コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

pori

映画館でほとんど映画見ないんですよね・・・ よって、新作のレビューは難しいですw 71年生まれなので、80年代のアニメ映画、SF映画、サントラ映画、ベトナム戦争映画で育ちましたw 投稿を始めて思うんですが、自分の乱文っぷりが恥ずかしいです。時間無い中エイヤっと書いて、読み返して推敲したりもせずUPしてるのもありますが、自分が口語で思考してるんだと、改めて思う次第。 そんな中、お読み頂いている方々、感謝です。
[参加掲示板] [招待者: ぽんしゅう]
→気に入られた投票気に入った→
79コメント95
POV2

Comments

最近のコメント 10
★5アンタッチャブル(1987/米)再現度99%のコスプレ映画。 1%はファンタジーに捧げられていて、まるでディズニーシー。 このリアルに仮託したファンタジーは宮崎駿のアニメと同じ地平。 それ故、永遠を獲得している。 アルマーニの仕事も、目抜き通りの向こう側までT型フォードが“演技”している街並も素晴らしいが、ファーストシーンの「第一印象が大事よ」という奥さんのセリフから、ファンタジーとして一つの無駄もないシナリオが凄い。 [投票(2)]
★4恋のゆくえ ファビュラス・ベイカー・ボーイズ(1989/米)個人的に心に沁み過ぎる映画ですね。そう云うの、ジェフ・プリッジス率が高い気がして気になる・・・ww [review][投票(1)]
★5七人の侍(1954/日)7人が走る姿が兎に角美しい。涙が出る。 それを見ながら、これはもう戦後を乗り切った日本人の生きる神話だね。と思う。 [review][投票(4)]
★5スタンド・バイ・ミー(1986/米)今気が付いた。コレは少年たちの地獄の黙示録[投票]
★5カムイの剣(1985/日)りんたろうの、いや、虫プロ直系のリミテッドアニメーション的技法の粋が集まってる。 忍者のリピート&ポン寄りの繰り返し。殺しを受けての村人が中抜きでパンパンパンとINしてくる冒頭からいきなり怖い。まるで舞台の様なアクション。その割にはジワジワと段取りを踏んで進むストーリー。それがパッチワークの様に構成されて、アニメの自由が謳歌されている。[投票]
★4戦争の犬たち(1980/米)大分、戦闘にしか人生を見だせない男の話としては緊迫感が足りない気もするが、嫁に振られて戦場に戻ろうとするウォーケンと、軽薄を装うベレンジャーの線の細さに、はみ出し者”儚さ”や”弱さ”が滲んでいて、ちょっとホモっぽい所も含め、妙な色気だなと。 [投票]
★3オーバー・ザ・トップ(1987/米)安さ爆発カメラのサクラヤ〜♪ なのだが、この映画はスタローンだけで出来ていのだ。 他の物はストーリーも、演出も何もいらない。 そう云う映画です。 この当時までは、スライにはその神通力があったと しかし、最後の大勝負、ロビンザンダーが歌う主題歌In this coountoryのイントロで〆るとは。爆笑しちゃったよ。カッコイイーwwwみたいな [投票(1)]
★4最も危険な遊戯(1978/日)優作ちゃーんw夢が詰まり過ぎてるよーww これじゃ、最も危険な童貞遊戯だよーww ってな感じで、爆笑に次ぐ爆笑の俺カッコイイーが続く。 笑い疲れてラストを迎えると、どてらの優作ちゃんが、 「カッコつけてないであん時抱いときゃ良かった・・・!」と渋谷を走る訳です。 全部、おっしゃる通り童貞の妄想みたいなもんですよと。 こう云う時、ホント松田優作って侮れないと思う。 [投票(1)]
★4ブロンコ・ビリー(1980/米)俺のやってた事はウェスターンショウみたいなもんだ。 だが、ショウにも真実はある。 イーストウッドの諧謔。[投票(2)]
★4野獣刑事(1982/日)闇と光。そこに浮かび上がるロングコートの男。本作と同年公開のブレードランナーとのシンクロニシティ。しかし、分が悪い。映画を新しいフェーズに進めた彼の作品をスタイリッシュに走り抜けたハリソン・フォードと比べて、この緒方拳のすわりの悪さ。コレはどこから来るのか? [review][投票]