コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] 魅せられて(1996/英=米=仏=伊)

ベルトルッチの、小品ながら彼らしい特質のよく出た傑作。タイトルバックからリヴ・タイラーを窃視趣味で追いかけることを宣言し、全編に亘ってそれを実行している。
ゑぎ

**ネタバレ注意**
映画を見終った人むけのレビューです。

これ以降の文章には映画の内容に関する重要な情報が書かれています。
まだ映画を見ていない人がみると映画の面白さを損なうことがありますのでご注意下さい。







 登場人物のキャラクタリゼーションも見事。ジェレミー・アイアンズの扱いは最後まで面白いし、ジョン・ヒューストンザ・デッド』のドナール・マッキャンやその奥さんを演じるシニード・キューザックという女優の圧倒的な存在感。ジャン・マレーステファニア・サンドレッリも嬉しくなるし、『ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ』のジェイソン・フレミングや『恋に落ちたシェークスピア』のジョセフ・ファインズのチョイ役もいい。しかし、何と言っても、今をときめくレイチェル・ワイズがオッパイ丸出しで登場するのは吃驚。

 ダリウス・コンジビットリオ・ストラーロそっくりの夕景を定着している。その他のカメラワークはストラーロを彷彿とさせることは無いが、しかし、映画の肝のシーンのルックはストラーロが撮ろうがコンジが撮ろうが同じだ。つまりこの映画に定着しているルックは紛れもなくベルトルッチの刻印だということだ。

(評価:★4)

投票

このコメントを気に入った人達 (0 人)投票はまだありません

コメンテータ(コメントを公開している登録ユーザ)は他の人のコメントに投票ができます。なお、自分のものには投票できません。