コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

赤い戦車

凡庸な社会人 とんと新作を観られずどれも小粒ではあるが17年上半期ベストは『マリアンヌ』『ジェーン・ドウの解剖』『昼顔』『フレンチ・ラン』『グレート・ウォール』。2016年ベストは『溺れるナイフ』『ディストラクション・ベイビーズ』『キャロル』『ミストレス・アメリカ』『レジェンド 狂気の美学』。
[参加掲示板] [招待者: づん]
→気に入られた投票気に入った→
656コメント924
2あらすじ
POV3

Comments

最近のコメント 10
★3散歩する侵略者(2017/日)長谷川博己視点でのみ構成された爆撃機のシークエンスには往年の輝きが一瞬だけ戻ってきている。たとえ『回路』や『MI3』からの引用であろうとも、説明なしに爆撃機が建物を越えて飛来してくる「唐突さ」こそが感動的だ。その直後の機体が反転する際の禍々しさにも畏怖を覚える。[投票]
★5ファウスト(1926/独)煙と風と光の陰翳の強烈な表現が2時間ずっと続くのだから大したものだ。グレートヒェンの昇天するショットの、原始的なパワフルさと凄まじい興奮。ムルナウのドイツ時代では本作を最も好む。[投票]
★3昔々、アナトリアで(2011/トルコ=ボスニア・ヘルツェゴビナ)死体遺棄事件の実地検証という体裁をとったロードムービーであるうちは傑作(特に立ち寄った村で村長の娘が飲み物を分け与える場面)なのだが死体回収後、終らせ所を見失ってる感が半端ない。死体はマクガフィンでいいじゃないか。オフスクリーンの活用法も良いだけに勿体無い映画。 [review][投票]
★3新感染 ファイナル・エクスプレス(2016/韓国)既視感のあるネタを繋ぎ合わせただけで特に新味はない。扉による境界線の表現、可視/不可視の演出が最後まで一貫されてるので一応観られる出来ではあるが、不必要なところでスローになったりするテンポの悪さが致命的。悪役の最期もあれしきではあまりに温すぎる。[投票]
★4パターソン(2016/米)日常の反復から細部の差異を抜き出してくる視点は、作中引用される「詩」を書く際の視点とも共通している。当たり前のように思える日常の繰り返しを、別の視点から新しく捉え直し、見方によってはこんな魅力もあるのだと提示する。歌が2シーンも入るのは嬉しい驚き。[投票(1)]
★4007/ユア・アイズ・オンリー(1981/英)これは悪くない。ちょっとした小道具の見せ方から乗り物・場所の豊富さまで、アクションにユーモアとアイデアが詰まっている。スキー板の長さの違いで敵に発見されたことを示すショットや、コーヒーを持ってきた職員とその後ろの暗い室内を映し、さりげなく時間経過を覚らせる手腕。こういう明快な活劇を月一程度でいいから観たいのだが。[投票(1)]
★4極道の妻たち 地獄の道づれ(2001/日)これは悪くない。冒頭の浜辺での謀殺など良い意味でリアリティから解き放たれ、面白さを優先している作り。高島礼子の指詰めシーンでのキャラの一貫ぶりや、ラストのホテルでのセットと実際のロケ撮影との繋げ方。こういうのが演出家の仕事と言えるのではないか。高島礼子版の「極妻」では本作と『情炎』を推す。[投票]
★4ナイト・オブ・ザ・コメット(1984/米)文明崩壊後の世界をここまで楽天的に描いている映画を他に知らない。無用な説明など省き、少女たちに漂う無敵感の表出に努めること。それこそが本作の美点だ。デパートでの“遊び”に興じる姿の素晴らしさ。さりげない光への意識の高さもあり、終盤のアジト内での逆光気味のショットの多さにそれが窺える。[投票(1)]
★5ガートルード(1964/デンマーク)視線、人物の出入り、照明、立つ/座ることへの演出。お手本のようなカッティング、切り返し。煙草の煙、炎、水面の揺らめき。演出によって画面に漂う物凄い緊張感。演劇を装いつつ、演劇とは全く違う「映画」としか言いようのない感覚が全編に充満する。何度観ても驚く。[投票(1)]
★4座頭市喧嘩太鼓(1968/日)傑作。アクションにしてもドラマ部にしても濃厚な演出が連続し、目が離せない。欲を言えばラストの決闘では太鼓の音が途切れた後、お互い音を出さずに相手の様子をうかがうような「間」があればなおのこと良かった。映画的なご都合主義を実践しただけの脚本だが、それ故に本作が不出来だというならば、ロメールの映画は全て駄作になってしまうだろう。[投票]

