Points of View

最近のPOV 5
私が薦める時代劇[投票(3)]
時代劇が大好きです。かっこいいチャンバラを見るとやってしまいたくなります。いかにも時代がかった台詞を聞くと口から出てしまいます。これぞ武士という何気ない仕草を見るとつい真似してしまいます。
ひょっとして、本当に好きな映画?[投票(4)]
映画館で見ることが多い私はこれまで、同じ映画をもう一度見るということは滅多にありませんでした。(TV放映時になんとなく見る、ということを除いて)ところが最近、レンタルで前に見た映画をもう一度見たいと思うことが多くなりました。「あのシーンを見たいな」、「あの名台詞の場面をもう一度」とか、シネスケで他の方のコメントを見てなど理由はさまざまですが、そういう思いにかられて、わざわざレンタルしてきたりして見た映画を集めました。
読んでから見るか、見てから読むか。[投票(14)]
最近、再び注目を集めた『人間の証明』。これを角川が映画化した時に、爆発的に流行したのが表題のキャッチコピー。私が見た映画の中で、原作と映画、どちらが先だったかをまとめてみました。いざPOVを作って見ると、原作を読んでいない映画が圧倒的に多かった。原作があることも知らない映画もけっこうあると思うので、おいおい修正していきます。
イロイロ言われる映画たち[投票(9)]
ランキングの「話題作」と似ていますが、800人以上のコメテの方が採点している(見ている)映画の、コメント率を計算してみました。もれているのがあったら、ごめんなさい。採点数の基準は時間があれば、下げていきたいです。
この人は、コレが一番![投票(4)]
私にとって、俳優別のベストの映画。今後、変更や追加をすることもあります。A:男優。B:女優。C:その他。