コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] 上意討ち 拝領妻始末(1967/日)

いらないところでやり過ぎ、欲しいところが足りない。
ナム太郎

**ネタバレ注意**
映画を見終った人むけのレビューです。

これ以降の文章には映画の内容に関する重要な情報が書かれています。
まだ映画を見ていない人がみると映画の面白さを損なうことがありますのでご注意下さい。







例えば争いの場面にしても、せっかくワイドで撮っているのに横の動きへの意識が足りないので舞台が生きず、淡泊な印象しか残らない。逆に痴話喧嘩のシーンでやたらストップモーションを使ったり、屋敷の綺麗に線の入った砂地にペタペタと足跡をつけたりといったやり過ぎ演出も目立つ。総じて役者陣の目の演技に関しても自分にはやり過ぎだと思えるが、やり過ぎといえばその最たるものがクライマックスにおける三船の悶絶シーン。孫への遺言に至っては本当に興ざめだ。

様式的な画の美しさには目を見張るものがあるし、ラストの市原の唐突さに至るまで、劇画チックでさえある物語展開は面白く、最後まで飽きることはない。だからこそ、このやり過ぎ感ただよいながらも、欲しいところが足りない演出に苛立つのだ。

(評価:★3)

投票

このコメントを気に入った人達 (1 人)けにろん[*]

コメンテータ(コメントを公開している登録ユーザ)は他の人のコメントに投票ができます。なお、自分のものには投票できません。