コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

deenity

働き出すとこうも映画が見れなくなるとは。レンタル込みでいろいろ見ていますが比較的新しいものをレビューさせていただきたいと思います。
[参加掲示板] [招待者: ペンクロフ]
→気に入られた投票気に入った→
95コメント106

Comments

最近のコメント 10
★4女神は二度微笑む(2012/インド)殺し屋が森永卓郎そっくりすぎて笑えます(笑)接近する度に「森永卓郎来たー!」って思っちゃったくらいです(笑) [review][投票]
★3メアリと魔女の花(2017/日)新たな第一歩。しかし、まだまだジブリのようなもの感は否めない。 [review][投票]
★4君の膵臓をたべたい(2017/日)クサい作品かと思ってごめんなさい。かと言って意外としっかりできた作品と手放しで褒められないのが残念なところ。 [review][投票(2)]
★4ライフ(2017/米)地球を捨てて他の惑星に移住するとか、はっきり言って無理ですよね。恐怖以外の何物でもない。 [review][投票]
★4セールスマン(2016/イラン=仏)ファルハディの作品は観客を主役と同じ視点に立たせるんですよね。そしてそれを物の見事に裏切って突き落とすから嫌いなんです。 [review][投票(1)]
★3奇跡の教室 受け継ぐ者たちへ(2014/仏)教師の細かな気遣いこそ全て。そこをないがしろにしない方がいい。 [review][投票]
★5怪物はささやく(2016/米=スペイン)時に現実からかけ離れたファンタジー作品の方が現実の核心をついていたりするのだ。 [review][投票]
★4光をくれた人(2016/米)前半「いいじゃん、そのまま育てちまえよ」後半「おい、何てことしてんだよ」 [review][投票]
★4スプリット(2016/米)※私はシャマラニストではありません。ただ単純に「23人格vs3人の女子高生」という文句に惹かれて鑑賞した者です。そのため、シャマラン監督がああだこうだは一切わからず、何なら『シックス・センス』や『ヴィジット』の監督だということもピンと来てないくらいでしたので、シンプルにスリラー映画としての感想となります。 [review][投票(1)]
★5メッセージ(2016/米)アカデミー音響で受賞したデニ・ヴィルヌーブ監督手がけるSF作品。このジャンルはどうしても時代と共に風化してしまう印象はあるが、本作はそういう影響をある種受けない普遍的な作品となる可能性を含んだ作品だと感じました。 [review][投票(2)]

Plots

3 件
★5恋人たち(2015/日)ぐるりのこと。』から7年。橋口亮輔監督の久々の長編映画。 愛する物を通り魔によって失った男(篠原篤)退屈な日常を送る平凡な主婦(成嶋瞳子)、完璧主義者でゲイの弁護士(池田良)。三人の人生の絶望と再生を映したヒューマンドラマ。[投票]
★4ピエロがお前を嘲笑う(2014/独)ドイツアカデミー賞に6部門もノミネートされたマインドファック・ムービー。 物語は天才ハッカー集団のベンヤミンが警官相手に語り出す所から始まる。彼は「CRAY」のメンバーで、悪戯心からハッキングをし、世間から注目を浴び始める。それは伝説のハッカー「MRX」に認められるためだったのだが、現実は相手にされず馬鹿にされる始末。そんな彼らの行動はどんどんエスカレートしていく…。 [投票]
★4マレフィセント(2014/米)マレフィセントアンジェリーナ・ジョリーとステファンシャルト・コプリーは親友だった。しかし、二人は住む環境が違った。そのことが二人の関係を変化させていく。侵略から国を守るために戦うマレフィセントと侵略を目指す国の王を目指す家臣のステファン。住む国が違うというだけで二人は敵対関係になってしまう。王になるためにステファンはマレフィセントに近寄り、命の代わりに自慢の大きな羽根を奪ってしまう。関係は完全に壊れ、マレフィセントはステファンへの復讐を試みる。そんな時、ステファンと王妃の間に赤ん坊のオーロラエル・ファニングが生まれる。城でオーロラの誕生を喜ぶ中、マレフィセントが現れるのだった。[投票]