コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

けにろん

登録希望の方はいつでもメール下さい。1961年生まれ。男。9
e-mailkenironoyaji@yahoo.co.jp
URLhttp://blogs.yahoo.co.jp/kenironoyaji
[参加掲示板]
→気に入られた投票気に入った→
5271コメント15380
137あらすじ6
210POV45

Comments

最近のコメント 10
★4チャーリーズ・エンジェル(2000/米)狂騒ムービーは数あれど真の意味での祝祭気分を醸し出させるには躊躇の無さと素直さが必須なのだ。天下に人柄の良さを轟かせるキャメロンと甘いも酸いも嘗め尽くしたドリュールーシーはよう知らん)のコラボでしか成立しなかったと思われる。[投票]
★4ジェーン・ドウの解剖(2016/英)黒魔術とか魔女とかは食傷ネタだが解剖という薬味が加わると映画は新鮮さを取り戻す。一見掛け合わせ最悪にしか思えぬ配合が思わぬまろみと旨味を引き出した料理みたい。美術パートの踏ん張りで、基本CGには依存していないと思われる。そのへんも好感度大。[投票]
★4アタラント号(1934/仏)上流から下流へ田舎から都会へと小さな船で下って行くってのがミソで、流れる景観は開放と希望を表象する。船内密閉空間でも気の置けぬ爺さんとガキに囲まれ若夫婦を包む慎ましくも幸せな共同体幻影。幻影が失われた時代だからこそ、このユートピアは切ない。[投票]
★3美しい星(2016/日)フランキーの決めポーズの揺れが違う感じがするが、各人の覚醒を並行的に描く前半は一応良い。複数挿話の捌きに秀でる吉田演出の独壇場。しかし、振られたトンデモネタは後半収縮する。所詮、行き着くところが自然大事なエコ話では今更過ぎるのだ。[投票]
★3ジャッキー・ブラウン(1997/米)忘却のマイナー役者を掘り起こし主役コンビに当てた周りを売れ線バリバリの連中で固め且つ徹底して予想を逆手に取った役をはめる。意図して基軸をずらせた感じが匂う。それなら、いっそ物語を語らない位がいいのだが時制反復の映画言語に耽溺する。自堕落だ。[投票]
★4ある決闘 セントヘレナの掟(2016/米)ハレルソンの一筋縄ではいかぬ気で結局は私欲が行動原理なキャラ付けが映画を下世話に面白くする。主人公は父・妻両者との関係を再考させられるが似非な愛情を廃し冷めた非人間性ギリで、そんな中、ためた設定が飽和し行動に出る。容赦の無さが清々しい。[投票]
★2レニングラード・カウボーイズ、モーゼに会う(1994/フィンランド)本当にヘタレてる連中がヘタレた話を撮るからしみじみ良かったのであって、一家を成してしまったあとに昔の杵柄でなんて思わぬ方がいい。あざとくならないのは流石だが、逆に変な方向に突き詰められてしまった。すべる面白からさえも見放された閉塞は超退屈。[投票]
★3夜に生きる(2016/米)背骨通らぬ主人公のとっ散らかった物語。2人の親分間を蝙蝠よろしく行ったり来たりのうえ警官の親に手心加えてもらい矜持が無い。ただこの男、人種的偏見だけは一切皆無でKKK団をぶち殺しまくる。そこだけ溜飲が下がる。孤立主義へのベンアフの抗言。[投票]
★5祭りの準備(1975/日)中島の私小説ミニマム世界が実験心ある黒木のフィルターを通すことで神話的に拡張した。凡庸な主人公の周りのキャラクター達は追憶の中で濾過され永遠なる切なさに封印されるだろう。旅立ちと決別の希望と悔恨が鮮やかに呈示されたラストは永久不滅。[投票(4)]
★3ローガン(2017/米)パロディすれすれ設定だが、篇中何度もよいよいになったウルヴァリンは要介護老人化したプロフェッサーを抱き抱え運ぶ。ベッドへ車へ階上の寝室へと。高齢化した現代社会の写し画として感慨深いのだが、終盤でのローラ来歴の定型展開が魅力的設定を減殺した。[投票]

