コメンテータ
ランキング
HELP

水那岐さんの人気あらすじ: 更新順(1/7)

人気あらすじ投票者
★1地球に落ちてきた男(1976/英=米)謎の男トーマス・ジェローム・ニュートン(デヴィッド・ボウイ)。彼は友人の大学教授(リップ・トーン)とともに弁護士オリヴァー(バック・ヘンリー)のもとを訪れ、自身の発明品を売るための協力を依頼する。その発明は、地球の科学水準をはるかに超えるものであった。豪邸に住まい、ベルガールのメリールウ(キャンディ・クラーク)と愛撫し合う日々をおくるトーマスの真の顔は、遙かな星よりやってきた異星人だったのだ。彼は、干ばつに苦しむ惑星で待つ家族たちのもとへ水を届ける船を建造せねばならなかった。だが、トーマスの帰還を阻もうとする勢力が動き始める。〔140分〕tredair[投票(1)]
★3ジャージー・ボーイズ(2014/米)君の瞳に恋してる』『シェリー』のヒットで音楽シーンに爪痕を残したユニット、フォー・シーズンズ。その台頭は1951年に遡る。類稀なる高音を誇る少年歌手フランキー(ジョン・ロイド・ヤング)は、マフィアの首領デ・カルロ(クリストファー・ウォーケン)の寵愛を受けてはいたが、その歌声を世に広める機会は絶無に等しかった。そんなフランキーを小さな酒場で歌うトミー(ヴィンセント・ピアッツァ)が見い出し、ゲストとしてステージに立たせるのだが、トミーもその友人のニック(マイケル・ロメンダ)もマフィアの下で働き入獄・出獄を繰り返す身の上だった。そうした彼らの前に、俊才作曲家少年ボブ(エリック・バーゲン)が現われる。〔134分〕週一本[投票(1)]
★4オズ(1985/米)オズ世界から帰還したドロシー(フェルーザ・バーク)は、その物語る異世界のできごとを狂気ゆえの妄想と誤解され、叔父ヘンリー(マット・クラーク)らによってウォーリー医師(ニコル・ウィリアムソン)の病院に入院させられ、電気ショック療法を施されることになった。嵐の中を逃亡したドロシーは、再び次元を超えてオズ世界に出現する。だが、かかし(ジャスティン・ケース)が治めている筈だったエメラルド・シティは、無残な廃都と化していた。征服者にして悪の元凶・ノームの部下たちから鉄人ティク・トク(マイケル・サンディン)により救われたドロシーは、魔女モンビ(ジーン・マーシュ)の館に辿り着く。〔110分/カラー〕週一本[投票(1)]
★4父と暮せば(2004/日)広島に原爆が落ちて以来三年。美津江(宮沢りえ)は図書館に勤めながら、おのれひとりが無傷で生きていることに負い目を感じるように、ひっそりと生きてきた。そんな彼女が、図書館をたびたび訪れる大学助手・木下(浅野忠信)を想いながら、その感情を押し殺していることに業を煮やした父・竹造(原田芳雄)は、亡霊となって娘の前に現われる。美津江の「恋の応援団長」を自認する竹造はあるいはユーモラスに、あるいは力強く娘を励ます。だが、「自分は幸せになってはいけない」と思い込む美津江は、頑として父の助言を聞き入れないのだった。〔99分/カラー/ヴィスタ〕週一本[投票(1)]
★4バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)(2014/米)かつてヒーロー映画『バードマン』の主演を務めたリーガン(マイケル・キートン)は、イメチェンを謀ろうとブロードウェイに進出しようとして果たせず、あがき続けていた。学生演劇で賛辞を届けてくれたレイモンド・カーヴァ―の脚本にこだわり、アカデミックな演劇で返り咲こうとする彼だったが、その矢先男優のひとりが事故に遭い、舞台に危機が迫る。そんなとき出演女優のレスリー(ナオミ・ワッツ)が代役に使える俳優を連れてくるが、その男マイク(エドワード・ノートン)は傍若無人なセクハラ男だった。さらにリーガンの娘サム(エマ・ストーン)は麻薬騒ぎでトラブルを呼ぶ。懊悩するリーガンに、内なる声が語りかける。映画に戻れ、と。〔120分〕サイモン64[投票(1)]
