コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] 劇場版 はいからさんが通る 前編 〜紅緒、花の17歳〜(2017/日)

たいへんチャーミング。決して高級を気どらず、名作も志してない、ただ愛らしく、気安く、ベタで上等の大衆ゴラク。『機動戦士ガンダムUC』で名をあげた古橋一浩監督、やはり本物だった!
ペンクロフ

たまたまなんだけど、この映画を観る直前にDVDで宮崎駿の『ハウルの動く城』を公開時以来久しぶりに観たんですよ。男女の駆け引き、すれ違い、大恋愛の成就とひと通りロマコメやってんだけど、これがもうスベリっぱなしなんだ。作り手が滑稽だろう面白かろうと思ってるハウルの情けなさやガキっぽさは、ガッチガチにクォリティ上げきった超密度の作画と美術、何を言ってももっともらしい木村拓哉のハンサム声、息の抜けない不穏かつ不可解な演出のせいで全然笑えないし全然愛せない。大艦巨砲主義の巨匠病ここに極まれりといった風情だった。

で、直後にたまたまDVDで観た本作がまさにハウルの対極、もう最高にチャーミングな映画なのでびっくりした。別段、高級でも知的でもない。風格なんて全然ない。美術がすげえ緻密なわけでもない。キャラクターデザインは原作よりは今の絵になってるものの、少々垢抜けない。なのにとても楽しい、悶絶するほど愛らしい。作り手の我欲というものが一切なく、ただひたすらに「はいからさんが通る」にすべてを捧げている。

原作漫画は王道メロドラマの大正時代劇をポップなギャグで彩ったコメディーで、三枚目のギャグ顔を頻繁に見せるお転婆主人公は昭和の女の子読者たちから共感を寄せられ、愛された。古典的名作というにはえらくとっ散らかってるし、ガチャガチャしてて、御都合もたいへんよろしい。しかし元気で、溌剌とした、心のこもった漫画だった。その精神が、そのまんま映画に息づいている。素晴らしい。後編も観るぜ!

(評価:★4)

投票

このコメントを気に入った人達 (0 人)投票はまだありません

コメンテータ(コメントを公開している登録ユーザ)は他の人のコメントに投票ができます。なお、自分のものには投票できません。