Plots

最近のあらすじ 5
★2光(2017/日)視覚障害者の為の映画音声ガイドを生業とする美佐子(水崎綾女)は、ある映画の検討会で中村(永瀬正敏)という弱視のカメラマンから激しく仕事に対する姿勢を問われる。憤慨を覚えつつtも中村の指摘に納得せざるを得ない美佐子であった。後日、彼の家を訪ねた美佐子は、かつて天才カメラマンと言われた彼の作品に次第に興味を覚え始める。一方、中村は次第に失われていく視力という絶望に打ちひしがれていく…。『あん』に続き永瀬正敏と再タッグを組んだ河瀬直美監督第19作。[投票]
★4ハルチカ(2016/日)高校生になった穂村千夏(橋本環奈)は入学式の日の通学バスで幼馴染の上条春太(佐藤勝利)と出会う。小3以来の再開であった。吹奏楽にあこがれがを持つ千夏は吹奏楽部への入部を考えていたが、件の部は廃部が決定したばかり。即行動に出る彼女は校長(志賀廣太郎)に直談判し、又新任の草壁先生(小出恵介)の口添えもあり4月末までに部員9人の確保を条件として部の再立ち上げを認めさせた。早速、部員勧誘に奔走する千夏であったが、ことはそう簡単にはすすまない。とりあえず春太を強引に入部させ1名確保としたが、2人目はなかなか見つからないのであった…。初野晴の大ヒット青春ノベルズの映画化。[投票]
★4悪太郎(1963/日)神戸の中学を素行不良で退学になった紺野東吾(山内賢)は母、高子(高峰三枝子)にだまくらかされて豊岡の近藤(芦田伸介)に預けられる。近藤が校長をつとめる学校に不承不承で入学した東吾は瞬く間に上級生の風紀委員に目を付けられるのであった。文学を目指す彼は校医の娘、恵美子(和泉雅子)に一目惚れするが、彼女が外国文学を本屋で買うのを目にとめ、それをネタにアプローチをして成功。仲を深めていく2人は京都に小旅行に出かけるが、それが大問題となる…。清順の美術木村威夫との初タッグ作。[投票]
★43月のライオン 後編(2017/日)新人王を獲得した零(神木隆之介)は師子王戦に臨むが、一方で宗谷名人(加瀬亮)との記念対局も企画される。又、義父、幸田(豊川悦司)の入院を知り見舞った帰り、香子(有村架純)から幸田家の確執を知らされるのだった。そんな中、盛岡で行われた対局で零は不用意な一手を攻め込まれて敗退するが、一種の無我境地の闘いの中で何かを見出すのであった。しかし、東京に帰り川本家を訪れた零は、ひなた(清原果耶)が学校で壮絶なイジメに遭っていることを知る…。羽海野チカの原作は今も連載中のためオリジナルな終局が用意された。[投票]
★3ある戦慄(1967/米)深夜のNY。ゴロツキ(トニー・ムサンテマーティン・シーン)は通りすがり人をかつあげして駅に向かう。そして、サラリーマン夫妻(エド・マクマホンダイアナ・バン・ダー・ブリス)やジゴロ(ヴィクター・アーノルド)とカモ女(ドナ・ミルズ)や老夫婦(ジャック・ギルフォードセルマ・リッター)や軍人(ボー・ブリッジスロバート・バナード)や教師夫妻(マイク・ケリンジャン・スターリング)やアル中(ゲイリー・メリル)やゲイ(ロバート・フィールズ)や黒人カップル(ブロック・ピーターズルビー・ディー)が乗り合わせた車両に彼らがやって来る…。[投票]

Points of View

最近のPOV 5
月刊 多部未華子[投票(7)]
多部未華子。1989年1月25日、東京都生まれ。身長158cm。●小学5年生の頃ミュージカル「アニー」に感激して自分も主役を演じたいと思い、オーディションを受け続けるが落ち続ける。しかし、スカウトされて芸能プロに所属。2003年、『HINOKIO』のメインキャストに抜擢され、これでブルーリボン新人賞を受賞。2009年にはNHKの連続テレビ小説「つばさ」の主役を獲得し、翌年エランドール賞を受賞した。また、この間に東京女子大を卒業している。子役時代から折にふれて一応の注目を得てきた彼女の来歴ではあるが、幼少時より大阪のおばあちゃんが送ってくる吉本新喜劇のビデオが刷り込まれコメディエンヌの素養を隠せぬ一方、キモカワなどと一部で心無い揶揄もあり、20歳台を迎えて路線を決めかねていたふしがある。それでも人気少女コミック『君に届け』の主演をつとめるなどキャリアを重ねてきたが、しかし、大きく何かが弾けたと思われるのは2本のテレビドラマであろう。「デカワンコ」(2011)「ドS刑事」(2015)で強烈なキャラを引き寄せる術を獲得したと思われる。この頃まで、俺は彼女の名前と顔は知ってるが、ほとんど関心がなかったといっていい。しかし、たまさか見に行った映画『ピースオブケイク』で瞠目する。俺はスクリーンの中の彼女を見て呟いた。「多部ちゃん、めっちゃいい女になったやん」考えてみれば彼女も20台半ばの女盛りなのであった。醸し出すペーソスは60年代のシャーリー・マクレーンを彷彿とさせ、腰が据わった演技はジェニファー・ローレンスに迫るであろう。現在公開中の『あやしい彼女』においてもスクリーンの中で弾けまくってくれます。ただ歌は巷間言われるほどのものではないか。●2016/4/6:第1刷発行
40年のバカ騒ぎ[投票(6)]
共闘者としての5人の監督。A:藤田敏八 B:黒木和雄 C:鈴木清順 D:若松孝二 E:阪本順治
月刊 北川景子[投票(3)]
北川景子。1986年8月22日、兵庫県神戸市生まれ。身長160cm。●2002年地元のモデル事務所にスカウトされ、2003年ミスSEVENTEENに選ばれモデルデビューし、同時にTV美少女戦士セーラームーンの火野レイ役で女優デビュー。その後、事務所移転と明治大学を卒業を経て本格的に女優活動を開始。TVでは月9ドラマで織田裕二、山下智久、木村拓也の相手役として抜擢された。映画では『ハンサム★スーツ』あたりから主要な役に抜擢され2010年『花のあと』で初主演。俺はこれで彼女を知ったが所作や殺陣など半端じゃない修練を感じた。小学生時代に阪神大震災を経験、先の東北の震災に際しても真摯な思いを自身のブログで綴った。高校時代は医師を目指して受験勉強をしていたが挫折、折からのモデルデビューで進路変更したあたり『パラダイス・キス』まんまである。正直、彼女は演技力がめっちゃあるわけではないと思うのだが、性格は良い(多分)。そのプレーンで素直な資質が何時か強みに転化するはずと信じている●2011/7/10:第1刷発行
殿堂と遺産 2010/06[投票(9)]
シネシケ部門は「熱狂的映画の殿堂」を、キネ旬部門は「創刊90年記映画史上ベストテン」参照。A:両者で評価 B:キネ旬で評価 C:シネスケで評価
VIVA!2[投票(2)]
1より手慣れてバージョンアップし且つ未だ馬脚を現さない深淵さがあるから…だろうか。