コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

水那岐

[参加掲示板]
→気に入られた投票気に入った→
4962コメント6168
184あらすじ49
POV32

Comments

最近のコメント 10
★3ニンジャバットマン(2018/日)脚本につきまとう制約はえらいものだったのだろう。意外性皆無の展開は米国からの縛りの強力さを物語る。だが、神風動画の作画はそんな同情を吹き飛ばすエキサイティングさだ。こういうアニメーションの使い方は、まだまだ日本の水準は他国を凌駕する。いつまでも世界の羨望の元であり続けるレベルを崩さないでもらいたい。 [review][投票]
★4万引き家族(2018/日)それはまるで、子供同士の秘密クラブのような。 [review][投票(5)]
★4スプリング、ハズ、カム(2017/日)柳家喬太郎が映画初出演ながら味わい深い演技。その他声優・コメディアンとしてのみ名がある演技者たちの協演はクラウドファンディング映画である事実を雄弁に語るが、もちろんそれは邪魔ではなく、むしろ一見さんには嬉しい出会いがあるだろうと思わせる。幻想の東京郊外は地方観客に誤解を抱かせそうだが、楽しげなアクシデント連発と平穏の日常はそれでも東京人の感涙をも誘うのだ。[投票]
★3終わった人(2018/日)ホームドラマの仮面を被りながらも、本作はまごう方なき中高年男性の足場を揺り動かすホラー映画として成立している。ことに原作者内館牧子の采配もあって、物語は妻に優しく夫に残忍である。しかし、鬼妻の影に怯えながらも夫は絶望に立ち止まることなく、最後まで運命に抗い続ける。これはこの作品をコメディから逸脱させない女性陣の陰謀であろうか。 [review][投票(1)]
★4BPM ビート・パー・ミニット(2017/仏)地雷の上のスキップというはた迷惑な遊戯を、自業自得のすえの愚行と笑う者がいる。だが、人間として逃れられない性愛という刹那の生き甲斐に残りの人生を賭けて悪いのか。合理的なディスカッションで寸暇を惜しむ彼らが敢えて愛に生きるのは、生きることの本質、なにが重要かを知っているからだ。そして、彼らは我らも踏みつける地面にも地雷がすでにあることを指し示すのだ。[投票(1)]
★4ラッキー(2017/米)この世から消え去ってしまうのが怖いから、人はこれから行く「天国」なるものをでっち上げる。主人公ハリー翁は、そんなもののない「無」のみが待つ有限の人生と折り合いをつける必要があることに納得している。だからラッキーは笑うのだ。 [review][投票(2)]
★3喜劇 “夫”売ります!!(1968/日)徹頭徹尾カッコつけの佐久間良子が鼻につく。自ら立ち上がった森光子には正当な報酬が払われていたのだから、この話を「喜劇」として終わらして欲しかった。 [review][投票]
★3アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル(2017/米)酷薄で蓮っ葉なヒロインを表わすのが、大股開きに腕組みポーズであり喫煙なのだろうが、その魅力に突っ切るメソッドがあるならばそれはハッタリと偽悪ではないか。創作上の無責任な作為に走るならば、環境に歪まされた怪物を描けばそれは大きな傑作への道かもしれない、ともいえるのだ。スキャンダラスさを実話の枠から解き放つ危険性は判るものの、俗悪な事実改変もまた映画だ。[投票(1)]
★4機動戦士ガンダム THE ORIGIN 誕生 赤い彗星(2018/日)前回とはうって変わって戦争映画らしい場面構成。コミックスに忠実な展開ゆえ文句は挟めないが、若い観客の「これを前回に先回ししていたら…」という声が聞こえてきそうだ。でも、結局安彦ガンダムの映画化はここまでが限界だろう。 [review][投票(1)]
★3オー・ルーシー!(2017/日=米)恋情の不可思議な効果を、否が応でも見せつける演出が馬鹿にできない。寺島しのぶというすでに若さに疲れ恋を追うことをやめたような女は、恋の渦中にあってとろけ果て嫌悪感をもよおすような人格の変化を見せるが、場面によっては彼女が可愛らしくみえるシークェンスすらあることに自分は戦慄をおぼえた。それこそが恋の怪物化だ。[投票(1)]

