コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

シーチキン

2019年ベスト10 『工作 黒金星と呼ばれた男』、『男はつらいよ お帰り 寅さん』、『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』、『グリーンブック』、『The Guilty/ギルティ』、『運び屋』、『国家が破産する日』、『決算!忠臣蔵』、『サラブレッド』、『家族を想うとき』★★私はよい観客の一人になりたいです。☆★★メールはtunajirou-a1例のモノh7.dion.ne.jp
[参加掲示板]
→気に入られた投票気に入った→
2481コメント1414
84あらすじ25
40POV33

Comments

最近のコメント 10
★5レ・ミゼラブル(2019/仏)圧倒的な凄みと迫力をもったラストシーンには息を飲むと同時に、その闇に飲み込まれそうになった。 [review][投票(1)]
★4星屑の町(2019/日)のんの好演と健気さに免じて採点は甘め。戸田恵子の貫禄も良い。男優陣もいずれもいい味を出している。個人的には太平サブローが良かったが、彼は何だか素そのままという感じで得しているかもしれない。 [review][投票]
★3グリンゴ/最強の悪運男(2018/米=メキシコ=豪)なかなか波乱万丈の映画で楽しかった。それに清々しいまでの下品さを魅せたシャーリーズ・セロンと、何しに出ているのかよくわからんがほのぼのさせたアマンダ・サイフリッドが良かった。[投票]
★4ラスト・ディール 美術商と名前を失くした肖像(2018/フィンランド)一人の美術商の人生の、晩年の彩りを丁寧に描いて味わいが深い。そして上品で慎ましく、洗練されたラストは心地よい。良い気持ちにさせてくれる映画だった。[投票]
★4私の知らないわたしの素顔(2019/仏=ベルギー)尺の割りには盛り沢山で、何だか2本立ての映画を観たように楽しめた。若さへの羨望とか嫉妬とかいうような心の深淵というよりも、ただのサイコスリラーのように思えた。 [review][投票(1)]
★4エクストリーム・ジョブ(2019/韓国)スカッとする、というのとはいささか違うが、観ていてとても楽しく、面白いアクションコメディ。物語はこれというヒネリもなく王道の展開であるが、それもまた良いと思わせる。 [review][投票]
★4グッドライアー 偽りのゲーム(2019/米)なるほど、そうきたかという驚きはある。そしてヘレン・ミレンイアン・マッケランの両ベテラン俳優の好演に☆を1つ追加。 [review][投票]
★5スキャンダル(2019/米)実在のメディア、キャスターが実名で登場、3大女優の競演、と派手な印象が大きいが、その内容はかなり骨太にセクハラと闘った女性の苦悩と葛藤を描いている。セクハラと真摯に向き合った意義と、その誠実な姿勢に☆1つを追加。 [review][投票]
★2グッドバイ〜嘘からはじまる人生喜劇〜(2019/日)小池栄子は良い。大泉洋もまあまあ良い。アイディアと設定もそう悪くないように思えるのだが、全体としてテンポが悪くもっさりとして、残念な映画。 [review][投票]
★4AI崩壊(2020/日)SFサスペンスとしての骨格は、特に悪くも無いが、そう目新しいものではないし、ミステリーとしては平凡とも言える。ただ、今の時点だからこそ感じられるリアリティが半端ない。人は自分には理解できないもの、よくわからないものに不安と恐怖を覚えるということを再認識した。 [review][投票(1)]

