コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

deenity

働き出すとこうも映画が見れなくなるとは。レンタル込みでいろいろ見ていますが比較的新しいものをレビューさせていただきたいと思います。
[参加掲示板] [招待者: ペンクロフ]
→気に入られた投票気に入った→
191コメント110

Comments

最近のコメント 10
★4マグニフィセント・セブン(2016/米)あの仲間集めから対策から闘いまでの工程がかわ長いのが『七人の侍』の良さだったんだと改めて実感した。 [review][投票]
★3ボストン ストロング ダメな僕だから英雄になれた(2017/米)サブタイトルは「ダメすぎる僕だったけど生まれ変われた」くらいにしといて下さい。 [review][投票]
★3ヴェノム(2018/米)トム・ハーディがヒーローとして主演なだけで私は満足なんです(笑) [review][投票]
★4アントマン&ワスプ(2018/米)小さくなるだけ。普通は規模も小さくなって見所がなくなりそうなのにこれだけ楽しめる映画に仕上げるのはさすがマーベルですね。 [review][投票]
★3クワイエット・プレイス(2018/米)映画の内容とは関係ありませんが、映画館でのマナーは守りなさいよ。特にこの映画でそれはないっての。 [review][投票]
★3センセイ君主(2018/日)浜辺美波の幅を見れるだけで眼福。 [review][投票]
★4ペンギン・ハイウェイ(2018/日)画も素敵だしストーリーも悪くない。でもとりあえず見終わった感想は「おっぱい」笑 [review][投票(2)]
★2溺れるナイフ(2016/日)菅田将暉小松菜奈のためのPVかな。もっと周りを生かしなさい。 [review][投票(1)]
★3ジュラシック・ワールド/炎の王国(2018/米)恐竜映画に求めているのはワクワクと浪漫。 [review][投票(1)]
★3未来のミライ(2018/日)やはり細田さん自身の映画監督の腕は確かなものなんだろうと思う。しかし…。 [review][投票(1)]

Plots

3 件
★5恋人たち(2015/日)ぐるりのこと。』から7年。橋口亮輔監督の久々の長編映画。 愛する物を通り魔によって失った男(篠原篤)退屈な日常を送る平凡な主婦(成嶋瞳子)、完璧主義者でゲイの弁護士(池田良)。三人の人生の絶望と再生を映したヒューマンドラマ。[投票]
★4ピエロがお前を嘲笑う(2014/独)ドイツアカデミー賞に6部門もノミネートされたマインドファック・ムービー。 物語は天才ハッカー集団のベンヤミンが警官相手に語り出す所から始まる。彼は「CRAY」のメンバーで、悪戯心からハッキングをし、世間から注目を浴び始める。それは伝説のハッカー「MRX」に認められるためだったのだが、現実は相手にされず馬鹿にされる始末。そんな彼らの行動はどんどんエスカレートしていく…。 [投票]
★4マレフィセント(2014/米)マレフィセントアンジェリーナ・ジョリーとステファンシャルト・コプリーは親友だった。しかし、二人は住む環境が違った。そのことが二人の関係を変化させていく。侵略から国を守るために戦うマレフィセントと侵略を目指す国の王を目指す家臣のステファン。住む国が違うというだけで二人は敵対関係になってしまう。王になるためにステファンはマレフィセントに近寄り、命の代わりに自慢の大きな羽根を奪ってしまう。関係は完全に壊れ、マレフィセントはステファンへの復讐を試みる。そんな時、ステファンと王妃の間に赤ん坊のオーロラエル・ファニングが生まれる。城でオーロラの誕生を喜ぶ中、マレフィセントが現れるのだった。[投票]