コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

水那岐

[参加掲示板]
→気に入られた投票気に入った→
5021コメント6233
185あらすじ50
POV33

Comments

最近のコメント 10
★2あさってDANCE(2005/日)とりあえず黒沢愛が魅力的に撮れていない。ミサイル巨乳なんて俺はじっくり観たいとは思わないのだ。その上、出来事は全くひとつに収斂していかない。続編は観る気起こらず。[投票]
★2サカサマのパテマ(2013/日)ジブリ黄金時代の呪縛から、どうか日本のアニメは離脱してほしい。これも『カリオストロ』や『ラピュタ』の模倣映画だが、重力同士の相克というアイディアは面白かった。だが、純粋な子供のパッションが大人の理屈を飛び越えてゆく、という話運びは、モノ知らずに任せては気恥ずかしい帰着点におさまるだけだ。脚本は経験豊富なプロに任せてくれ。子供じみた会話は何度も退席したい衝動をもたらすばかりだった。 [投票]
★2機動戦士ガンダムNT(ナラティブ)(2018/日)新しい世代の観客には、あまり奨めたくはない宇宙世紀ガンダムの挿話。あくまで『機動戦士ガンダムUC』から遠ざかることも近づくこともできない「つなぎ映画」と成り果てている。そして言われ尽くされたがキャラデザインの華のなさはなんとも惜しい。ファーストガンダムの安彦良和キャラに心奪われてファンになった当方にとっては、それは絶対に些末な問題ではないのだ。[投票]
★3母よ、(2015/伊=仏)仕事に自分の全身全霊を注ぎ込みながらも、いざ不条理な岩礁に乗り上げてしまえば母親の助けをつい求めてしまう弱い大人。よもやその情けなさに自分の分身を見い出すことを恐れて主人公を女性監督にしてしまったわけではないだろうが…。母親は人生の終わりを目前にして「明日のことのみを考えている」と語る強さを有する存在だけに、危ぶんでしまうのだ。[投票]
★1ネズラ(2002/日)「大群獣」だったら、良かったのにねえ…。 [review][投票]
★2きみの声をとどけたい(2017/日)善意に満ち満ちている。そこに水をぶっかけたくもないのだが、素晴らしい解決シーンありきのトラブルの勃発とか、和解シーンありきの仲違いといったものばかりでできている作品はちょっと辛い。この感覚は宗教者の鈍感さに通じるものだ。[投票]
★1太陽の塔(2018/日)万博を見、「太陽の塔」というモニュメントを魂に刻み込まれて大人になった俺が、この作品に求めたのは圧倒的なその魅力以外の何物でもない。しかし、本作の監督はこの塔に魅せられた経験などなく、識者には現在と未来に塔がもたらす何物かばかりを語らせる。それも立派な作品の立脚点であろうが、門外漢の部外者たちがいい気になって塔に己の夢を乗せて語る希望発表会などに、俺は金を投じたことを悔やまずにはいられない。[投票]
★3ハード・コア(2018/日)全体を眺めれば、簡単明亮なプロットを妙にこねくって引き延ばしている観は否めないのだが、こと「完」マークが現われるまでの詩情を漂わせるシーンで全て許せるような気がした。あんな「泣き」の方法論を見せられたのは初めてだ。まるであれは絵本じゃないか。 [review][投票(3)]
★3ギャングース(2018/日)犯罪ドラマの厳しさ、暗さはなく、青春バディムービーの爽やかさすら漂う演出上の味つけには好感がもてる。そもそもは不良少年の更生問題の提起から始まったのが原作コミックと聞くが、明るさはエンタメ作品としては正解だったろう。だが、これでいいのか。 [review][投票(2)]
★3素敵なダイナマイトスキャンダル(2018/日)些か残念なのは、主人公が時代の牽引車でなく時代の流れの狭間を泳ぐ小魚にしか見えなかった点だった。母親の一件よりも素敵にスリリングな逸話には出会えず、まるで凡人の絵日記のように出来事が重ねられたにとどまった。菊地成孔は愉快なキャラたり得たし、アイドルより脱皮した前田敦子の存在感も大きい。それだけに硬軟のバランスを得られず動く歴史年表より脱せなかった後半は退屈。[投票]