Plots

最近のあらすじ 5
★3ニンジャバットマン(2018/日)21世紀のゴッサム市。ゴリラ・グロッド(子安武人)は自らの発明品、時空転送装置で悪党たちを時の彼方に転送した。そうはさせじと追いすがるバットマン(山寺宏一)もその波動に巻き込まれ、悪党たちの移送から二年後の世界に出現する。その場所は戦国時代の日本だった…。戸惑うバットマンの前に現われたキャットウーマン(加隈亜衣)は元の時代に戻れる保証と引き換えに、彼への助力を申し出る。彼女からロビン(梶裕貴)たちも現れたことを聞き安堵したのも束の間、強敵ジョーカー(高木渉)がバットマンの前に「第六天魔王」を名乗り登場した。悪党が大名に成り代わり支配する日本を巡る戦いが幕を開ける。〔85分〕[投票]
★4スプリング、ハズ、カム(2017/日)初春の東京。入る大学も決まり、広島育ちの璃子(石井杏奈)は通学する部屋探しに父親の肇(柳家喬太郎)とともにやってくる。すでに東京暮らしも板についた叔母(朴[王路]美)に励まされながら、不動産屋(角田晃広)の手を借りて家々をめぐる璃子は、ある年配の管理人(柳川慶子)のいるアパートで契約を結んだ。さまざまな人々との出会いを経て、同行する父との会話をかわす娘。父のことばから、己の誕生とともに亡くなった母親のことをはじめて意識する璃子は、父の死別した伴侶への思い、そして成長した自分との離別に寄せる感情を知るのだった。『あかぼし』の吉野竜平監督による商業的第2作。〔102分〕[投票]
★3終わった人(2018/日)東大卒業後、一流銀行へとエリートコースを進む筈だった壮介(舘ひろし)は、ライバルに負け子会社へと出向したまま定年を迎えることになった。妻の千草(黒木瞳)が長年勤務した美容院から、ついに夢かなって自分の店を開いた今、遊ぶしかない毎日に壮介は焦燥にかられる。だが、一念発起して大学院で文学研究にいそしもうと勉強を始めた壮介は、趣味のあう文化スクール勤務の久里(広末涼子)と恋に堕ちる。そしてジムで知り合ったある企業の若社長(今井翼)に、顧問を務めて欲しいと懇願される。チャンスに燃える壮介を応援する千草だったが、ある事件の解決を目論む彼の行動に異論を挟む。反発し我が道をゆく壮介だったが、彼を残酷な運命が待っていた。〔125分〕[投票]
★3喜劇 “夫”売ります!!(1968/日)忍者と組み紐の街、伊賀上野。杉雄(フランキー堺)は運転手として、名家の令嬢・神代里子(佐久間良子)に仕えていた。相手は洟も引っかけてはくれない別次元の女と理解しつつ、杉雄は母に苛められる妻・なつ枝(森光子)をも振り返らずに里子に尽くす毎日を送る。一方では下僕でしかない杉雄に里子は惹かれるものを感じていた。そんな彼らに目をとめた神代産業の副支配人・石上(川崎敬三)は、ふたりの仲を取り持つことで里子を操り、神代ホテル建設の指揮を執って巨万の富を得ようと画策する。そして石上の協力者・きく子(橘ますみ)は、なつ枝に神代に頼らない組み紐会社の起業を持ち掛け、無用な杉雄を里子に売らせる。彼らの思惑は実を結ぶのか。〔92分〕[投票]
★3アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル(2017/米)アメリカ・フィギュア界において、初めて大技・トリプルアクセルを成功させた女子選手、トーニャ・ハーディング(マーゴット・ロビー)。彼女は一夜にしてフィギュア界の寵児となり、一夜にして爪弾き者となった。何が彼女をそうさせたのか…。1970年、生を受けたトーニャを育んだのは、薄情で暴力的な母・ラヴォナ(アリソン・ジャニー)だった。彼女によりスケートを徹底的に仕込まれたトーニャは持てる才能を開花させてゆき、その一方でジェフ(セバスチャン・スタン)と心を通わせ、契りを結ぶ。そして逼迫する家計から、彼女は名声を得るため冬季五輪への出場を目論むが、好敵手ケリガン(ケイトリン・カーヴァー)との確執が悲劇を誘う。〔120分〕[投票]