コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

シーチキン

2019年で良かったのは『工作 黒金星と呼ばれた男』、『グリーンブック』、『The Guilty/ギルティ』、『運び屋』、『ダンスウィズミー』。★★私はよい観客の一人になりたいです。☆★★メールはtunajirou-a1例のモノh7.dion.ne.jp
[参加掲示板]
→気に入られた投票気に入った→
2426コメント1390
80あらすじ25
40POV33

Comments

最近のコメント 10
★5工作 黒金星(ブラック・ヴィーナス)と呼ばれた男(2018/韓国)時の政権の思惑に惨めに振り回される秘密工作員の、確固たる信念にもとづく行動が、最後の最後に深い感動を呼ぶ。所謂「スパイ映画」の新境地を切り開いたといっても良いと思う。 [review][投票]
★3ピータールー マンチェスターの悲劇(2018/英)長丁場の映画の大半は演説ばかりでさすがにちょっと退屈だが、最後の大集会をめぐる一連のシーンには有無を言わせぬ迫力がある。 [review][投票]
★3イソップの思うツボ(2019/日)一発ネタものジャンルという感じ。全体として悪くないし、面白い。前宣伝も含めて、変にもったいぶっているが、策に溺れるということになりかねないと思う。 [review][投票]
★3記憶にございません!(2019/日)出演陣はみな健闘しており、コメディとして楽しめる。にしても政治が良くなるということを描こうと思えば、ここまでリアリティを排して、完全なファンタジーとする必要があるというのは、暗い気持ちにもなる。 [review][投票]
★4SHADOW/影武者(2018/中国)やや独特ではあるが様式美をつらぬき、少し切ない情愛を描いた映画と思っていたら、最後の最後で、なんとまあドロドロの人間劇になった。そしてまたそのドロドロさがたまらん。 [review][投票(2)]
★4ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド(2019/米)レオナルド・ディカプリオブラッド・ピットという豪華二大スター競演で、まさに「こういう二人が見たかった」という映画に仕上げたタランティーノは、映画ファンを代表する映画監督と言ってもいいと思う。 [review][投票(7)]
★3荒野の誓い(2017/米)本作におけるアメリカ先住民族の描き方には、今はこういう時代になってきているのかと、相当に興味深いものがある。雄大なアメリカの荒野をロケで撮った画には迫力があって良い。 [review][投票]
★5ダンスウィズミー(2019/日)ヒロイン三吉彩花の表情豊かな顔芸も楽しい、まさかのハートフルバディロードームービーミュージカルコメディ。 [review][投票(2)]
★4天気の子(2019/日)一途な思いを貫く、というよりも虚仮の一念、岩をも通すという感じだが、そこまでやってこそという清々しさがある。 [review][投票(1)]
★3肉弾(1968/日)いささかシュールなところはあるが、死と生に焦点をあて「生きてりゃしょんべんしたって楽しいさ」という台詞が浮かび上がる映画。 [review][投票]

