コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] マンハッタンの二人の男(1958/仏)
- 更新順 (1/1) -

★4「ジャーナリズムは何もかも見せて報道することではない。発表せぬことにも誠実がある。」この所長の言葉には一理ある。 「僕は孤独が怖い。グラスかカメラがあれば僕は男になれる。」カメラと酒瓶を決して手放さない主人公。都会に生きる人々の孤独が、全篇に流れるモダンジャズと共に胸を締めつける。 (青二才)[投票]