コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

たろ

30歳のオス。映画とは中学からの付き合い。 0-24 ★1 25-49 ★2 50-74 ★3 75-89 ★4 90-100 ★5
[参加掲示板]
→気に入られた投票気に入った→
356コメント199
あらすじ1
30POV7

Comments

最近のコメント 10
★3バリー・シール アメリカをはめた男(2017/米)運び屋というのは、同時に犯罪者と上手く関わっていけないと殺されるような職業のワケで。劇中のトムが口車で相手を転がしたり、死にそうになっても機転で切り抜けたりする描写がなく、バリー自身の人物描写に欠ける。史実をノリよくなぞってエンタメに徹したはいいが、それではバリーがかわいそうだ。70/100[投票]
★4女神の見えざる手(2016/仏=米)これは骨太。チャステインの持つ知的な雰囲気が最大限に活かされている。ミス・スローンとは逆の、天然バカ女を演じる彼女を見てみたいものだ。86/100 [review][投票(1)]
★4海辺の生と死(2017/日)「あなたは誰だ?」こんな難しい質問があるだろうか?死を目前に、生を実感するための愛は美しい。しかし、それを体現していたのが満島ひかりただ一人というのは悲しい。82/100 [review][投票]
★3ゲット・アウト(2017/米)怪しい状況に置かれる主人公と、T.S.mother○uckinAのハイテンションな笑いの対比が絶妙なバランスで楽しい。しかしながら肝心の物語にヒネリが足りない。72/100 [review][投票]
★3アウトレイジ 最終章(2017/日)ちょっとした(?)トラブルを解決しようとしたら、あれよあれよとワケの分からん状況に発展していく様が、和製バーンアフターリーディング。殺し合いのいたちごっこ以上のものは無い上に、画面に映る顔がみんな丸いので、前作の様な、役者による顔面の迫力がないのが残念でならない。72/100[投票(1)]
★4ファントム・スレッド(2017/米)真面目なビックジョーク。86/100 [review][投票(2)]
★5七人の侍(1954/日)7人いるけど、キャラがたってるのは3人くらいというのが残念。しかし、構成や画の迫力は大したもの。こんな映画、二度と造れないだろなぁとしみじみする。92/100[投票]
★4ペーパー・ムーン(1973/米)設定はベタだけど、心温まるロードムービー。主演2人がナイス!86/100[投票]
★3ダウン・バイ・ロー(1986/独=米)ロベルト・ベニーニの魅力全開! 72/100[投票]
★3戦争のはらわた(1977/独=英)砲弾、銃撃、戦車のキャタピラ音などが絶えず鳴り響く、地獄の戦場オーケストラが耳に残る。内容は『突撃』のような人間対立ものなので、観るタイミングによって評価が分かれる作品と思われる。70/100[投票]

Plots

最近のあらすじ 5
★4ボーダー(2008/米)法を逃れて野放し状態の犯罪者が次々と殺害される事件が続発。ベテラン刑事、ターク(ロバート・デ・ニーロ)とルースター(アル・パチーノ)は事件の手がかりを追い始めるが、犯罪現場の証拠はタークの犯行を示唆していた・・・。[投票]
★2シャッターアイランド(2010/米)戦後の1950年代。保安官のテディ・ダニエルズは相棒チャックとともに「シャッターアイランド」に降り立った。この孤島は精神を病んだ犯罪者だけを収容する病院があるだけで、本土までは何キロもありまさに脱出は不可能。その状況下で、病室から1人の女性患者が失踪したのだ。事件の手がかりを追い始めるテディだったが、不審な人々の態度や悪化していく謎の頭痛に悩まされる。この島は一体何なのか?やがて謎を追うはずの彼は、謎によって追い詰められていく。[投票]
★4バトル・イン・シアトル(2007/米=カナダ=独)1999年12月。世界の環境よりも利益を優先するWTOに抗議するデモ隊が、非暴力を唱えながらも翌日には警官隊との衝突に発展。実際にシアトルで起きた暴動の様子を、警官隊・巻き込まれた市民・暴動を放送するTVクルーなど様々な人の視点で描く社会派ドラマ。[投票]
★3マイ・ボディガード(2004/米=メキシコ)誘拐が多発するメキシコシティに在住する実業家サムエル(マーク・アンソニー)の娘ピタ(ダコタ・ファニング)のボディガードとして雇われたクリーシー(デンゼル・ワシントン)。彼は16年間、対テロ組織に所属しぬけがらと化していた。しかしピタとの交流で少しずつ生きる希望を見出すが、ピタが何者かに誘拐されクリーシー自身も瀕死の重傷を負ってしまう。生死を彷徨ったクリーシーは生還したがピタの生存は絶望的。解雇されたクリーシーは事件関係者への復讐を開始する[投票]
★5コラテラル(2004/米)タクシー運転手勤務12年のマックスは女性検事アニーを乗せる。目的地まで走行中、何気ない会話で少しだがアニーと気を通わせた後、彼女を降ろす。そして次に乗せた客は白髪の男で名はビンセント。今夜中に5ヶ所をまわりたいという彼は多額のチップを引き換えにマックスにおかかえ運転手を依頼。チップに目が眩んだ彼は引き受けるが、実はビンセントは麻薬組織から裁判の証人5人の殺害を依頼された殺し屋だった!標的を次々に殺害するビンセントにただただ恐怖するマックスだったが次第にビンセントに対して反抗の意を示す・・[投票]

Points of View

最近のPOV 5
言いすぎ[投票(11)]
ビデオやDVDのパッケージの言いすぎだと思われる宣伝文句集。アクションばっかで _| ̄|○スイマセン
戦う女-fighting girl-[投票]
はっきり言って強い女が好きである。格闘ゲームだと絶対女を選ぶ。女が主人公でアクションものだとツマらなそうでも絶対観てしまう。そんな人にオススメの映画たち!
悪党共による凶悪犯罪[投票(2)]
殺人、強盗、麻薬など凶悪犯罪映画の寄せ集め。Aが最も凶悪。Eはオマケ
I LOVE BMW[投票(1)]
BMWの歴史は古く、創立は1916年。創立当初はラップ・エンジン製造会社という名前から一年後に社名をBMWに改名し以後エンジン製造に力を注ぎ、そのBMW社製のエンジンを搭載した飛行機が世界記録を樹立させるという快挙を成す。そして1929年、BMW初の自動車、ディキシーを生産。その後も自動車を生産し続けている。(BMW japan参照) BMWが登場する映画を紹介します。今はまだ少ないですが「この映画にBMWがでてたな」と思い出したらどんどん追加していきたいと思います。BMWがでる映画を紹介してくれるとありがたいです。ぜひ。Eはオマケ
やられた!(R-15)[投票(16)]
エロ映画業界では有名な映画(マトリックスとか)をエロくパロディ化したポルノ映画が存在するみたいです。それを映画情報雑誌DVDビデオでーたのカタログ集を参考に公開。 注!)このPOVは下品な用語が多々登場しますので、裏専門用語が嫌いな方、高校生以下は見ないことをオススメします!文句はうけつけません 注2)決して僕の持ちネタではありません!!あしからず 随時更新中