Plots

最近のあらすじ 5
★3グリンゴ/最強の悪運男(2018/米=メキシコ=豪)ハロルドデヴィッド・オイロウォは製薬会社を経営する友人リチャードジョエル・エドガートンのコネでその会社の部長となり真面目に仕事に励んできたが、メキシコの工場に出張した際に誘拐され、会社に500万ドルの身代金を払えと脅迫がきた。経費節減で誘拐保険を解約していた共同経営者のエレーンシャーリーズ・セロンは身代金を値切ろうとするし、誘拐保険は解約したが生命保険は解約し忘れており、彼が死ねば多額の保険金がおりる事に気がついたリチャードは…さらに最愛の妻の不倫まで発覚したハロルドは一体どうなることやら…(111分)[投票]
★4ラスト・ディール 美術商と名前を失くした肖像(2018/フィンランド)フィンランドで画商を営むオラヴィヘイッキ・ノウシアイネンは高齢で店を畳む事も考えつつ「最後に名画にかかわりたい」と願っていた。あるオークションの下見で画家のサインがなく作者不明で「男の肖像画」とだけ題された絵画を見かけ、そのタッチから名画に違いないと直感する。その頃、疎遠だった娘レアピルヨ・ロンカから窃盗の補導歴のある息子オットーアモス・ブロテルスを「職場体験授業」で預かってほしいと頼まれ、一度はすげなく断るが仕方なく引き受ける。そして謎めいた「名画」の由来と作者を調べるために孫に手伝わせ、落札するための資金繰りに奔走する中で、娘と孫の暮らしを知っていくのだが…(95分) [more][投票]
★4エクストリーム・ジョブ(2019/韓国)韓国で歴代興行収入1位を記録したアクションコメディ。コ班長リュ・スンニョン率いる麻薬捜査班は失敗続きでろくな実績もなく解体の危機に瀕する。その時、コ班長の後輩の課長が大物を捕まえるために麻薬組織の事務所を24時間、監視しないかと持ちかける。汚名返上のチャンスと張込み体制をとるがこれまた失敗ばかり。そんな時、向いのフライドチキン店が客が来ないと店を閉めようとしていることを知り、思い切ってその店を監視のために買い取ることに。そして怪しまれぬために仕方なくフライドチキンを売り出したが、それが絶妙なタレの味付けでまさかの大盛況!あまりの繁昌ぶりに監視に手が回らなくなった彼らの明日はどっちだ!?(111分)[投票]
★4グッドライアー 偽りのゲーム(2019/米)ニコラス・サール原作の「老いたる詐欺師」の映画化。妻に先立たれ息子ともうまくいかない孤独な老人ロイイアン・マッケランは、出会い系サイトで、夫を1年前に亡くし茶飲み友達を探していたベティヘレン・ミレンと知り合う。洒落たレストランでの食事を繰り返し、急速に親しくなっていく二人だが、ロイには実はもう一つの顔があった。そしてベティの孫スティーブンラッセル・トーヴェイは、ロイを自宅に招くようになったベティを危ぶむのだが…(109分)[投票]
★5スキャンダル(2019/米)2016年FOXニュースのCEOが同局の女性キャスターからセクハラ訴訟を起こされ辞任した。この実際の事件を映画化。FOXニュースのベテランキャスター・グレッチェンニコール・キッドマンが、CEOのロジャージョン・リスゴーから性的関係を迫られそれを拒絶したために人気番組を降ろされたと訴訟を起こした。ロジャーは同局の女性キャスターにセクハラを否定するコメントを出すよう指示をするが、トップキャスターのメーガンシャーリーズ・セロンは無視して沈黙。一方、新人のケイラマーゴット・ロビーはキャスターを目指してロジャーと面会する。(109分) [more][投票]

Points of View

最近のPOV 5
私が薦める時代劇[投票(3)]
時代劇が大好きです。かっこいいチャンバラを見るとやってしまいたくなります。いかにも時代がかった台詞を聞くと口から出てしまいます。これぞ武士という何気ない仕草を見るとつい真似してしまいます。
ひょっとして、本当に好きな映画?[投票(4)]
映画館で見ることが多い私はこれまで、同じ映画をもう一度見るということは滅多にありませんでした。(TV放映時になんとなく見る、ということを除いて)ところが最近、レンタルで前に見た映画をもう一度見たいと思うことが多くなりました。「あのシーンを見たいな」、「あの名台詞の場面をもう一度」とか、シネスケで他の方のコメントを見てなど理由はさまざまですが、そういう思いにかられて、わざわざレンタルしてきたりして見た映画を集めました。
読んでから見るか、見てから読むか。[投票(14)]
最近、再び注目を集めた『人間の証明』。これを角川が映画化した時に、爆発的に流行したのが表題のキャッチコピー。私が見た映画の中で、原作と映画、どちらが先だったかをまとめてみました。いざPOVを作って見ると、原作を読んでいない映画が圧倒的に多かった。原作があることも知らない映画もけっこうあると思うので、おいおい修正していきます。
イロイロ言われる映画たち[投票(9)]
ランキングの「話題作」と似ていますが、800人以上のコメテの方が採点している(見ている)映画の、コメント率を計算してみました。もれているのがあったら、ごめんなさい。採点数の基準は時間があれば、下げていきたいです。
この人は、コレが一番![投票(5)]
私にとって、俳優別のベストの映画。今後、変更や追加をすることもあります。A:男優。B:女優。C:その他。