コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] 香港国際警察 NEW POLICE STORY(2004/香港=中国)

異常なほど回転するアクションにこだわった映画。回転によって演出される物語。いつもより多めに回しております。
アブサン

**ネタバレ注意**
映画を見終った人むけのレビューです。

これ以降の文章には映画の内容に関する重要な情報が書かれています。
まだ映画を見ていない人がみると映画の面白さを損なうことがありますのでご注意下さい。







ジャッキー・チェンアンディ・オンの戦いは回し蹴りや宙返りなど、回転するアクションが多用されている。蹴られれば回転しながら倒れ、避けるときは床を転がり、銃を奪い合ってはクルクル回り、とにかく独楽のように回転しっぱなしだ。

もともとジャッキーは、打撃を喰らって回転しながら吹っ飛ぶ「香港スピン」という、香港映画でお馴染みの表現を開発した人でもある。以前から効果的に回転アクションを使っていた。しかし意識して見てもらえればわかる通り、この映画はいつもよりも激しく回っている。明確に、回転をテーマにアクションが設計された映画だ。ジャッキー自身もそうだが、特に敵のアンディ・オンが回転を主体にした格闘スタイルで描かれている。初めて見たときはここにちょっと違和感があった。ゲーム感覚で人を殺し、警察を馬鹿にして喜んでいる若者が、ジャッキーよりも華麗に戦う演出が気になったのだ。

回転という動きは、ダンスのような優雅さや美しさ、余裕などのイメージを持っている。どちらかと言えば主人公の側にこそふさわしい動きだ。たとえばブルース・リーの連続回転蹴りもダンスを参考にしたと言うし、リー・リンチェイも回転の動きで非常に美しい印象を与えるアクション俳優だ。ジャッキーは観客を楽しませるためにわざと雑多な動きも取り入れたアクションをするので、若手のアクション俳優が回転主体の振り付けだと、当然若手の方が綺麗な動きに見える。この映画のアンディ・オンもそうで、彼の動きは勢いがあって暴力的な印象もあるが、それでもやはり無軌道に犯罪を重ねる若者の格闘スタイルとしてはミスマッチなほど華麗なアクションになっている。この映画で彼のアクションに惚れた人も多いと思う。

ただの犯罪者の若者なら、もっと殺伐とした、直線的で合理的な格闘スタイルにしてもよかったはずだ。たとえば銃はそれこそ直線的で合理的な殺人の道具だが、アンディ・オンは銃よりも肉弾戦を好む。ここで何かアンビバレントなキャラクター造形がされていることがわかる。もしかしたら、この若者自身どこかで主人公気取りだったのかもしれない。ただ映画を見ていくと、それだけではないことが判明する。

序盤の倉庫での戦いでは、仲間を救うためにジャッキー自身が直線的な動きで戦っていたのだ。その結果負ける。そして倉庫での二回戦目は、ジャッキーが回転を織り交ぜた戦い方に変化し、優勢になるというアクション設計だ(が、時間切れで仲間は殺される)。つまりここで、回転という動きはこの映画における強さの象徴でもある、と提示されたわけだ。ダニエル・ウーとの拳銃組み立て対決のようにルールとして示されたのだ。仲間の救出に失敗して以降は、失意に暮れたジャッキーがフラフラと酔っ払う姿が描かれる。千鳥足でフラフラするが、回転するだけの力はなかった。そしてそこから復活を遂げたジャッキーは、回転の動きを取り戻す。チンピラを捕まえるときも覚束ない動きながら辛うじて回転している。元同僚のカジノを捜査する場面では回転椅子を使って戦っていた。

そして、クライマックスのレゴ売り場での格闘戦では、印象に残るアクションはすべて回転だ。回転蹴りを多用し、リュックが裂けて札束が舞うときも、足を掴まれて振り払うときも、アンディ・オンの攻撃をかわしてジャッキーが反撃する瞬間も、全部のアクションで二人はクルクルと回転する。