Plots

最近のあらすじ 5
★5工作 黒金星(ブラック・ヴィーナス)と呼ばれた男(2018/韓国)北に潜入した韓国工作員の実話を映画化。1990年代、北朝鮮の核開発の動向を探るために韓国国家安全企画部は躍起になっていたが北京に潜入させた工作員は悉く消されていった。そして極秘に国軍情報少佐パクファン・ジョンミンを3年がかりで軍を退職して金目当ての実業家に仕立てあげ、北朝鮮の外貨獲得責任者のリ所長イ・ソンミンに接近させる。徐々にリの信用を得たパクは厳重な監視とチェックをくぐりついに「将軍様」との面会にこぎつける。そして1997年、大統領選で苦戦が報じられる韓国与党の思惑からパクに思わぬ密命が下された…(137分)[投票]
★3ピータールー マンチェスターの悲劇(2018/英)ナポレオン戦争直後の1819年のイギリスで、地主を保護するために輸入小麦に高関税を課した穀物法のために食料が高騰し苦しい生活を強いられた労働者階級の間で、穀物法廃止の要求が高まり、その実現のために参政権獲得をめざす運動が盛り上がりつつあった。その最中、マンチェスターのセント・ピーター広場で工場労働者たちが参政権を求めて著名な運動家をロンドンから招いて、女性や子どもも多数参加する平和的な集会を開いたが、そこへ軍隊が突入して多数の死傷者が出た「ピータールーの虐殺」事件の史実を、マイク・リー監督が映画化。(155分) [more][投票]
★3イソップの思うツボ(2019/日)カメラを止めるな!』の上田慎一郎監督が、同作スタッフの中泉裕矢浅沼直也と共同監督、共同脚本で撮った一本。友達はペットの亀だけという超内気な少女・亀田美羽石川瑠華、彼女と大学同級生で日本一仲の良いタレント家族の一人娘・兎草早織井桁弘恵、そしてワケあり親父と代行業をしている戌井小柚紅甘。3人の少女が一堂に会するとき、何かが起こる。もちろん!本作も何かがあります。(87分) [投票]
★3記憶にございません!(2019/日)三谷幸喜監督・脚本の政治風刺喜劇。支持率2%台と史上最悪の嫌われ者となった黒田総理中井貴一。ある日、演説中に石をぶつけられなんと!政治家になってからの記憶をすべて失ってしまった。混乱を恐れて3人の側近秘書官は記憶喪失を極秘にして乗り切ろうとするが、それまでの品性下劣、傲岸不遜、金に汚かった総理がごく普通のおじさんみたいになって周囲は困惑。何もわからず苦しむ黒田はまず政治の勉強から始めようと小学校時代の恩師に一から学ぶのだが…一方で野心を秘めた秘書官ディーン・フジオカ、夫婦生活が破綻していた総理夫人石田ゆり子、実は政府の黒幕の官房長官草刈正雄の思惑が交錯するのであった。(127分)[投票]
★4SHADOW/影武者(2018/中国)チャン・イーモウ監督作。戦国時代、小国沛は隣国の炎に領地の一部を奪われた。沛の都督ドン・チャオは、かつて闘い敗れた炎の将軍・楊に奪われた領地を賭け再び決闘を求めた。しかしそれを知った沛国王チェン・カイは炎との同盟こそ国を守るとして激怒、ついには都督を解任する。しかし実は都督は前の戦いで楊から受けた傷が元で重い病にかかり満足に動けぬ身体であり、決闘に臨むのは密かに育てられていた彼の影(ドン・チャオ二役)であった。影を鍛える一方で都督は領地奪還の野望をめぐらせる。一方、都督の妻スン・リーは影の境遇に同情するのであった。そして沛国王は楊将軍に対してある働きかけをするが…(116分) [more][投票]

Points of View

最近のPOV 5
私が薦める時代劇[投票(3)]
時代劇が大好きです。かっこいいチャンバラを見るとやってしまいたくなります。いかにも時代がかった台詞を聞くと口から出てしまいます。これぞ武士という何気ない仕草を見るとつい真似してしまいます。
ひょっとして、本当に好きな映画?[投票(4)]
映画館で見ることが多い私はこれまで、同じ映画をもう一度見るということは滅多にありませんでした。(TV放映時になんとなく見る、ということを除いて)ところが最近、レンタルで前に見た映画をもう一度見たいと思うことが多くなりました。「あのシーンを見たいな」、「あの名台詞の場面をもう一度」とか、シネスケで他の方のコメントを見てなど理由はさまざまですが、そういう思いにかられて、わざわざレンタルしてきたりして見た映画を集めました。
読んでから見るか、見てから読むか。[投票(14)]
最近、再び注目を集めた『人間の証明』。これを角川が映画化した時に、爆発的に流行したのが表題のキャッチコピー。私が見た映画の中で、原作と映画、どちらが先だったかをまとめてみました。いざPOVを作って見ると、原作を読んでいない映画が圧倒的に多かった。原作があることも知らない映画もけっこうあると思うので、おいおい修正していきます。
イロイロ言われる映画たち[投票(9)]
ランキングの「話題作」と似ていますが、800人以上のコメテの方が採点している(見ている)映画の、コメント率を計算してみました。もれているのがあったら、ごめんなさい。採点数の基準は時間があれば、下げていきたいです。
この人は、コレが一番![投票(5)]
私にとって、俳優別のベストの映画。今後、変更や追加をすることもあります。A:男優。B:女優。C:その他。