コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] 血と怒りの河(1968/米)
- 更新順 (1/1) -

★5私にとって、特別な1本。今振り返ると、単に抒情的な所だけに魅かれていたように思う―抜けるように蒼い空、ヒロインの愛にかける想い等々。が、今考えると本作は加えて主人公の葛藤の綾(これメイン!)、親たちの思いも描かれていた様だ。 [review] (KEI)[投票]