コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

禅 ZEN (2008/)

[Drama]
製作総指揮大谷哲夫
監督高橋伴明
脚本高橋伴明
原作大谷哲夫
撮影水口智之
美術丸尾知行
音楽宇崎竜童 / 中西長谷雄
出演中村勘太郎 / 内田有紀 / 藤原竜也 / テイ龍進 / 高良健吾 / 安居剣一郎 / 村上淳 / 勝村政信 / 鄭天庸 / 西村雅彦 / 菅田俊 / 哀川翔 / 笹野高史 / 高橋惠子
あらすじ文殊丸(将来の道元)に生前の母・伊子<イシ>が言う、「お前と一緒に居る時が一番幸せを感じる。だから極楽浄土はここ、この世だと思う。が、この世は争い、苦しみで一杯だ。この苦しみから抜ける道を見つけてほしい」。 そして、成長した道元は1223年中国・宋にいた。山を越え、砂漠を渡り、正師を探す旅だった。ある時、一人の僧・寂円に会う。寂円は道元の親友 源の公暁<クギョウ>にウリ二つだった。彼は源実朝に謀反して既に死んでいた。声をかけたのがきっかけで、いろいろ話をすると、寂円は自分の師の天童山如浄禅師に紹介すると言ってくれた。禅師に会うと、道元はこの人が求めていた正師と覚<さ>とる。(もう少し続きます) [more] (KEI)[投票]
Comments
全2 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★4こういう教えがある。「悟りと修行の連環は果てしなく続く」つまり、「一旦悟ればそれで終わりではなく、その後はその悟りを忘れ又修行する。悟りが(深遠で)無限のものならば修行もまた無限である(作中如浄禅師の言葉)」というのだ。面白い。 [review] (KEI)[投票]
★3曹洞宗の開祖道元の伝記物語であります。結構生真面目な作りでドラマチックな部分が少なく、いつもの高橋伴明の艶が見られない。まるで宗派一門のためのPR映画のごとくかなり節制をしながら映画を作った感がする。 [review] (セント)[投票]
Ratings
5点0人
4点1人*
3点3人***
2点1人*
1点0人
5人平均 ★3.0(* = 1)

[この映画が好きな人]

POV
Links
検索「禅 ZEN」[Google|Yahoo!(J)|goo]