★3三万両五十三次(1952/日)江戸末期。将軍家より京の公家たちの懐柔を目的とした御用金が送られようとしていた。その大役を仰せつかったのが、通称「ひょうたん」と呼ばれる平侍・馬場蔵人(大河内伝次郎)である。それを聞きつけた討幕派は蔵人を狙って動き始めた。そして彼に恨みをもつ侍・山際(河津清三郎)も命を狙い江戸を立つ。さらに蔵人をかくまってやったお蓮(轟夕起子)、そしてその愛人・牛若小僧(加東大介)も、蔵人がそれと知らずに貰い受けた、一万両の由緒あるひょうたんを奪い返すべく蔵人を追う。こうして、暗雲立ち込める東海道を蔵人率いる一行は京へと急ぐのだった。〔65分/モノクロ/ヴィスタ〕モフモフ[投票(1)]
★4愛しのローズマリー(2001/独=米)オレはハル(ジャック・ブラック)。昼間は実直なサラリーマン、アフター5はイケてるねーちゃん探しにクラブへ繰り出すぜ。お相手はオヤジの遺言どおりナイスバディの美女だけさ。ところがある日、高名なカウンセラーに怪しげな術をかけられた途端、美女のくせにちっともお高くとまらないローズマリー(グウィネス・パルトロウ)に出くわした。たちまち二人はフォーリン・ラブ、彼女は心の底からステキなレディであり、しかも社長令嬢だってんだからオレもツキが回ってきたね。…でもおいダチ公よ、そのローズマリーを見つめるウロンな目は何だよ?まるでバケモノでも見るような…。〔114分/カラー〕サイモン64, りかちゅ, ナッシュ13[投票(3)]
★4つみきのいえ(2008/日)水底に全ての家が沈んでしまった街。老爺はわが家の上に煉瓦を積み立て、積み立て数少ない建物たちの中に聳え立つ家を築いている。ある日、最も新しいわが家の真ん中に開いたドアの下に、老爺は愛用のパイプを落としてしまった。老爺は潜水服に身を固め、部屋の真ん中に降りてゆく。その下には、長年連れ添った連れ合いが寝ていた部屋があった。さらに降りてゆけば、娘夫婦と初孫の記念写真を撮った一室があった。老爺の胸に、幸せだった時代の思い出が次々と甦りゆく…。アカデミー短編アニメーション賞ほか各国で評価を受けた加藤久仁生の小品。〔12分/カラー/ヴィスタ〕YO--CHAN[投票(1)]
★3西の魔女が死んだ(2008/日)中学生・まい(高橋真悠)は、通っている中学での生活に深い疑念を感じ、登校拒否児になってしまった。母親(りょう)は彼女を、小さい時からのお気に入りである「西の魔女」と名乗っているお祖母ちゃん(サチ・パーカー)に委ねることにする。お祖母ちゃん曰く、彼女は本物の魔女の血筋であり、草木への深いさまざまな知識を持ち、物事への洞察力を持った女性が「魔女」なのだという。「魔女」になりたいと思ったまいは、早速ハーブに囲まれた山奥の一軒屋で、お祖母ちゃんから修行を受けることにする。だが、魔女修行とは「早寝早起きし、きちんと食事をとり、規則正しい生活をし、何事も自分で決める」ということであった。〔115分/カラー/ヴィスタ〕 IN4MATION[投票(1)]
★3超時空要塞マクロス 愛・おぼえていますか(1984/日)ぱぱんぱんぱん!時は21世紀初頭、突如空から降ってきた巨大戦艦。「も〜らいっ!」とツバつけて我が物とした地球人でありますが、得したと思ったのも束の間、謎の宇宙人ゼントラーディによって、戦艦「マクロス」に乗り込んだ以外の地球人は攻撃で全滅してしまったんですな。ゼントラーディは図体もデカいが科学力も抜群、マクロスがまともに戦ったんでは勝ち目はございません。ところがこの宇宙人、捕虜にした一条クンと美沙姐サマのやぶれかぶれのキスを見るや、「デカルチャ〜」と叫んで卒倒してしまいます。ここに現われたのが地球一のベッピン歌姫リン・ミンメイ。彼女が歌えばあら不思議、宇宙人ども戦意を喪失してそのトリコとなってしまう。これを見逃す手はございませんてんで、ミンメイ嬢を楯にした地球軍、ハチャメチャ大作戦でゼントラーディに挑みます。果たしてその顛末やいかに!?〔115分/カラー/ヴィスタ〕パピヨン, 新町 華終, イリューダ, tredair[投票(4)]
