コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] IT/イット “それ”が見えたら、終わり。(2017/米)

早く「○われ。」と思った
HAL9000

**ネタバレ注意**
映画を見終った人むけのレビューです。

これ以降の文章には映画の内容に関する重要な情報が書かれています。
まだ映画を見ていない人がみると映画の面白さを損なうことがありますのでご注意下さい。







平日夜でも満席。両隣は高校生グループと咳き込みながらもポップコーンを食べ続ける男、という劣悪な環境も手伝って終盤のしつこさを「わかるけどもういいよ」と思いながら逆に笑うしかなかった。あのラストは良かったんだけどね。

映画もヤバいが客もヤバい、という評判を聞いたのは鑑賞後だった。 とまれこのジャンルで通過儀礼、成長をそれこそ丁寧にやっていたことは面白いなと思える。冒頭で割礼の話をはっきり出すなどとても親切なつくりで語られる内容は、懐古趣味に満ちている。『シング・ストリート』がそうであったように今作の監督であるアンディ・ムスキエティもまた同世代ということで「やはりな」と。

子供達の心のうちの恐怖を反映しているペニーワイズ、その描写の中でこれは怖いなと強く思ったのはベンのところだった。それはつまるところ自分の中の志向が反映しているのだろう。そのせいかは知らないが負け犬くんたちの中ではベンがお気に入りになっていた。あの中で誰に寄り添えるか、という見方も出来るのがこういう作品の人物構成の常ではある。そしてリッチーに寄り添えた人にとっては今作はあまり怖くなかっただろう。彼だけが精神年齢を高めに設定されていた。

(評価:★3)

投票

このコメントを気に入った人達 (0 人)投票はまだありません

コメンテータ(コメントを公開している登録ユーザ)は他の人のコメントに投票ができます。なお、自分のものには投票できません。