コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

海を駆ける (2018/インドネシア)

[Drama]
製作総指揮太田和宏 / 荒木宏幸 / 江口航治 / 宮崎伸夫 / 梅村昭夫 / 澤田正道
製作新井重人 / 小室直子 / 紀嘉久
監督深田晃司
脚本深田晃司
撮影芦沢明子
音楽小野川浩行
出演ディーン・フジオカ / 太賀 / 阿部純子 / アディパティ・ドルケン / セカール・サリ / 鶴田真由
あらすじかつて大津波に襲われたインドネシアのアチェ。復興支援の仕事をする貴子(鶴田真由)は、現地人の父を持つ息子タカシ(太賀)と暮していた。そんな貴子が、息子の大学の友人クリス(アディパティ・ドルケン)とジャーナリスト志望のイルマ(セカール・サリ)のインタビューを受けていたときに、海岸で記憶喪失の日本人らしい謎の男(ディーン・フジオカ)が見つかったとの一報が入り、身元が分かるまで預かることになった。ちょうど同じころ日本から来た姪のサチコ(阿部純子)も家に身をよせる。そして現地語で海を意味するラウと名付けられた、その寡黙な男の周りで次々と不思議な現象が起こり始めるのだった。(107分) (ぽんしゅう)[投票]
Comments
全3 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★2今一番気になる深田の新作。だが、なんと、これは、どう評価すればいいのか。昔、園子温がたまにこういう珍作を作っていましたが、深田も彼の創作欲が広いのは分かるけど、今回はちょっと深みが足りませんでした。 [review] (セント)[投票(2)]
★2幼稚。若者四人の関係は中学生なみで失笑。津波、反政府活動、宗教、国籍、家族、日本軍、ジャーナリズム、救済、邪悪、霊魂。羅列された問題は“提起”ではなくことごとく“放棄”される。いかようにも解釈しろといわんばかりだが、どうにも解釈のしようがない。 [review] (ぽんしゅう)[投票(1)]
★1その場の思いつきでキャメラを廻し続けたとしか思えない貧相さ。『淵に立つ』の変奏だがこれでは前作が可哀想だ。 [review] (寒山)[投票(2)]
Ratings
5点0人
4点0人
3点1人*
2点2人**
1点1人*
4人平均 ★2.0(* = 1)
POV
Links
検索「海を駆ける」[Google|Yahoo!(J)|goo]