★5紙屋悦子の青春(2006/日)敗戦に向けて日本が転げ落ちていった昭和20年・鹿児島。紙屋悦子(原田知世)は、初めてのときめきを感じた明石少尉(松岡俊介)の安否を気遣っていた。それを見かねた兄・安忠(小林薫)は、強気に明石の戦友・永与少尉(永瀬正敏)との結婚を悦子に勧める。ぎこちない出会いのなかで、剛毅木訥さゆえの珍妙な言動を繰り返す永与に、いつしか心を開いてゆく悦子。しかし、ふとした会話の中から、明石は生きて戻れぬ特攻隊員に志願したことを彼女は知る…黒木和雄監督の遺作は、近年憑かれたように描き続けた「戦争の悲惨」のもう一面を描くものである。〔113分/カラー/ヴィスタサイズ〕 [more]KEI[投票(1)]
★2夕凪の街 桜の国(2007/日)原爆投下より13年後の広島。皆実(麻生久美子)は母のフジミ(藤村志保)とともに焼跡から復興したバラック街に暮らしていた。務めている会社の同僚・打越(吉沢悠)とは相思相愛の間柄であったが、彼の告白を皆実ははねつける。彼女にとって「ピカ」で死んでいった妹、そして多くの人々を前にして己のみ幸福になることは耐えがたかったのだ…そして舞台は現代に飛ぶ。七波(田中麗奈)は父の旭(堺正章)が、定年退職後の退屈を持て余してか外出ばかりしているのを不審に思っていた。ある日、親友の東子(中越典子)とともに、七波は父が乗った広島行きのバスにこっそり便乗する。〔118分/カラー/ヴィスタサイズ〕YO--CHAN[投票(1)]
★1ザ・コーヴ(2009/米)親愛なる日本の皆さん、こんにチワ!『わんぱくフリッパー』のイルカ調教師でお馴染みのリック・オバリーディース。でもその仕事から悟りましタ。神聖なる友、知性ある隣人であるイルカを利用してはならナイと。まして殺して食べるなどもっての他ディース。でも、悲しい事実を知りましタ。和歌山県にある太地町では、悪魔の毒々漁師達がイルカを入り江に追い込み、肉として売るべく虐殺しているのディース!私は赤く染まった海に涙しましタ。そして盟友ルイ・シホヨスたちとこの光景を盗撮しようと誓いましタ。目的は手段を正当化しマース。皆さん、この世に正義は一つだけディース。日本人へのラブ・レターを受け取りナサイ、このSHIT野郎。〔91分/カラー/ヴィスタ〕tkcrows[投票(1)]
★4さくらん(2007/日)ぎやまんの、金魚舞い飛ぶ紅の門、これぞ吉原、花町に、その名も高き玉菊屋。売られて来たる幼子の、汚れぬ姿いと哀し。二度と戻れぬ娑婆を思うて、桜咲く頃ここを出る、望みを胸に持つ女、呼び名をきよ葉(土屋アンナ)と申します。男好みは激しくて、嫌った男は触れもせず、思う男は惣次郎(成宮寛貴)、契り交わすがこの恋は、悲恋と散ってカケラ無し。しかし尚増すその美貌、きよ葉の評判いや高く、ついに成りたる花魁の、「日暮」の名を頂戴す。そんな女に惚れし殿(椎名桔平)、日暮に誓うその台詞、「桜が咲かば身請けせん」。…果たしてそれは叶うやら。豪華絢爛遊女絵巻、ここに開帳にございます。〔111分/カラー/ヴィスタサイズ〕KEI, TOMIMORI, づん, プロキオン14[投票(4)]
★3インビクタス 負けざる者たち(2009/米)1994年。思想犯だったネルソン・マンデラ(モーガン・フリーマン)は27年ぶりに牢獄から解放された後、南アフリカの大統領となった。黒人大統領の誕生に、自らの地位が脅かされ復讐が始まる、と怯えていた白人達に、マンデラは過去は過去であり、赦しなくしてこの国の未来はないと説くのだった。そんなマンデラがある日、南アのラグビーチーム、スプリングボクスの低迷を知る。アパルトヘイトの遺物とそしられ、国の恥と嘲られるそのチームのキャプテン、ピナール(マット・デイモン)をマンデラはティータイムに招き、ある相談を持ちかける。それは敵チームを応援する黒人達にもボクスを支持させ、国民を一体化させる絶好のプランだった。〔134分/カラー/スコープ〕りかちゅ, サイモン64[投票(2)]
