コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

シーチキン

2018年上半期ベストは『ロープ/戦場の生命線』、『嘘八百』、『のみとり侍』、『天命の城』、『空飛ぶタイヤ』。候補は『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』、『タクシー運転手 約束は海を越えて』。★★私はよい観客の一人になりたいです。☆★★メールはtunajirou-a1例のモノh7.dion.ne.jp
[参加掲示板]
→気に入られた投票気に入った→
2330コメント1364
76あらすじ24
39POV33

Comments

最近のコメント 10
★5カメラを止めるな!(2017/日)映画館で声をたてて笑って、楽しかった。まじめで情熱に溢れ、真摯な姿から生まれる最良質で、共感と憧れの笑いは気持ちがいい。 [review][投票]
★3バトル・オブ・ザ・セクシーズ(2017/英=米)クライマックスのテニスの試合も良かったが、その後、控え室で一人でいるエマ・ストーンも良かった。たった一人で世の中に挑んだ姿がひしひしと伝わる好演だと思う。 [review][投票]
★3吶喊(1975/日)戊辰戦争を背景にした青春映画。偉い人のやっているようわからん戦争よりも、金玉握りしめていい女を追いかけたいという魂の叫びそのものだ。[投票]
★4スターリンの葬送狂騒曲(2017/仏=英=ベルギー=カナダ)有力登場人物が出てくる度にかかる大仰なBGMが個人的にはツボにはまった。次々出てくる個人名についていけない面はあるが、独裁権力者を風刺し笑いモノにする姿勢は好ましい。 [review][投票]
★4ヒトラーを欺いた黄色い星(2017/独)言ってみれば「再現ドラマ」みたいな映画だが、それだけに生々しさがある。ドアをノックする音に、人の気配に、過敏なまでに反応する極限状態が感じられた。 [review][投票]
★5母という名の女(2017/メキシコ)なんだかAVにありそうな話だと思って観ていたら、とんでもない展開にびっくりした。これは相当に衝撃的な問題作、ではないだろうか。 [review][投票]
★4ルームロンダリング(2018/日)池田エライザ目当てで観に行った。ゆったりした衣装で彼女のセクシーなスタイルがホンのちょっとしかなかったのは残念だが、ユーモラスでハートフルで、思いのほか良い映画だった。 [review][投票]
★4ウインド・リバー(2017/米)ジェレミー・レナーが様々な思いをぐっと飲み込む渋い男を演じて良い。広大だが荒涼たる地を「保留地」とされ押し込められたネイティブアメリカンの姿が垣間見える良作。 [review][投票]
★4ミッション:インポッシブル/フォールアウト(2018/米)物語の展開はイマイチだが、映画の大半を占める数々のアクションには目を見張るものがあり、存分に楽しめる。それにシリーズ過去作を懐かしむという点でも楽しめるのはよい。 [review][投票]
★4人生はシネマティック!(2016/英)コメディ風味を漂わせながらも、意外に人生の喜怒哀楽を感じさせる力作。 [review][投票]

