コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

赤の女王は七回殺す (1972/)

La dama rossa uccide sette volte
The Red Queen Kills Seven Times

[Mystery/Thriller/Horror]
監督エミリオ・P・ミラーリア
脚本ファビオ・ピットール / エミリオ・P・ミラーリア
撮影アルベルト・スパニョーリ
美術ロレンツォ・バラルディ
音楽ブルーノ・ニコライ
衣装ロレンツォ・バラルディ
出演バーバラ・ブーシェ / ウーゴ・パリアイ / マリナ・マルファッティ / シビル・ダニング / ルドルフ・シンドラー / マリノ・マーゼ / ピア・ジャンカロ / カルラ・マンチーニ
あらすじモード写真家として活躍するキティの周囲で、次々と近親者が殺害される事件が起きる。目撃者によれば、犯人は赤いマントを纏った女性で、面影がキティの妹のエヴリンにそっくりなことが判明する。キティは妹が北米に渡航中なので別人に違いないと一蹴するが、妹の身に何が起きたのか口外できない事情があった。事件の概要は不思議にもキティの家系に古くから伝わる伝説に符合しており、彼女は動揺を隠すのに苦労する。家伝によれば、100年おきに<赤の女王>が現れて七人を血祭りにあげる。最後の犠牲者は必ず<黒の女王>になるべきで、それは即ち殺人者の姉妹に他ならない。奇遇にも、幼い頃から仲が険悪だった同家の姉妹の間で、エヴリンは自分を赤の女王に見立てるのを好んでいた (濡れ鼠)[投票]
Comments
全1 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★4相変わらず英米仕込みのミステリマニアには鼻で笑われそうな杜撰なプロット捌きと定番トリックの二番煎じ(ヘタリアの斉唱が聞こえてきそう)。とりあえず最後まで破綻せずに曲り形にも収束を見せるし、ジャーロの基準では割かし体裁が整っている部類に入ると思う。翻って、美女と古城、スプラッターとヌードショーなどの見所は、もはや職人芸の域に達しており、ファンサービスに手抜きはない。 [review] (濡れ鼠)[投票]
Ratings
5点0人
4点1人*
3点0人
2点0人
1点0人
1人平均 ★4.0(* = 1)

POV
Links
IMDBで検索The Internet Movie Database
検索「赤の女王は七回殺す」[Google|Yahoo!(J)|goo]
検索「The Red Queen Kills Seven Times」[Google|Yahoo!]