コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] ナッシュビル(1975/米)

劇中歌を俳優が歌ってるからか、絶句するほど下手。同時進行の作劇は映画として価値があるんだろうけど、ここまで歌に比重がかかってる映画だと評価しようが無い。
----

**ネタバレ注意**
映画を見終った人むけのレビューです。

これ以降の文章には映画の内容に関する重要な情報が書かれています。
まだ映画を見ていない人がみると映画の面白さを損なうことがありますのでご注意下さい。







歌にはドラマ構築という側面がある。恋愛の盛り上がりだとか、逆に別れるだとかそういった流れを作りこんで(曲が進むにつれて高音に上げて行き表現したりする)感じさせることで聴衆を歌の世界に引き寄せるんだが、それが出来てない。プロ(レコード出している俳優もいるけどキャリアを築けてはいない)じゃ無いんだから吹替えにすべきだった。カントリーって歌唱力が凄く要求されるんだよ。

映画は保守派の主張とカントリーの歌世界が空虚であると感じさせようとしているが、この程度の歌では、実際は観客はこれがカントリーとすら思わないのではないか。(映画の皮肉による視点自体も空虚に見える)政治で反対側に皮肉を言うのは別に良いのだけれど、相手がダメージを感じない不感症みたいな状態になってる場合はなにか主張そのものが生活と関係無い空論だと思われていると考えてみてはどうか?

(評価:★2)

投票

このコメントを気に入った人達 (1 人)週一本

コメンテータ(コメントを公開している登録ユーザ)は他の人のコメントに投票ができます。なお、自分のものには投票できません。