Plots

最近のあらすじ 5
★4太陽の坐る場所(2014/日)響子水川あさみは地方局のアナウンサーとして暮らしているが、どこか満たされない日々を送っている。彼女の高校時代のクラスメイト今日子木村文乃は人気女優として東京で活躍している。そして彼女たちの同級生だった由希森カンナや同窓会の幹事を務める健太三浦貴大。10年間同窓会への参加を拒み続けてきた今日子と響子だが、健太からの連絡をきっかけに、彼女たちや由希、さらに健太自身も含め各々が自らの高校時代を回想し始める。些細な出来事から生じたクラス内の波紋、人々の態度の変化。あの時、何を目撃し、何があったのか―――矢崎仁司の最新作。[投票]
★5傷だらけの挽歌(1971/米)舞台は1930年代。大富豪の令嬢バーバラキム・ダービーはネックレス目当ての3人組の男たちに誘拐されるが、紆余曲折を経て彼女の身柄はグリソム一家のものとなる。その一家は冷酷無比な母親がリーダーを務め、それぞれ一癖も二癖もある家族連中が集っていた。バーバラは風前の灯となった命を守るため、マザコン息子で自分に気のあるスリムスコット・ウィルソンに目を付ける。ロバート・アルドリッチによるニューシネマ風犯罪ドラマ。[投票]
★4アーマード 武装地帯(2009/米)兵役上がりで現金輸送の新人警備員を務めるタイコロンバス・ショートは生活が苦しく、家を差し押さえられそうになっていた。そんな折、同僚のマイクマット・ディロンから、タイ含め警備員6人による現金強奪計画への参加を要請される。一晩迷った末、「誰も流血させない」という条件で計画に加わったタイだったが・・・想定外の事態が発生、彼は他の仲間と敵対し、大金が積まれた現金輸送車にただ一人立て篭もることになる。[投票]
★5SUPER 8 スーパーエイト(2011/米)79年オハイオの小さな町リリアン。事故で母親を亡くしたジョージョエル・コートニーは保安官の父ジャクソンカイル・チャンドラーと2人暮らし。友人のチャールズライリー・グリフィス 、ケアリーライアン・リー 、マーティンガブリエル・バッソ、プレストンザック・ミルズらと共に8ミリの自主映画を製作する毎日だ。密かに好感を抱いていたアリスエル・ファニングをヒロイン役に抜擢することができた今日も、夜中に近くの駅まで撮影に繰り出していた。アリスの思いがけない演技の才能に驚きながらも順調に撮影を行う一同。しかし本番中、米軍貨物列車の脱線事故が発生し巻き込まれてしまう。そしてその事故を境に、「異変」が町を覆い始めたのだった。[投票(1)]
★4マイ・ファミリー 遠い絆(2006/仏)双子の兄が家出して行方不明になり、まったく連絡がとれないことからリリメラニー・ロランは心を病んでしまう。いつしか心身共にボロボロになった頃、愛する兄からの手紙が届く。その手紙に励まされたリリは自立を決心し、再び健康を取り戻す。月日が流れていく中、家出の理由は父親との諍いだと信じるリリだったが、そこには意外な秘密が隠されていた。本作でメラニー・ロランは第32回セザール賞にて有望若手女優賞、第12回リュミエール賞にて新人女優賞などを受賞した。[投票]