コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

赤い戦車

凡庸な社会人 とんと新作を観られなかったが18年上半期ベストは『ザ・ベビーシッター』『霊的ボリシェヴィキ』『グレイテスト・ショーマン』『ミスミソウ』『アイ、トーニャ』17年ベストは『エンド・オブ・トンネル』『希望のかなた』『女神の見えざる手』『マリアンヌ』『ジェーン・ドウの解剖』。2016年ベストは『溺れるナイフ』『ディストラクション・ベイビーズ』『キャロル』『ミストレス・アメリカ』『レジェンド 狂気の美学』。
[参加掲示板] [招待者: づん]
→気に入られた投票気に入った→
707コメント940
2あらすじ
POV3

Comments

最近のコメント 10
★4つかのまの愛人(2017/仏)好調時の切れが久々に戻ってきていて満足。何もしない、何も起きない、そういった日常の倦怠を描かせると、フィリップ・ガレルは輝く。[投票]
★4夜の流れ(1960/日)OPやダンスシーンなどの軽快な編集は川島によるものだろう。大人数が画面内で入り乱れるシーンも恐らく川島。それに比べて成瀬は編集テンポが違い過ぎてえらくちぐはぐな印象を受けるが、そこを無理やり一本の映画にまとめ上げている辺りが観ていて結構新鮮で面白い。あと司葉子を筆頭に女優陣が超艶やかに撮られていて眼福。[投票]
★4ハドソン川の奇跡(2016/米)全盛期に比べると照明などどうしようもなく衰えているが、回想にしても架空の事故ショットにしても、はたまたクライマックスにしても、どれも普通だったらこんなことやらないという珍妙さと軽さに満ちていてミステリアス。この謎めいた感覚は新しい。3.5[投票(1)]
★4シャーキーズ・マシーン(1982/米)昔観たっきりでよく覚えてはいないが、前半部の『裏窓』と『めまい』を混ぜ合わせた感じには驚いたし、後半部のバート・レイノルズが舐める艱難と焦燥の鬼気迫る表現には唸った。この俳優には監督の才もあったと思わせられる。RIP[投票(1)]
★4ミスミソウ(2017/日)原作既読。映画ならではの細かい脚色が序盤からあり、よく工夫されている。また、暴力描写も妥協が無く高水準。回想も断片化させることで映画から遠ざかることを最後までどうにか回避できている。ショットに官能性を求めすぎるきらいはあるが。『ドロメ』や『鬼談百景』の短編など、この監督には今後も期待したい。3.5[投票]
★4ジュラシック・ワールド/炎の王国(2018/米)何もかもが中庸でまあまあの出来、とはいえモンスター映画ではこういう金のかかった豪華な画が観たかったという欲求を、次々と満たしてくれる素晴らしさ。恐竜の影を使った演出が目立つけれども、中でも噴煙に呑み込まれる埠頭のブラキオサウルスに泣く。このシーンにだけは本気で感動した。それと水没時の長回しは視点が統一されていて無駄に良い。3.5[投票(1)]
★4死霊の町 シティ・オブ・ザ・デッド(1960/英)出色の怪奇ムード。『サイコ』と共振した展開。渋い演出が光る上出来のホラー映画。[投票]
★4アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル(2017/米)ぐるぐる動くカメラワークと意外に決まっている照明・構図、ガンガン繋ぐ編集、そこに延々垂れ流される軽快なポップス。頭の悪さと終盤だれるのも全てひっくるめて、往年のスコセッシ×バルハウスの映画を彷彿とさせる。とはいえ「回転」を視覚的主題にしようとする痕跡が見られないのはいささか怠慢ではなかろうか。[投票(1)]
★4ザ・ベビーシッター(2017/米)傑作。実質80分の小品だが乗りに乗りまくった演出の楽しさからするとマックGの最高作ではないか。荒唐無稽かつコンパクトに話を纏めた賢い脚本、馬鹿でありながらパワフルな演出、台詞や散りばめられた小ネタの数々等冴え渡る笑い。素晴らしい。ネット配信もいよいよ侮れぬ。[投票]
★4愛を綴る女(2016/仏=ベルギー)成瀬を現代映画に継承せんとする者がここにも一人。仏映画界はどこまで人材が豊富なのだろうか。前半は「窃視の視点」を主とした視線の演出に見惚れるし、後半の捻じれた構成(幽霊!)も一筋縄ではいかず、中々見応えがある。要所で登場する水の主題も、映画の強度を高めており、ラストシーンの高揚感も良い。暗転の切れ味が実にかっこいい。[投票]

Plots

最近のあらすじ 5
★4ザ・ベビーシッター(2017/米)両親の留守中、少年コールの家にやってきた美人のベビーシッターは、実は悪魔崇拝集団の一員であった!口封じのため、少年に迫る5人の悪党たち。だが、少年の必死の頑張りと偶然の救い等により、一人、また一人と返り討ちに遭っていくのであった・・・[投票]
★4太陽の坐る場所(2014/日)響子水川あさみは地方局のアナウンサーとして暮らしているが、どこか満たされない日々を送っている。彼女の高校時代のクラスメイト今日子木村文乃は人気女優として東京で活躍している。そして彼女たちの同級生だった由希森カンナや同窓会の幹事を務める健太三浦貴大。10年間同窓会への参加を拒み続けてきた今日子と響子だが、健太からの連絡をきっかけに、彼女たちや由希、さらに健太自身も含め各々が自らの高校時代を回想し始める。些細な出来事から生じたクラス内の波紋、人々の態度の変化。あの時、何を目撃し、何があったのか―――矢崎仁司の最新作。[投票]
★5傷だらけの挽歌(1971/米)舞台は1930年代。大富豪の令嬢バーバラキム・ダービーはネックレス目当ての3人組の男たちに誘拐されるが、紆余曲折を経て彼女の身柄はグリソム一家のものとなる。その一家は冷酷無比な母親がリーダーを務め、それぞれ一癖も二癖もある家族連中が集っていた。バーバラは風前の灯となった命を守るため、マザコン息子で自分に気のあるスリムスコット・ウィルソンに目を付ける。ロバート・アルドリッチによるニューシネマ風犯罪ドラマ。[投票]
★4アーマード 武装地帯(2009/米)兵役上がりで現金輸送の新人警備員を務めるタイコロンバス・ショートは生活が苦しく、家を差し押さえられそうになっていた。そんな折、同僚のマイクマット・ディロンから、タイ含め警備員6人による現金強奪計画への参加を要請される。一晩迷った末、「誰も流血させない」という条件で計画に加わったタイだったが・・・想定外の事態が発生、彼は他の仲間と敵対し、大金が積まれた現金輸送車にただ一人立て篭もることになる。[投票]
★5SUPER 8 スーパーエイト(2011/米)79年オハイオの小さな町リリアン。事故で母親を亡くしたジョージョエル・コートニーは保安官の父ジャクソンカイル・チャンドラーと2人暮らし。友人のチャールズライリー・グリフィス 、ケアリーライアン・リー 、マーティンガブリエル・バッソ、プレストンザック・ミルズらと共に8ミリの自主映画を製作する毎日だ。密かに好感を抱いていたアリスエル・ファニングをヒロイン役に抜擢することができた今日も、夜中に近くの駅まで撮影に繰り出していた。アリスの思いがけない演技の才能に驚きながらも順調に撮影を行う一同。しかし本番中、米軍貨物列車の脱線事故が発生し巻き込まれてしまう。そしてその事故を境に、「異変」が町を覆い始めたのだった。[投票(1)]