コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] 機動警察パトレイバー 劇場版(1989/日)

悪意と嘲笑。
ハイタカ

**ネタバレ注意**
映画を見終った人むけのレビューです。

これ以降の文章には映画の内容に関する重要な情報が書かれています。
まだ映画を見ていない人がみると映画の面白さを損なうことがありますのでご注意下さい。







:「ねえ、気が付いてる? あなた帆場の話をする時、なんだかとてもうれしそうな顔してるわよ。」

:「えぇ? そりゃーアブナイな…ホントに?」

ノスタルジックな風景としてのかつての東京への郷愁(愛着)と、その破壊者としての現在の東京への悪意。

箱船の突端から飛び降りる帆場(と思われる男)の嘲笑に歪んだ口元が忘れられない。気が付けば自分も、帆場スマイル。だがもう一つ、それとは対照的に印象的だったのは、後藤に向けられた南雲の敬礼。そこにだけは信じられる背中があったのだ。「警察官」の背中。(昔、一緒にビデオをみていた親父に唐突に「お前この(敬礼の)意味が分かるか?」と聞かれたのを憶えている。)

中坊の時は、零式のキュイ〜ンと唸るあの貫き手(?)の構えをよく真似て遊んでいた。如何にも機械的、かつ凶器的な動作が格好よく思えた。

この頃の作画のスラップスティックなノリ、嫌いじゃないのだけど、今は無理か。

(評価:★5)

投票

このコメントを気に入った人達 (3 人)けにろん[*] 甘崎庵[*] uyo[*]

コメンテータ(コメントを公開している登録ユーザ)は他の人のコメントに投票ができます。なお、自分のものには投票できません。