コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

jollyjoker

ヒューマンドラマと社会派が好きです。
e-mailcinema.jollyjoker@gmail.com
[参加掲示板] [招待者: けにろん]
→気に入られた投票気に入った→
262コメント738
あらすじ8
1POV7

Comments

最近のコメント 10
★4ある少年の告白(2018/米)牧師である父親が息子の同性愛を認めるか否か。しかしそういった個人的感情だけではなく、親が子どもを一人の人間として受け入れられるかどうかということなのだろう。 [review][投票]
★4魂のゆくえ(2017/米=英=豪)不思議な引力のある作品である。現代社会の不穏な行く末と信仰へのゆらぎ。後悔・贖罪・困惑・内向・怒り・葛藤。ベルイマンを思わせるテーマを、暗く寒々としたカメラが追う。ラストは評価の分かれるところだろうが、現代社会への挑戦ともいえるだろう。 [投票(1)]
★2荒野にて(2017/英)教育を受けていなくても、愛された記憶と愛したい気持ちが強い少年には生きる力がある。しかし浅はかな思考と場当たり的な行動が周りを振り回すことには気づかない。結果オーライなのだろうか。 [review][投票]
★3記者たち 衝撃と畏怖の真実(2017/米)体を張った取材と信念に基づき、ジャーナリストとしての矜持を保つ記者であるが、ラストに「負け」と感じさせることで肩透かしを食らう。それが現実であるからこそ落胆してしまう自分がいた。緊張感はありテンポもよいのだが、今一つ印象に残らないのが惜しい。[投票(1)]
★4ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦(2016/チェコ=英=仏)ナチス第三の男』と比較してしまうが、本作の方が断然面白い。 レジスタンスの高潔な描写、虚勢を張りながらもまっすぐで弱くて一市民たる感情の流れなど、若さと愛国心のはざまでの葛藤がよく描かれている。 [review][投票]
★3ブラック・クランズマン(2018/米)黒人対白人という差別の図はもはや超えていて「オレ様がエライんだ」意識が蔓延している今、その意味のない優位意識を笑い飛ばしながら、世界に公平な目を開かせようとするスパイク・リー。怒りながら笑っている余裕すら感じる。 [review][投票]
★2A.I.(2001/米)純真さをことさら強調したハーレイ・ジョエル・オスメントのタレ目がウザいと感じるのは自分が穢れているからでしょうか。しかもジュード・ロウ登場以降が「おとぎ話」過ぎて飽きる。2019年に改めて見るにはCGの稚拙さが残念でならない。どうしたスピルバーグ[投票]
★4赤い河(1948/米)1980年以降のハリウッド映画を見てきたものとしては、むしろ新鮮な絵と展開。牛の大群、西部の地、男どものまっすぐさ!仏頂面がこんなに似合うジョン・ウェインは、下手だからこそ良い。 [review][投票]
★3運び屋(2018/米)サスペンス度は低く、好き勝手生きてきたスケベじじいの人生讃歌と少しの懺悔作品。脇の仕事がよいので、爺のメッセージが沁みる。本当にもうこれが最後の作品かもしれない感を強く抱いた。本人に悔いはないだろうから見ていて納得。 [review][投票(4)]
★3グリーンブック(2018/米)俳優は光っていた、だが、やはり白人(差別する側)目線の脚本。 [review][投票(4)]

Plots

最近のあらすじ 5
★4ゴッズ・オウン・カントリー(2017/英)「神の恵みの土地」イギリス・ヨークシャーの牧場。孤独でなげやりな日々を送るジョニーと、ルーマニア移民の季節労働者ゲオルゲとの出会いと二人に芽生える恋愛感情・新たな一歩への道筋を、大自然の荒々しさと優しさを背景に描く。監督の長編デビュー作であり、自身が育った農場での経験にインスパイアされた作品でもある。[投票]
★2ミッシング・デイ(2014/米)プエルトリコの海辺の町。アメリカ人夫婦スティーブンライアン・フィリップとシャノンラシェル・ルフェーブルが、養子縁組エージェントを通して引き取った待望の娘が行方不明になってしまう。旅行者を装った謎の男ベンジャミンジョン・キューザックが詐欺グループの一味だと知り、夫婦は娘を取り戻すべく地元警察の協力を得て犯人を追う。[投票]
★3マンデラ 自由への長い道(2013/英=南アフリカ)南アフリカのアパルトヘイトに反対したせいで27年間も投獄されるも、後に大統領となったネルソン・マンデラの自著を元に映画化。憎しみを捨て、復讐せずに相手を赦すことを説くようになったマンデラの姿を描く。主題歌「オーディナリー・ラヴ」(U2)は2013年ゴールデングローブの主題歌賞を獲得。(141分)[投票]
★3涙するまで、生きる(2014/仏)ノーベル文学賞作家カミュの短編を大幅に膨らませ映画化したドラマ。1954年フランスからの独立運動が高まるアルジェリアで、殺人容疑者のアラブ人モハメドと、その護送を命じられた教師ダリュの、道中を共にする中で芽生える友情を描く。紛争の中で理解しあい生き抜くことの難しさを問う。2015年5月30日日本公開。101分。[投票]
★3馬々と人間たち(2013/アイスランド=独=ノルウェー)そのままの自然が残る広大なアイスランドで繰り広げられる、人間の悲喜こもごも。そこには家族同様のアイスランド種がいつも一緒にいるが、時に優しく時に非情な結末で色を添える。自然と共に強く生きる村人たちのオムニバスドラマ。[投票]

Points of View

私はこれで、好きになっちゃいました![投票(1)]
作品中のキャラ設定に魅力を感じてその俳優のファンになっちゃいました(その作品キャラ限定もあり)。