★4バットマン ビギンズ(2005/米)ゴッサム・シティの貴公子と呼ばれた青年ブルース・ウェイン(クリスチャン・ベール)は、導師デュカード(リーアム・ニーソン)の導きでヒマラヤの奥地へと向かっていた。ブルースは幼き日に、ゴッサム・シティを美しく保とうと尽力していた両親を殺され、復讐する力を求めていたのだ。ヒマラヤに待つ「影の軍団」の当主ラーズ(渡辺謙)は彼に厳しい修行を施すが、彼らとブルースの目的はあまりにもかけ離れており、袂を分かつ。すっかり腐敗したゴッサムに帰還したブルースは、自ら恐怖の存在となって悪を倒すことを決意する。彼が纏う影は漆黒のコウモリ。闇の番人、バットマンの誕生であった…。〔140分/カラー/シネスコ〕FreeSize[投票(1)]
★3秘密結社 鷹の爪 THE MOVIE3 〜http://鷹の爪.jpは永遠に〜(2009/日)合衆国のオババ大統領は核兵器全面廃棄を唱え、世界には緊張と驚愕の嵐が渦巻いていた。そんな頃、「悪の秘密結社」を名乗る鷹の爪団の総統(他多数担当・FROGMAN)や吉田たちメンバーは、それぞれに正月休みを満喫して帰社したものの、レオナルド博士のみが行方知れずになっていた。アパートの家賃未払いを解消すべく、鷹の爪団は博士の故郷テキサスへ向かう。一方博士は、昔馴染みの女ジュリエット(川村ゆきえ)に再会、旧交を温めあうものの、彼らの前に現われたサドルストーン社社長ウォルターは博士にある依頼をする。その頃、吉田の故郷・島根県は何処かに姿を消していた。〔104分/カラー/ヴィスタ〕りかちゅ[投票(1)]
★5告白(2010/日)中学校の終業式。教師森口(松たか子)はその日をもって教職を辞することを告げる。だがその席で、森口はふたりの生徒に一人娘を殺されたことを明らかにする。それは明白に、男子生徒の渡辺(西井幸人)と下村(藤原薫)のことを指していると誰にも判ることであった。少年法によって保護されるふたりに、森口は彼女なりの復讐をしたと言う…いわく、HIVに冒された連れ合いの血液をふたりの分の牛乳に混ぜた、と。そして森口は去り、渡辺と下村の毎日は狂わされる。新任教師の寺田(岡田将生)の熱血教師ぶりはクラスを偽りの明るさに導くが、渡辺は苛めの標的になり、下村も不登校を続ける。〔106分/カラー/ヴィスタ〕freetree[投票(1)]
★2崖の上のポニョ(2008/日)海界の女王の娘・ブリュンヒルデ(奈良柚莉愛)は、もともとは人間だった父・フジモト(所ジョージ)の目を盗んで、憧れの地上界へと一人上がっていった。…そこは小さな漁師町だった。デイ・ケア施設職員の元気な母親・リサ(山口智子)は今日も保育園に息子・宗介(土井洋輝)を送り出すと、甲斐甲斐しくおトキさん(吉行和子)ら車椅子の老人達の世話を焼くのだった。しかしその日、お気に入りのボートの玩具を浮かべようと、入江に降りていった宗介はジャムの壜に首を突っ込んだ魚を見つける。傷つけないように壜を割ってやった宗介は、生きていた女の子の魚にポニョと名づけ、連れ帰るが、彼女こそブリュンヒルデだった。〔101分/カラー/ヴィスタ〕新町 華終[投票(1)]
★4プレシャス(2009/米)1987年、ニューヨーク・ハーレム。学校に期待するものもなく惰性で通学していた少女プレシャス・ジョーンズ(ガボレイ・シディベ)は、一人の子供を身ごもっていることで放校処分にされた。その子供とは、プレシャスを我が子ではなく女と見た義父の陵辱によってもたらされたものであった。そして非情な母親メアリー(モニーク)はそんな娘に女としてジェラシーを燃やし、言い尽くせない罰を持ってプレシャスを責め苛む。そんな彼女は新しくフリースクールで地道に学業に励むことになり、いずれも落ちこぼれだった学友達、そしてそんな彼女らに分け隔てなく接する教師との出会いで、次第に自分に欠けていた生きてゆく希望を見い出してゆく。〔109分/カラー/ヴィスタ〕サイモン64[投票(1)]