コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

月魚

ネタばれハードル高いです。「ラストのどんでんがえしに驚いた」くらいでもネタばれ申告してます。それだけで、おちがわかっちゃうこともありますからね。 <追記> 自分が実はストーリー至上主義者ではないかと感じつつある今日この頃。
e-mailtominaga.akira@nifty.com
URLhttp://moonfish.cocolog-nifty.com/srdandy/
[参加掲示板]
→気に入られた投票気に入った→
326コメント226
7あらすじ1
POV1

Comments

最近のコメント 10
★2ダウンサイズ(2017/米)これ、小さくする必要あった? [review][投票]
★4ハイジ アルプスの物語(2015/スイス=独)なんというか「アニメの実写化としてだけでなく映画としても最高の出来。これほど素晴らしい実写化が海外で行われてしまったことについて全ての国内映画人は反省せよ!」って錯乱するくらいカルピス世界名作劇場。[投票(1)]
★3ゴジラ キング・オブ・モンスターズ(2019/米)絶望感の圧倒的欠如、説得力のないご家族ドラマ、怪獣のでかさの見えないカメラワーク。 褒めどころのほとんどない映画だった。 [review][投票(10)]
★5ニューヨーク公共図書館 エクス・リブリス(2017/米)妻が良く言う言葉に「オープニングがその映画の全てを体言する」ってのがありまして、この映画はリチャード・ドーキンス(私のヒーロー!)を迎えてのライブラリートークで幕を開けるんですが、確かに、知とヒューマニズムと民主主義への賛歌でした。 [review][投票]
★3移動都市 モータルエンジン(2018/ニュージーランド=米)いろいろ雑。原作のエピソードを追うだけで精一杯だったのか、人間関係が書けてないどころか(本来ならそれに頼るだけでも素晴らしい映画になったのかもしれない)世界観すらまともに作れていない。 [review][投票(1)]
★5ハンターキラー 潜航せよ(2018/英=中国=米)最初から最後まで途切れることのない緊張感こそが潜水艦映画の醍醐味で、そういう意味では合格。とは言え、地上部隊の活躍も含めての緊張感と楽しさなので、まあ潜水艦映画原理主義者には受けないかも。(レビューはラストに言及) [review][投票]
★3レッド・スパロー(2018/米)長い。前半の修行パートは『ニキータ』でもやってるので(原作に忠実なのかもだとしても)そこは刈り込んで、後半の重厚なスパイの騙し合いに焦点を絞ってくれても良かったのではなかろうか。あと、どうでもいいけど、車は新しいのにメディアが3.5インチフロッピーディスクっていつの時代の話なんだ?(レビューは大ネタバレあり) [review][投票]
★5スイス・アーミー・マン(2016/スウェーデン=米)あまりにおバカな冒頭場面で心をわしづかみにされ、そのままラストまで引っ張られてしまった。 [review][投票]
★5ファースト・マン(2019/米)なるほどこれは棺桶に閉じ込められるという体験を観客にも味わわせる映画なのだな。だからこそのカタルシスの欠如ではないかしらん。 [review][投票(6)]
★5女王陛下のお気に入り(2018/アイルランド=英=米)英国的底意地悪さ満載で大満足。エマ・ストーンレイチェル・ワイズのクソビッチっぷりと、ただの困ったおばさんなのに、どうかすると可愛く見えるオリヴィア・コールマンの最高演技に5点。 [review][投票(1)]

Plots

最近のあらすじ 5
★3ゴジラ キング・オブ・モンスターズ(2019/米)ムートーをから人類を守ったゴジラが海に消えてから5年。秘密組織モナークは世界各地に発見した巨大生物を密かに眠らせていた。しかし人間によって破壊された地球環境のバランスを巨大生物が取り戻すと信じる環境テロリストが次々と基地を襲いモスラ、キングギドラ、ラドンといった怪獣たちを解放してしまう。そこに再び秩序を取り戻すべく帰ってくるゴジラ。人類を巻き込んだ壮大な怪獣同士の戦いの火ぶたが今、切って落とされる。[投票(1)]
★5ニューヨーク公共図書館 エクス・リブリス(2017/米)本館のほかに4つの研究所と88の支所をもつ世界最大級の図書館のひとつ、ニューヨーク公共図書館のドキュメンタリー。ライブラリートークやコミュニティ活動、さらには就職斡旋と、既存の「図書館」の枠組みを大きく越えるその活動の日々を、音楽無し、ナレーション無しで淡々と描く。[投票]
★3移動都市 モータルエンジン(2018/ニュージーランド=米)量子兵器による戦争で文明が崩壊した遙か後、人々は巨大な移動する都市に住んでいた。そして都市は都市を文字通り喰らい、資源や労働力を奪い合っている。その世界に君臨する巨大移動都市ロンドンで世界を支配せんとするサディアス・ヴァレンタイン、彼を母の敵と付け狙う少女ヘスター・ショウ、そしてそれに巻き込まれた青年トム・ナッツワーシーを軸に、ロンドンvs反移動都市集団の戦いを描くSFスチームパンク。[投票]
★5ハンターキラー 潜航せよ(2018/英=中国=米)ロシア近海で行方をくらました米国潜水艦を救助に向かった原潜ハンターキラー号が見つけたのは、沈没した自国潜水艦と、やはり沈没したロシアの潜水艦だった。一方、地上では潜水艦沈没にまつわるきな臭い動きを察知。これを受けて極秘裏に派遣されたネイビーシールズ精鋭部隊は世界を破滅に導く陰謀が進行していることを知る。そしてロシア艦から生存者を救出したハンターキラー号に陰謀を止めるべくおそろしく困難な指令が下ったのだ。元潜水艦長の作家ジョージ・ウォレスの原作の映画化。[投票]
★4パーティで女の子に話しかけるには(2017/米)パンクミュージックを愛する内気な少年エンが奇妙なパーティで出会った少女ザン。彼女は地球を見学に来た異星人ご一行様のひとりだった。48時間後には帰途につかなければならないザンとパンク巡りをするエンだったが二人は次第に心を惹かれ合っていくのだった。70年代英国を舞台にパンク少年とヒッピーがかった奇妙な集団生まれの少女が織りなすボーイ・ミーツ・ガール映画。[投票]

Points of View

駄目映画救済箱[投票]
あんまりヒットしなかったり,貶されたりしてるけど,もっと評価されていい映画たち,または,世間は認めないが私は好きな映画。