コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

サイド・ストリート (1950/)

Side Street

[Film-Noir]
製作サム・ジンバリスト
監督アンソニー・マン
脚本シドニー・ボーム
撮影ジョゼフ・ルッテンバーグ
美術ダニエル・B・キャスカート / セドリック・ギボンズ
音楽レニー・ヘイトン
出演ファーリー・グレンジャー / キャシー・オドネル / ジェームズ・クレイグ / ポール・ケリー / ジーン・ヘイゲン / ポール・ハーベイ / エドモン・ライアン / チャールズ・マグロー / エドウィン・マックス
あらすじニューヨーク。ジョー(ファーリー・グレンジャー)は恋女房のエレン(キャシー・オドネル)にプレゼントを夢見る郵便配達人。彼はある日、配達先の弁護士事務所で200ドルが無造作に書類入れにしまわれてるのを見てしまう。出来心で事務所に忍び込んだ彼はそれを盗りビルの屋上で開けて驚愕。3万ドルが入っていたのだ。実は件の弁護士バケット(エドモン・ライアン)は美人局をやって強持てのロリソン(ポール・ハーベイ)を使い強請り集りの元締めであったのだ。狼狽したジョーは取り敢えず金の包みを知り合いのバーテン、ニック(エドウィン・マックス)に預けるのだが…。アンソニー・マン劇場映画監督第18作。 (けにろん)[投票]
Comments
全2 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★4ふとした出来心から地滑りのように降りかかる災厄だが身重の恋女房の慎ましやかさが更生を促す愛すべきは小市民な人間観。悪徳弁護士と刑事に反復応用される小道具としての電話など小気味良いテンポと随所の仰角アングルが効いたマン演出はタイトで闊達。 (けにろん)[投票]
★4ニューヨークのみずみずしい活写が実においしい一編。下層都会生活者の哀切さの表現が成瀬巳喜男的な、と言っていいほどに生々しい。その中でも極私的にはジーン・ヘイゲン扮する売れない歌手のエピソードが最も泣ける。 (ジェリー)[投票]
Ratings
5点0人
4点3人***
3点0人
2点0人
1点0人
3人平均 ★4.0(* = 1)

[この映画が好きな人]

POV
Links
IMDBで検索The Internet Movie Database
検索「サイド・ストリート」[Google|Yahoo!(J)|goo]
検索「Side Street」[Google|Yahoo!]