コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] ハチミツとクローバー(2006/日)

天才森田先輩が、全然突き抜けていない。竹本君の青春も、全然突き抜けていない。実写化には限界があったのだろうが…。でもその他も全然物足りないんだよ。
カルヤ

役者は良いので(特に蒼井優!)で☆3はつけられるが、全体的に物足りない。エピソード一つ一つの重みが足りなすぎる。キャラクターも大人しすぎる。

竹本の青春は微笑ましいが、“青春の疾走”があんな生温いものでは困る。

(森田とはぐが関連する恋愛は二人が天才故に特殊な形を取るので)本作の片思いの最重要体現者である真山と山田の片思いは、あんなもんじゃ困る。二人の片思いの神髄は(原作では)この後にあるので仕方ないかもしれないが、真山のストーカー行為がちょっと本格的になったぐらいじゃ困る。

はぐは・・・原作通りだと見た目関係なく到底実写化できないので、うーん、あれで充分かな。さすが蒼井優。

でも森田はもうちょっとどうにかならなかったものか。確かに天才らしい面はあったが、本来はあんなことで悩むようなことはない真の天才である。登場直後は良いかも、と思ったが、徐々に「物足りなーい!!森田はこんなもんじゃなーい!!」と、見るのが辛くなってきた。

原作では、森田はそれほど圧倒的な存在であり、凡人に共感される必要のない「あちら側」の存在である(原作では「噂のイケメン」だかのテレビ取材の比ではない活躍をあっさり見せている)。

2時間に収めるには、実写で「天才」を表現するには、森田は「悩める天才」のほうが良いのだろう。竹本の青春も、真山と山田の片思いも、これぐらいが限界なのかもしれない。原作完結後に今流行りの前後編とかでできれば・・・いやこの雰囲気では無理かなぁ。ほんと、役者陣には文句ないのだが・・・。(伊勢谷友介も決して悪くはない・・・)

最後に。

原作未読の方、ぜひ読んでください!登場人物それぞれの背景を、それぞれの進路や恋愛の怒涛の行方を、ぜひ体感してください!少なくとも小ネタとギャグとローマイヤ先輩には魅了されるはずです!(原作もつまんなそうというコメントも多くて悲しいのです・・・)

(評価:★3)

投票

このコメントを気に入った人達 (1 人)水那岐[*]

コメンテータ(コメントを公開している登録ユーザ)は他の人のコメントに投票ができます。なお、自分のものには投票できません。