Plots

最近のあらすじ 5
★2あさってDANCE(2005/日)スエキチ(松田洋昌)は焦っていた。アパートの自室で見ず知らずの女・日比野(黒沢愛)に「ケダモノじみた」行為に及んだというのだ。そして恐るべきことに、祖父より4億5千万円を相続したと聞かされる。全ては昨日の酒で記憶からカッポリ抜け落ちていた。スエキチはその後もアパートに出現する日比野でバッコンバッコンするのだったが、祖父の遺産を預かる立見(緋田康人)には、相続には立派な社会人になる条件つきと釘を刺される。しかし、心では演劇座長の下村(川村亜紀)を思いつつも、ついつい日比野を便利に弄ぶスエキチは「サイテー」の言葉がピッタリと自ら思うのであった。1991年磯村一路作品のリメイク。〔75分/カラー/ヴィスタサイズ〕[投票]
★2サカサマのパテマ(2013/日)マスクと防護服の着用が義務付けられる地下世界。長の娘ではねっかえりのパテマ(藤井ゆきよ )は好奇心から呪われた異世界に侵入しようとし、いつも目付け役のジイ(ふくまつ進紗)を怒らせていた。そんなある日、冒険家のラゴス(加藤将之)についてゆきたい気持ちで下に潜ろうとしたパテマは、足を踏み外し落下してしまう。その頃、専制国家となっていた地上世界に辟易していた生徒エイジ(岡本信彦)は、鉄柵が張り巡らされた危険地帯に少女が掴まり、助けを求める場面に出くわす。そこは少女…パテマにとっては逆さまに重力が働く場所だったのだ。パテマを救ったエイジに、教師たちや君主イザムラ(土師孝也)は危険思想を嗅ぎつけるのだった。〔99分〕[投票]
★2機動戦士ガンダムNT(ナラティブ)(2018/日)宇宙世紀を呪わしい戦禍で覆った一年戦争初期。スペースコロニーを地球に墜落させて核の冬を呼ぶ暴挙「コロニー落とし」を予見し、人々を救った「奇跡の子供たち」が現われた。その3人のうちリタ(松浦愛弓)は実験体として命を奪われ、残されたヨナ(榎木淳弥)を救うべく最後のミシェル(村中知)は巨大組織ルオ商会に身を売り、以後商会の後継者の独りとして裏社会に入る。そして「ラプラス事変」の終結後、思考により人知を超える能力を引き出される2体のガンダムは封印されたが、その謎を解くためにミシェル・ルオはヨナにあるMSの捕獲を命じる。第3のユニコーンガンダム、黄金に輝く「フェネクス」。それには死んだはずのリタが乗っているというのだ。〔90分〕[投票]
★3母よ、(2015/伊=仏)ローマ。映画監督のマルゲリータ(マルゲリータ・ブイ)は、もと夫の家庭に娘のリヴィア( ベアトリーチェ・マンチーニ)をもちながらも、今も新作をエネルギッシュに撮影している。だが、今の気がかりは入院中の母アーダ(ジューリア・ラッツァリーニ)のことだ。兄であるジョヴァンニ(ナンニ・モレッティ)に世話を任せるかたちだが、彼女もまた病状の進む母のもとに暇さえあれば赴いていた。しかしマルゲリータの抱える悩みには仕事上のこともあり、アメリカから招聘した俳優バリー(ジョン・タトゥーロ)のマイペースぶりに焦燥をかき立てられ、思わず母の助けを求めたくなるのだった。そして幻影がマルゲリータの日常をむしばみ始める。〔107分〕[投票]
★2きみの声をとどけたい(2017/日)湘南の街。むかし祖母(野沢雅子)に教えられた言霊の存在を信じ、いつも胸に抱いている高校生のなぎさ(片平美那)は、幼馴染みのかえで(田中有紀)と夕(飯野美紗子)が反目しあっていることに心を傷めていた。ひねくれて発した言葉で傷つけあって欲しくない…そんな思いを抱きながら街外れの閉店した喫茶店をのぞいたなぎさは、そこがミニFM局と知る。彼女はたわむれにDJの真似事をし、紫音(三森すずこ)という少女にこっぴどく怒られる。そこはかつて紫音の母親が商店街の人々に憩いを提供していた放送局であり、今は寝たきりの母に彼女が語りかける場となっていたのだ。感涙したなぎさは、仲間を誘い紫音の母向けの激励番組を始める。〔94分〕[投票]