Plots

最近のあらすじ 5
★3バトル・オブ・ザ・セクシーズ(2017/英=米)1973年、米プロテニス協会は女子トーナメント優勝者の賞金を男子のそれの1/8に。曰く「女子はスピード、パワーに欠ける」と。これにグランドスラムを制した女子トッププロのビリー・ジーンは「決勝戦のチケット売上は女も男もほぼ同数。なのに賞金に差をつけるのか」と猛反発し同協会を脱退、仲間と共に女子テニス協会を立ち上げ独自のトーナメントとツアーへ。そこへかつての男子トッププロプレーヤーで今は55歳を過ぎギャンブル依存症で問題を抱えるボビーが一攫千金を狙いスポンサーを集め「女は台所とベッドにいればいい」と挑発、史上初の男女対決試合が行なわれた実話をエマ・ストーンスティーヴ・カレル主演で映画化。(122分) [投票]
★4スターリンの葬送狂騒曲(2017/仏=英=ベルギー=カナダ)1953年、大量虐殺による恐怖支配でソ連全土を統治し、その側近たちでさえいつ粛清されるか怯えていたというソ連共産党書記長スターリンの急死後、その後継をめぐる争い描くブラックコメディ。自室で脳出血で倒れたスターリン。直ちに国家秘密警察長官ベリヤスティーヴ・ブシェーミ、党第一書記フルシチョフサイモン・ラッセル・ビール、腹心のマレンコフジェフリー・タンバーらが駆けつける。ちゃっかり「私が職務を代行する」というマレンコフだが、医者は毒殺容疑で大半が処刑、そしてスターリンは後継指名しないまま急死。ベリヤ、フルシチョフ、マレンコフの3大トップは互いの思惑を内に秘め、相手を出し抜こうと…(107分)[投票]
★4ヒトラーを欺いた黄色い星(2017/独)1941年ナチスはベルリンからユダヤ人の「移送」を開始、43年6月ゲッペルスはベルリンのユダヤ人一掃を宣言。しかしその時点でも約7千人のユダヤ人が匿われ生存し、終戦時でも1600人のユダヤ人が生き延びた。本作は当時20歳前後の4人のユダヤ人の証言を基に、どのように隠れ生き延びたのかを描く。原題は「見えないもの」の意。ある者はドイツ兵に成りすまし空き室を転々としながら抵抗組織を通じてユダヤ人のため身分証の偽造し、少女は髪を金髪に染め名前と外見を変えた。ある者はヒトラーユーゲントの制服を着、ある者は戦争未亡人と偽ってドイツ軍将校宅のメイドとなる…(111分)[投票]
★5母という名の女(2017/メキシコ)メキシコ海辺の別荘で17歳のバレリアアナ・バレリア・ベセリルは姉クララホアナ・ラレキと二人暮らし。同い年の彼氏マテオエンリケ・アリソンの子を身籠り臨月を迎えたある日、クララは疎遠だった母アブリルエマ・スアレスにこちらへ手伝いに来てと連絡する。最初は身構えたバレリアだが献身的で理解のある母に安心して出産し、マテオとも同居して幸せなスタートに見えたが、赤ん坊の世話は大変だった。そしてある日、アブリルは思わぬ行動に出るのであった…(103分)[投票]
★4ルームロンダリング(2018/日)ルームロンダリング、それは事故、自殺、事件など「人死に」のあったワケあり物件に、不動産屋の息のかかった人間を一定期間、住まわせて、誤魔化してしまうこと。幼い頃、父が死に母が失踪し祖母に育てられた御子池田エライザは、誰とも話しをせず人付き合いも大の苦手。その彼女にいかにも怪しげな不動産屋の叔父・悟郎オダギリジョーは、隣人と交流しないように言い聞かせてルームロンダリングのバイトをさせ引越しを繰り返させる。しかし御子にはその部屋にいる(いた)彼、彼女(のユーレイ)が見えてしまうのであった!しかも隣人と話はしないけど彼、彼女とは話も出来てしまう御子の運命は…(109分)[投票]

Points of View

最近のPOV 5
私が薦める時代劇[投票(3)]
時代劇が大好きです。かっこいいチャンバラを見るとやってしまいたくなります。いかにも時代がかった台詞を聞くと口から出てしまいます。これぞ武士という何気ない仕草を見るとつい真似してしまいます。
ひょっとして、本当に好きな映画?[投票(4)]
映画館で見ることが多い私はこれまで、同じ映画をもう一度見るということは滅多にありませんでした。(TV放映時になんとなく見る、ということを除いて)ところが最近、レンタルで前に見た映画をもう一度見たいと思うことが多くなりました。「あのシーンを見たいな」、「あの名台詞の場面をもう一度」とか、シネスケで他の方のコメントを見てなど理由はさまざまですが、そういう思いにかられて、わざわざレンタルしてきたりして見た映画を集めました。
読んでから見るか、見てから読むか。[投票(14)]
最近、再び注目を集めた『人間の証明』。これを角川が映画化した時に、爆発的に流行したのが表題のキャッチコピー。私が見た映画の中で、原作と映画、どちらが先だったかをまとめてみました。いざPOVを作って見ると、原作を読んでいない映画が圧倒的に多かった。原作があることも知らない映画もけっこうあると思うので、おいおい修正していきます。
イロイロ言われる映画たち[投票(9)]
ランキングの「話題作」と似ていますが、800人以上のコメテの方が採点している(見ている)映画の、コメント率を計算してみました。もれているのがあったら、ごめんなさい。採点数の基準は時間があれば、下げていきたいです。
この人は、コレが一番![投票(4)]
私にとって、俳優別のベストの映画。今後、変更や追加をすることもあります。A:男優。B:女優。C:その他。