コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

ゑぎ

私の名前はゑぎ。西部劇のファンです。
e-mailegi@sannet.ne.jp
URLhttp://www.page.sannet.ne.jp/egi/
[参加掲示板]
→気に入られた投票気に入った→
3914コメント3048
POV1

Comments

最近のコメント 10
★4岬の兄妹(2018/日)冒頭から第一感、ずいぶんと紋切型の表現が続くな、と思ったが、確かに全編に亘って、特に新しさを志向することなく、王道のスペクタクルを目指しているように感じられた。 [review][投票(1)]
★4運び屋(2018/米)彼が演者として映っているだけで映画らしくなる、というような簡単なものではないと分かってはいるのだが、それにしても、例えば近作5作のパワーダウンを完全に払拭する。どうしてこうも違うものなのか。 [review][投票(4)]
★3アルゴ(2012/米)大勢の子供たちを使って、シュレッダーにかけた書類のゴミから、モンタージュ写真を作らせる、というのはとても良いアイデアだと思うが、もっと映画的に上手く見せられるのではないだろうか。全般に、イラン側の敵役としての造型が弱い。 [review][投票(1)]
★3アリータ:バトル・エンジェル(2018/米)世界観全体も、キャラクターも、薄っぺらい。ジェニファー・コネリーのガーターベルト姿を見ることができたのは救い。 [review][投票]
★3タロットカード殺人事件(2006/英=米)ウディ・アレンスカーレット・ヨハンソン の二人が会話というか議論するシーンは最初のうちはいいが後半になって流石にうんざりさせられる。いつものことながら演出には「映画」を志向する部分が希薄だ(わざとだ)。 [review][投票(1)]
★3マッチポイント(2005/英=米=ルクセンブルク)落ち着いた色調とローキー気味の画面がいい雰囲気のシーンも沢山あるのだが、それでも、映画として中途半端で、物足りない場面も多いのだ。スカーレット・ヨハンソン登場の逆光ぎみの光線処理、レストランやパーティ場面の光量を絞った、あるいは斜光を取入れた画面はいいと思う。 [review][投票]
★3リリーのすべて(2015/英=独=米)全編鏡の映画。窓ガラスもほとんど鏡として使われる。アンバー・ハードが在籍している劇場の衣装部屋の鏡も印象的だが、何と云っても、パリの覗き部屋のシーン、こゝで使われる覗き窓の、鏡としての使い方がスリリングだ。私はこゝが白眉だと思う。 [review][投票(1)]
★3英国王のスピーチ(2010/英=豪)コリン・ファース演じるジョージ6世と吃音矯正の治療師・ジェフリー・ラッシュとの友情のお話。王族と庶民の対比の面白さ、という部分では、例えば、ラッシュの家と治療室へは、狭いエレベーターを使わないと行けない、なんて描写があるのだが、このあたりは淡泊な描き方だ。 [review][投票]
★4赤い砂塵(1959/米)思わぬ拾いモノという感じの、いい西部劇だった。演出だってバッチリ決まっている。撮影は『シェーン』のロイヤル・グリッグスだ。敵役としてのジェフ・チャンドラーの存在感が圧倒的。そして、ハリー・ディーン・スタントンの顔が見られたのが嬉しい。[投票]
★3決断(1959/米)ダドリー・ニコルズのプロットは、流石に巧いもので、人物の描き分けが見事だし、ドラマ展開も面白い。撮影は『胸に輝く星』のロイヤル・グリッグスだ。しかし、マイケル・カーティスの演出は、どうしてこんなに普通に撮ってしまうのだろう、と思ってしまう。いかにもありきたりな西部劇にしてしまっている。[投票]