コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

あさがくるまえに (2016/ベルギー)

Repaper Les Vivants
Heal The Living

[Drama]
製作ダヴィド・ティオン / ジュスタン・トラン / フィリップ・マルタン
監督カテル・キレヴェレ
脚本カテル・キレヴェレ / ジル・トーラン
原作メイリス・ド・ケランガル
撮影トム・ハラリ
美術ダニエル・ビーヴァン
音楽アレクサンドル・デプラ
衣装イザベル・パネティエ
特撮ギヨーム・ル・グーズ
出演タハール・ラヒム / エマニュエル・セニエ / アンヌ・ドルヴァル / ドミニク・ブラン / ブーリ・ランネール / クール・シェン / モニカ・ショクリ / アリス・タグリオーニ / カリム・ルクルー / アリス・ド・ランクザン / フィネガン・オールドフィールド / テオ・ショルビ / ギャバン・ヴェルデ
あらすじ恋人の眠るベッドを抜け出した青年シモン(ギャバン・ヴェルデ)は、夜明けの海で仲間たちとサーフィンに興じ、帰路で交通事故に巻き込まれた。病院に搬送された彼だったが、すでに脳死状態であり助かる見込みはない。呼び出されたシモンの両親、ヴァンサン(クール・シェン)とマリアンヌ(エマニュエル・セニエ)は、医師トマ(タハール・ラヒム)から事情を聞くが、ほぼ無傷の状態である臓器の他の患者への移植を求められ、あまりのことに顔色を失くし退出する。早すぎる結論にはやむを得ない対応とトマは肩を落とすが、時間は無慈悲に過ぎてゆくのだった。その頃パリでは、音楽家のクレール(アンヌ・ドルヴァル)が心臓を蝕む病を自覚していた。〔104分〕 (水那岐)[投票]
Comments
全2 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★4とても静かに淡々と描かれているが、かなり激しい感情の揺さぶりを伴う。 [review] (プロキオン14)[投票]
★4穏やかな佳品。フィルム上に展開されるできごとはストイックさを極めこういった作品にしては淡泊にも見えるが、劇半音楽のセンチメンタルさをまとうことで暖かみを付加される。すべては名もなき市井の人々の行動を紡いだ挿話集だ。一方でサーフィン時の海中描写の詩情が精緻を極めるなど、映像美がここかしこに配置される贅沢さは筆舌に尽くしがたい。 (水那岐)[投票]
Ratings
5点0人
4点4人****
3点0人
2点0人
1点0人
4人平均 ★4.0(* = 1)

[この映画が好きな人]

POV
Links
IMDBで検索The Internet Movie Database
検索「あさがくるまえに」[Google|Yahoo!(J)|goo]
検索「Heal The Living」[Google|Yahoo!]