コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] 白い指の戯れ(1972/日)

見事なラスト、シニカルなロジック。風呂場での乱痴気騒ぎの見事なこと。
寒山

**ネタバレ注意**
映画を見終った人むけのレビューです。

これ以降の文章には映画の内容に関する重要な情報が書かれています。
まだ映画を見ていない人がみると映画の面白さを損なうことがありますのでご注意下さい。







序盤で好演の谷本一は逮捕された後は一切画面に現れない。なんでかなあと観ていると、終盤、これが反復される。逮捕された伊佐山ひろ子を路上で回顧する荒木一郎の捨て台詞で、彼が主役に替わり、伊佐山抜きで物語は続くだろうと観客は知らされ、映画は終る。見事なラスト、このシニカルなロジックでもって、映画を最初から捉え直す必要に観客は強いられる。殺伐さの強度に圧倒される。

(評価:★4)

投票

このコメントを気に入った人達 (0 人)投票はまだありません

コメンテータ(コメントを公開している登録ユーザ)は他の人のコメントに投票ができます。なお、自分のものには投票できません。