コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] 君の名は。(2016/日)

世間の評判ほどキュンキュンする映画ではなかったけども、でも、この映画が大ヒットするということは、みんなロマンチストだなあ、と(照)
カルヤ

**ネタバレ注意**
映画を見終った人むけのレビューです。

これ以降の文章には映画の内容に関する重要な情報が書かれています。
まだ映画を見ていない人がみると映画の面白さを損なうことがありますのでご注意下さい。







胸キュンを求めていたわけではないし、そもそも、こんなにもハッキリと“恋愛もの”だとも思っていなかったのだが・・・。

鑑賞中の私は二人を“同志”ぐらいの距離感だと感じていたので、「瀧が憧れの人とデートする」という事実で三葉が急に涙を流すのは唐突すぎた。一瞬何の涙かわからなかったぐらい。そして奥寺先輩が瀧に言う「最近他に好きな人ができたんでしょ?」という台詞にも「えっ?そっちも?!」と驚いた。

その後、それこそ命がけの二人の姿にお互いへの思いの強さは理解できたけども、それなら恋に落ちる様子、落ちていく様子というのはもうちょっとしっかり描いてほしかった(と、少女漫画好きは思うのです)。

おかげで最大のキュンキュンポイントと思われる「すきだ」もそれほど・・・。二人の恋心に気づけなかった私は、入れ替わりの意義が明かされていく怒涛の展開にハラハラし、二人を全力で応援はしたけども、恋のほうには興味を向けられず。

やっぱりあの時点では“恋心が芽生え始めた同志”ぐらいで良かったと思うんだけどなぁ。でも恋心じゃないとあんなに必死になれないかな?必死になることで恋心を自覚するってのもアリだと思うけどなぁ。あ、恋心を自覚し始めたところでの「すきだ」!お、ちょうど良いんでは?

・・・と、多少の不満はあれど、こんな爽やかな映画が大ヒットしているというのは喜ばしいことだと思っております。

(評価:★4)

投票

このコメントを気に入った人達 (0 人)投票はまだありません

コメンテータ(コメントを公開している登録ユーザ)は他の人のコメントに投票ができます。なお、自分のものには投票できません。