勢いに任せ、拳や足をブンブンと振り回して攻撃するアンディ・オンを、ジャッキーは巧みに制御された回転の動きで上回っていく。冒頭、警察署の場面で説教をするジャッキーが示したように、これは大人と青年との関わりを描いた映画でもある。若者の暴走を真正面から受け止めて更正させるために、ジャッキーは多彩な回転を使いこなして戦っていくのだ。

戦いが進むにつれ、回り続けるジャッキーとは逆に、アンディ・オンの動きからは回転する余裕が失われていく。直線的な攻撃が増え、最終的には椅子を武器として使い出す。中盤で復活したジャッキーは回転椅子を使ってクルクル回りながら戦ったが、アンディ・オンは椅子の足を突き出すという、直線的な攻撃で演出されている。彼の攻撃をジャッキーは正面から受け止め、そのまま巴投げで投げ飛ばして、二人の決着がつく。これもまた絶妙な演出で、背負い投げなら投げられる側が回転してるように見えるが、巴投げは投げた側の方が回転するのだ。相手の攻撃を受けた上でその力を利用して倒すというのも、映画のテーマに沿った決め技だ。

完膚なきまでに圧倒されたアンディ・オンは、仲間からの銃弾という直線的な攻撃を受けて致命傷を負い、ジャッキーは手を振り回して警察隊に助けを求める。銃撃を受けた二人が二階からボールプールに落ちるときにも、ジャッキーは宙返りしていた。回転は強さの象徴と書いたが、この映画では回り続けたほうが勝つのだ。独楽も芯がしっかりしていないと回転し続けられない。

瀕死のアンディ・オンは背後からジャッキーを撃とうとするが、自分の命を救おうとするジャッキーの姿を目にして、ついに罪を受け入れ、静かに降参する。回転という動きにはある種の余裕があると書いたが、このアクション設計はアンディ・オンが心変わりするための余地だったのかも知れない。犯罪という裏の世界に向いていた彼の心が、表へと返る。どストレートな比喩だが、こだわって描かれ続けたアクションの完成度と説得力はすさまじい。降参したアンディ・オンの手から零れ落ちる銃も、もちろん回転していた。

この映画では、アンディ・オン以外の登場人物の心も裏返ったり表返ったり、クルクルと回り続ける。自責の念に駆られて呑んだくれるジャッキー、偽警官であることがばれるニコラス・ツェー、仲間を裏切った元警察官、ジャッキーに辛く当たりながらも最後は彼を応援する同僚たち、そして、愛する恋人のために死を覚悟するチャーリー・ヤン

ラスト、爆発で顔に火傷を負ってしまったチャーリー・ヤンに「顔を背けないで」とジャッキーはいう。そして、それまで出来なかったプロポーズをついにする。オープニングの警察署で、ジャッキーが振り返ると後ろでふざけていた彼女に気づく場面があった。その時ジャッキーは銃を持っていた。今は、指輪を手にしている。直線と回転の対比だ。今度は、チャーリー・ヤンがゆっくりと、ジャッキーの方を振り返る。

その時、彼女の表情を捉えるために、カメラが回るのだ。

チャーリー・ヤンの周りの景色が、世界が回転する。「結婚してあげて!」と周囲の人間が、世界が二人を応援する。そしてチャーリー・ヤンは、ジャッキーのプロポーズを受け入れるのだ。

それまで戦いのなかで描かれてきた「回転」が、最後の最後でこういう使い方をされて、観客は得も言われぬ感動に包まれるのである。

そして、二人が抱き合ってぐるぐる回ったりはしないのかと思わせておいて、ニコラス・ツェーのコートへとカメラが寄っていき、回想という円環構造に入るエンディングもまたニクいのだ。

※見直したら、アンディ・オンの服がなんか丸い穴がいっぱい空いてるやつだったんだけど(どんなデザインだよ)、これは流石にあんまり関係ない気がする

(評価:★4)

投票

このコメントを気に入った人達 (1 人)けにろん[*]

コメンテータ(コメントを公開している登録ユーザ)は他の人のコメントに投票ができます。なお、自分のものには投票できません。