コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

ディシジョン・アット・サンダウン (1957/)

Decision at Sundown

[Western/Romance]
製作ハリー・ジョー・ブラウン / ランドルフ・スコット
監督バッド・ベティカー
脚本チャールズ・ラング
撮影バーネット・ガフィ
美術ロバート・ピーターソン
音楽ハインツ・ロームヘルド
出演ランドルフ・スコット / ジョン・キャロル / カレン・スティール / ヴァレリー・フレンチ / ノア・ビアリーJr. / ジョン・アーチャー / アンドリュー・ダガン / ジェームズ・ウェスターフィールド / ジョン・リテル / レイ・ティール / ヴォーン・テイラー / リチャード・ディーコン
あらすじ遠路はるばる駅馬車で旅してきた男が丘の麓で仲間と落ち合う。男の名はバート・アリソン。一足先に偵察中の友人サムから、3年間血眼になって行方を捜していた相手が西部の田舎町にいるとの確認をとったのだ。その男、テート・ブリスブローは、一帯で飛ぶ鳥を落とす勢いの名士として知れ渡っている。さらにアリソンにとって腹立たしいことに、町一番の資産家の娘との挙式が翌日に迫っていた。実は二人の間の因縁は一人の女に端を発していたのだ。バートは通りすがりの者を装い、サムが準備した馬に跨って土煙が舞い上がる町へ乗り込む。すぐにアリソンは、ブリスブローが金にものをいわせて町の保安官を篭絡しており、お抱えの無頼漢どもが通りで睨みを利かしていることを知る (濡れ鼠)[投票]
Comments
全1 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★4ランデブの場所で一堂に会するまで、関係者の素行品性と来歴を一筆書きで素描しながら、一気呵成に対立の核心へ雪崩れ込む冒頭15分の手際はサスペンスの鑑のような美しさ。フックとは斯様に周到かつ大胆に構築されるべきと感動する。常に胸に一物ありそうなスコットの無思慮と直情径行が予定調和の一歩手前で騒擾の種を蒔く(意表をつく)。独りよがりなお騒がせ者が不面目なトリックスターとして受容され、翻身を促すアイロニー [review] (濡れ鼠)[投票]
Ratings
5点0人
4点1人*
3点0人
2点0人
1点0人
1人平均 ★4.0(* = 1)

POV
Links
IMDBで検索The Internet Movie Database
検索「ディシジョン・アット・サンダウン」[Google|Yahoo!(J)|goo]
検索「Decision at Sundown」[Google|Yahoo!]