コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

スーダラ節 わかっちゃいるけどやめられねぇ (1962/)

[Comedy]
監督弓削太郎
脚本高橋二三
原作青島幸男
撮影石田博
美術山口煕
音楽萩原哲晶
出演川口浩 / 川崎敬三 / ハナ肇 / 植木等 / 浜田ゆう子 / 弓恵子
あらすじ信一(川口浩)と春夫(川崎敬三)は、それぞれに家族の期待を一身に集めて日の丸商事に入社した。同じ部屋に下宿することになった二人のうち、信一はあくまでガメツく生きる男、春夫は何につけてもお調子者の男だった。課長(ハナ肇)はそんな彼らを含めた「七人の侍」こと新入社員たちを閻魔帳片手に睨みつける毎日なのであった。そして二人は、英語学校で社長令嬢のルリ子(浜田ゆう子)と出会う。信一と春夫は、彼女とともにアメリカに赴く随行員の地位を賭けて、火花を散らすのであったが…?〔大映東京/69分/カラー/シネスコ〕 (水那岐)[投票]
Comments
全3 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★4アバンタイトル〜タイトルバックからとってもいい調子。競馬のカットも女性の脚のカットもよく撮れている。ハナ肇以外のクレイジー・キャッツの面々は少ししか出番がないが、若松和子のバーのシーンで全員が登場する画面はゾクゾクした。或いはラスト近くのエレベーター内の描写等、画面作りが面白くキャッチする。 [review] (ゑぎ)[投票]
★2話し方がヘンすぎて笑った。特に女性。 (あちこ)[投票]
★1サラリーマン喜劇として観て、どうしようもない大愚作。東宝の「無責任シリーズ」に先駆けてブームを巻き起こそうという腹だったようだが、この女優陣の見るも無残な華の無さと、観ていられなくなる説教臭さには閉口。こういう映画は「ご同輩、堅実に行きましょう」なんて言葉が聞きたくて観るもんじゃない。一時の夢に浸りたくて観るもんだ。 (水那岐)[投票]
Ratings
5点0人
4点1人*
3点5人*****
2点2人**
1点1人*
9人平均 ★2.7(* = 1)

[この映画が好きな人]

POV
Links
検索「スーダラ節 わかっちゃいるけどやめられねぇ」[Google|Yahoo!(J)|goo]