コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

皇帝と公爵 (2012/ポルトガル)

Linhas de Wellington
Lines of Wellington
ウェリントン将軍〜ナポレオンを倒した男〜

[Drama/War]
製作パウロ・ブランコ
監督バレリア・サルミエント
脚本カルロス・サボーガ
撮影アンドレ・スザンコウスキ
美術イザベル・ブランコ
音楽ホルヘ・アリアガーダ
衣装ルカ・ド・オレイ
特撮フィリップ・ペレイラ / ヌーノ・メスキーダ
出演ヌヌ・ロペス / ソライア・シャーヴェス / マリサ・パレデス / ジョン・マルコヴィッチ / カルロト・コッタ / ヴィクトリア・ゲーハ / マルセロ・ウルジェージェ / ジェマイマ・ウェスト / アフォンス・ピメンテウ / ミゲウ・ボルジェス / マチュー・アマルリック / メルヴィル・プポー / フィリペ・ヴァルガス / アドリアーヌ・ルース / ジュアン・ルイス・アハイス / エルザ・ジルベルスタイン / ヴァンサン・ペレーズ / アルバノ・ジェロニモ / ジョアナ・デ・ヴェローナ / ゴンサーロ・ワヂントン / カトリーヌ・ドヌーヴ / イザベル・ユペール / ミシェル・ピコリ / キアラ・マストロヤンニ / マリック・ジディ / マリア・ジュアン・バストス / パウロ・ピリス
あらすじ1810年。仏軍の侵攻にポルトガルは屈したかに見えたが、それは英軍将軍ウェリントン(ジョン・マルコヴィッチ)の罠であり、仏軍は一気に勢いを失った。彼らに抗しポルトガルを死守してきた連合軍の中にあって、軍曹フランシスコ(ヌヌ・ロペス)は倒れた戦友の亡骸をその妻モーリーン(ジェマイマ・ウェスト)に見せ、彼女の心の痛みを受けて愛情を募らせる。そして行方不明の妻を捜す従軍宣教師のヴィセンテ(フィリッピ・ヴァルガス)や、仏軍を逃れる傷病将校アレンカル(カルロト・コッタ)は戦場を彷徨う。本作はラウル・ルイスにより企画され製作されるべき一篇だったが、その逝去によりバレリア・サルミエントに監督を任された。〔152分〕 (水那岐)[投票]
Comments
全1 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★3想像したよりも小ぢんまりとまとまった歴史絵巻。近頃多いケースだとも思われるのだが、邦題に反してナポレオン帝も、ウェリントン公も皮相的に描かれるのみ。そして戦争シーンよりベッドシーンと食事シーンが好んで描かれる。これも人間性の讃歌、そこから紡ぎ出される反戦劇とも受け取れるが、それならばもっと濃厚な欲望追求こそをこれでもか、と描くべきではないか。 (水那岐)[投票]
Ratings
5点0人
4点0人
3点1人*
2点0人
1点0人
1人平均 ★3.0(* = 1)

POV
Links
IMDBで検索The Internet Movie Database
検索「皇帝と公爵」[Google|Yahoo!(J)|goo]
検索「Lines of Wellington」[Google|Yahoo!]