コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

濡れ鼠

[参加掲示板] [招待者: ぽんしゅう]
→気に入られた投票気に入った→
9コメント152
1あらすじ3
POV3

Comments

最近のコメント 10
★4カルティキ/悪魔の人喰い生物(1959/伊=米)核の脅威(カルティキは放射性生物という設定)には核をもって応じなければならないというタカ派の悲鳴に近い絶叫激語が聞こえてきそうな一斉火炎放射の眩さ(まるで核爆発のよう)に全身総毛立つ [review][投票]
★4パーソナル・ショッパー(2016/仏=独)I'M YOUR GHOST. [review][投票]
★2ケープタウン(2013/仏=南アフリカ)作劇の廃墟と化した第三幕の無残さは目も当てられない。せっかくの現地ロケが、いかにも土地勘のない人が率先したらしい観光PVの仕上がりに。国際色豊かなインチキ南ア訛りのオンパレード(努力すらしないのもいる)。黒人俳優のルックが全然現地人っぽくない。ギャング文化は新大陸のそれと混同してないか。有名な史実をwiki記事で読んで思いつきました程度の短絡的な発想がこのような怠惰な脚本とプリプロに流れ着いた[投票]
★5スプリット(2016/米)I WANT TO BELIEVE [review][投票(1)]
★3マニアック(2012/仏=米)美女の串刺しについて一家言なければ今更POVスラッシャーの更新なんて考えない? ダークネットに出回るキ印の投稿動画の感触をお手本にしたようなディテールの豊贍に期待が高まるものの、妙なメロドラマに拘泥して馬脚を露わす。 幻覚モチーフの変奏はその種のプロファイルリングを斜め読みした形跡が。最後にはオルペウスの死のパロディまで出てくる。[投票]
★4見えない恐怖(1971/英)独自の生命をもって衛星都市の目抜き通りを横行闊歩し始めるカウボーイブーツの星マーク。平凡な消費文化のシンボルが日陰者の怨念を集めて悪尉と化すとき。本筋が単線的なぶん演出家の腕の見せ所が多い映画であるが、手放しで喝采できないのは、障害者をいたぶるのが自分の趣味じゃないから。戦慄が愉悦に直結しない。 [review][投票]
★4襲い狂う呪い(1965/英)これが北米公開時に『バンパイアの惑星』とダブルフィーチャーとか、SFホラーの童年時代をリアルタイムで知ることができなかった者にとっては妙にノスタルジックな気分を掻き立てる。今だったら『DAGON』の前座としてラヴクラフト・ナイトかな。そして寝酒に香山滋でも一杯ひっかけて秘境探検やるには遅く生まれ過ぎ、宇宙へ旅立つには早く生まれ過ぎた我が身の不憫を慰めつつ夢路を辿る [review][投票]
★3愛の新世界(1994/日)劇団員パートはすっごくつまんないから、女王様が映らないシーンは全部カットして、5分ぐらいにまとめてくれてもいいよ。 [review][投票(1)]
★4眠りなき街(1953/米)レールの上の毎日に嫌気がさした男と年々夢が遠のく一方の下積み暮らしに希望を失う女。そんな二人の落着きのない心が再び自分のもとへ戻る日を辛抱強く待つもう一組の男女。そこに悪魔の奸計が働いてお決まりの悲劇を手繰り寄せる。他人事と思えないこの因果。[投票]
★4コップ・カー(2015/米)長い午後の幕間劇としてのスタンドバイミー2.0。ワンアイデアだからこそ閃く無限の可能性。トランク男の奇行、夢現の爆走などの小技が光るものの、全体的に少し実直過ぎた。子供目線に拘るなら、さらなるデフォルメ、戯画化を恐れないファンタジーも歓迎7/10[投票]

Plots

最近のあらすじ 5
★4カルティキ/悪魔の人喰い生物(1959/伊=米)考古学者の一団が、マヤ文明時代の遺跡の地下にある洞窟の奥で未知の生命体に遭遇する。そこは邪神カルティキに捧げられた祭壇のある場所で湖の深みに通じていた。宝の山に目が眩んで低徊中に不意を衝かれるものの、複数の犠牲者を出しつつ何とか殲滅に成功する。団員の一人の腕に食いついた肉片を、首都の研究所に戻って精密検査した結果、二十億年以上も余喘を保ってきた古代生物の一部であることが判明する。それだけでなく、奇遇にも今年千年ぶりに地球に接近するという彗星の影響を受けて、そのスライム状のものは異常増殖の兆候を示すのだった。一方、腕を溶かされて入院中の男は心身の異変を明らかにする。[投票]
★4パーソナル・ショッパー(2016/仏=独)モウリーンは多忙なセレブのために最先端ファッションの発信地で買い物の代行をする<パーソナル・ショッパー>だ。最近夭折したばかりの双子の兄の死から立ち直れず、彼岸の徴を探し求める。実は兄は霊媒を自称しており、死後は妹のもとを訪れると約束していたのだ。モウリーンは生前の兄が恋人と住んでいた古屋敷で一夜を明かし、死者の霊との交信を試みる。一方、兄の恋人は、家を速やかに売却して人生をやり直すことを願っている。そんなモウリーンのもとにSMSで不審なメッセージが立て続けに送り付けられる。それが現実のものなのか判別つかないまま、応答を続けるうちに、やがて思いもよらない事件に巻き込まれてゆく[投票]
★5スプリット(2016/米)解離性同一性障害のケビンのなかには、すでに23の異なる人格が生きていることが明らかになっている。ただし、24番目の<野獣>の可能性については、長年ケビンを診察してきたフレッチャー女医も確信をもてないでいた。<野獣>に対面したと言い張る別の人格の話によれば、その口にするのも憚られる者は間もなく深い眠りから覚めて、分裂した精神世界の覇者となるのだという。来るべき時に備えて、ケビンは三人の女子高生を誘拐し、地下の密室に監禁する。 [投票]
★4襲い狂う呪い(1965/英)米国人の青年が英国の婚約者のもとを訪ねてくる。片田舎の駅で降り立ったステファンは、早速車を手配するが行先をいうなり断られる。それどころか村人たちはウイットリーの名を口にするだけで話をするのも峻拒する。問題の館は、隕石の落下地点からさほど遠くない村のはずれにあった。何とか自力で辿りつくものの、父親のウイットリー博士から自分が歓迎されていない旨を伝えられる。どうやら外部の目に晒したくない秘密が館の地下にあるらしい。それでも再会を喜ぶスーザンの計らいで母親への面通しを許される。そこで寝たきりの老婦人から娘の身に危険が迫っているので連れ出してくれるように懇願される [more][投票]
★5大恋愛(1969/仏)ピエールは40歳。15年来の結婚生活は平穏無事だがマンネリ気味。しかし、工場主の義父のおかげで主任の役得を享受しているので今更文句はいえない。妻のフローレンスは思慮深く従順で、ブルジョワ家長の思い描く良妻の典型。ある意味出来過ぎで、刺激がないともいえる。ピエールは心の底では、地味なフローレンスでなく幼馴染の奔放なイレーヌやマルティーヌと結ばれていれば自分の人生がどうなったかと悔やまない日はない。そんな時、秘書の見習いに新人の女の子が雇われる。彼女の名前はアニエス。花の盛りの18歳だ。ピエールはたちまち彼女の天衣無縫な可憐さに自分を見失ってしまう。[投票]