コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

ロープブレーク

ネタバレ申告厳しめです。すみません。あと、評価は対期待値ですので、凄ーく期待してたのにがっかりだったりすると評価が低くなります。逆もまたしかり。なので、良い映画が★3で、しょーもない映画に★5つけてるなんてことがたまにあります。そのうち、是正せねば。
e-mailkatz@nn.iij4u.or.jp
URLhttp://ropebreak.hatenablog.com/
[参加掲示板]
→気に入られた投票気に入った→
407コメント1215
3あらすじ15
POV9

Comments

最近のコメント 10
★36アンダーグラウンド(2019/米)赤色に限ると思われていたアルファロメオに黄緑色も映えるというということを教えてくれた映画。点数はそのことへの感謝ゆえ。内容については、語る気がおきない。黄緑のアルファのカーチェイスシーンのみ見て良かったと思った。[投票]
★4グランド・イリュージョン 見破られたトリック(2016/米)前作より分かりやすくなってる。内容云々より、ジェシー・アイゼンバーグ、ウディ・ハレルソン、マーク・ラファロを堪能する映画かと。自分はそういうつもりで見たので満足。アイラ・フィッシャーも堪能したかったけど、リジー・キャプランは頑張ってたんじゃないでしょうか。[投票]
★5ヴェノム(2018/米)同監督過去作の『ゾンビランド』オマージュのゾンビ歩きとか、本作同様正規のMCUには入り損ねた作品である方のハルクを意識したっぽいヴェノムの動きとか、小ネタがいちいちツボでした。スタン・リーの登場シーンなんか、全マーベル作品中最高なんじゃないか。でも、それだけで最高得点付けるか?と問われれば、『寄生獣』に★4付けちゃってたから比較優位の★5です。スミマセン。 [review][投票]
★5運び屋(2018/米)ジジイには花を持たせよ。 [review][投票(2)]
★3ジョーカー(2019/米)本作をキリスト教的に解釈することは、宮台真司氏がパンフレットでやってしまっているので、日本仏教で読み解いてみたい。 [review][投票(3)]
★3オーシャンズ8(2018/米)男の自分が悔しがるような作品を期待して見たんだけど、ジョージ・クルーニー版3部作に遙かに及ばず残念至極。あの人もこの人も出てたのに全部アン・ハサウェイが持ってっちゃった感じ。ゴージャスな凡作。残念![投票]
★4アクアマン(2018/米)特に読み取るべきテーマも無く他愛も無い内容だが、大作感があり破綻も無いので残念感はない。当時迷走を続けていたDC映画群にあって仕切り直しの役割りを十分担えていたのではないか。万人向けアメコミ入門編映画として及第点は取れていると思う。マーベルで言えば『アベンジャーズ』(2012年)のテイストでした。 [review][投票]
★3キャビン(2011/米)鬼面人を驚かす作品なんだが、だから何なのという感想しかない。着想を活かせずもったいない。[投票]
★3賭ケグルイ(2019/日)シーズン1(Netflix等でオンデマンドで公開中)の特典映像的な作品であり、シーズン2と同時並行で製作されたためか脚本のやっつけ感が辛い。しかしながら、シーズン1(これは成功作だと思う)の余韻をうまく活かしているため、★2相当なのに★4くらいの幸福感を得られる人徳のようなものが備わっている。 [review][投票(1)]
★5ヘイトフル・エイト(2015/米)歴史の無いアメリカでこんな時代劇ができるのに、歴史ある日本でこういう映画をいま作るのは無理だろうなって思ってしまう。 [review][投票(2)]

Plots

最近のあらすじ 5
★0BRAVE STORM ブレイブストーム(2017/日)1970年代の特撮番組である「シルバー仮面」と「レッドバロン」を一つにしてリブート。シルバー仮面のリメイクは、実相寺監督の遺作となった『シルバー假面』(公開2006年)に続き2作目である。81分。[投票]
★4堕ちる(2016/日)織物のまち群馬県桐生市。工場で働く織物職人耕平は、目的のない人生を送っていた。閉塞的な日常の中、偶然ひとりの地下アイドルを知る。アイドルを追うことは、耕平にとって救いなのかそれとも…。ゆうばり、京都のみならずスペインLa Cabina映画祭で3冠(最優秀作品賞、最優秀俳優賞、最優秀音楽賞)に輝くなど国内外で評価の高いショートシネマ。(30分)[投票]
★4アベンジャーズ エンドゲーム(2019/米)アイアンマン』から始まり約10年にわたって紡がれてきたMCU(マーベルシネマティックユニバース)アース199999ストーリーのいちおうの完結編にして『アベンジャーズ インフィニティ・ウォー』を観ておかないとなんのこっちゃわからない潔いまでに排他的な映画。そして、本作については、前作『アベンジャーズ インフィニティ・ウォー』のあらすじ以外、何を書いてもほとんどがネタバレになってしまう、本欄にとっては大変恐ろしい映画でもある。(181分) [more][投票(1)]
★3名探偵ピカチュウ(2019/米)ティムは、疎遠になっていた父親の訃報を聞き、父が住んでいた人間とポケモンが共存する街、ライムシティへと向かう。探偵だった父の部屋には、父の帽子をかぶっているおっさんのピカチュウ(声:ライアン・レイノルズ/吹替版:西島秀俊)がいた。そして、なぜかティムだけは、そのピカチュウと言葉を交わすことが出来、父は事件に巻き込まれていたことを知るのであった。事件の真相究明に熱心なピカチュウに、次第にティムは心を開いていく。そこにはある陰謀が隠されているのだった。[104分][投票]
★3みんな!エスパーだよ!(2015/日)これは広大な大宇宙の片隅、愛知県東三河に起こった驚天動地の物語である。 鴨川嘉郎(高校2年)は、ある晩、妄想を全開にしてある行為をしていた。そして、同じ時に同じ東三河で同じ行為をしていた同じ条件を持つ人々は、その条件の重なりゆえにエスパーとなっていた。獲得したエスパーの能力であるテレパシーを正義に使おうとする鴨川嘉郎に対し、エスパーの能力を悪に使おうとする者もいる。 悪から地球を救うため、超能力研究の第一人者である浅見教授は、巨乳コンプレックスの助手秋山多香子を従え、東三河に入り、善のエスパーを集め組織した。 [more][投票]